つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

プラナのヒーリングの力

プラナのヒーリングの力を今日はお話しします。

プラナが呼吸によって、正常なオーラを形成します。

そして、傷ついたりへこんだりしたオーラを修正します。

呼吸は鼻や口からだけでなく、さまざまなチャクラ(つぼ)からも吸収されていきます。

プラナは私たちの体の中を行き来するだけでなく、心の中でも(魂)、活動します。

心の中のプラナをうまくコントロールすることにより、宇宙と繋がることもできます。

この心の中のプラナをコントロールできるようになると不安や恐れが減っていきます。

このプラナは移動することもできます。

例えば、俳優さんや、魅力的な方の傍にいくと皆さんは幸福感を感じることができます。

これはプラナが豊富なかたのエネルギーに触れることにより、プラナをいただいているからです。

また、愛し合う恋人同士はプラナを共有するために幸福感が倍増します。

イエス・キリストのお話の中でイエスの衣服に触っただけで出血が止まったということがあります。。

新約聖書の使徒行伝ではイエス・キリストの一行が歩いているとき人々は通りに出ていき、具合の悪い方は寝て待っていたそうです。一行の影でもよいから、触れたいとの想いからのようですが、その中のペトロという方がものすごく大きなオーラを持った方だったようで彼の影が寝ている方の上を通り過ぎたら、その方の病は治癒されて、立ち上がることができたとあります。

私たちには無限の力が一人ひとりに備わっています。

誰でもこの力を引き出すことができます。

しかしながら、これには重要な鍵があります。

そうです!正常なオーラをまず形成することが鍵です。

正常なオーラを作るためには、正常な呼吸と正常な心が鍵です。

昨日のお話のように、プラナは自発呼吸ができなくてもすべてのチャクラから注がれていきます。

エゴのない愛と感謝により、私たちは等しく大きな癒しのオーラを形成していくことができます。

今日は、様々なことで悩むのをやめて、たーくさん呼吸しながら元気に笑顔で歩いていこう!
スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

宇宙と地球からの贈り物・・プラナ

今回はプラナのお話をします。

プラナは気・呼吸と解釈すると、わかりやすいかもしれません。

プラナが呼吸により、私たちの体に取り込まれ、健全なオーラを形成するのは、前に述べた通りです。

呼吸は本当に大切です。
最近よく見かけるのは喉のあたりだけでしか呼吸していない方、胸のあたりだけでしか呼吸していない方です。。

これは何を表しているかというと、チャクラがどこで詰まっているかということなんです。

ストレスや怒りが溜まると胸のチャクラで詰まり、丹田(臍下5cm位のところ)まで呼吸が届かず、逆に気が上昇して頭に上り、高血圧や脳に負担がかかり、様々な脳の病気にかかりやすくなってしまいます。

また、言いたいことが言えない、うまく相手に伝わらないなどの状態が慢性的になると喉のチャクラが詰まり、このチャクラが詰まることにより胸のチャクラや額のチャクラにも影響を及ぼす結果になりやすくなります。

呼吸にはもっと奥深いものがあります。
丹田の背中側には命門という大きなつぼがあり、そこからも呼吸ができ、命門で呼吸をすると、宇宙と一体になることも可能です。

大きなつぼは七つ・・・これは皆さんもよく知っているチャクラです。
また、365という小さなつぼもあります。
(アーユルベーダでは何千、何万、何十万というつぼがあるといっています)

これらのつぼからも呼吸によって純粋できれいな宇宙と地球から贈り物のプラナを吸収することができます。

私は仕事柄、障害のある方とのお付き合いが長く今回もその中でのお話をしたいと思います。

筋萎縮症という病気を知っているでしょうか?

さまざまな筋肉が萎縮して最後には心臓の筋肉も萎縮していきます。

物理学で有名なホーキング博士もこの病気ですよね。

私が最後に勤務したのは、肢体不自由の養護学校です。

その中で筋萎縮症の高校生の男子生徒がいました。

彼は根っからのディズニーファンで高校三年生で行く修学旅行のディズニーランドを本当に生きがいにしていました。

彼は、その時すでに自発呼吸が難しく気管カニューレというものをつけていました。

食べるものは胃に穴を開けて摂取している状態です。

私の中での不安は莫大なものでした。

しかし、不安は余計なものでした。

なぜなら、彼の頭頂部(クラウンチャクラ)に雪のようにたくさんの光のプラナが降り注いでいたんです。

宇宙も地球も彼の生きる意欲にたくさんの応援をしていてくれたんです。

彼は無事、修学旅行に行くことができ、卒業していきました。

私は日々思います。

宇宙や地球がいつも応援していてくれる。

一生懸命、前向きに生きていると必ず、宇宙や地球が後押ししてくれる。

すべての人にすべてのものに応援してくれる!

プラナは宇宙と地球からの大きな大きな贈り物です。

今日は昨日にもまして木枯らしが吹くようですが、体全身で呼吸してたくさんのプラナを受け取りながら笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

明神岳の愛

今回は神奈川県にある明神岳でのお話をします。

私がまだ養護学校の教員だった頃、生徒と一緒にこの山に登ることになりました。

山登りが大の苦手な私は山登りが好きな連れ合いに頼んで、下見に行くことにしました。

明神には道了尊というところがあり、まずそこで無事登れることを祈願してから登山を始めました。

道のりは結構、私にはきついものでしたが、まるでトトロがいそうな樹木が覆ったところや、大きな杉の大木の根っこ道があり、楽しみながら登ることができました。

「ここは、たくさんのマイナスイオンが充満して気持ちいいな。」

と思い深呼吸した瞬間、たくさんのまあるい白や緑、オレンジの玉が見え始めました。
大きさは大小さまざまで5cmから1m位のものまでありました。

木霊(こだま)・・・というのがありますが、まさしくそれが見え始めました。

「ここは、守られてるから、生徒のみんなも大丈夫!」

と確信しました。

生徒と登る当日がやってきましたが、なにやら天候はあやしげ?

リーダーの方が「3時までに戻れば大丈夫」と判断し、いよいよ生徒と登り始めました。

生徒のみなさんは何がしかのハンデを背負っている子らです。

途中、泣き始めたり、転んだりと道が険しくなるにつれ、だんだん表情が暗くなりはじめました。

その時です!

オレンジの小さな光の粒がたくさん現れて生徒たちのふくらはぎのあたりを包みこみ始めました。

「大丈夫!やっぱり守ってくれてる。」

私はすごく嬉しくなりました。

無事、山頂へたどり着き、おいしいおにぎりを食べて3時には下山でき、みな達成感を持って降りてきました。泣き顔もみな、誇らしげな笑顔満面の顔に変っていました。

これは明神でのお話ですが、どの山にも精霊がいて私たちを助けてくださいます。

自然は本当に愛がいっぱいなんですね。

今日は少し寒いけど、吹く風にも感謝して元気に笑顔で歩いて行こう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

花のスピリットたち

みなさんは、妖精を信じてますか?

私は子供の頃、花には妖精がいると信じていて、サイネリアという花を日がな一日、ずーっと眺めていました。

結果は見えず、やっぱりいないんだと思いました。しかしながら、妖精のかわいさたるや、なんともいえず、妖精がいたらいいのに・・とずっと思っていました。

これは、初めて観た「ピーターパン」の影響が強いと思います。そうです!ティンカーベルが私の脳裏にしっかり刻み込まれています。

いないと思っていた妖精と巡りあえたのは、それから20年も経ってからでした。

まずは、私の連れ合いが蘭の花が好きで、蘭の花の生育条件などを考慮しながら、温室まで作る始末。

ただ、私も蘭の花や竹は高次元のエネルギーを持っていることを知っていたので、内心にんまりしていました。

ある晩、友人と電話で話をしていたら、部屋の中の植物に変化が現れました。

蘭や、観音竹のまわりに幾何学状に無数の光の点が現れたのです。

スピリットが見え始めたのです。

赤い花をつけていても、青い光のスピリット、紫の花をつけていても赤い光のスピリット、観音竹なんてはなもつけていなくて、ただ緑なのにオレンジの光のスピリットでした。部屋中が、スピリットだらけになり、まるで、クリスマスツリーに点灯した光のようでした。

私はまだそのころ(今もですが)エゴの塊でしたから、その状態になったのは、私のおかげだと思いました。

ところがそれはすぐに打ち砕かれました。

部屋に連れ合いが入ってくるとすべての光のスピリットが一斉に連れ合いの肩や頭に飛んでいきました。

スピリットは誰が一番よく世話をして、彼らに愛を注いでいるかを知っていたんですね。
私の周りから、さっと飛んで、感謝でもしているかのように、連れ合いのところに飛んでいきました。これを書きこみながら、振り返ってもやはり、感謝の意を表していたと思います。

私はここでもまた、花のスピリットのおかげさんで反省させてもらいました。

また、ある日のこと私がさまざまな修行のあと、ワンネスを体験し、至福を感じていた時のこと。

連れ合いが庭で犬の世話をしている時のことです。

「光明!今、花が私に語りかけた。レモンの木の花が声をかけてくれたかと思い、振り返ったらチェリーセージの花だった。」

驚いた私が

「なんてしゃべったの?」

と聞くと

「あなたは私。私はあなたと語りかけた。一瞬にして、すべてのものが、自分であり、また、自分がすべてのものだと理解した。」

というものでした。

私は「う~ん」とうなってしまいました。つまりは、日々淡々と日常生活を過ごす中に真理があるんですよね。

連れ合いは宇宙船もみるし、花からはメッセージを受けとるし、神仏の加護も信じてはいますが、瞑想もなにもせず、日常生活を生きているだけなんですが、これが凄いことなんですね。

話が少しそれましたが、みなさんはフラワーエッセンスという言葉を聞いたことがありますか?

好奇心旺盛な私はそれにも首をつっこみました。

桜新町というところに出かけていき、エッセンスを耳に、つけてもらいました。

その時、妖精がついに見えました。

光ではなく、実態がありました。淡いサーモンピンクの洋服を着て、触ったら、消えてしまいそうなほどの薄くて透明な羽を持つ金髪の妖精でした。

私の体を優しくヒーリングして戻っていきました。

私たちの身の回りにあるものすべてにスピリットが存在しています。

そしてそのスピリットは無償の愛で私たちにヒーリングしてくれています。

風の中に、光の中に、そして、呼吸の中にさえ愛がたくさん含まれています。

今日は無償の愛を与え続けてくれているすべてのスピリットに感謝して、笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

スピリット(存在)との対話

今日はスピリットとの対話についてお話します。

私たちは今、三次元に暮らしていますが、実は多次元にも同時に存在しています。

今ここにいるけど、違う次元にも存在しています。

まずはじめに、私のわかる範囲で、お話していきます。

地球上では、聞いたことがあるかもしれませんが、
〔Aさんは東京で仕事をしていたのに、大阪で見かけた。〕・・・ということが現実に起きます。

私の場合は、呼ばれると海外にも飛んでしまいます。

(光明、助けて・・というアクセスがあると無意識でアストラル体が抜けて、その方のところに引っ張られます。実態は日本にあるし、金色の糸がしっかりついているのでご安心ください)

これは誰にでも起こることです。

気づかないだけで、無意識に行ってることが多いです。

また、よく天使が見えたり、妖精が見えたり、白い髭を生やしたお爺さんを見たりする方が、いますが、そのような存在に会ったときは違う次元に入っています。

ここで、注意していただきたいことがあります。

私たちのいる現世の傍に幽界というのがあります。

この世界は嫉妬や執着、恨み、つらみなどをまだ持っていて上の世界に昇れない方たちの想念場です。

ここにはアクセスしないで欲しいんです。

実は私は幽霊さんは見たくないので、見えません。
仕事上、エネルギー場として、見ています。

幽霊を見ないと意識で選択するだけでストップすることができます。

私の長男は幽霊を子供の頃から見ることが多く、私が「現世と幽界を繋いではいけません。違う世界だから、見るなら、霊界の光の存在を見なさい。」というと、子供は素直なので、光の存在や、霊界の先祖だけを見たり、感じたりするようになりました。

幽界とアクセスすると、体の調子が悪くなり、病気がちになります。

偉そうなことを言ってるこの私も7~8年前、幽界の存在にアクセスしてしまい、口寄せ(霊の言葉をいう)状態になりました。

これはどうしてでしょうか?

【エゴ】が存在していて、あらゆる次元とアクセスしたいという意識により、起きてしまいました。

反省を行い、その件が起きたあとは、幽界の方たちのエネルギーを私の体に入れずに、対話方式にしました。彼らの話を聞き、幽界は寒くて寂しいから、光の溢れてる温かい霊界にいくのが本来のあなたの行く場所であることをお話して、天使と一緒に上昇していただくようにしています。

なぜ対話するのかとというと、祓っても執着などが残っている幽界の方々はまた、違うところについてしまうからです。なるべくなら、その方に理解してもらい、温かい光の次元に入ってもらいたいのです。

それに、私がその立場だったら、祓われるのが寂しいので(エゴかな~笑)

次に霊界があります。ここに存在している方々はいわゆる【成仏】されていらっしゃる方々で私たちをサポートしてくださっています。

ここにアクセスする方法は、やはり、愛と感謝と反省です。

【反省】の中には、無意識でよくない言葉を発しているかもしれませんので、今日は本当によいことをしたと思っていても、私の場合は「知らない間に誰かを傷つけたかも知れない」と常に心に留めて「ごめんなさい」をいいます。

愛と感謝と反省を行っていくうちに、次第に霊界からのよい情報が入り始めます。

たとえば、右に行こうとしてもなんだかいかれず、左を選んだら事故に遭わずに済むとかです。この時、霊界の存在のアクセスが働いています。そのような時、存在に感謝してください。存在たちは感謝により、またみなさんをサポートしてくださいます。

また、愛と感謝と反省により、より高次(天界)の存在とアクセスすることができるようになってきます。

私の場合は、ヒーリングの仕方をスピリット(存在)が教えてくれます。

何を教えてくれたか、お話しますね。

ひとつは『ヒーリングする前にクライアントさんのまわりに鈴を鳴らしなさい』
というものでした。

鈴の形は、チベットの鈴のようなものでした。

あとで、調べたら、この鈴はさまざまなものを清める効果があるそうです。

確かに、神社でも、お寺でも法具としてありますよね。

私たちには無限の可能性があります。

この体もしかりです。

昨日、私は『万能細胞』というのを発見したというニュースを知りました。

この皮膚から発見された『万能細胞』は骨にも筋肉にも、内臓にもなるというスーパー細胞です。これから、どんどん奇跡が現実のものとなっていきますね。

体も宇宙の一部です。

意識も体も無限の可能性を秘めています。

今日も、無限の可能性を引き出して、笑顔で歩いていこう



Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

場の浄化とオーリングの使用方法について

今日はまずはじめに、オーリングについてお話します。

みなさんはもうご存知かもしれませんが、潜在意識に問いかけることにより、筋肉反射を使って、病気や自分にあった、グッズなどを探っていくものです。

これは、大村教授が1981年に発表した画期的な方法です。

私の知っている漢方医はオーリングを使って、クライアントの病気のあるところを見つけたり、クライアントにあった薬を処方しています。

内臓のひとつひとつにクライアントは左手をあてます。右手は親指と人指し指で【O】の形を作り、医師がその親指と人差し指を引っ張ります。

この時、面白いことに正常な内臓では、指は開かず、弱っている内臓ではクライアントがどんなに強く指を押し付けても簡単に開いてしまいます。

このオーリングを私たちの生活に生かしていくことができます。

ワークの中での笑い話をしますね。
お菓子のオーリングをしました。始めに柿です。これはみなさんほとんどの方が強い反応を示しました。次に左手にチョコレートを持っていただきオーリングをしたところ、開いてしまいます。「絶対、食べたいから強く握ったのに~!」「頭はそう思っても体は知ってるね~。私がたべてあげるからいいよ」と笑いながらの一幕がありました。

このように、健在意識に働きかけることにより、潜在意識が体を通して教えてくれるのがオーリングです。

みなさんも、やってみてくださいね。

さて、場の浄化のお話をします。
昨日は塩を置くお話をしましたが、今日はいくつかの別の方法をお話していきます。

①部屋を片付けて掃除をする。

(埃の溜まっているところに霊はきやすいです)

②線香に火をつけて各部屋を一周する。

(天井の端を一周してください。特に隅に溜まりやすいです。)

③窓を定期的に開放する。

(澱んだエネルギーを出して、よいエネルギーを取り込みます)

④家全体を紫色で包み込む

(イメージで行いますが、紫は変容の色です。また、高次元の色でもあります。)

⑤レイキのシンボル4で家全体を包み込む

(このシンボルは宇宙の根源の光です)

⑥先祖に感謝する

(私たちは先祖の代表選手です。今いる自分は、先祖がいなければここに存在しません)

⑦すべてのものに感謝する

(家がなければ、寝ることができません。様々な動植物がいなければ私たちは食を得ることができません。また、たくさんの人々がいなければ家を建てることも、食材を得ることもできません。すべての存在たちに支えられて【私】がいます)


今日は、すべてのものに感謝しながら、笑顔で歩いていこう!

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

霊波を浄化して、本来の場にもどす。

霊波を浄化する。

これを今日はお話していきます。

霊波なんていっても、我が家にあるの?


我が家はクリアだよ・・・と疑問を持たれる方も多いと思います。
無ければ、それに越したことないです。


検索方法としては、まず、ペンデュラムがうまく使いこなせるようになった方は

【無】で霊波とアファメーションして、、霊波がいるところでは、左回りに

まわるとプログラムして、家の中を歩き、検索してみてください。

持ってない方やまだ、うまく扱えない方は

家の中で、なんとなく寒いところ、嫌な感じがするところがあるでしょうか?

無ければ、OKです。

マンションでは、これでOKですが、家の場合、土地にも

ありますので検索してみてください。

また、オーリングという方法でもOKです。

我が家の簡単な浄化方法を例をあげてお伝えします。

まずはじめに、土地を浄化していきます。

天然の塩(信頼している神社などでわけていただけるとより効果的です)を
土地の周りに撒いていきます。コンクリートの上からでもOKです。次に清水(霊水ならもっとよい)を如雨露などでそのうえから撒いて一周します。
これは、とりあえず、一回でいいです。

私はその瞬間、体が宙に浮かんだ感じがしました。

次に家の中です。塩を盛り塩仕立てにして、小皿に入れて各部屋の四隅に置いてください。

これを21日間、もしくは100日間毎朝取り替えてみてください。

置かれた方は家の中を歩いてみてください。

置いたその日から、部屋の中の空気がクリアーになったことを
確認できるかもしれません。

わたしの場合は、目がよく見えるようになってきました。

この盛り塩仕立ての強化方法はテレビでも紹介されたようですが、15センチ四方にアルミホイルをカットしてその中に塩を入れ、アルミホイルの四方の隅をつまんで、右ねじりの物と、左ねじりの物を作り、部屋の対角線上のすみにセットで置いていきます。セットしたらオーリングして、強ければ、セット完了。開けば、逆なので右ねじりと左ねじりを交換してください。これで、うまくいきます。

言葉での説明はなかなか、難しくて理解しづらいと思います。ごめんなさい。

今日はこの場の霊波の浄化をお伝えしましたが、明日も、場の浄化について、詳しくお伝えしていきます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

霊波を知って、元気にすごす

霊波ってきいたことありますか?


霊波なんていうと、少し怖く感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。


ベクトルを違う方から見ると私たちもこの霊と同じなんです。


では、何故、この霊波をみんな怖がるんでしょうか?


守護霊・・・は怖くないし、あって見たいですよね。


先祖霊は?    少し怖く感じますか?


霊・・・って基本的に私たちと同じだと私は思っています。


肉体を持っているか、持っていないかの差だと考えています。


この世での使命を私たちが果たし終えるとまた、光の世界に戻っていきます。


では、何故色々なことが起きるんでしょうか。


基本はみな同じ光の魂を持つものたちですが、

荷物をどれだけ背負っているかいないかということなんです。


荷物って?


昨日の念波でもお話しましたが、この世に未練、執着をいくつ

持っているか、煩悩をいくつ持っているかということなんです。



自分の子孫のことが心配だったり、残した財産のことが気になったり・・・と


私たち生きているものと同じ想いを残した方々が、


その場所やものや私たちの傍にきてしまうんですね。



では、私たちはどうしたらいいんだろうか。



先祖供養という手立てもありますが、私の今日のお勧めは



【明るくこだわりを持たずに笑顔で生きる】です。



周波数の似ているところにみな、近づいてきます。



人のせいにしたり、自分を否定したりというネガティブな心を


なるべく無くすように心がけ、自分に自信を持ち、ポジティブに生きていくことを


少しずつ実践していく間に、なんだかすべてのことが【好転】していきます。



明日はまた、もう少し深く掘り下げて霊波の具体例をあげながら、


ご供養の方法も取りあげていきますね。



今回、大きい字バージョンでトライしてみました。


読みやすい字体になるまで、いま少しお待ち下さい。



今日も笑顔で楽しいこと探しながら、歩いていこう!


Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

念波を受けない・送らない(幸せな日常を過ごすために)

念波についてもう少しお話をしていきます。

念波・・・これを受け取ってしまうとはどういうことなのでしょうか。

これは、次の機会に霊波についてお話していきますが、霊波と原理は同じです。

波動が同じものを受け取ってしまうんです。

私の場合、念波を受け取ると自分の周波数と違うものがくるので、体が浄化機能を起こし、吐き気がきたり、脳幹の部分(後頭部・首の付け根)がだるくなってきます。

みなさんもそんな経験をされたことがあるでしょうか?

では、そうなったらどうしたらよいかお伝えします。レイキをお持ちの方は、第4シンボルをイメージして自分の体全体に被せてみてください。念波を受けているときは、気力も落ちているのでシンボルを描くことさえ難しいので、イメージでOKです。

また、レイキをもっていない方は、紫色を体全体に被せてください。紫色は変容の色で高次元の色ですので光に包まれて念波を取り外すことができます。

イメージがうまく持てないという方は、実践で行きましょう!お風呂に塩を入れてください。
いれる塩は天然のものがよいです。私の場合は、カップ一杯ほど入れます。

今は寒いのでお風呂対応でよいですが、温かいときはシャワーでも効果があります。シャワーで邪気が取れます。シャワーにより洗い流していくのですが、シャワーのヘッドの部分は塩素を取り除くものに交換してください。塩素は体によくない影響を与える可能性があります。

シャワーの効果は、滝と一緒で東京のヒーラーはよく高尾山の滝を浴びにいきます。

次に私たちはどうしたら、他の方に念波を送らずにするかということです。

常に、自分の思いをチェックしていくことです。
相手のせいにしない。相手から、何か言われても、それを再点検して自分の行動・言動に間違いがないかチェックしてみます。自分に間違いがあったら、謝る。間違いがなかったら、感情をいれずに相手に対して、それは違うと伝えていきます。伝えずに自分の中にしまいこんでしまうと、感情が細胞の一つ一つにのこり、知らない間に蓄積されてしまいます。
伝えなくても自分の中で処理できればそれでOKです。

私の場合は不動心というのをいつも心がけています。なにかあっても、常にゼロからのスタート!すべてはゼロからスタートなので、ほとんど心が揺れません。(ほとんど・・・ですから、ものすごいことが起こったら、確証はできませんが・・・笑!)

もう一つの方法は、気になる方がいらっしゃる場合(どうしても許せない場合とか、その方に直接会うことが躊躇われる場合)、気になる方を直接ご自分の前に呼び出し(イメージで)ごめんなさいとありがとうを心の済むまで言ってみて下さい。心が軽くなり、また、相手の方にも伝わっていきますよ。

鏡の法則はここでも起きます。

よい想いもよくない想いも2倍になって自分にかえります。

受けない、送らないもこの原理を知って幸せになってください。

この原理を実行すると、幸せになります。

ここでいくつか例をあげます。
今、日本で中国障害芸術団が来日していて『千手観音』というのを講演しているのをご存知ですか?
音のない世界に生きながら、音と一体になる。

彼らの努力は素晴らしいものですね。自分のおかれた環境を逆境として生かし、成功を収めています。

私の知り合いに脊髄損傷の方がいます。その方は首から下の感覚がありませんが、自立して生活し、自由気ままに海外を旅しています。私よりも心が自由で、パワフルです。海外に一人で行くことは健常者でも並大抵のことではありません。リスクはたくさんありますが、それを乗り越えてイキイキと行動されています。

必ず、ビジョン(目標)は達成されていきます。ビジョンを持つことにより、さまざまなことが可能になっていきます。

昔、東京タワーはありませんでした。
でも、この日本にみんなに電波を送るために建てようと構想を持った方がいたんですよね。(前田久吉さんが昭和30年に構想。必ず作るという強い決意のもと、完成)
その結果、東京タワーができて関東一円に電波が届くようになりました。人工衛星もしかりです。

ビジョン・・・想いとおなじですね。

さあ、今日も寒いけど、心はあったか!ホカホカの心と一緒に元気に歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

念波を知って、よいエネルギーを出す

前回のペンヂュラムのお話の中で、【念波】について少し触れました。

【念波】とは
想いのことです。
「想念」・・・ともよく言いますよね。

私たちは日々、この想念真っ只中で生活しています。
「あの人のせいで、こうなった。」
「私はあの人から、嫌われているようだ。」
「このままいったら、病気になりそうだ。」
「今日は頭が痛くなりそうだから、頭痛薬を飲もう」
「あの人にに負けた。悔しい」・・・など一日中想念を発しています。

その結果、相手や自分に負のエネルギーを知らない間に送ってしまっているんです。
そうなると、念波を送られた方は具合が悪くなってきます。また、自分自身も具合が悪くなって、きてしまします。

前に、『聖なる鏡』をご紹介しましたが、ネットでご覧になったでしょうか?あの中の『神学生』という絵の背景を思い出してください。彼の背景は幾何学のようにきっちりと金色の線が縦横斜めに入っています。これは、すべてのものと繋がっていることを表していると私は解釈しています。

つまり、私たちが発した想念は地球上のすべてのもの、天界にまで一瞬にして送られてしまうんです。

念波をうまく利用していただくことをお願いします。

つまり、相手に対しても、自分に対しても心配や不安、疑心を持たないということです。

相手や自分を信頼して生きていくと結構、病気がなくなっていきます。
相手のことをとやかく言わないこと、自分は駄目だって思わないこと、相手や自分が一人でも消えたら、宇宙のバランスは崩れちゃうんですよ。石ころ一つにも存在理由があります。

簡単な例をあげます。
我が家には娘がいますが、これがまた、喘息で始終病院にご厄介になっていました。絨毯をはずして、フローリングの床にしたり、彼女の大好きなぬいぐるみも撤去したり、食事も無添加のものにこだわりましたが一向に改善されない。

これには私の念波が働いていたんですね。
「これをしたらなるかも知れない」
「寒いのに今、学校の部活に行ったら、呼吸し辛い」などなど、当時の私は念波の塊でした。
この念波は逆に私の言うことを聞かなければ、具合が悪くなるという親のコントロールしたいという気持ちが隠れていました。

親子や夫婦は、他の方々よりも違うエネルギーの繋がりも持っています。エーテルコードです。

私はエーテルコードをきりました。つまり、相手を信頼して手離したんです。夜、遅く帰ってきても彼女が自分のことをうまくコントロールしていくだろう、食べ物も自分でコントロールしていくだろうと自分の肩の力を抜きました。

見事に彼女喘息にならなくなりました。

相手も自分にもよいエネルギーを出して、温かい人になって行きましょう。

これは魂の自立のも関わってきます。相手のせいにしないこと。自分の環境のせいにしないこと。

どんな場所でもきれいな花は咲かすことができますよ。

蓮の花は泥の中から、見事な大輪を咲かせますよね。

今日も一日、笑顔であったかーいオーラを出しながら、歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

ペンデュラムの扱い方【知ってほしい鏡の法則】

 ペンデュラムの扱い方をお伝えします。

 ペンデュラムを扱う時には、私心を無くして下さい。

 いつも、一番にお願いしていることがあります。それは、【エゴ】を持たないこと!

 ここで、一つ例をあげます。
 ある方がペンデュラムを使って他の方からの念波を夜通し測るということをしていらっしゃいました。そして、その方は次の日、首の後ろ側がぷっくりとこぶのように盛り上がり、目は釣りあがり私に相談をされてきました。「○○さんと○○さんが私を恨んでいるとでた。私の睨んだ通りだったわ!」と。
 この状態をみなさんはどうお考えになるでしょうか。
 まずはじめに、他人からの念波を測るというところから検索の結果に私心が入り、答えが違ってきてしまうんです。
 他人を測る・・・・これは既にある特定の方に焦点をあててこの人に違いないという意識がご自分の中に存在していることを表しています。実は自分から、念波を発してしまっているんです。
 【無】ではないんですね。そして、夜通し行った結果、その方はご自分の念波をご自分に跳ね返してしまったんです。これを【鏡の法則】といいます。
 いいエネルギーは、二倍になって戻ってきます。逆によくないエネルギーも二倍に戻ってきます。念波を測る・・などは避けてください。エゴの存在が大きすぎて正確な値を得ることは難しいです。また、寿命とか、そんなのも測らないことを望みます。【今を生きること】が重要です。

 次にペンデュラムをかわいがっていただきたいのですが、このかわいがる・・・は感情ではありません。【大事にする】ということです。ペンデュラムはあくまでも一つのツールです。ツールとして大事に扱ってください。

 また、他の人に貸すのも避けた方がよいです。その方の波動が入ります。ただ、お貸ししなければならない時は、あとで、浄化しておきましょう。

 みなさんも是非そこのところをよく覚えていてペンデュラムを扱ってください。

 さて、ペンデュラムはうまくまわり始めたでしょうか?
 まわり始めたら次に目を閉じて「YES」と「NO」を命じてみてください。
(何故、目を閉じるかというと目からのエネルギーでペンデュラムがまわってしまうからです。)
 回転し始めたら、それが正しくまわっているかどうか目を開けて確認してください。

 さあ、検索の始まりです。まず、自分のチャクラや内臓などをチェックしてみましょう!
 チャクラが正常なら「YES」正常でなければ「NO」という具合に明確な質問をして目を閉じてひとつひとつ確認していってください。
 (完璧に無を保たれている方は目を開けていても問題ありません)
 そして、目を開けてペンデュラムが「NO」の場合、左まわりになっていますがその時、その回転が終了するまで待っていてください。負のエネルギーが放出しています。ペンデュラムの回転が止まったら、「ふっ!」と息を吹きかけて浄化し、次に強制的にペンデュラムを右に回転させます。これは宇宙の正常なエネルギーを注入しています。その回転が終わるまで待っていてください。

 上記の手立てをしたあと、「おや?目がよく見えるようになった」とか、「体が軽くなった」とか、「部屋の空気がきれいになった」とかの体験をなさるかもしれません。チャクラや内臓などのオーラが正常に戻ったために、クリアになっていきます。

 
 さまざまな癒しがみなさんのまわりにあります。今回はペンデュラムを紹介しましたが、オイルマッサージやアロマグッズ、温泉、お気に入りのもの・・・などなどみなさんの身の回りにあるものをうまく活用して健康で、また、心がワクワクするような日々を過ごしてくださいね。

 やはり、一番の癒しは【愛】ですね。この愛・・・奪う愛でなく与える愛を実践してみてくださいね。鏡の法則で必ず二倍になって返ってきますよ!

 今日も笑顔でたくさんの愛を胸のチャクラから放出して元気に歩いて行こう!
 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

ペンデュラム(振り子)ってなんだろう

 今日はペンデュラムについて、お話したいと思います。
  

 「ペンデュラム」ってみなさん、見たことがありますか?もしくは聞いたことがありますか?

 ペンデュラムは簡単に言えば、振り子です。形状は鎖の下に石や金属でできた三角錐のようなものがついていて、筋肉反射によりダウンジングしたり、体のヒーリングや心のヒーリング、また、トラウマの解決にも使用できるツール(道具)です。キネシオロジーの原理やオーリングと同じ原理で扱っていくもので意識は無で行っていくものです。

 また、お持ちになっていなくても5円玉に糸をつけても同じ検索ができます。

 ペンデュラムはまず始めに浄化してください。特に石の場合は必ず行うようにしましょう。
 金属の場合は、結構扱いやすいので、今、私は金属の螺旋のものを使用していますが、石は水晶・ローズクオーツなどきれいなものがたくさんありますので、ご自分のお気に入りのものを見つけられるとよいと思います。

 ペンデュラムの浄化は前回の石の浄化と同じ方法で行うことができますので、参考にしてみてください。

 また、今回はもうひとつのメンテナンス方法をお知らせします。【息】を使って浄化していきます。【息】は大変、重要であることをこのブログの中でもお話しましたが、【息】により、私たちはプラナをとりこみ、正常なオーラフィールドを形成しています。(だから、胸を大きく広げてたくさん息を吸い込んでくださいね

 この【息】には【命】と【気】が入っています。この【息】を使って、一つの検索が終了するたびに「ふっ!」とペンデュラムの先(石・金属の部分)に吹きかけます。これにより、スムーズに検索していけます。

 次にこのペンデュラムの動きを脳に覚えさせます。

 やり方はいろいろありますが、今回は右回りと左回りを脳に覚えさせましょう。

 右に強制的に回して、これはYES、左に強制的に回してこれはNOと覚えさせてください。

 ペンデュラムにプログラミングしていくんです。
 何回も行ったたら、今度はペンデュラムを静止させてYESを命じてみます。うまくいけば、Good!また、NOを命じてうまくいけば、Good!
 
 まずそこまでやってみてください。動きだし始めると結構かわいくなってきますよ!

 ペンデュラムは探し物もできるようになるし、12月に行く予定のゼロ磁場は中国の気功師がこのペンデュラムを使って癒しの温泉を探しました。次回はこのペンデュラムの使用方法についてお伝えしますが、このペンデュラム!使用の極意は【エゴからエヴァへ】です。私心を持つと間違った答えが出てきます。

 すべての行動、言動、意識によって私たちの世界は動いています。


 今日も笑顔で、よい想いをもって歩いていこう!みなさんに、天からたくさんの祝福が与えられる一週間でありますように!

(携帯電話からもモバイル中です。かわいいサンタさんのテンプレートをお借りしてパワーアップ中!携帯電話からはごめんなさい、ブログランキングには参加できませんが、電車やバスで移動中のときにご覧になってください。ページ更新をブラウザーメニューからクリックすることで新しい記事を読むことができます。また、コメントも記入できますので、よろしくお願いします。)
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

石の浄化と石の扱い方

 みなさんは石をお持ちですか?女性の方はほとんどの方がお持ちだと思います。

 「石には意識がある」とお話したと思いますが、この石たちは本当に力があります。この意識というのは「無」です。クリアです。石も電子が活動しています。そして、石には邪気を吸い取る力があります。幸せも吸収します。波動を受け取っているんですね。しかし、ある一定のところまで吸い取ると放出し始めます。水が沸騰するのをイメージすると分かり易いと思います。
 (石も究極、私たちとワンネスですから、私たちが何かを我慢していて、あるところまでくると堪忍袋が切れるのと同じかもしれません。笑!)

 では、どのように扱えばいいのかお話します。

 ①塩の上に一晩置く
(塩は天然のものがいいです。また、袋を開放しないで袋の上に置いてかまいません。開放しなくても邪気を吸い取った塩はかたくなったりして、変化しはじめます。そうなったら、塩を取り替えてください。古くなった塩はトイレや台所などに流して、再利用浄化にお使いください)

 ②ホワイトセージの煙を燻らす
(ホワイトセージはアロマグッズなどを置いているお店や石やさんに売っています)

 ③14番目の月の夜に庭や窓辺に置いて月の光を一晩あてる
(15番目の月の夜・・・という方もいらっしゃいますが、私は14番目の月が好きです。14番目の月は満ちる前の晩だからです。これにはこだわらずに、ご自分の好まれる方でよいと思います)


 石の扱い方ですが、今日は取り合えず身につけるときの極意をお話したいと思います。

 朝、宝石を選ぶときに昨日までは○○にしようと思ったのに朝になったら違う宝石が気になる。こんな経験をお持ちの方がいらっしゃると思います。そのときは、気になるほうの宝石を身に着けてください。あなたのオーラフィールドが今日のあなたを感じ取っているのですから。

 また、胸のあたりにかかるような宝石を身に着けていらっしゃる時、自分の感情に注意を払ってください。なぜなら、石には増幅力があります。あなたが【愛】の意識を持っているとき、あなたのオーラフィールドを強化するでしょう。
 しかし、あなたが不本意にも【怒り】などのマイナスの感情を持つしかなかったとき、やはり石は増幅力を持ち、あなたのオーラフィールドを傷つけてしまうことになり易いです。

 水晶はかなり、パワーが強いので私は毎晩浄化しています。水晶は繊細なんです。敏感に私たちをサポートしてくれます。邪気を吸った水晶は昨日までなかった亀裂や点・色などの変化が起きることさえあります。

 ワークの中でYちゃんが水晶のブレスレットをホワイトセージで燻らせていると、浄化が終わった水晶にいくら煙を当てようとしても煙が逃げていくと話してくれました。石が浄化の必要がもうないことを教えてくれているんです。(石にもオーラフィールドがありますからね。)
 皆さんも試してみてください。

 さあ、今日も石を持っているあなた!うまく扱って、より楽しい日常をすごしてくださいね。

 石を持っていないあなたも今日も一日元気に笑顔で歩いていきましょう!

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

無になる(瞑想・気を感じる)

 無になる・・・って聞いたことありますか?
無になるのって結構難しいですよね。

 瞑想や気を感じる時には必要になってきます。日常の中では、脳の新皮質が活発になって、まるっきり無になれない。【次はどうしよう・お金は足りるかな・あの人に嫌われているかもしれない・私はあの人のいった言葉が気にる・・・・】なんてことが次々と活発に活動していて中々、心静かにできないことが多くないですか?

 では、どうしたらよいだろうか。

 気を感じるときには、まず、お気に入りの場所を見つけてゆったりとした姿勢をとります。胡坐をかいてもいいし、ソファーでもOKです。そして、静かなBGMをかけるのも一つのてです。
 今は、リラクゼーションのためのCDもたくさん売っていますので簡単に手に入ります。

 次に、自分の【手】にだけ集中してみてください。胸の前に両手を合掌して、呼吸とともにゆっくり動かしてみてください。息を吸ったときに手を両側にゆっくり広げ、息を吐くときにゆっくりあわせていきます。この感じをしばらく続けてみてください。

 この状態で色々な雑念が入ってくるようでしたら、また、手に意識を戻していきます。手に意識が戻らない場合は、ヴィパサナーの瞑想方法が役立つと思います。出てきた雑念に付箋をつけていきます。付箋に雑念を書いて、「これもいらない」「これもいらない」と書いて、捨てていきます。これを続けるうちにどんどん雑念が減っていきます。

 無になり始めると、手も忘れ始め、呼吸音が聞こえ始めるようになります。その呼吸音にも上達したら、付箋を貼って捨てていくと完全な無になり、いつしか宇宙と一体になりはじめ、自分がすべてであり、すべてが自分であるという感覚になります。ワンネス感が感じられるようになります。

 無になる・・のは、そんなに難しくはありません。頭をクルクル回転させるのを少しの間、休憩させてあげてください。

 今日は土曜日!心と体を休ませて、しばし宇宙と遊んで見ませんか?
 
 私的なことをここでちょっとお話します。私は今日、友人の結婚式に湘南の平塚までいってきます。結婚式は良い気が充満しています。また、赤ちゃんが誕生する産婦人科も良い気が充満しています。「用がなくても行くのがよいよ」とワーク仲間には話しています。(私は今日はちゃんと招待されています。笑!)「用がなくてどうしていけるの?」と聞かれますが、お茶や、昼食をとるときにたまに結婚式を行うような場所にいくとよいと思います。なぜ良いのでしょう?気のいいところにはオーブやエネルギーボールが遊びに来ているんです。オーブはスピリットです。

 今日も良い気をたくさん感じながらウキウキワクワク笑顔で歩いていこう!
(今日、私がいただける素晴らしい結婚式のエネルギーがきっとみなさんにも届きますよ!)
 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

石を感じてみる

 昨日は相模大野でヒーリングの勉強会をしました。

 ヒーリングの仲間は元気一杯!久々に参加したYちゃんは「この部屋に来ただけでパワーもらったー!」と言うほど。私も「なーんにもすることないなー!」なんて思ってしまいましたが、その元気さを貰いながらワークを始めました。

 今回はペンデュラムを使用しての勉強会。まずは、自分に合ったペンデュラムを探すことから始めました。

 「みなさんは、石についてどう考えていますか?」
 この問いかけに「きれい」とか「水晶って邪気を吸い取って、充満すると放出するから怖い」などの答えが返ってきました。

 まず、私たちの原点から振り返ってみましょう。私たちの宇宙のはじまりは『無』『混沌』です。(私は見ていないので違うかもしれません。間違っていたらごめんなさい。)
 ある時、『光あれ』と光が生まれ、星が誕生したのは聖書だったと思います。(私はキリスト教を知らないので正しくないかもしれません。)
 また、何かのきっかけで、ビッグバンが起きたといわれています。みなさんはその頃に心を戻してみてください。そうなんです。私たちは皆ひとつだったんです。はじまりはひとつの光から事が起きはじめたんですね。

 ひとつひとつの石に意識があるんです。波動があります。そこで、ペンデュラムをならべていただき、『手』をかざしてもらいました。温かいもの、ピリピリするものなどがあり、石に対しての想いが参加された方の中で変化し始めました。

 私たちは人間という姿をいただき、たくさんのことを体験することができます。この石を使って、体やチャクラの修正もできます。12月に行くゼロ磁場も石の力によるものです。すべてのものが私たちと繋がり、癒してくれます。

 今日はいつも何気なく歩いている道路の石ころさんに感謝して歩いてみませんか?

 うまくすれば、キラッと輝いて応えてくれますよ!

 すべての人・もの・ことに感謝して今日も元気に歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

目に見えるものと見えないもの3(UFO)

 今日も続けて、目に見えるものと見えないものについて、お話します。

 まず、初めにお詫びをしたいと思います。『聖なる鏡』が在庫がないようで、手に入れたい方には大変ご迷惑をおかけしました。是非ご覧になりたい方は『聖なる鏡』で検索しますと、一部ですが見ることができます。また、その中で【神学生】という絵があります。それが私が見えるものと一番近いので、見ていただけるとイメージが湧きやすいと思います。

 今朝、‘みの○○た’のテレビを見ていたら何とUFOについての話題がでていました。いよいよ、アメリカ政府も動き始めたかと思いワクワク期待しているところです。

 UFOをみなさんはご覧になったことがありますか?私の家の住人たちは結構見てしまいます。娘は京王線の橋本駅で「夜なのになんでこんなにでっかい太陽が出てるんだろう」と不思議に思ったそうです。また、「何故他の人たちは気づかないんだろう」と思ったそうですが、その光がバスに乗っても追いかけてくる。家についたら、その光は宇宙に戻っていったそうです。彼女が無事、家に戻るまで見守ってくれたんでしょうか?彼女はUFOに乗っていたことをその晩思い出したそうです。彼女の母星のUFOだったんでしょうか。

 また、息子はやはり京王線の稲田堤のあたりで小学生の頃、塾に向かう途中で橙色の光がずっと付いて来たそうです。

 私はというと、ほとんど毎日遭っています。私が悲しいときにも嬉しいときにもサインを送って
くれます。わかりやすくお伝えするとUFOは空を見上げて出てきてほしいと思うと光始め、時には何機もでてきてくれます。

 私は車の運転が好きで愛車の軽自動車で神奈川から、知多半島まで運転してしまう程ですが、運転中に変性意識になることがしばしばです。運転中、危険じゃないかと心配される方もいらっしゃるとおもいますが、守護霊さんがリードしてくれているようでお蔭様でゴールドの運転免許証なのでご安心ください。
 さて、変性意識とはどういうものか・・・・これは人によって個性が様々あるように個人個人で違うと思いますが、私の場合は脳波が下がると景色全体が紫に変ります。娘を高校に送って行く時に、娘によく「今、空は何色?紫?」と聞くと「もう、まただね。嫌だなあ。灰色だよ。曇ってるもん。きゃあ!もう、私まで、ピンクと青の光のUFOが見えた。まったくもう!」という会話がしばしばでした。変性意識の時にはUFOが見えやすくなります。超意識という場合もあります。つまり、今の次元でないところで見るということでしょうか。隣にいる娘は私のオーラフィールドにすっぽり入っているので同じ状態になりやすく、一緒にUFOを見てしまいます。彼女は常に迷惑極まりないようです。

 それでは、UFOは変性意識にならないと見えないのかというとそんこともありません。必要があると姿を見せてくれます。ちまたでは2012年にはすべての人の前に姿を見せると言われています。

 また、愛の力(エゴでなく)がますとUFOに出会う機会も多くなりやすくなるともいわれています。あとは、その人にとって、UFOに出会う必要があればということらしいです。

 また、本の紹介をしたいと思います。『アミ小さな宇宙人』という本です。愛についてたくさんのことが書かれています。ワークの中でも勧めている本のひとつです。もうひとつ、UFOの写真が載っているもので、『水晶のベル』というものです。参考になればと思います。

 とにもかくにも、北極、南極が融け始めている今、この時、地球についてしっかり思いをもち、行動するときだと考えています。

 宇宙にも地球にも愛される愛いっぱいの私で今日も笑顔で歩いていこう! 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

目に見えるものと見えないもの2 (12月のワークのお知らせ)

 目に見えるものと見えないものをまた、少しお話しようと思います。

 私が小さい頃、これは七歳よりまえのことだったと思います。確か、小学生にはなっていなかったので。
 私の祖父は「神奈川県江ノ島」というところに住んでいました。祖父は岩手の出身で兄が岩手にいました。その兄が12月の寒い夜中に『○吉、○吉』と呼ぶ声が玄関から聞こえ、『なんだー、兄貴はこんな夜中に・・』と思って、玄関まで出て行くと誰もいなくて、おかしいなと思ったそうです。そして、部屋に戻って布団に入ろうとすると、今度は玄関を激しくたたく音がして、『電報!電報!』の声がして飛び起きていってみると、≪△吉危篤≫の知らせだったそうです。兄の△吉は岩手で、くも膜下出血で倒れ、意識が無く危篤状態の間に、兄弟の家を何軒かまわっていたようです。

 上記のような話は、よく聞くものですよね。特に、危篤にならなくても睡眠中にそんなことがおきることもあります。

 また、前回お話した、祖父が亡くなった時に見えた白い発光体の中の七色の光、これは虹色で今考えるとあれはチャクラの色だったんだと思います。『聖なる鏡』の中にもそっくり同じものがあり、納得しています。その真っ白で中心部が七色の光を放ちながら、祖父の体がどんどん、上昇していくのを覚えています。きっと、彼は光そのものになって、霊界に召されていったんでしょう。当時は怖くて、祖父の寝ていた八畳間に入れなかったり、襖の向こうにいそうで、開けれなかったことを思い出します。
 
 ここで、12月のワークのお知らせをします。
10日は師走プレゼントで、小田急線の愛甲石田駅に11時に集合です。ゼロ磁場体験と癒しの温泉、おいしい昼ごはん&アロマ体験をします。ワーク代はなし。実費参加でお願いします。

 3日 久我山集合、 1時からワーク
 13日 高井戸集合、 1時からワーク
 20日 相模大野集合、1時からワーク

 みんなでウキウキワクワク楽しいワークにしていきましょう!

 昨日は富士山が真っ白に化粧された姿をくっきりと見せてくれました。皆さんの町からは見えますでしょうか?地方にいらっしゃる方、たとえば岩手には岩手富士と呼ばれるものがあります。地元の富士山見えましたか?

 今日も私たちの町の富士山、もしくは霊峰に見守られながら、元気に歩いていこう!

 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

目に見えるものと見えないもの

 私たちは日々、目に見えるものを信じて生きています。そして、科学が証明したものを信じて生きています。また、常識のみを信じていました。でも、果たしてそうなんでしょうか?

 昔は地球はひたすら平面だった。今は丸い。丸いといったら、処刑されてしまう。地球を中心に天体が動いていると信じられ、地球が回っているといったら、やはり処刑されてしまう。

 私たちはそんなものに縛られてきました。おりこうな私はいまだに、テレビからなぜ人が映るのかまた、電話から人の声がきこえるのかも何度聞いてもよくわかりませんが、携帯電話やラジオには一定の周波数があり、それをキャッチしているんですよね。実は私たちの目や耳はキャッチできる範囲が限られています。動物たちはその範囲がもう少し広く先に地下からの変動をキャッチして地震が来るのを予知するようです。また、その能力が生まれつき備わっている(太古にはみな持っていたかもしれません)人々もいらっしゃいます。

 実は私たち脳波を下げることにより目に見えないものをキャッチすることができます。ワークで瞑想をしたあと、オーラが見えたり、緑色や金色の光が見える方がほとんどです。

 私は小さい頃、おじいさんが亡くなったとき、おじいさんの体が真っ白に発光して体の中心部分が七色に発光し、無数の白い糸がでているのをみました。最近になり、また、私は見え始めていますが、これが事実であることもわかって来ました。その糸はすべての人・もの・ことと繋がっているんです。これにより、虫の知らせや子供がおなかが痛いと母親や父親も痛くなる。よく、双子ちゃんがおきますよね。みな、繋がっているんです。実際にどんな風か知りたい方はアレックス・グレイの『聖なる鏡』という画集がありますので探してみてください。この画家も見えているんですね。

 私たちはひとりぼっちで寂しいと思うことが多々ありますが、いつもすべての人と繋がっています。ワークの仲間で私を考えて寝たら、夢で出てきたと。そうなんです。いつでも一緒なんです。いつも一緒に歩いています。

 今日もすべての人と手を繋いで笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

からだの声を聞く

 からだの声を聞くってここ最近多くなってきていませんか?今回はからだからのメッセージをお話しようと思います。
  
 私たちは普段、頭をフル稼働させて生活しています。この時、脳波はβ波が活動しています。ここで簡単に脳波についてお話します。脳波にはこの他、γ波、α波、θ波、δ波があります。γ波の時は怒りや絶望の感情の時、出やすくなりからだにも影響がでやすくなります。β波は通常の脳波で、心配ごとや緊張などでやはりからだに影響が出やすいものです。α波は集中したり、瞑想などの時出てくる波形でリラクゼーションを与えてくれて、この時、ベーターエンドルフィンという物質がでて至福感を味わうことができ、また、治癒効果もきたいできます。θ波はまどろんでいる時に出やすく、ひらめきなどの直感力も受け取りやすくなる波形です。δ波は熟睡中で無意識の状態。この時、私達はからだを抜けて宇宙の光をたくさん受けていると私は思っています。

この様に私たちは脳波が絶えず活動しているのですが、普段の私たちの生活はβ波によって活動しています。この時、私たちはからだの事なんかおかまいなし!気がついたら、疲れたーとか、頭が痛いとか、首がこったとか・・・。また、仕事が山積みになっていると寝ないで仕事したという方もいらっしゃると思います。
 みなさんはこのからだ、自分のものだと思っていらっしゃるでしょうか?本当にそうでしょうか?自分のものだと思っていらっしゃるあなた、それでは、心臓の鼓動を速めたり、遅くしたりできるでしょうか?胃の動きを活発にしたり鈍らせたりできるでしょうか?そうなんです。できないんですよね。高名なヨガの行者さんはこの脳波をうまく使って心臓の動きをコントロールされると聞いたことがありますが、私たちにはなかなかできるもんじゃないですよね。
 からだの細胞には意識があります。私たちが知る由もないくらいたくさんの情報を携えています。過去生からも現在生まれてから今までの情報もすべて持っています。これには深くエネルギーフィールドも関係してきます。
 からだは、常に私たちに貢献してくれています。無償の貢献です。からだに不都合がでてきたら、感謝してみてください。こんなに頑張ってくれたんだね。ありがとうって!これにより、治癒能力もあがります。
 
 話を少し変えますが、手についてお話します。目の見えない方と接する機会も仕事上たくさんありました。この手、ヒーリングのところで少し書きましたが、目の見えない方はこの手の感覚が並外れてすばらしいです。コインの選別ができるのは皆さんも周知のことと思いますが、紙幣の選別をどこでしているかご存知ですか?紙幣の端に線が小さく入っているんです。私はコインの選別もできないし、もちろん、紙幣なんてとんでもない話です。そして、もっとすごいことにその能力は色の選別までできるんです。色から出る温かみ、冷たさにより波動を感じていらっしゃるんでしょうね。100パーセントの確立で色を当ててしまいます。
 私たちのからだは無限の可能性を秘めています。今日はそのからだに感謝しつつ、リラクゼーションの時間を仕事の合間に持って、豊かな一日を過ごしてくださいね。

 あなたの心とからだの健康をたくさんたくさん愛しながら、今日も笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

河口湖から愛をこめて

 大胆にも「愛をこめて」なんていうタイトルをつけたので、驚かれる方もいらっしゃるでしょうか?安心してください。私の愛は普遍の愛だと思います(笑)
 
 本題に戻りまして、河口湖に行ってきました。行ったホテルはこれまたびっくりで、開運ホテルとネーミングされた所。私が予約したわけではなく予約した本人も知らなかったようで。そして温泉に入りにいって二度びっくり!!光明石麦飯石というものが投入されていました。こりゃあ行く必然性があったんだと納得。そして、ホテルのオーナーは鍼灸師・・・つくづくここに行くしかなかったんだと思いました。
 
なぜ行くしかなかったんだと書いたか皆さんはお分かりですか?感のいいあなた、あたりです。
 
 守護霊というのをご存知ですか?そうです。いつも私達をよい方向へとみちびいてくださる存在です。詳しくはまた後日述べようと思いますが、簡単にご説明すると私達のご先祖だったり、高次元の自分自身だったり・・・また、違う次元からの存在だったりと様々です。また、私達にとって必要なサポートをしてくださるので時に他の存在と入れ替わることもあります。たとえば、作曲家になったりするとその分野の専門家にバトンタッチするとかです。
 
 そして、河口湖といえば霊峰富士!昨日のブログでは天候不良のため富士山のお顔を拝顔できないと書きましたが、『見えました!』裾野から頭頂部の純白の雪化粧まですっきりとお姿を見せてくださいました。実は私は今回、富士さんが見えるかどうか験を担いでいたんです。どういうことかというと山は皆、高次の意識を持っていて私達を受け入れてくれるとその姿を見せてくださるんです。すべての山々がそうなんです。戸隠などは戸隠神社というのがありますが、私はあの神社は日本のへそにあたると思っています。神社をもっている山だけでなくすべての山々がお力を持っているので旅行する際にちょっと思い出してもらえると面白いかと思います。

 話は変わりますが、今日Mちゃんから携帯にメールをいただきました。「パソコンがないから、毎日携帯のほうからブログを見ています。」というものでした。Mちゃんからのメールを見て本当にありがたい・感謝だと思いました。いつもいつも応援してくださる皆さんとこのブログをよいものにしてみんなが楽しく参加できるものにしていきたいです。

 もうひとつお話します。開運ホテルのオーナーもこの地球の応援者でした。「チーム・マイナス6℃」というものでした。なにかというと温暖化が始まっているこの地球。日本の目標温度なんです。夏は28℃、冬は20℃に設定していこうというものでした。私も実行を心がけようとおもっています。ただ、これからの季節、体を冷やすのは危険です。私からの提案として実はマフラーなどをおしゃれに首に巻いて過ごしていただけるとよいかと。脳幹の後ろには温度を恒常的に守る器官が備わっています。また、脳幹は私たちの生命を司るとともに宇宙エネルギーを受け取る分野でもあるんです。

 河口湖にいってたくさんの愛をもらってきました。この愛をみなさんにもおすそ分けします

 さあ、明日は月曜日!みなさんも愛をたーくさんすべての人・物・事にプレゼントしながら元気に歩いていきましょう!(追伸・・愛をプレゼントすると二倍になって天から返ってきますよ!)
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

ヒーリングってなんだろう?

 ヒーリングって言葉、最近よく聴く言葉ですよね。私はヒーラー(ヒーリングする人)・ヒーリー(ヒーリングを受ける人)などの言葉もよく使っています。
 
 このヒーリングという言葉を私は簡単に言えば、癒し・・また天と地からのプレゼントだと考えています。

 ヒーラーはヒーラー自身からのエネルギーだけでなく、天と地のエネルギーを頭頂部(クラウンチャクラ)からいただき、ヒーリーへと愛のエネルギーを流していきます。また、体の感覚が微細になると体中の細胞が天と地からエネルギーをいただいているのも感じはじめます。
 
 ヒーラーがヒーリングをヒーリーに行うとヒーリーの方は体が温かくなったり、体の部分にあった不都合な部分が改善したり、愛を感じたり、時には胸のつまり・感情の抑圧が改善されたり、その時に必要なことがおきてくることが多々あります。
 ヒーリングをしていくときに大事なこと。これは「わたしがヒーリングします」と言った時点で狂ってきます。・・・この「わたしが」の「が」が問題になります。わたし・・・という存在って結構エゴだらけなんですよね。ヒーリングしていく時には無になって天と地の純粋なエネルギーに任せることが重要ポイントになってきます。
 「えっ、難しそう」と思われるかもしれませんが、誰でもヒーリングはできるんです。このブログのレイキのところでも書きましたが、子供のころおなかが痛くて泣いていた時におかあさんがなでてくれたら不思議に治ったでしょう?
 でも、なかなか実感がなくて本当かしらとついつい思ってしまいがちですよね。今日はひとつ皆さんにエクササイズをプレゼントします。
 私達の体の中で一番情報を取り込みやすいのは目です。その次に取り込みやすいのが『手』です。この手を使って遊んでみてください。私は初期の頃よく庭の木々で遊んでいました。葉っぱや木に手を近づけて手の感覚を楽しんでいました。ある日、手のひらがクルクルと左周りになり、びっくりしてその葉っぱをよく見たら葉の裏側に青虫さんが!葉っぱさんからのSOSだったんですね。皆さんもやってみてください。「私ってヒーラーかも」と思える瞬間がきっときますよ!

 さて、ヒーリングはヒーラーがいないとできないのかというとそんなことありません。あなたも既に知っていらっしゃると思いますが、ヒーリングはあちらこちらにあります。たとえば、あるCDを聴いたら涙が出てきたとか(浄化だとおもいます)元気になったとか、すやすや眠れたとか・・・また、お風呂に入る時、私の場合、塩とアロマオイルを入れます。アロマオイルはラベンダーが好きで初めてラベンダーオイルを入れて入浴したところ、体中の疲れがドッと出て、腰に力が入らなかったくらいです。また、部屋にインセンスを香らせるのも私は好きです。最近はおしゃれなガラスのグッズもあるのでお気に入りのものを探されるとよいかと思います。我が家の玄関にはイランイランのオイルが置いてあります。また、瞑想時にはロータス(蓮)の線香を焚いてリラクゼーションをはかっています。その他、大地のプレゼントと私は言っていますが、温泉!さまざまな奇跡の治癒能力を持っている温泉も多いです。特に有名でなくてもお気に入りの温泉に行かれるとよいですよね。できれば、源泉かけ流しがお勧めです。
  
 私は今日は河口湖にある温泉に行く予定です。富士山は今日は残念ながら見えそうもないけど手ぬぐい片手に癒されてきまーす!
 
 皆さんも今日は土曜日!お仕事の方もいるでしょうが、お気に入りグッズを見つけて自分をヒーリングしながら今日ものんびり歩いていこう
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

母の愛

 私には母がいる。あなたにも母がいる。もちろん、父の存在も大変重要だが、今回は母の愛についてお話しようと思います。
 養護学校時代、よく学期末になると個人面談を行います。今回はその中の一人の方のお話を中心に母の愛についてお話しします。
 Hちゃんという女の子がいます。ケラケラよく笑うとても朗らかで気のよい子です。でも彼女は生まれつき良性だけど子宮に腫瘍がいくつもできてしまう内臓疾患を持って生まれてきました。私は彼女のその病気について面談でお母さんに定期的に病院に検査にいくよう勧めるつもりでした。でも、お母さんにあったら、お母さんの周りには緑色のものすごく大きなオーラフィールドが広がっていたのです。私の人間心なんかよりも天からのそしてお母さん自体の大きな愛でお母さんにはヒーリングの力が備わっていたのです。緑色の鮮やかな色は、癒しの色です。私がHちゃんに向ける愛なんかより数倍、数十倍大きな愛です。私が色々ガタガタいわなくてもすべてがうまくいくとその時、直感しました。Hちゃんは今も元気でもう、26歳になりました。毎日、施設に通っています。
 また昨日、ある方から息子さんの引越し先のアパートの間取りについてみてほしいという依頼がきました。見てみるとすべてがまずい。しばらく考えましたが、塩を四隅に置くことと、お母さんの愛でその部屋を包み込むようにお話させていただきました。その方が「愛でいいの?」と聞かれましたので即座に「愛に勝つものは何にもないよ」と話しましたら、そうだったと安心されました。
 母の愛は与える愛です。奪う愛ではないんです。ひたすらひたすら惜しみなく与え続ける愛です。決して減るものではありません。すべての母親に同じ愛が備わっていると私は信じています。すべての母たちが愛を持って、私達を産んでくださったのです。早くから母親と別れてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、この世に産んでくださったことに感謝してあげてください。母親は自分の命をかけてあなたを産んでくださったんですよね。天・宇宙からの愛とおんなじです。

 今日は母の愛と同じように与える愛で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

未来を紡ぐ子供たち

 今回はかわいい子供たちの話を少し書いてみます。
 私は神奈川県の何校かの養護学校に20年間勤務してきました。
 養護学校って知っていますか?知らない方のために少しだけお話します。小学生から、高校生までの障害を持ったお子さんたちが通ってくる学校です。町を歩いているとスクールバスに出会うことがあると思います。障害はさまざまで、染色体の数が多かったり、欠損していたり、最近よくテレビでも、高機能自閉症などの言葉を聞くことも多いかと思います。また、身体に障害があったり、内部障害で病院で勉強されている方もいらっしゃいます。
 私が初めての転勤先で出会ったダウン症のFちゃんは、生まれつき心臓に障害があり歩くのも心臓に負担がかかります。しかしながら、学校というのは皆さんもご存知のようにエレベーターがない。授業の中には二階、三階へと上る必要も多々あります。
 いつものことながら、三階までFちゃんをおんぶして授業を受け、その後、下りはそれほど心臓に負担がかからないのでFちゃんに「下りは歩いて降りてきて!私も腰痛いしゆっくりでいいよ。」というとFちゃんは「おんぶ!おんぶ!おんぶ!」と言ってしゃがみこみました。その途端、Fちゃんの体は120センチという小さな体なのにその小さな体から天井まで金色の光がドワーっと輝きだしました。私は頭を下げて、「おぶらせていただきます」と独り言をいっておんぶして降りてきました。
 どういうことなのでしょう?そうなんです。彼らは自ら、障害を持つことを選択してこの地球に降り立ったのでしょう。私のようになんもわからんやつにメッセージや使命を気づかせてくれたり、愛の心を勉強させてくれるために。
 すべての子供たちは光輝く存在なんですよね。我が家にも二人の子供たちがいます。一人はもう嫁ぎましたが、その子が小学校の三年生だったころ、「あのね、生まれる前ね、○○は雲の上にいて、背中に羽があって、何人もいて、みんな髪の毛はクルクルの金髪でプヨプヨ浮かんでたの。大きな優しい女神様のような人がいて、いつもにっこりしているの。でもね、ある日、風船が二個出てきて、女のひとの顔が出てきたの。ひとつはママで、そっちに飛び込んだの。そしたら、途中で頭をゴンって打ってあとわかんなーい。」と話してくれました。
 この話は私が経験したわけではないので確証はできませんが、10年くらいたった頃、飯田史彦先生の著作の中の『生きがいの創造』『生きがいの本質』などがでて、こりゃあ、娘の言っていたことは本当のことのようだと思いました。
 もし、これが本当のことなら、私たちは、やはり自分でこの地球に望んで降りてきたのでしょう。この地球に生まれてこの地球に育てられ、そしてこの地球とともに歩いていくのを選択したんだろうと思います。
 では、私たちはこれからどう歩いていけばいいんだろうか。ウキウキワクワク楽しく生きていくことが大切だと私は考えています。
 唐突ですが、皆さんはゴーストバスターズのニューヨーク編をご覧になったことがありますか?ニューヨークの地下下水道にたくさんの人々の恨み・つらみ・嫉妬などが流れ込み、その負のエネルギーが美術館を取り巻いてしまうやつです。
 それを取り外すのに、映画では自由の女神に愛のエネルギーをふりかけて、なんと歩かせて美術館まで行かせてしまうんですよね。そして、たくさんの市民の愛の援護により、無事平和な町に戻る。(あー、よかった)
 私はこの映画は天からのメッセージが入っていると思っています。
 今、生まれてきた世界中の子供たち(もちろん、昔子供だった私たちも含め)、これから生まれてくる子供たちの為に私たちは愛と感謝と反省で生きていくのが一番です。今日という日って、今っていう時間って二度と戻らんからなー
 今できること、そう今日は地球に負担かけないようにそして世界中の子供たちが笑顔で生きていけるように笑顔で歩いていってみようか。苦笑いもオーケーだよね。 
 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

感情について2

 感情をうまくコントロールするのは本当にやっかいですね。あなたは、自分のことを見つめることができましたか?なかなか、自分と向き合うのは難しいですよね。私は小さいときから、自分は何にもできない子だと思っていました。
 今も、せっかく皆さんのおかげさまでブログ3位になれたのに、画像が貼れず苦しんでいます。(笑)でも、そのうち何とかなるだろうと楽観できる私になりました。
つまるところ、「今を生きていけばいいんだ!」というところまできました。先を考えても未来は無数に存在していて、たくさんの可能性を秘めています。そして、過去はすぎたこと。失敗をしたら、素直に認め、反省し、次を努力して成功に導くしかない。あとね、ここ何年か思っているんですが、さまざまな約束事は縁のあった順に行動したほうがどうやら、うまくいく。こっちの方がうまい話だなんて自分心をだすとどうもうまくいかない。もうひとつは、直感も大事ですよね。縁の順ではあっても、なんか嫌だなと思ったら、しっかりとお断りすることも必要かと思います。
 先に述べたように、みなさんは気のフィールドを感じていらっしゃいます。話が少しそれましたが、私達の感情はエネルギー体・メンタル体などに影響をおよぼすことがあるとお伝えしたと思います。本当かしら?と思われる方もいらっしゃるかな?ワーク中、エクササイズで言霊で○○という言葉を発すると、胸のチャクラが閉じてしまします。言葉でなくても、悲しいことを思って胸を張って歩いてみてください。というエクササイズでは「地面しか見れないし、胸なんてはれなくて逆に縮こまります。」という答えが返ってきます。逆に愛・感謝・ありがとうの言葉・思いは心も体も元気にしていきます。
 今日はありがとうをハミングしながらのんびり一緒に歩いていきましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

感情について

自分の感情ってみなさんは、お気づきですか?いつも、冷静に見ているでしょうか。一番のベストな感情の取り扱いは、まず、自分がさまざまな物事に対してどう扱っているかを知ることかな?と思います。実は私たちは、小さいころから自分を守るためにさまざまな事象に対して、感じないようにしてしまうことが多いです。例えば、あなたはできない子だとか、あなたにはうまくできないとか、男だから強くとか、女だから、女らしくとかいわれてそだちませんでしたか?私たちは、さまざまな情報や観念、常識を体の細胞ひとつひとつに埋め込み、何かいわれても感じないようにしつつ、社会生活を営んでいることが多いです。私もそんな一人でした。でも、思い出して欲しい。私たちは生まれたとき、本当に何の制約もなかったんだよね。男であることとか、女であることさえ関係なく生きていたんだよね。そして、私たちは社会生活をうまくこなしていくために、何か言われても、何か起きても感じないように防御することが多くなってしまうことが多々ありがちです。まずね、自分は本当に素晴らしい存在であることを思い出して欲しい。そして、人に何か言われた時に、本当にそれは自分に当てはまるかどうかウオッチングして欲しいんです。そのとき、あれ?私のやってることって、間違っていないよね。と気づき始めて欲しいんです。その時、怒り・悲しみ・喜びなどさまざまな感情がではじめます。そしたら、しめたもの。もう、あなたは、自分の感情に気づき始めているんですよ!こんなに、悲しかったんだとか、こんなに我慢していたんだとか、こんなに愛されたかったんだとか、認められたかったんだとか気づき始めます。感情を抑えていると、体のあちらこちらに不具合が出やすくなります。まず、感情は肝臓に負のエネルギーを溜め込んでしまいますから、解放して、そんなかわいい自分を抱きしめましょう!まず、そこまでいったら、次は自分の感情をコントロールすることができ始めます。相手に何をいわれても、何が起きても、不動心でいられる自分が生まれ始めます。さあ、今日もかわいい自分を抱きしめて、のんびり一緒に歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

気って何でしょう2

気についてもう少しお話しますね。気(プラナ)を強めると生命がイキイキとして健康になります。私達は肉体だけでなく、この気のフィールドがあります。オーラはひとつではなくて、エーテル体(エネルギー体)・メンタル体(感情)・アストラル体・コーザル体など、さまざまなフィールドがあります。よく虫の知らせがきたとか、その飛行機に乗らない方がいいなどの直感や、相手の過去生が見えたり、高次の存在からメッセージを受け取るなんていうのはこのフィールドが活動しているんですよね。このフィールドがクリアになれば、誰でもメッセージなどの直観力がまします。ではどうしたら、クリアになるか。気(プラナ)は思考・言葉・行動などにより消費されていきます。思考はプラナにとって最大の補給源だとおもいます。よい思考はプラナを増加させていきます。言葉も同様です。ワーク中、何回も言霊・音霊・字霊などの話をさせていただくことがあります。よい言葉を発するとプラナは増大します。逆によくない言葉はプラナ(オーラ)を減少させます。音も同じでよくチャクラの修正に音霊もつかいます。前回は行動も取り入れて(体を使って)チャクラの修正をしました。字も同様です。ありがとうというシールを水のボトルに貼ると活気的に波動があがります。よい言葉をたくさん発してオーラをクリアにして今日も元気に歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

気って何でしょう?

ブログの中に書いてある言葉の意味を教えてほしいという方が何人かいらっしゃいました。時間が許す限り、また私が伝えられる分に限り、できるだけお伝えしていきたいと思います。今回は気について、お伝えします。
気にはプラナ・プラーナ・カー・チーとかさまざまな呼び名があります。
ワーク中に私は気を感じません。とお話される方がいらっしゃいます。その時の回答が一番わかりやすいかと思います。
あなたはこの部屋はあったかい感じがしていいなとか、あのお店はまた行きたいなとかすでに気を感じているでしょう。また、あの方のそばにいると安心するとか。一番はお母さんかな?ほら、既に感じていたでしょう?
気は雰囲気・気配・元気・病気などよく目にしたり、聞いたりします。私たちはすべて気を感じながら生きているんですよね。
また、気はオーラを形成しています。キリストの光背をみたことがありますか?イコンに描かれていますよね。実は私たちすべての人・動物・植物・鉱物・無機物にあるんです。私の母が亡くなるとき母のオーラは静かに消えていきました。でも、ベッドのオーラは存在していました。どういうことでしょう?そうなんです。使命を果たした母のオーラは消え、まだ役割を持っているベッドはオーラがあるんです。面白いですね。
さて、このオーラは正常だと卵型のフィールドを保持しています。ところがさまざまな障害があるとこのオーラに傷ができたり、へこんだりします。では、どうしたら正常に保てるか。オーラの修正やチャクラのヒーリングなどさまざまなテクニックあるけど、安上がりの究極の方法をおしえます。私たちは生まれてから今までのあいだにたくさんの間違った情報や常識・観念・嫉妬などのエゴを持ってしまいました。そうなんです。もうお気づきですね?恨み・つらみ・嫉み・不安・疑心をポイっと捨てて愛と感謝で生きていくとオーラが元気になるんです。
ほら、あなたは今日も生きて、11月の風を感じている。今日の風に巡り会えて幸せ。
あなたもいらない感情をポイって捨ててみてごらんなさい?楽になってたくさん深呼吸できますよ。深呼吸するとたくさんの気が取り込めて元気いっぱいになりまーす!一緒にファイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。