つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

太陽を活用する

昨日の神奈川はとても暖かくて、洗濯日和!

先週末から我が家の家族にフレンチブルの赤ちゃんがやってきてから、またしても洗濯の量が増えました。

なかなか手ごわくて、あちらこちらを濡らしてくれるので我が家は大騒ぎです。

ここのところ、天気がよいので本当に助かります。

天気の良い時は布団を干します。

干した布団は太陽の香りが!

実はこれってとても重要なことなんです。

私たちは寝ていると水分を放出します。

それを布団が吸い取ってくれています。

水は情報を伝えやすいものです。

古いいらない水分はなくしていきましょう。

湿気の多いところでは、邪気がたまりやすくなっています。

流しやトイレ、風呂場などの水周りはこまめにチェックしましょう。

流しは水垢がないように心がけます。

トイレは常に水が溜まっているところ。

蓋をしてくださいね。

ある方のおうちには蓋がありませんでした。

早速、蓋を購入したところ運気があがったと話してくれました。

お風呂は毎回捨てたいところですが、洗濯や災害のために溜めておく場合がありますよね。

その場合も蓋をしておきましょう。

我が家の子供たちは霊感が強く、日本にいる間は霊的なものに神経をすり減らしていました。

ところが、オーストラリアにいくと何も感じない。

(土蛍のいるようなじめじめしたところは別ですが。)

オーストラリアでは逆に湿気がなくて鼻血がでてしまうくらい乾燥していたからです。(笑)

(冬のシドニーは本当に乾燥していて逆に大変でした。)

水は情報を伝えやすい。

良いものもそうでないものも伝えてしまうからです。

最後に私たち!

私は明け方、東の空に向かって太陽をあびます。

これは雨降りの日も同じことをします。

雲の向こうに太陽が存在していますから、イメージで太陽を全身にあびます。

これにより浄化していきます。

人間干しです。

さあ、今日も元気に布団も自分も太陽の光を浴びながら笑顔で歩いていこう♪

(ようやっと、関東は花粉の時期が峠をこしました。まだ、花粉の影響がある場合は部屋干しでOKです。たくさん太陽の光が降り注ぐお部屋で布団や洗濯物を干してくださいね。

今日もあなたにとってよい1日でありますように!)
スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

ピンチはチャンス!

毎日毎日過ごしていると、いろんなことがある。

いいことがあれば、そうでないことも起きる。

この前ね、私より歳が下の方に会いました。

でも、彼は歳より10歳くらい上にみえました。

彼が言うには、

「私はどんな占いをみても、よくない人生なんです。

もうすぐ、50になるのに結婚もできない。

仕事もうまくいかない。

ここにくれば、私の運は変りますか?」

さあ、あなたはどう思いますか?

私は彼にも聞きました。

これね、ピンチはチャンスなんです。

一見、よくないように見える人生ですが人生を好転するようにまずは本人が動き始めた。

彼の守護霊が働きだした・・ともいえると思います。

そして、「占い」

「占い」はこうなるかもしれませんよというメッセージですから、感謝してそうならないように行動していくことなんです。

良い時には良い方向に何もしなくてもベクトル(方向性)が向いています。

そうでない時は向かってよい方向をとればいいんです。

そして、「何もかもうまくいかない。」

これは、ひとつの例をあげてみましょう。

車を運転していて車が故障した時、あなたはどう思いますか?

「なんて最悪なんだ。○幸だ!」

と考えるでしょうか。それとも、

「事故にならなくてよかった。なんてラッキーなんだろう!」

と考えますか?

そうですね、後者をとったほうが人生は好転していきます。

そして、次にとるべき方策を考えていけばいいんです。

この例は人間関係も同じ。

次に結婚しない人って世の中にはたくさんいますよね。

結婚しない人、精神世界に携わっている人たちは結構シングルですよ。

一人で陰陽のバランスがとれていることが多いです。

そして、顕在意識では結婚したいと思っていても生まれてくる前に一人で生きることを選択してきてる場合もあります。

そんなことがわかると、生きる意欲が増してきますよね。

なにもかもうまくいかなくても、美味しいご飯がたべれることに感謝。

寝るところがあるのに感謝。

洗濯された洋服を身につけれることに感謝。

そしてなによりこの世界に生まれてきたことに感謝。

たくさんの精子や卵子の中から、あなたがこの世に生まれてくることを選択してきたんですね~。

そして、世界をみてみると、本当に食べれず病気になっても薬ひとつ手に入らない人たちがたくさんいるんですね。

この環境にも感謝ですね~。

アンラッキーであったことはもう捨ててください。

アンラッキーだと思い続けるとまたアンラッキーを引き寄せてしまいます。

もうお分かりですね。

そうです。

なにが起きてもひるまない、まっすぐ前を向いて笑顔で歩いていくことによって人生は好転していきます。

そして、自分のとる行動をしっかり見つめることも大切です。

自分の足りないところはなんだったか気づいたら、それをゆっくりでいいから無くしていけばいいんです。

そうしていくことにより、自分に自信がついていくんですね。

顔も若々しくなっていきますよ。

たくさんの障害がある人ほど、大きな魂の持ち主だといわれています。

○幸だと感じた時、魂が飛躍するときです。


さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

今日のプレゼント!!

事態がなかなか変化しない時、天然塩でパッと目の前を祓ってください。

不思議なことに事態が変るし、目の前もクリアになります。

塩は浄化の力が高いです。

塩風呂も効果ありますよ。

私はコップ一杯ほど入れたものに入ります。

また、どうも調子の良くない時には塩で体を洗います。

試してみてくださいね。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

体を通過する言葉

体を通過する言葉。

私たちは相手から、言葉をもらう時、自分の思考を通して受け取ります。

そして受け取った言葉を自分の思考を加えて別の人に伝えてしまいがちです。

小さい頃、伝言ゲームというのをやったことがありますか?

伝言ゲームをすると初めの言葉と違って伝わり、大笑いになりますよね。

ゲームだから、大笑いですが大人になってからは結構、気まづくなるなんてこともたくさんあります。

「私」というフィルターを通してから言葉を発していくので、事実と異なっていくことが多々あります。

「私」というフィルターがあるということに気がついて、それに注意していくことによりスムーズに人間関係を築くことができやすくなります。

また、相手から言われた言葉に関しても「相手」の方のフィルターが影響しているかどうかを見ていくことにより、誤解が生じにくくなります。

私の勤務先の上司の方で尊敬する方がいます。

上司ですから、日々さまざまな報告を受けます。

上司とゆっくり話す機会がありました。

「私は、いろんな人に色々報告されるけど、それを信じない訳ではないが、すべてを受け取らない。

私が実際に感じた時、本当にそうだったら注意を促すようにしている。」

と話してくれました。

彼女(上司)は自分のフィルターをクリアにしつつ行動していました。

私も私のフィルターをクリアにしつつ、本当のことを正確に伝えるようにしています。

余談ですが、お酒というのは火の要素があります。

陽という要素です。

感情も高まってきやすくなります。

お酒が入ると火の要素により、ヒートアップしがちです。

梅酒は陰陽のバランスがとれているようです。

さあ、今日は月曜日!

今日も元気で笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

大地に立つ

「立つ」ということ。

私たちは立って生活をしています。

ところが立つことだけを純粋に行うことがあるでしょうか?

調理をしていたり、掃除をしていたり、歯を磨いていたりとなにかを行いながらしていることが多いと思います。

今日は数分でかまいませんので「立つ」ということをしてみてください。

立ってみたら、体の力をどんどん抜いてみてください。

かみしめている顎、肩。

呼吸はゆっくり。

力が抜けたら両足の裏のどこに力が入っているか確認してみてください。

両足の裏すべてに均等に体重がかかっているでしょうか。

外側だけにかかっていたり、内側だけにかかっていたりとバランスがとれていないことがわかります。

どんどん力を抜いてみてください。

緊張がとれていくにしたがい、足の裏のバランスがとれてきます。

そして、地球の重力を感じてみてください。

地球があなたを引っ張ってくれています。

それを感じたら、頭頂部(第7チャクラ)から呼吸も開始しましょう。

(イメージでOKです)

天と地とのエネルギーが循環します。

ゆっくり呼吸をして終了します。

ほんの少しの間の循環で、元気になりますよ。

仕事に疲れたとき、ほんの少し時間があるときにやってみてくださね。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

あるがままにまかせてみる

毎日、生活しているとさまざまなことが起きます。

病気になると私たちはじたばたし始めて、抵抗します。

自分の体からのメッセージを聞く前にケミカルな薬品に頼りがちです。

下痢をひとつの例にあげてみます。

下痢をすると下痢止めをすぐ飲んでしまいがちです。

(緊急を要する場合は別です。)

何故、下痢をしたのか体に聞いてみるといいです。

体は陰陽のバランスが崩れるとそのバランスをとるために浄化作用を起こし始めます。

体にとって不必要なものを排出しはじめるのです。

数年前に食中毒がはやりました。

その中で、下痢止めを早期に飲んで余計に状態を悪くした方と、排出するだけ排出してから治療を始めた方は早くに治ったという例もあります。

(何度もお伝えしますがケースバイケースです。脱水症状になりやすいので医師の指示を仰ぐのがまず第一です。)

陰陽のバランスは、心にも同じ作用があります。

手を見てください。

手には手の甲と手のひらがあります。

どちらもないと困ります。

手の甲は「陽」

手のひらは「陰」です。

このように陰陽があってバランスがとれます。

日常生活の中で、なんにも原因が思い当たらないのに笑いたくなる。

逆に泣きたくなる・・という場合が起きることはありませんか?

そのときはチャンスです!

思いっきり泣いたり、笑ったりしてください。

心がバランスをとっているんです。

涙がでても拭かないでください。

浄化作用が薄らいでしまいます。

私たちは自然の一部です。

あるがままにまかせてみてください。

あるがままにまかせたあと、周りの景色が違って見えるかもしれません。

すっきりするかもしれません。

我が家には総勢7匹のワンコとニャンコがいますが、彼らに学ぶことが多いです。

具合が悪いと食事をしないでじっとしています。

そうやって自然治癒力により回復します。

7匹のうち、5匹は15歳という高齢です。

人間にしてみると90歳というところでしょうか。

まだまだ元気です。

さてさて、今日は特別プレゼント!

一人になれる場所があるでしょうか?

是非、嘘っこ笑いをしてみてください。

第7チャクラが解放され、胸のチャクラも開きますよ。

体の細胞も活性化します。

大きな声で笑ってみてください。

「笑う門には福来り」

ですね。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

手放すということ

私たちは朝、起きてから寝るまでたくさんのことをジャッジ(評価・判断)しています。

ジャッジは正しいことなのでしょうか。

ジャッジは良くないことなのでしょうか。

ジャッジに良い・良くないということはありません。

ジャッジは後から私たちの思考にあとから付け加えられただけのものです。

例えば、あなたが道で知り合いに出会ったとき、話を始める。

その時、あなたはその人の何に目がむくだろうか。

胸につけてるペンダント?

きれいな洋服?

目?

鼻?

髪の毛?

経歴?

話し方?

お気づきになりましたか?

私たちは相手のことをジャッジしているんですね。

相手の本質よりも他のことに気をとられ、大切なことに気がつかなくなってしまっているんです。

夫婦も同じです。

好き、嫌いは若いうちだけ。

出会って何年かすると相手をジャッジしはじめます。

起きた時、髪の毛が逆立っているとか、よだれがでているとか(笑)

本質とはまるきり違うところに私たちはピントを合わせていきやすくなりがちです。

下手するとね、私たちは十何時間もジャッジしっぱなしなんです。

感情や思考は私たちのすべてではありません。

純粋なピュアなものが私たちには流れています。

生まれたての赤ちゃんの時にはすべてを受け入れる力があります。

次第に自我が育ち、人見知りが始まります。

大人になると思考も複雑になり自分の考え方と違うと排他していく傾向を持ち始めます。

自分というものは、感情でも思考でもありません。

もうひとつ本質という純粋な命があります。

感情は関節や肝臓にに溜まりやすいものです。

一日のうち、初めは少しの時間でいいですから、心を開いて(胸のチャクラをあけて)頭で考えている思考を胸まで下ろし、すべてを受け入れ、そして不必要なジャッジを手放してみてください。

胸に両手をあてると胸に意識が集中しやすくなります。

ゆっくり呼吸をしてください。

宝石や洋服が相手の本質でないこと。

不器用な作法が相手の本質でないこと。

自分も相手もひとつであることが体感できるようになってきます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

褒めることの大切さ

今朝の日経新聞に「褒める」ということで脳が活性化することが科学的に証明されたという記事が載っていた。

よい言葉が幸せな人生へのひとつであるということをお伝えしてきたが、それが科学的にも証明され新聞にも載って多くの方々が知るようになることはとても嬉しいことである。

私たちは被害者意識をたくさん持っている。

被害者意識を作り出すひとつの原因に言葉がある。

私は小さい頃、親から

「お前は○○だ。」

とか

「お前は○○だから、こうしなくてはいけない。」

など言われてきて自分が○○だと認識してしまい、私は○○だからと小さくなって生活してきた。

後年、これは親が子供が立派になって欲しいと思ってのことであると理解したがこの認識をはずしていくのに手間がかかった。

(真我を探すというプロセスを辿った。)

私も子育て中に同じことをしてきた。

うまく育てられず、他の人に子育てを委ねたいと思った。

必死になって子育てしてるのに子供は萎縮してしまう。

そんな中、子供が

「ママ、好きだよ。」

「ママに育ててもらって幸せ。」

子供からの言葉で愛と元気をもらった。

それからは、子供たちのよいところを見つけるようにしてそれを伸ばすようにした。

計算は苦手だけれど感性のよい娘にはそれを褒め、不器用だけれど優しい息子のにはそれを褒めた。

息子は中学生の時、生徒会長に立候補し、娘は高校生の時、生徒会の書記に立候補した。

家族中、驚いた。

特に娘は高校1年生の時は登校拒否気味だったのだ。

これは大人の社会でも同じことが言えると考える。

いつも不機嫌で社員の失敗を細かく叱る上司のいる会社では社員がやる気を失う。

逆にいつも笑顔でゆったりとした面持ちで社員の良いところを的確に褒める上司のいる会社では社員がやる気を起こし、会社の業務成績も伸びていく。

家庭も同じ。

笑いの絶えない家庭ではみなやる気をおこし、元気に仕事や勉強に取り組めるようになる。

さあ、今日も元気に笑顔で周囲の良いところを伝えて生き生きとした一日を一緒に歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

幸せの作り方

「幸せになりたい」・・・まず初めにそう願う心が大切。

願ってない人なんているんかしらと思うかもしれない。

ところが結構いるんだな。

私の前の勤務先の同僚君、

「なんかいいことないかなあ!つまんないなあ。いいことないなあ。」

が、口癖。

まずは言霊で、幸せを呼び込んでいませんよね。

「僕は、不幸せだよ。どうにかしてよ。」

って、聞こえてしまう。

それを一日に何回もいうのだから、細胞も魂も記憶してしまうんですね~。

そして、いつもいつもイライラしてる人、恨みを持っている人、嫉妬してる人・・。

よくね、「この恨みがあるからここまで生きてきた。」なんていう言葉を時代劇とかでも聞くんですが、

イライラも恨みも、嫉妬もパワー(力)が作用しています。

すべての想いに力が関わっています。

想いが原動力になっているんですね。

敏感な方は、恨まれたりすると具合が悪くなってしまう。

いわゆる念波というものを受けてしまう。

一方、恨んだ方はもっと具合がわるくなる。

そうなんです。鏡の法則です。

二倍になって返ってきてしまいます。

恨み・辛み・嫉み・嫉妬などのパワーで生きていくと疲れ果てて老化していきます。

アドレナリンが放出しっぱなしだから無理もありません。

じゃあどうしたらいいんだろう。

物事には、原因があります。

原因になったことに焦点をあてていきます。

何がしかのことには必ず自分が関わっているんですね。

相手の行動が自分の考え方のベクトル(方向性)と違うだけかもしれません。

よくよく考えていくと、そういう考え方もあるんだと理解できるかもしれません。

「ごめんなさい。ありがとう。」

これを心から相手に対して伝えてください。

目の前に相手をイメージして伝えてください。

想いは必ず伝わります。

ここで大切なこと!

必ず「ありがとう」を言ってください。

「ごめんなさい。」「すみません。」「申しわけありません。」

この言葉を言い続けると、やはりエネルギーを消耗してしまうんですね。

その言葉をいう時に必ず、

「ありがとう。」「ありがとうございます。」「感謝」

の言葉を言いましょう。

パワーが戻ってきます。

そして、笑顔!!!

朝起きたら、鏡の前の自分にまず笑顔で

「おはよう!今日もよろしく!」

って挨拶しましょう。

朝の起き掛けの顔は結構、笑えます。

さあ、今日も生きてることに感謝して、必ず昇ってくる太陽に感謝して、食卓のご飯に感謝して、

元気に笑顔で歩いていこう!

(昨夕は大磯の漁港の近くを歩きました。

のんびりまったりしてる猫たちにあいました。

その光景をみていたら、幸せになりました。

幸せはそんなところにもキラキラ光っているんですね。

猫にも感謝の夕暮れでした。)
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

次世代に伝えていくこと(2)

前にお伝えしたことのある83歳でアルツハイマーのTさん。

(見えない手で、私の手を握ってくださった方です。)

状態が急変し、ドクターヘリで救急病院に搬送された。

ご主人の言葉が思い浮かぶ。

「私たちは、たくさん生きてきた。

この人(Tさん)と一緒に、一生懸命生きてきた。

この人を最後まで介護することが私の役目なんだよ。

でもね、私も転んでから皆さんのお手伝いを必要なの。

とても皆さんに感謝してるんだけどね、訪問看護できてくれる看護士さんのオムツの当て方や毛布のかけ方に涙がでるんだよ。

毛布が逆さまだったり、オムツが逆でも気にしないんだよ。

Tはまだ、生きてるよ。

逆さは、死んだ時なんだよ・・って叫びたくなっちゃう。

せっかくやってくれてるんだけどね~。」

淋しそうにそう話してくれた。

看護士さんは、なんの思惑もなく仕事をかなされたんだと思う。

そして、Tさんの為に必死に介護をされたんだと思う。

おそらくは、普段、自分のかけている布団の向きもあまり気にしていないのかもしれない。

核家族が増えてきた。

若い方々の中には、まだ死に目を知らない方々もいらっしゃると思う。

ターミナルケアの真っ只中にいらっしゃるご家族は布団の向きや何気ない言葉に敏感になっている。

知らなくてはいけないこと(布団の向きとか、洋服を逆さにする意味とか)と、心のきびを私たちが伝えていかなくてはならない。

今は個人商店とのやりとりも減ってきた。

一言も喋らなくても、欲しいものが手にはいる。

昨晩、頼んでいた揚げたての油揚げをもらいにいくのに手間取り連絡をすると、

「ゆっくりおいで~。待ってるから。」

となじみの豆腐やさんの言葉。

急いで行くと、

「もう一度、揚げといたよ。アツアツがおいしいからね!」

と笑顔で迎えてくれた。

心がほっかほかになった。

私もほっかほかの心を届けたい。

未来の子供たちに

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

水門を開く

生きていくとき、さまざまな苦難や困難に出会う。

この時、それを誰かの、何かのせいにしてはいないだろうか。

あの人のせいでこうなってしまった。

世の中が悪いからこうなってしまった。

親の遺伝を引き継いだからこういう性格なのだ。

・・・などなど。

自分の素晴らしさを自ら閉じていないだろうか。

環境のせいにして、環境に振り回されていないだろうか。

仕事のせいにして、仕事に振り回されていないだろうか。

環境によって、逆に人格が形成されていないだろうか。

これまでの環境や周囲のすべてを変える力が私たち一人ひとりに備わっているのである。

遺伝についても考えを変えていくことができる。

遺伝のせいにしていては前進していくことはできない。

この鼻も目も口も、先祖から受け継がれた最高の贈り物である。

命が脈々と何世代にもわたって受け継がれた最高の意志である。

すべてのことに、立ち向かえる力を受け継いでいるのである。

私が今ここに生きているということはものすごい奇跡である。

絶えることなく脈々と続いてきたこの命の妙は奇跡にほかならない。

私たちは、さまざまなところで水門を閉じていないだろうか。

恐怖感や疑心暗鬼によって流れてくるものを閉ざしていないだろうか。

自分を信頼して自分を大地にしっかり根付かせて両足で立ち、水門を開いてみたらどうだろうか。

昔、蓮池を持っている地主さんがいた。

毎年、美しい蓮の花が咲き、誰でもその土地に入って見る事ができた。

ある時、地主さんがその土地を他の人に譲った。

新しい地主さんはその土地に誰も入らないようにバラセン(棘の出ている鉄線)をはり、水門も閉じてしまった。

蓮池は新鮮な水が流れ込まなくなり、やがて汚れた沼地となった。

そして、そこに生えていた草も精気を無くしていった。

私たち人間も自然の一部である。

いつも新鮮なエネルギーを必要としている。

心も体も。

そして蓮池と違うのは意志と行動する力を持っているということである。

蓮池は自ら水門を開くことができない。

水門を開くのを人に委ねるしかないのである。

私たちは自ら水門を開く力を持っている。

自分を信頼して切り開く力を持っているのだ。

さあ、恐れないで水門を開けてみよう!

開けてしまうとなんて気持ちよく爽やかで心地よい環境が待っていることか。

初めは小さい水門から、徐々に開けていこう。

ゆっくりでいい。

ゆっくり静かに開けていくだけで私たちはどんどん変化していく。

さあ、今日も新鮮なエネルギーを胸いっぱい吸い込んですべてのものにことに感謝しながら

元気に笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

次世代に伝えていくこと

前回、食について心をこめて作る・・というお話をしました。

あたたかいものはあたたかく、冷たいものは冷たく、彩りを考えて食べる側ににたって作る。

当たり前のことですが、それができていないことが多い。

「作ってあげてるのよ。」

なんて気持ちも毎日作っていると出てきてしまう。

(すみません。私だけか~

食材が手に入ることに感謝。

食材を作ってくれてる方に感謝。

食材を家族に提供できることに感謝・・。

私は戦争を知りませんが、私の両親は青春が戦争真っ只中。

母親は岩手でしたので、それほど食材に苦労はしなかったようですが、母親の母親(祖母)の箪笥には嫁入りの時に持ってきた着物が何枚もあったそうですが、その箪笥の着物がいつしか消えて箪笥の中身が米や麦、ジャガイモ、サツマイモでいっぱいになっていったそうです。

私が子供の頃、お茶碗に米粒を残すと、

「お米を作るのに八十八の手がかかっているんだよ。残さず食べなさい。」

と必ず言われました。

母親が米をといでいる背中も思い出します。

米が一粒流れでても、すっと拾い上げて戻します。

何気ないひとこまですが、この動作にすべてが入っていたんだな~と、この歳になって思います。

お米に感謝・作ってくれる人に感謝・運んでくれる人に感謝・売ってくれる人に感謝・水に感謝・水道を作ってくれた人に感謝・火に感謝・火を運んでくれる人に感謝・お釜に感謝・お米を炊いてくれる人に感謝・食べてくれる人に感謝・そして米に感謝・天に感謝・地に感謝・・・。

米一粒とっても私たちはさまざまな人の努力によってささえられていることがわかります。

次世代に伝えていくものはたくさんあります。

私たちの役目は次世代に文化を大切に伝えていくことも大きな役割のひとつです。

「足がつる」という症状が出る人がかなりいらっしゃると思います。

この原因の中には肝臓があります。

そしてもうひとつ、ミネラル不足ということも言われています。

外食などの普及や添加物にも一因があります。

納豆やひじき、海草などがよいとされていますが、これに農薬や公害によってそのミネラル分が体の中に吸収されにくくなったのも原因のひとつです。

単に、調理をしていくだけでなく本当に体によいものを選択し、改善していく力を伝えていく必要があります。

私は神奈川の田舎に住んでいますが、先日動物病院での話し。

家の中で飼っている柴犬君が点滴にやってきました。

もう一週間になるといいます。

「散歩に出かけ、帰ってきたら吐き気と嘔吐。まだとまらないんです。道路に流れた農薬の上を歩いたらしくその足をなめてしまったらしいの。東京の方が安全らしい。東京では農薬を街中でまかないからね。」

とのこと。

なんとも悲しいことです。

食の安全だけではなくさまざまなことを次世代に伝えていく。

私たちの役目は大切です。

さあ、今日も本当のことはなんだろうと考えつつ、元気に笑顔で歩いていこう♪

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群という言葉を聞いたことがありますか?

アスペルガーは現在、高機能自閉症の中に入っています。

高機能自閉症は自閉症の中で知的障害のないものをさします。

時にはIQ130以上もある方々がいらっしぃます。

アスペルガーはその中でも言葉の遅れのないものをさします。

彼らの特徴は

①正直すぎること。

 本当のことを言ってしまいます。本当のことは大切なことですが、相手が気分を害してしまうことも  あります。

②積極的である。

 自分にとって必要なことがあると、相手が困惑していることを察知できず、質問攻めにすることもあ ります。思い通りにならないとかんしゃくをおこすこともあります。

③話好きである。

 自分にとって興味のあることはとても知識が豊富です。相手の反応を考えずに話していきます。

そのほか、大人びた言葉で会話したり、音や光、ロゴ、色などに鋭敏な方々もいます。

光では、

「自閉症だった私へ」の本に、プラナだと思われる言葉が書かれています。小さい頃、その光の粒で遊んでいたと書いてあります。

音では、

「人の言葉が爆撃音に聞こえる。」という少年がいます。

ロゴでは、

一目見ただけで、電柱に掲示されているいくつものマークを暗記したり、車のナンバーを覚えてしまう方もいます。

色では、

食べ物の色によって口にできない方がいます。修学旅行に行ったときにある男の子は家から持参のロールパンだけしか食べませんでした。

「レインマン」という映画を見たことがあるでしょうか?

ダスティン・ホフマンが演じています。

彼は「サヴァン(賢者・物知り)」という能力があり、計算などにそのサヴァンを発揮します。

しかしながら、彼は弟(トム・クルーズ)から抱きしめられることにパニックを起こしてしまいます。

この反応は、決して弟が嫌いなわけではありません。

どう対処したらいいのか困惑してしまうからなんです。

曖昧な表現では戸惑ってしまうのです。

IQ130ある方の場合でも、この障害を持ってしまうと自分の靴下を探すことができない場合があります。

「一番右側の箪笥の二番目の左側の引き出しにあります。」

このようにデジタルな表現によって、彼らの行動はスムーズになります。

「あのへん~!」

なんていうアナログな言葉では困惑してしまうのです。

彼らと話をすると、とても辛い思いをしているのが伝わってきます。

本意でない方向に事態が運ぶことが多いからです。

上記の内容は私たちの中に内在しています。

突出しているかいないかだけの差だと思います。

交通事故で脳に衝撃を受けた少年は、「サヴァン」だけを得たという事例もあります。

(私たちの脳は隠された秘密がまだまだたくさんあるようです。)

彼らと出会うことがあるかもしれません。

彼らが、スムーズに行動してあげるように手配してあげてください。

彼らがスムーズに行動できるということは自分もスムーズに行動できることを意味しています。

自分の中の気づかなかったこだわりという障害に気づき、それを手放していくことができ始めます。

彼らに出会わないかもしれません。

今日の文章の中で彼らのすべては書くことはできませんが、自分の中の手放してもいいこだわりを見つけるきっかけになったでしょうか?

すべての存在が教師であると思っています。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう!!

(我が家は今日は庭でバーベキューをする予定です。みなさんはどんな予定が待っているでしょうか?

今日の大磯はまだうす曇ですが、ちらっと青空もみえます。

今日も素敵な旅に出かけてくださいね。)


Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

癒しの海

今日は面白いサイトをご紹介します。

友人から教えてもらった「中村屋」というサイトです。

「なかむらやはなざえもん」という人の結婚スピーチが流れています。

遊びに行ってみてください。

疲れたとき、くさくさした時、結構笑っちゃいます。

音量は少し控えめのほうが・・(笑)

突然、「中村屋」の連呼がはじまりますので。

さてさて、笑いの海から癒しの海へと場所をうつしましょう。

昨日は高井戸でワークの日でした。

導引体操(気を引き出すための運動)をしてから、ヒーリングをはじめました。

ヒーリングをする人が一人、二人と増える度にエネルギーが二乗になっていきます。

二人だと四人で、三人だと九人に・・という具合です。

全員で一人の方にヒーリングしたので、エネルギーの量は莫大なものになります。

一切体に触れず、見えない身体(エネルギー体、メンタル体など)のエネルギーの海で手を自由に動かしてもらいました。

手に集中してもらい、自由に音楽に合わせて手を動かしていきます。

ヒーリングしてもらった方の感想。

「体が宙に浮いた。気持ちいい。」

「空が見えて羽をつけた緑色の小人さんが空からたくさんたくさん降りてきた。

そしてハワイの海辺のようなところが見えた。」

などなど、みんなうっとりとまどろんだような状態でこちらの浜辺に戻ってきました(笑)。

その感想を聞いて一人の方が

「私もハワイの海辺が見えた。ワイキキの浜辺!!??」

繋がっているんですよね~。

私たちは本当にひとつなんです。

私は・・というとヒーリングしている方の手が天使の羽に見えた。

そしてその羽が空を自由に羽ばたいているように見えました。

それが羽をつけた緑色の小人さんに姿を変えて見えたのかもしれません。

緑色は癒しの色、ナイチンゲールカラー。

胸のチャクラ(つぼ)の色です。

すべての方に備わっている愛の色ですね~。

ヒーリングしている人もされている人もしばし癒しの海でリラクゼーションの時間に

そういえば、ヒーリングしている一人の方が手が止まり、口の中に唾液がいっぱいになってしまったと話してくれました。

これは水昇火降が起きたものです。

うまく気の循環ができている証拠。

腎臓などの水の臓器のエネルギーが上昇し、火の臓器である心臓のエネルギーが下に流れていくというものです。

この状態が人間の基本なんですね。

頭に血が昇っている状態から丹田(臍下5cm)にエネルギーが下がっていきます。

一番良い状態です。

誰かのために何かをする・・一見、自分のためでないように思いますが、エネルギーは自分に戻ってきます。

私たちは本当にひとつです。

今日もそろそろ朝食作りにとりかかろうか。

笑顔のプレゼントが戻ってくるかもしれないね。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

関東は、お気に入りの傘をさしていってらっしゃ~い!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

キャンドルの瞑想

今日はキャンドルの瞑想をお伝えします。

キャンドル・・蝋燭です。

蝋燭には力があります。

小さいけれど、暗いところをほのかな灯りで照らします。

その灯りはあたたかく心も穏やかになります。

お寺にも蝋燭があり、神社にも蝋燭がある。

そして教会にも蝋燭があります。

蝋燭には魔よけの力もあるんですね。

結婚式にキャンドルサービスがありますが、蝋燭の意味を知ったらもっと感慨深いものになるかもしれませんね。

それでは、キャンドルを使って瞑想をしましょう。

自分のお気に入りの場所を見つけて、ゆったりと座り(椅子でも胡坐でもOK)、携帯電話はスイッチオフで。

静かな音楽をかけたり、お香をたいてもかまいません。

背筋を伸ばして(天と地の気を受け取れるようにするため)、

顎をひいて、ゆっくり呼吸をします。

グランディングコード(子宮、もしくは尾てい骨からコードを伸ばして、地球の核と繋がります)を確認しします。

確認できたら、呼吸とともにオーラの確認に入りましょう。

オーラは自分の体の周りに卵のようにあるとイメージしてください。

間隔は90センチくらいを意識してください。

今、あなたは安全です。

さあ、あなたの胸の前に1本のキャンドルがあります。(イメージで)

キャンドルをそっとあなたの胸の中に入れましょう。

あなたの胸の中で小さなキャンドルの灯りが輝いています。

小さかったキャンドルの灯りは次第に大きくなり、全身に行き渡ります。

あなたの足の指先にも、頭頂部にも。

キャンドルの灯りはあなたにとって必要な色に変化していきます。

神性で純粋なキャンドルの灯りがあなたを浄化の旅へといざなってくれます。

ゆっくり呼吸して、手の指を自分のペースで動かしてこちらの世界に戻ってきてください。

自分のペースでゆっくり目を開けてください。

周りの情景が美しい情景に変化しているかもしれません。

あなたの心が落ち着きを取り戻しているかもしれません。

さあ、キャンドルはいつでもあなたのそばにあります。

あなたが望めば、キャンドルはあなたの胸の中でいつでも光を増します。

さあ、今日も1日の始まり!!

今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

朝の瞑想

忙しい朝が始まる前に家の外に出て、東の空を見上げました。

家々の間から、太陽の光が空を染め始めます。

オーストラリアのケアンズの朝と同じ・・と感じ、空から幸せな時間をプレゼントしてもらいました。

私はオーストラリアが好きなので、オーストラリアと繋がる一瞬に幸せを感じます。

ゆっくりと深い呼吸をするたびに空が変化していきます。

みなさんが好きなものはなんでしょう?

好きなものに触れると心が安定し、心が広がっていきます。

好きなものを見つけて、リラクゼーションしてくださいね。

全身に朝の新鮮なエネルギーを行き渡らせて、朝食作り開始!

朝食作りをするとき、朝の瞑想開始です。

「えっ?朝食作りで瞑想?」

と思われる方もいるかもしれませんね。

瞑想は自分に集中して、安らかな気持ちになることが大切です。

じーっと座っていると次々といろんなことが浮かんできて(例えば、今晩の夕食はなんにしようかな?なんて)、結構難しいですよね。

では、簡単にできる瞑想法はというと、仕事をしている時なんです。

心から楽しいと思って仕事をしている時、仕事に没頭して今、自分が仕事をしていることすら意識から抜けてしまう瞬間があります。

その瞬間が瞑想の深い状態です。

朝食を心を込めてつくる。

そして笑顔いっぱいの朝!

今日は心から楽しんで仕事に没頭してみようか!

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

食からはじめる

我が家では夕食を朝、どうするか相談します。

料理がとっても○○な私には、頭を悩ませる時間です。

食材を選ぶところから始まります。

新鮮で、無農薬のものを探し、それを生かした調理を愛をこめて作る。

わかっちゃあいるが、なかなか難しい。

卵の選別も大変。

なんとか、よい食材を手に入れても生かした調理をすることが難しいです。

とりあえず、昨晩は「美味しい!」とニコニコの顔で夕餉を囲むことができました。

連れ合いの笑顔を見ながら、食は改めて平和の大元だな~と思いました。

私は教員になる前(もう25年以上も前になります。)、横浜の教護院というところで講師の仕事をしていました。

教護院は少年院よりも少し緩やかなところです。

教護院で暮らす子供たちは当時、小学校3年生から中学校3年生までいました。

ほとんどの子供たちが、家に帰っても衣食住が確保されてない状態でした。

あんぱんを盗んで教護院に来た子。

家に帰ると父親が酒を飲んで全部お金を使ってしまい、お金を盗んだ子。

そんな子達ばかりでした。

私は美術担当でしたので、彼らに絵を描いてもらったりしました。

画用紙の隅に小さく風景を描く子。

ガードレールの隙間から風景を描く子。

心に今でも強く残っています。

教護院では寮母さんや寮父さん、先生たちで構成されていて彼らのことを親がわり、そして時には友人として接しています。

入所当時の彼らの目は脅えていたり、鋭い目をしていますが次第に優しい目に変わっていきます。

夜、暖かい布団がある。

ご飯の心配がない。

彼らを信頼してくれる寮母さんたちがいる。

本当に当たり前のことで彼らは本来の自分を取り戻し、また社会へと復帰していきます。

ほとんどの子が、中学を卒業して自分で糧を稼ぎはじめます。

この当たり前のことを私たち大人が提供していくことができない。

衣食住の問題は本当に大切です。

一人ひとりの大人が自覚して取り組まなくてはいけないと考えています。

連れ合いが笑顔で食事をとって、安眠することができる。

次の朝、良い目覚めで起床し気持ちよく仕事に行く。

その気持ちは会社の中でも反映していくんじゃあないかと思います。

小さい積み重ねで笑顔が充満するように私も食から取り組んでみます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう!

(今日はなにをリクエストされるかなあ~・・・美味しいもの作れますように。笑!)
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

よい悪い

私たちは小さい頃から、「よいこと」「悪いこと」を教えられてきました。

学校でも「よいこと」「悪いこと」を教えています。

よいこと、悪いことの本質をしっかり伝えないといじめの原因にもなりかねません。

では、よいこと、悪いことの本質を教えてきていたでしょうか。

すべてのことに原因があり結果が生じてくるんですね~。

世の中は結構この原因に焦点を当てずに結果から判断することが多いようです。

今さまざまなところで暴力的な行為が起きています。

無差別に起こす行為や、通りすがりに起こす行為。

そのようなことを起こす原因はなんだろうか。

私はエネルギーの力からそれを考えることにしました。

・敵対する心などの怒りは実は受け入れて欲しいという心

・脅えたり悲観する心は実は慈しんで創造的でありたいという心

・破壊したいとか、切り離したいという心は実は穏やかで生産的で満たされ調和したいという心

などです。

エネルギーはベクトル(方向性)の向きが違うだけで同じ力を持っています。

心は裏返しだと思うのです。

一見、他を攻撃しているように見えますが自分を攻撃しているんですね~。

私たちはいつもよい悪いを持って生活していますが、よいというレッテルを貼られた一杯の水と悪いというレッテルを貼られた一杯の水。

ひとつの容器に入れると溶け合います。

調和していきます。

私の吸っている空気と地球の反対側の空気。

区分けできません。

自然界は良い悪いを作らず区分けをしていません。

公害で汚れた空気と純粋で清らかな空気。

溶け合って私たちに分け与えてくれます。

そのように色眼鏡をかけない自然のバランスを崩していくのが人間なのでしょうね。

人も自然の一部ですが。

原因に着目していくことが大切だと思います。

なぜ、起きたのかを知り理解して行動していくことが大切だと思います。

調和して生きる。

これがキーポイントでしょうか。

そして愛と感謝と反省をポケットに入れて

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう!

(追記:昨日のグループホームの世話人さんから、こんな話がとどきました。

グループホーム開設当初、お花を買ってもすぐ枯れてしまい中々花だらけにならなかった。

今はグループホームは花だらけ。

振り返ってみると当時は利用者の方々の心がざわついていた。

今は和やかになっている。

花にはその気が伝わるんですかね~。

花を絶やさないようにしているんですよ。

との話。

心優しい世話人さんからの言葉にホッと癒されました。

花は音楽をかけると元気に育つとの報告もあります。

花が利用者の心を受け止めてくれていたのかもしれませんね~。)
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

誰かのために

昨日は連れ合いの会社の方の引越しのお手伝いに行きました。

今まで生活していたグループホームから、会社の近くのグループホームへの引越しです。

グループホームという障害のある方が何人かで共同で生活する場所です。

連れ合いは企業の中で障害を持っている方がスムーズに仕事ができるようにサポートする仕事をしています。

そして今回、私たちが引越しのお手伝いにいく社員さん(I君)は私が教員時代の教え子ちゃん。

縁は不思議なものです。

小田原から伊勢原までの小さな引越し。

連れ合いと引越し当事者の彼と私の3人で2トントラックに乗り込み出発!

彼の膝の上には金魚鉢。

彼の大事なりゅうきんが1匹、彼と一緒に引越しです。

小田原厚木道路を走っていると、彼の目には少し涙が!!。

「心細い。」

ぽつんとひとこと。

窓の外には美しい山々が。

連れ合いが

「I君、昨日の朝礼、覚えてる?今の山はなんていうんだっけ?」

「山???」

「ああ、忘れてる。聞いてたのか~?」

みんな大笑い!

「山笑うだ~!」

「当たり!!」

笑顔が戻ってきたI君、引越し先に到着です。

引越し先では会社の仲間やグループホームの仲間、世話人さんが待っていてみんなで2階の彼の部屋まで汗水たらして仕事をしました。

仕事を終了して部屋の片付けも済み、カーテンなども取り付けるとトイレ、バス、洗濯機、流し台とすべてが揃っている彼の部屋は新婚さんの部屋のようです。

みんなが笑顔で乾杯!(ジュースです!!残念)

彼が居心地が良い様にと一生懸命みんなが働いたのですが、これって、自分のため?なんて思ってしまいました。

一見誰かのために心を尽くしているように思えることって実は自分がとても元気になる。

引越しですから、もちろん体は疲れてくたびれていますが爽快感がある。

そして充実感がある。

さあ、今日は日曜日!

今日も精一杯心をこめてひとつひとつの行動を楽しみながら、

元気に笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

見えない身体

私は人が好きなんだなと、改めて感じています。

たくさんの感情を持ち、カルマを持ち、トラウマも持っている。

それを解消しようと必死に頑張ってる人って美しい。

が、しかし

「困ったな~。どうしたら、相手に想いがつたわるんだろう。

どうしたら、元気にしてあげれるだろうか・・。」

と思い悩むこともあります。

そんな時、ベクトル(方向性)の向きを変えていきます。

自分の中にも相手と同じ種があることに気がつきます。

相手に問題があると思っていると、実は自分の問題であることに辿りつきます。

自分の中の問題を解決していくと、相手も解消していることが多々あります。

まさしく鏡の法則、そして私たちがひとつであることがわかります。

自分が元気になると相手、そして周りも元気になっていくんですね。

これはなぜでしょう?

ヒーリングを例にあげてみます。

ヒーリングを行う時に目に見えない体にアクセスしていきます。

アストラル体、メンタル体、エーテル体などです。

コーザル体は天と繋がっているのでお任せして触りません。

目に見えない体に触れていく時に、何かを直そうとしないことがポイントであることに気が付きました。

ヒーリー(ヒーリングを受ける人)が何かの問題を持っているときに、抱えてている問題のパワー(エネルギー)より、元気でウキウキして喜びのパワーで触れていき、ヒーリングしている私たちのほうが大きな楽しいエネルギーで接すると、ヒーリーの抱えているエネルギーのベクトルが反転し始めて元気になっていきます。

私は力学がわかりませんが、エネルギーの法則、宇宙の法則なんだなと思っています。

氷は暖かい場所に置いておくと、水になります。

水は温められると、水蒸気になります。

私たちにもあてはまるんじゃあないかしら・・と思います。

やっぱり、笑顔、元気は大切ですね。

さあ、今日も元気で笑顔で周りもあったかーくしながら、歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

みんなの歌から

島根に住んでいる親友から素敵な歌を紹介されました。

NHKのみんなの歌の中で歌われている

「クリスタルチルドレン」

です。

戦わなくてもいいんだよ

好きになっちゃえばいいんだよ

顔も知らない同士

敵も味方もないでしょう


仕返しなんていらないよ

誰も嬉しくならないよ

すっきりするのは一瞬だけ

見上げれば遥か雲の向こうで太陽はいつもなんでも見ている

憎しみも涙にかえて許せる勇気もって

生まれてきたんだ

この地球を光でみたす

心の愛を持って生まれたんだ

クリスタルチルドレン


この歌は作詞された方の娘さんが4歳の時に話してくれたことを詩にたくしてクリスタルのようにどこまでも透明で強い光を伝えたいということで「めけて」さんというかたが作られたものだそうです。

今日(金曜日)はラジオ第2で16:25~16:30まで流れる予定です。

クリスタルのように透明で美しい心。

この歌によって大人も癒される。

私はもうひとつ好きな歌があります。

「世界がひとつになるまで」

という歌です。

子供むけアニメの主題歌なのですが、実際に見たことがありません。

養護学校時代によく歌われていたものです。

♪世界がひとつになるまでずっと手をつないでいこう♪

いい歌ですよ。

機会があったら、聞いてみてください。

昨日はダライ・ラマも日本にいらしてましたね~。

世界中が平和ですべての人がてをつないで笑顔ですごせる地球にはやくな~れ!

さあ、今日も元気に笑顔で♪を口ずさみながら歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

こだわりってなあに?

こだわりってみなさん、お持ちですか?

私はたくさんのこだわりを持っています。

たとえば、朝は果物をとる・水を飲む・風呂に入る・・とか。

何かの事情でこの習慣が得られなくなった時、さて、どうしましょうか。

先日、ニュースで親の命日になくなる突然死が多いと報道されました。

70パーセントに及ぶという研究結果が出たそうです。

これには私もうなづけることがたくさんあります。

母が6年前に天に還りました。

私は母のターミナルケアの頃から、徐々に体調を崩し無気力という状態になりました。

食事さえ不要という状態です。

何故、そのような状態になるのでしょうか?

母親というのは、与える愛の具現者です。

なにがあっても、子供を信頼し、必ずよい方向に向かうと信じて愛を送り続けます。

ペットも同じことが言えると思います。

よくペットロスという言葉を聞きます。

ペットが天に還ったあと、喪失感が強くなり何もやる気が起きなくなるという現象です。

これは、ペットは無心で飼い主に常に向き合っているからです。

私たちが赤ちゃんの時、無心で親の愛情を信じ、おっぱいやオムツ交換、抱っこを待っているのと同じではないでしょうか?

赤ちゃんや、ペットの顔を見ると笑顔になる。

親の家に行くとホッとする。

考えてみると、彼らの存在は私たちにとって目に見えるハイアーセルフ(守護霊)のようなものではないでしょうか?

赤ちゃんやペットは無垢な心で接してくれます。

親は多少、うるさいけれど(失礼)応援してくれる強い見方です。

このハイアーセルフ的な存在に甘えている自分に気が付きます。

では何故、甘えてしまうのでしょう?

自分の本来の魂の姿をそこに見出しているからです。

私たちはさまざまな欲や執着心や不安などを身につけてしまいました。

本来の私たちは無垢な心の持ち主なんですね。

1番になるために他の人を排他したり、嫉妬したりと。

それが、本来の自分ではないことを魂は知っているんですね。

スマップの「世界にひとつだけの花」にも歌われているように、花屋の前で花を見ている人たちの顔はみんな笑顔!

花が精一杯咲いてる姿に私たちは心を動かされるのではないでしょうか。

無垢な心を持っている存在に本来の自分を映し出しているのでしょう。

自分の中にすべてがあるということに気が付いて、精一杯いきる。

今朝の食卓に果物がのらない場合は違うものにも価値があると、さまざまな食品に愛を送っていただく。

すべてに命があるのだから。

こだわりが必要なこともたくさんあります。

こだわりを手放す必要もあります。

私たちの心を柔らかくすると、その時に必要な心を選ぶことができます。

今日はどんな心が必要かなあ!

今日もナイスな心を選んで元気に笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

すべてに感謝して

昨日はものすごい雨と風。

車を運転していると、車ごと飛ばされそうな風でした。

今日は穏やかな朝を迎え、ほっとする朝。

犬の散歩にでると、公園の桜が昨日の雨と風でほとんど散ってしまい、桜の季節も終わりで淋しいなと思いながら歩いていました。

すると、薄桃色の桜の樹を発見!

枝垂れ桜です。

昨日の雨、風にも負けずに美しく姿をたたえていました。

雨、風にも負けずに美しく咲く枝垂れ桜に今日の元気をいただきました。

家に帰ると昨日は倒れていたアジサイがしゃんとして立ち上がり、美しく咲いていました。

私たちの人生も同じ。

さまざまなことがあるけれど、それを乗り越えてまた美しく咲く。

散ってしまった公園の桜もまた来年の春に向かって命をはぐくむ。

木々や花々に教えられる朝に感謝!

そして、さまざまな愛を送ってくれる仲間に感謝の朝となりました。

080409_0919~01

今日もたくさんの愛に感謝しながら元気に笑顔で歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

ハワイの力をいただいて

080407_0901~01(左の写真はマウイで買ってきた我が家のホヌ(海がめ)です)

昨日はヨガの練習に午前中でかけました。

ヨガの仲間はおばあちゃんたちが主流!

笑顔いっぱいの元気ガールズです。

私は長年の仕事柄、腰が悪く股関節も固い。

ヨガをやるようになってから大分股関節が開くようになって、胡坐がかけるようになりました。

今回のポーズは鋤・英雄・魚。

鋤は床に仰向けに寝て両足を腰部から持ち上げて頭頂部まで持っていき、床につける。

(お腹の肉が邪魔だ~!)

英雄は立位で足を肩幅の2.5倍に広げて立ち、右に腰をねじってポーズ、左にねじってポーズ。

(下丹田に重心を意識していかないとバランスが取れない・・。丹田、丹田・・。)

魚は仰向けに横になって足首を体がわにそらして後頭部をつけて背中をぐんと天井に突き上げて胸の上で合掌。

すべてのポーズが関節技だ~!

なんでこれが魚のポーズなんだ~!

と私は心の中でごたくをならべていました。

しばらくすると、魚のポーズでは合掌した手からエネルギーが流れはじめて体の周りが海のように感じられ始めました。

そしてホヌの目が優しく私を見ている。

悲鳴をあげている私にホヌが守りにきてくれたんでしょうか(笑)

しばし、関節の痛みも忘れ、幸福感にひたりました。

午後からはワーク。

ヒーリングセッションではエネルギーの海(体そのものではなく、見えない体・・エーテル体など)で手を泳がせました。

手は海の中でまるでフラダンスをしているように泳いでいきます。

ヒーリー(ヒーリングを受けている人)の胸の辺りに黄緑色の薔薇の花、腰の辺りに鮮やかな赤いハイビスカスが咲いてヒーリング終了。

ヒーリーの方が

「体は座布団についているのに、浮かんでいるというところまではいかないけれど、宙にあるのよね。
不思議。気持ちいい。体とは本当に別なところに見えない身体があるのね。初めての感覚。温かい。腰もいたくなわ。」

と話してくれました。

ハワイの癒しの力は今日も続いていたようです。

大磯は昨日から雨降り。

今朝も降っています。

雨が作物を育ててくれるし、降らなきゃ降らないで困る。

お気に入りの傘でもさして仕事に出かけようか。

さあ、今日も元気に笑顔で傘を片手に歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   9 comments   0 trackback

ホヌ(海がめ)の話

4月からウクレレの教室に通っています。

私の住んでいる湘南大磯は、湘南という名前の発祥地!

フラダンスやウクレレも盛んです。

私の家の近くにカナディアンの先生が住んでいて英語交じりでウクレレを教えてくれます。

その先生からホヌ(海がめ)の話を聞きました。

(ホヌはハワイ語です。)

ハワイでは昔、鮫が子供たちを襲うことがしばしば。

ホヌは子供の姿に身をかえて、子供たちを鮫から守った。

ホヌはハワイでは守り神としてみな大切にしている。

ホヌを模ったものを身につけていると安全である。

というお話でした。

私は亀の優しい目が好きですが、海がめの話は始めて聞きました。

ハワイは癒しの地。

聖地もたくさんあるし、精霊の宿る場所もあったり、王族だけしか入れない場所もあります。

ハワイは遠いけれど、心はすでにハワイに飛んでウクレレの音も軽やかです。

大磯ハワイでしばしリラクゼーションでした。

みなさんにも、プルメリア(花)の香りと、暖かい癒しの風と、ホヌのプレゼント!

届いたかなあ~♪000.jpg
さあ、今日も元気に癒しの風に身を委ねながら、笑顔で歩いていこう!

(のそのそ・・・私は亀の歩きがうつったか~!)
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   8 comments   0 trackback

必要なことが起きる

私たちの生活の中でさまざまなことが起きます。

よい事も、よくない事も。

それは、一見他人が引き起こしたように見えるけれど実は自分にとって必要があって起きています。

よい事があって、幸せになっていてもそれが実は不幸であったり、よくない事があって、不幸だと思っていてもそれが幸福な出来事であったりします。

宇宙は常に均衡を保っています。

私たちの体をみても同じです。

体の陰陽のバランスが崩れると体に変化が起こります。

好きなものだけではなく、陰陽のバランスのとれた食事をとることが課題となってきます。

苦しいことや辛いこと、苦難困難が私たちの前に来た時に昔からよく言われていることがあります。

「あなたが乗り越えられるものしかやってきませんよ。」

という言葉です。

苦難、困難が大きいほどそれを与えられた魂は大きく素晴らしい力を持っているとも言われています。

今、地球は大きな転換期に入っているといわれています。

地球も苦難、困難を乗り越えて更なる輝きを増す時。

私たちもさまざまな波を乗り越えて光り輝く魂になれるように努力したいですね。

愚痴も、涙もたくさん流しながら、それでも前を向いて一緒に歩いていきましょう。

辛いけれど、悲しいけれど、それを乗り越えた時には光輝いた宝物が胸の中に宿るから。

私はいつも辛い時、悲しい時に原点に戻ります。

恨み・辛み・嫉み・嫉妬は持っていないか。

エゴで生活していないか。

不安、不満、疑心がないか。

正しく、明るく感謝して相和しながら生きているか。

お釈迦様の八正道に照らし合わせています。

よくない思いや行動を反省して感謝していきます。

私がよくない思いやよくない行動をしている意識がなくても人に迷惑をかけていることもある。

地球に迷惑をかけていることもある。

反省して愛と感謝で歩きます。

すべてのことはよい事もよくない事も光輝く宝物になっていきます。

すべての事象が必要があって起きています。

さあ、今日も元気に笑顔ですべてのものに感謝しながら歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

空を見上げて

想いを伝えたくても伝わらないことがある。

愛していても伝わらないことがある。

頑張っていても伝わらないことがある。

空を見上げて祈りを捧げる。

今の私にはそれしかできないから。

鐘の音は、響いて空気を伝わり村の家々にその音を届かせる。

愛の波動も祈りによって伝わっていく。

アベ・マリアの歌が体の細胞ひとつひとつに響いていき、細胞が洗い流されて清まっていくように。

アベ・マリアの歌が感情体に響いていき、感情が洗い流されて涙が溢れでてくるように、愛の波動は静かに染み渡ってくる。

花や小鳥のさえずりが私を癒してくれる。

悲しくて辛くても、空には必ず陽が昇り、私を照らしてくれる。

すべての人、もの、ことが私の周りで愛の波動で癒してくれる。

普段何気なく、踏んでいる石ころ、砂粒にも存在理由がある。

石ころ、砂粒のひとつがなくてもこの地球はバランスを崩すんだ。

すべての人、もの、こと、そして私も存在している意味があるんだね。

ゆっくり呼吸をして今日も空を見上げて愛を祈ろう。

すべての人、もの、ことに。

さあ、今日も元気に笑顔で必ず愛は伝わると信じて歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

今を生きる

昨日は四柱推命を勉強をしている青年にお会いした。

四柱推命は生まれた場所、誕生日、出生時間によって割り出せるとお話ししてくれた。

また、この場所、この月日、時間を自らが選んで生まれてくるのだと教えてくれた。

そして、今の人生の道筋を自らが計画しているともお話ししてくれた。

今起きている問題、過去の苦難、困難さえ計画していたことだとも。

(流派によって、解釈が違うかもしれないとのこと。)

では、自分の運命は変えることはできないのだろうか。

四柱推命を超えることはできるのか?

彼との話題はそのことに集中した。

やはり、「今を生きること」で運命を切り替えるチャンスが生まれてくるのだ。

自分の気質や、体の癖を知り、それを克服していくことなのである。

陰陽のバランスをはかり、五行(火・水・土・金・木)のバランスをはかることによって、運命を切り替えていくことができると考えられる。

五行についてはもう少し、勉強してからお伝えするがこの五行が体、心などに影響を及ぼしている。

星の力、生まれた時の星の運行に影響されて私たちは生まれてきている。

これは天台密教でも星祭りというのがあり、星の運行を大事にしている。

また、この運命に対して、人生に対して真摯に考え目覚めると9代前の先祖まで、そして9代後の子孫にまでその功徳は及ぶといわれている。

(7代というところもあるが)

私は真面目にこれは、今を生きることで自分の過去生まで書き換えられるのではないかと思いをはせている。

今を精一杯生きていくことで、過去も未来も変化すると考える。

四柱推命の話をしていても、たどり着いたのは愛と感謝と反省である。

そして、自分を信頼して生きていくことである。

(やり遂げる力があると信頼するのだ。)

さあ、今日も元気に笑顔で愛と感謝と反省をポケットに入れて、今を歩いていこう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

温かい言葉

言葉の温かさを今日は考えてみます。

言葉というのは、私たちの想いを伝えるとても大切な手段です。

私は子供の頃、学校ではお休み?といわれるくらい静かな子供でした。

心の中ではたくさんの想いがあるのに、足し算がわからない。引き算がわからない。

どんどん私の周りの空間が狭まってしまい、私は教室の中でたくさんの同級生がいるにもかかわらず、一人でいることが多い子供でした。

そんな私がとった手段は、風邪をひいたり、蕁麻疹をだしたり、怪我をするというものでした。

学校に行かないで済むから、知らない間にそんな手段をとっていたんでしょうね。

私がしゃべりだしたのは、小学校の6年生になってからです。

担任の池田先生という方が私にかけてくれた言葉がきっかけとなりました。

「あなたは素敵なものを持っているのよ。

自分を大切にして、持ってる力をだしなさい。」

当時の私はどれほどの力があるかも分からないし、先生の言ってる意味もよくわからなかったけれど、なににしろ、自分を認めてくれているんだと思いたくさんしゃべりだすようになりました。

すべての子供たちにどの先生も想いはあっても、伝えることができなかったんだなと思います。

伝えても伝えてもうまく伝わらなかったり、やっぱり言葉に詰ったりしてしまいます。

仕事をしていた時も、なかなか心がうまく伝わらず誤解されたり逆に相手の言葉によって萎縮したりしてきました。

また、120パーセント話してくれないと分からない・・という相手への想いもありました。

それから、かれこれ40年・・。

自分の想っていることを伝えるということは未だに充分に伝えることができずにいます。

相手の想いも充分に理解できない自分がいます。

自分だけではなくすべての方が持っているものだと思います。

伝えることで相手を傷つけたりしないかな・・とか、伝えたことで嫌われないかな・・とか。

それでも、伝えていかないと心を伝えられない。

どんな強い言葉でも、それが相手や自分にとって大切であり、相手や自分にとって宝物なんだと想う今日でした。

すべての言葉に愛があれば、向上を願う言葉であれば、それは宝物になるんだと今更ながら思いました。

今日は、言葉を大切にして感謝しながら発しようと思います。

さあ、今日も元気で笑顔で心のこもった言葉を発しながら<歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

温かい手

昨日は、83歳になるTさんというおばあさんのところにお伺いしました。

Tさんは、脳梗塞を患い、意識レベルも低下していて、左手と背中、足が拘縮(こうしゅく)しています。

拘縮というのは固くなって動かない状態です。

Tさんの唯一動く右手を私の左手で握手し、私の右手を胸のあたりにおいて、のんびりとヒーリングしました。

しばらくすると、Tさんの本質生命体(魂といえばいいでしょうか。)に出会いました。

Tさんは、光りがたくさん降り注ぐ太陽の下で生き生きとした命溢れる少女の姿で躍動していました。

幸せな時間を共有しているうちに、私の右手がTさんの手で包みこまれていました。

「私は、左手でTさんの手を握ってるつもりだったが、右手だったかな?」

と思いました。

しばらくの間、Tさんの手に私の右手を委ねながら、また幸福な時間を共有させてもらいました。

ゆっくりと、ヒーリングを終えて目を開けると私の右手はTさんの胸の上にあり、Tさんの手はありませんでした。

Tさんのエネルギー体が私の手を包みこんでいてくれたのです。

Tさんの左手は拘縮していますが、本来の手は自由で愛に満ち溢れた母のような手でした。

私はTさんに逆にヒーリングされていたのです。

私たちの体は、体を超えて存在していることをTさんが伝えてくれました。

また、意識レベルが低下していても本来の意識は光り輝き暖かく完全であることも教えてもらいました。

短い時間でしたが、命が膨らむ時間をいただきました。

Tさんにたくさんの感謝と、すべての人、こと、ものに改めて感謝した1日となりました。

さあ、今日も笑顔ですべてのものに感謝して

元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

水を呼ぶ岩魚の家

今でも不思議なことは数多くある。

昔話の中でしかないだろうと思っていたが、私の知り合いのY家で起きた話である。

Y家は神奈川県の宮が瀬というところに家があったが、ダムができるので厚木の荻野という場所の小高い山の中腹の住宅地に現在はある。

私の連れ合いが夏休みを利用して新しく住み始めた厚木のY家に宿泊させてもらった時のことである。

連れ合いは仏間で寝かせてもらった。

夜、目をさますと仏壇の前で青い火柱が何本も上に行ったり下に行ったり立ち昇った!

怖くはないが

「凄すぎる!」

と、また布団をかぶって朝を待った。

朝起きて、そのことをY家の当主に聞くと

「爺さんやそのまた爺さんが大山の先導師だったからかなあ。」

と話してくれたそうである。

先導師とは大山の登頂の先導をしたり、宿の手配をしたり、護摩の斡旋をしたり、加持祈祷までする人々である。

大山は神奈川県にある山で伊勢原からバスで行けるところである。

火柱が立ち昇る家に私もお邪魔させてもらった。

すると今度はY家の当主が

「掘りごたつの下が池になった~!」

と大騒ぎ!

掘りごたつの下を覗かせてもらうと確かに綺麗な水が湧き出ている。

近所の家はまるっきり水が湧き出ていない。

Y家だけの怪である。

Y家の当主は連れ合いと釣り仲間で特に岩魚が大好き。

岩魚を探して北海道にまで行くほどの岩魚好きで、玄関には岩魚が水槽でゆったりと何匹も泳いでいる。

岩魚が水を呼んだんではと、もっぱらの話題になっているが大山は雨をもたらすところ。

水に関係しているし、先祖代々の家は宮が瀬はダムの底にある。

水がY家には縁がある。

岩手の遠野の昔話のような話が今でも身近に起きる面白い体験でした。

Y家は今、水の処理をしていますが、不思議なことに家の土台にはなんの影響もないそうです。

目には見えないけれど数々の不思議に感謝しながら、

今日も元気に歩いていこう♪span>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。