つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

風物語

20080530-00000004-jijp-soci-view-000.jpg
上の写真はハワイ島のすばる望遠鏡で観察された300年前の超新星爆発の際の光をカラー合成画像にしたもので、30日のサイエンスに発表されたもの。

カラー合成とはいえ、七色に輝いて金色の光の粒を放っている姿は美しい。

瞑想している時に見える光は星のかけらかしらと夢を馳せる。

窓を開けた瞬間、風が吹いた。

子供の頃の記憶が鮮やかに甦る。

松林の道を麦藁帽子をかぶって友だちを迎えにいったその瞬間が目の前一杯にひろがった。

風の中に昔の記憶が残っているんだろうか。

あの時吹いた風はどこへ行ったんだろう。

風は何十年も前の私の記憶を持って世界中を巡ってまた、私のもとに帰ってくるんだろうか。

既視感(デジャビュ)は私の中にあるのだろうか。

それとも、風の中にあるのだろうか。

行ったことのない場所で、初めて見るのに知ってるものに出会う。

風の中にも私を旅させる物語が隠されている。

また、風が吹くといい。



(風は空気の振動。波動といってもいいかもしれません。
このような感覚は空気が動いて風になり、私たちの皮膚に同じ圧点感覚や同じ温度が重なり会った時に私たちが忘れているが、記憶されているものが呼び起こされてくるのでしょう。
でも、星や風が光の粒や振動によって、私たちに語りかけてきてくれるのかもしれないと私は思っています。
星や風に真相を聞くまでは解らないですよね。)
スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

楽に生きる手立ては?

楽に生きるのは、私にとって重要な課題でもある。



楽しく生きる。

その為には、まず人との関わり方がある。

人という字はよく寄り添っているでしょ・・といわれている。

確かに寄り添ってみえる。

一人で生きていくのは現代社会の中ではなかなか難しい。

洋服にしても、食物にしても誰かの手によって私たちに与えられている。

私などは、針を持って衣服を修繕することさえままならない。

誰かの手を借りなければ、生きていけない。

また、メンタル面も同様である。

人と関わることにより、自分を形成している。

人と関わる時に、「むっ」となったり、「むっ」とされたりすることは無いだろうか。

私はこのやっかいな感情をうまくコントロールできないかと考えている。

自分が今まで経験したことを基本に私たちは思考をめぐらせている。

自分の常識と違う思考回路の人と接すると、壁ができる。

そうなると、何をしてもらってもイライラしはじめてくる。

それは他の人からも同じように自分に対しても起きる。

何が他の人から自分の思考や行動が気に入らないかを気づくことによって回避されていく。

自分の思考や行動のひとつひとつを点検していくことにより、もしかしたらこの方がいいんかな?と改善するところがあれば、正していけばいいわけである。

ところが、感情はやっかいなもので人のせいにすることで自分を正当化しようという防御の心がひょこっとでてくる。

そして、言い訳もしてしまう。

また、反対に強行に自分のほうが正しいとごり押ししてしまうこともある。

そんな時は、頭に血がのぼっていて下丹田(下腹)にエネルギーが降りていないときである。

ふ~っと肩の力を抜いて相手の嫌がることをやめようとリラックスするのに限る。

私の場合、何が一番堪えるかというと怒鳴り声である。

怒鳴り声を聞くと、胃の力が抜けていくのがわかる。

この怒鳴る・怒るというエネルギーの根源は私を大事にして欲しい。

私を怒らせないで欲しい。

私は幸せになりたい。

ということの裏返しである。

負のエネルギーは実はプラスのエネルギーと相対関係にあるのだ。

この関係を理解すると、自分の感情が中庸を保つことができるようになる。

また、他の人の感情にも左右されずに今、自分がどのような行動をとればいいかがわかってくる。

楽しく生きるためには、相手の奥の奥にある深層心理を理解することにより手に入ると考える。

さあ、今日も元気に笑顔で自分の行動、思考を点検しながらポチポチ一緒に歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   1 trackback

ワンネスとヒーリング

ヒーリングにいくと思ってもいないことに出会います。

4回目のヒーリングに行ったおばあ様。

腰が痛くて1年ほど、うつぶせで寝られなかったのが、楽にうつぶせに寝れるようになった。

この方の場合、秋田から息子さんのお家に転居され周りには誰も話す方がいなかった。

チャクラ(七つの大きなつぼ)をチェックすると、確かに腰もよくない。

しかし、状態の悪いのは胸のチャクラと喉のチャクラ。

この二つのチャクラが影響して全てのチャクラが反対に回転していた。

私が行ったのは、胸のチャクラの解放である。

4回目の時には、全てのチャクラが正常な回転をしていた。

胸のチャクラに手をあてていると、映像が見えてきた。

湖である。

次にお祭り。

最後に腰のあたりには一重の赤いバラが見えてきた。

ヒーリングを終えて、見えた映像の話をすると、

「何で、わかるの?昨日、秋田の友人とお酒を飲みながら、田沢湖の話や祭りの話をしていたのよ。

たくさん話をして楽しかった。それに、バラは私が育てていたバラだ。なんなんだろうね~。」

このお話を聞いていても解るように、心が淋しくて不安だと自分の一番弱いところに不具合を生じてきます。

心が安定して、楽しくてウキウキしていると体の調子もよくなっていきます。

また、ヒーリングを受ける方がヒーリングをする人を信頼した時に魂がすべてを許してしゃべらなくても情報を伝えてくれます。

バラの花が腰のあたりに咲いてくれたのは、バラが彼女に感謝を持ってエネルギーをギフトしてくれているのもわかりました。

あなたは私。

私はあなた。

ワンネスはいつでもどこでも全ての人、もの、ことに生じています。

個のプライバシーを尊重しつつ、ワンネスを体感するのはどちらの側にとっても至福の状態です。

今日は私が今までレイキの伝授をする中で一番高年齢の方との出会いがあります。

娘さんの愛が通じて前向きに取り組んでくださり、今日の伝授の日を迎えることができました。

愛は本当にすばらしいですね。

今日は雨降り。

浄化の雨と私も前向きにチャレンジ!

さあ、今日も元気に愛を胸に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

ワンネスとリーディング

ワンネスが感じられたり、あるチャクラが開き始めるとリーディングができるようになってきます。

リーディングは相手の状態を感じとれるということです。

私たちは相手の雰囲気から通常でも感じとっています。

あの人のそばに行くと安心するとか、今はそっとしておいた方がいいかな・・・とか。

それが研ぎ澄まされてくると、相手の過去生や体の状態(内臓など)、心の状態が見えたり聞こえてきたり感じ取ったりすることができるようになってきます。

ヒーリングをしているときに、ある瞬間から相手の体と自分の手の区別がつかなくなってきます。

ワンネスの入り口です。

その感覚を保ち続けていると相手の全てが愛しくなってきます。

相手の内臓が見えたりするのは私たちがもともとひとつであったということではないでしょうか。

瞑想で相手の状態も感じ取れるようになっていきます。

次第に何もしなくても感じ取れるようになっていきます。

ここに重要なポイントがあります。

相手のプライバシーを最重要とすることが大切です。

私たちは個のプライバシーを保つ必要があります。

相手が望まない限り、相手の状態を見ない・・ということです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

アファメーションすることでこれは解消します。

相手が望まない限り、何も感じない・・と。

これは、ヒーラーに限っていえることではなく日常の中でも大切なことのひとつです。

あの人はこういう人だと、実態を知る前に予測をつけて対応することがないでしょうか。

また、他の人から聞いてそれを信じて相手に対して行動をとってしまうとか。

人はさまざまな側面を持っています。

ある時は優しく、ある時は・・・。

その奥の奥にある本質は光です。

それを知れば、なにを感じ取ろうと相手を信頼していけます。

さあ、今日もたくさんの光に会いにいきましょう。

今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   8 comments   0 trackback

ワンネス

ワンネスというのを聞いたことがありますか?

ワンネスは「あなたは私。私はあなた。」ということかしらと、解釈しています。

これは、人に限ったことではなく、全てのものとひとつということです。

宇宙の起源を考えれば、私たちがひとつだということが分かりやすいと思います。

ひとりひとりが自由な意志を持ってさまざまな旅に出かけてきていると考えることもできます。

私の場合は、ワンネス感が24時間常にあるわけではありません。

ふとした瞬間にやってきます。

その瞬間には全てのものが愛しく慈愛に満ち溢れます。

そして次の瞬間、おいおい・・・というくらい現実に戻り、個になります。

ふとした瞬間がやってくるようになったきっかけはカンボジアに行って、カンボジアの実態に触れたことにより10日間の浄化作用で寝込み、幽体離脱したことがきっかけだと思います。

宇宙空間に飛び出して自分も星の一部だと宇宙の一部だと教えてもらったからでしょう。

坂本政道さんの「SUPER LOVE」という本を読まれるとこの感覚がより深まるかもしれません。

また、瞑想によってもワンネスの感覚を得やすくなります。

瞑想は意識が3次元を超えていきます。

瞑想によって意識が変性し、思わぬ効果が得られる場合もあります。

瞑想を実践されていらっしゃる方の中には溢れてくる暖かい涙を経験し、そして至福の喜びを得られた経験があると思います。

また、実際に瞑想からガンを克服された方もいらっしゃいます。

イアン・ゴウラーさんの「私のガンは私が治す」という本が参考になると思います。

宇宙とひとつである。

すべての人、もの、こととひとつである。

ここに着目すると人生のベクトル(方向性)が変わるかもしれません。

個は全体へ。

全体は個へ。

ひとりでいる時、ふっと淋しくなることがあります。

それは何万回か何十万回か繰り返し転生している魂の傷がふっとでてくるともいわれています。

いつもすべての人・もの・ことと一緒であることを認識した時にすべてが溶けていきます。

優しい暖かいエネルギーが体のまわりを包んでくれます。

小さな光の粒が祝福しはじめます。

そうだった。

私も小さな光の粒だった。

悲しくなった時、思い出してほしい。

一人ではないことを。

辛くなった時、思い出してほしい。

全てがあなたを優しく包んでいることを。

さあ、今日も元気に笑顔で一緒に歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   10 comments   0 trackback

癒しの空間作り

080525_0603~01

我が家の二階から庭を写しました。

白い花をつけてる道路側の樹は山ぼうしの樹。

手前はもみじ。

そしてエゴの樹です。

山ぼうしは夜になると、街灯に照らされて銀色に光ります。

まるで地上の星のようです。

銀色に光ると教えてくれたのは、この樹を植え込んでくれた親方さんです。

エゴの樹は良い香りを放って、エントランスからのお客様を迎えてくれるとともに、花が落ちると地面に雪が降ったようになります。

土曜日、日曜日は庭の手入れに従事することが多かったのですが、自分たちの好きな樹をどんどん植え込んだおかげで、和洋折衷の木々が集まり、いよいよ庭の整理がつかなくなってきた。

そこで、ガーデニングやさんに庭造りの依頼をしてきました。

階段の右側はハーブや薔薇で埋め尽くされていますので、そこは私のテリトリー。

ターシャ・テューダーという方の庭のようにと難しい注文をしたのですが、いとも簡単に「イングリッシュガーデン風ね。」といわれ、なるほどと。

山ぼうしのあるほうは、連れ合いの希望でオーストラリアの樹木の中にいるように・・。

たくさんの樹が植え込まれ、木製のテラスも作り、日本にいながらオーストラリアの森林にいる気分になるように作る予定です。

犬3匹、猫4匹の我が家。

そのうち、5匹が15歳という年齢。

人間の歳に換算すると90歳になるらしく、お預かりも難しい年頃。

オーストラリアは一番好きなところなので、長期の旅行ができないのでせめて自宅に癒しの空間を作ってのんびりします。

木製のテラスは犬や猫たちものんびり昼ねできるように作ります。

そんなこんなで、ガーデニングを頼んだものの、やはり土いじりはやめられず、ゼラニュームやドッグローズ(ローズヒップのなる薔薇)を買い込んでお仕事に没頭!

ヤモリがまたしても出てきました。

「家を守ってくれてるんだね~。」

と幸せな気持ち。

この前は2匹でしたが、今日は3匹に増えていました。

郵便ポストの下が彼らのおうち。

犬3匹、猫4匹、ヤモリ3匹。

おっと、蓮の水がめにはめだかが15匹。

住人の数が日増しに増えています。

自分の癒しの空間つくりは心も安定します。

私の部屋の出窓には、クローバーと小さな観葉植物アンセリュームが一緒に同居していて元気をくれています。

緑があると心も穏やかになってきます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

(ターシャ・テューダーは私が大好きな絵本作家ですが、お一人で家や土地を管理している方。

思うとおりに歩めばいいのよ。と彼女はいいます。1915年生まれの方。

たんたんと日々暮らしていらっしゃっる人生の達人。

クリスマスにはクッキーやターキーを焼いたり、ヤギやコーギー、ニワトリさんたちと楽しく暮らしています。

もとろん、花々も四季を彩っています。

彼女のようにはなれないけれど、憧れの人です。

また、モネ(画家・・睡蓮で有名)の庭も好きで、色彩が空中にまで飛んでいます。

庭の中に自分も投影されているのかもしれません。)







Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

静岡とのご縁を深くいただいて(ワークと講演のお知らせ)

今日は、静岡からいただいたご縁をお知らせします。

『宇宙に満ちるエネルギー☆Reiki☆と共に』のaquacrystalさんから、ワークショップのご依頼を受けました。

6月8日(日) 13:00~16:30
        
☆ラ・ホール富士 第2会議室(静岡市富士市)

☆会費3500円

☆レイキを中心にワークをする予定です。

☆詳しくはaqucrystalさんにお問い合わせください。

☆メールフォームからも受け付けています。


楽しくレイキを深めていきましょう!

富士市は富士山のお膝元!

富士山の力をいただいてエネルギーが満ちていくのを皆さんと分かち合いたいと思います。



もうひとつは『生きてるだけで丸儲け!!』の夢人さんからの講演を依頼していただきました。

『浜松筋ジストロフィー会総会』での講演です。

6月15日(日)13:00~15:15

☆浜松市青年女性センター  503号室

     浜松市幸3丁目3-1

☆演題「輝く魂たちのために」(仮)

この会は当事者の方やご家族の方、サポーターはじめたくさんの方が定期に行っているものです。

私の講演の前には浜松医科大学第一内科・宮嶋裕明先生が「最新の医学情報」についての講和があります。

こちらにも是非、ご参加ください。

楽しくてキラキラ輝いた仲間に会えます。

二つのご縁を静岡からいただき、お二人に感謝するとともに天に地に感謝します。

また、今日も訪問してくださった皆様に感謝します。

この地球に生まれてきたこと。

この時代に生まれてきたこと。

全てが偶然ではないと思っています。

電車に乗っているときに、見知らぬ人と隣り合わせに座る。

同じ電車に乗り、隣り合わせってすごい縁だと感じる。

私が呼吸する時、地球上のすべての人や生物たちも呼吸をしている。

この妙に深く感謝です。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

蓮の花の意味は

080523_0745~02

華厳経の中に蓮華日宝王地という言葉があります。

釈尊はこの宇宙は蓮華蔵界であって、蓮華の理念があるといわれています。

蓮華の理念が展開する世界であるということです。

蓮の花をみると、花弁があらゆる方角に展開し、中心にハチスという蜂の巣のような子房があります。

中心であるハチスは金剛宝地であり光燦然と輝き絶対であり、そこから現象世界へと花弁が八方に展開していると解いています。

昨日は面白い体験がありました。

遠隔をしていると蓮の花が無尽蔵に次々と見えてくる。

蓮の花が手助けしてくれていると思い、花びらの一枚一枚を遠隔でおひとりおひとりの胸に届けました。

遠隔終了後、メールがとどきました。

「遠隔中、お香を焚いていましたか?

良い香りが届きました。」

とても妙で嬉しい便りでした。

私は瞑想や遠隔の時には白檀のお香を使っていることが多く、それが蓮の花びらにのって届いたのかもしれません。

お香は現象世界の穢れた臭いを消して、守護霊や守護神が降りてきやすくなります。

蝋燭は魔を寄せつけません。

この妙を伝えてくださった先人に感謝します。

話は変わりますが、まだ津久井郡というところに住んでいた頃、蓮の花の時期になると蓮の葉からお酒をいれて茎を通して飲ませていただけるというお寺がありました。

そのお酒を飲むと病が治るとか・・。

私は一度は行きたいと思っているお寺です。

もうすぐ蓮の花が開花する季節。

今年はそのお寺におまいりしてみようか。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

メッセージを届けられたら

080523_0745~01

写真は我が家のまだ小さな蓮です。

蓮の花からのメッセージを今日はお届けします。

「全てを受け入れて。そして全てを手放して。」

「頭で考えても難しいよ。エゴがあるからね。」

「すべてを任せてごらん。今のあなたに一番最適なことがやってくるよ。」

「蓮はね、水上に出た部分だけをみせてはいないよ。水に下の部分も映るでしょう。何もかもさらけだして、静かに全てをみせているんだよ。

いつわりがないんだ。

自分の全てをみなさい。

それがすべてあなただよ。」

このメッセージがあなたの心のどこかと共有できたら・・・。

今朝は静かに始まりました。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

天使ちゃんと妖精ちゃんからのプレゼント

080517_175559.jpg080517_180711.jpg

千葉のあるお宅におじゃました時のこと。

そのお宅の門にたつと、ジャスミンの花が

「よういらっしゃいました。」

と待っていてくれました。

一斉に一番美しい顔を見せてくれ、私は体中に花からの歓迎をうけました。

ジャスミンだけではなく、そのお宅の庭の樹木たちすべてが歌をうたっています。

歓迎の歌です。

我が家の花々よりも樹木よりも喜び輝いています。

これはその家の主(あるじ)が,本当に愛をこめて育てていらっしゃるので花の精も生き生きと生活しているんですね。

この歓迎に私は胸がぐっときてしまいました。

おうちにあがらせていただいてもその波動はかわりません。

家の中も花々や樹木の波動で守られています。

この力はとても大きく、方位のよくない場所も守られていました。

その波動のよい空間の中でそのおうちの二人の男の子の絵が目にとまりました。

一枚目は縦にしか配置できず、見ずらくて申し訳ないのですが、魚さんの絵。

青だけで描かれていますが、その純粋な色と自由にまるで水と一体になって泳いでいる魚たちに心が惹かれました。

二枚目は水辺の生き物たちが透明な水の中で楽しく仲良く過ごしている絵。

水の上の緑の色をぽんぽんと配置してやさしい絵にできあがっています。

どの魚も蟹もトンボも海老も笑顔で一緒に生活をしています。

おだやかでこの二つの絵からを見ていると安心感を得、お昼ねしたい気持ちになります。

つまり、脳波が下がるんですよね。

上の絵を描いた僕にあうことができました。

「僕ね、天使なんだよ。お兄ちゃんは妖精だったんだ。お母さんは宇宙人だよ。」

彼は本当に天使のようにきれいな瞳を輝かせてお話してくれました。

私が、

「悪いんだけど、天使の翼を広げて神奈川までおんぶして連れてってくれないかなあ?」

というと、

「う~ん。今はさ、人間になちゃったからね。」

彼はニコッと笑って元気に外に飛びだしていきました。

背中に見えない翼を広げて!



さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

今日はどんな天使ちゃん、妖精ちゃんにあえるかな!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

降り注ぐエネルギーの正体は?

脳波がさがり、ボーっとしていると、天から雨のように時には雪のように降りそそぐエネルギーが見えることがある。

家の中にいても外にいても同じように降り注ぐ。

屋根を通過して降り注ぐこのエネルギーの正体はなんだろうか?

何年か前にダライラマとノーベル賞をとった小柴さんとあともう一人DNAの権威のある方とのコラボがあった。

そのときの話題のひとつにDNAがあった。

人はDNAの情報を変えることができるかという話だでた。

ある人が癌になったが、病院での治療を受けずに治ってしまう場合がある。

しかし、すべての場合に起こるわけではない。

仮説として「ニュートリノ」が一因しているのではないかという話になった。

ニュートリノはビッグバンにも影響して星の誕生にも必要なものだという。

ニュートリノはすべてのものを通過し、質量も今の科学で測れず0という値である。

このニュートリノをうまく受け取れたときに願いが叶ったり、治癒が起こるのではないかという面白い話になった。

そして、ニュートリノを受け取るためにはすべての雑念を捨てて心から希望する時に受け取ることができるのでは・・とも話していた。

ダライラマはブラフマン(梵天)からの光だと話していた。

小柴さんたちは結局、ニュートリノはどこから発生してくるかまだまだわからず宇宙の根源、やはり大いなる力なんでしょうか・・ということで話が終わった。

このコラボを聞いた時はあまりにも壮大でわたしには何のことやらちっともわからなかったけれど、今になってもしかしたら、祈りの力はこのニュートリノに関係するのではないかと思い降り注ぐエネルギーの正体はこれかもしれないと考えている。

寝ているときは誰でもが無になっている状態がある。

δ(デルタ)波の時である。

この時にたくさんのエネルギーを吸収するのかもしれません。

つまりは、心を安定させて穏やかに過ごすことですべてが生まれるのかもしれません。

星がうまれるように☆

さあ、今日もいろんなことがあるけれど心を中庸に保って

元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

睡眠のすすめ

みなさんは、よく眠れますか?

睡眠はとても大事な要素です。

何か不安なことがあったり、心に心配事があると目が冴えて眠れなかった・・なんてことがありますよね。

脳波が下がらず、体にも影響がでます。

脳波には種類があります。

β(ベータ)波は心配があったり緊張がある時の脳波です。

Y(ワイ)波は怒りなどの感情があると出る脳波です。

この二つの脳波が出続けると、体に不具合が出てくるのも無理がありません。

アドレナリンが放出されっぱなしになるからです。

アドレナリンは闘争時に放出される物質です。

ストレスが溜まり、全身に作用を及ぼしていきます。

現代社会の中では仕方のないことですが、常に放出していると老いのもととなっていきます。

α(アルファ)波は瞑想時に出やすい波です。

θ(シータ)波はまどろみの時にでる脳波で、ひらめきや直感などをうけとりやすい脳波です。

δ(デルタ)波は熟睡している時の脳波で宇宙からの光を受け取っています。

私たちは眠っているときに肉体を抜けて宇宙に行き、光のおおもとからエネルギーを受け取っています。

よく幽体離脱といわれているものですが、寝ているときにはすべての人が肉体を抜け出てエネルギーの補給にいっています。

赤ちゃんは小さい頃、ずっと寝ていますよね。

あの小さい体に大きな見えない体を入れておくのは苦しいので寝ることによって見えない体にエネルギーを蓄えているんです。

頭の頭頂部が赤ちゃんの時は開いています。

あそこから、エネルギーをたくさんもらうためと出たり入ったり自由に行き来しているんですね。

睡眠中はたくさんのエネルギーも降り注いでいます。

必要なエネルギーが降り注いでいます。

エネルギーが大量に必要な時は嵐のように金のエネルギーが!

通常は小雨のように静かに降り注いでいます。

なかなか眠れない方もいらっしゃると思います。

軽運動をおすすめします。

心地よい運動はやすらかな眠りを誘ってくれます。

まずは歩くことかな?

自分のペースを考えて動いてみてください。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   8 comments   0 trackback

無限の力

私の好きな言葉のひとつに

「芥子粒ほどの信念があれば、山をも動かす」

があります。

聖書の中の言葉です。

この言葉は15年くらい前に知りました。

初めて聞いた時には、

「えっ?そうなの?どうしたら山が動くの?私なんかじゃ無理だよね。きっと、すごい人たちだけだよ。

キリストとか仏陀とか・・。」

当時の私は自分の力を不安定にしか持てずにいました。

20代の頃、ルーマニアの白い妖精『コマネチ』がいった言葉を胸に採用試験に臨みました。

「誰かが金メダルをとるのだから、私がとってもいいと思った。」

1976年のモントリオール五輪で金メダルを取ったときのインタビューでの言葉です。

採用試験の問題を解いていても、こんなことやっていてもなんにもならないんじゃあないかなんてついつい不安心が出てきてしまう時に

「誰かが採用されるのだから、私が採用されてもいいんだ。」

と肯定的な気持ちに切り替えて臨んだところなんとか採用されました。

そのような結果がでても、まだまだ不安な気持ちは底をつきませんでした。

その後、2001年に出版されたジェームズ・レッドフィールドという人が書かれた『人生を変える力 第十一の予言』という本の中で再び、「芥子粒ほどの・・・。」の言葉とめぐり合いました。

「私たちはみな祈りや確信がどう役に立つか、発見してゆかねばなりません。その時が来ているのです。」  本文30ページより引用

すべての人に等しく無限の力が隠されています。

超自然的に見えるものを引き起こす人がいます。

その人だけが特別なのでしょうか。

宇宙はそんなちっぽけなものじゃあないんですね。

すべての人に等しく法則が働いています。

「自分はできる。」

「思いは必ず実現する。」

それを自覚した時に自分の前にはりめぐらした限界という柵が消えてなくなり無限の力が限りなく宇宙から降り注ぎます。


今日の幸せ  中国で100時間を過ぎているにもかかわらず、救出されてた方がいらっしぃました。

72時間の壁を乗り越えて生きる命の素晴らしさ!

今日も救出されることを信じて祈り続けます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

愛と平和と調和の響きを祈りにのせて

毎日の暮らしの中で、今ここにこうして生きていられることに感謝します。

今はあるけれど、今この瞬間の次はなにが起きるかわからない。

明日もあさっても来年も再来年もずっとくると信じているけれど、

今日伝えなくても明日があると思っていて先延ばしにしてしまう。

今日、しなくてはいけないと思いつつ、明日でいいかなと思ってしまう。

今日、あなたにやさしくできなかったから、明日こそと思ってしまう。

今日、自分にやさしくできなかったから、明日こそと思ってしまう。

あなたがずっといてくれると思っているから。

私はずっと明日があると思っているから。

今が大切なんだね。

今、伝えないと伝わらないこともあるんだね。

勇気を持って、伝えていきます。

あなたを愛しています。

あなたに感謝しています。

あなたを傷つけたことに心から謝ります。

中国やミャンマーの方々も同じ思いを持っていると思います。

明日を信じて生きていらっしゃると思います。

毎日の情報で、被災された方の数が増えていき、胸が痛みます。

少しずつ、外国からの支援を受け入れてくださっていることに感謝します。

必ずまだ生存してくださってる方がいらっしゃると思います。

そして、救援の手を待っている方々がいらっしゃいます。

私ができること。

愛と平和と調和の響きを祈りにのせて届けること。

「すべての人に愛と平和と調和の響きが届きました。ありがとうございます。」

この祈りを21日間、夜、日付が変わる頃に行います。

変化しやすい時間帯です。

もし、一緒に祈りを届けてくださる方がいらっしゃいましたらお願いします。

祈りは増大して大きな波のようにたくさんの力になって届いていくでしょう。

祈りは愛の響きになって瞬時に届くと思います。

今日も読んでくださってありがとうございます。

みなさんにもたくさんの愛の響きがとどきますように。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

ハイアーセルフと繋がる(ライフワークを達成する)

今日はハイアーセルフ(高次の意志)と繋がってあなたのライフワークを達成しましょう。

瞑想時の基本的な姿勢をとりましょう。

(昨日の記事、もしくはブログ内検索で瞑想時の基本的な姿勢のとり方を検索していただくとわかりやすいと思います。)

自分の安全を確認できたら、ゆっくり呼吸をしてください。

ハイアーセルフに自分の象徴を教えてくださいと頼みましょう。

象徴が確認できたら、どんなものであってもそれを受け入れてください。

天使なんてありえない・・・なんて思わないですべてを受け入れていきます。

そしてその前まで歩いていき、ハイアーセルフのエネルギーが降り注ぎ、あなたをその象徴の中へと導いてくれるとイメージしてください。

今、あなたはその象徴の中に入りました。

ハイアーセルフから金色のエネルギーが降りてきてエネルギーを保持してくれています。

象徴とともにゆっくりでいいですから、歩いていきましょう。

山が見えました。

山の頂上を目指していきます。

道はまっすぐですか?

曲がりくねってますか?

険しいですか?

笑顔でどんな道も楽しくワクワクしながら登っている自分を楽しみながら、歩いていきましょう。

あなたは歩きながらバランス(調和)がとれていきます。

山の頂上につきました。(イメージで)

あなたがこのプロセスをやり遂げたことを祝福しましょう。

あなたは象徴を山の頂に置きます。

今、あなたはあなたのライフワークが完全にハイアーセルフと結びついたとイメージしてください。

象徴は山の頂でハイアーセルフと繋がり、ハイアーセルフと象徴からあなたにエネルギーを放出しています。

あなたは全身に金色のエネルギーを浴びています。

象徴から一本のコードがのびてきました。

あなたの下丹田と結びつけましょう。

もしくはへその緒でもかまいません。

あなたはこのコードによりハイアーセルフからのエネルギーが常に流れ込みます。

あなたの高い目的とライフワークがハイアーセルフにチャンネル(周波数)をあわせたことにより、より大きく展開しあなたが行うすべてのことが高次の流れに包まれていくでしょう。

ゆっくり呼吸をして指を少し動かして、ご自分のペースで戻ってきましょう。

あなたは常にハイアーセルフに導かれています。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   2 trackback

ハイアーセルフと繋がる瞑想法

「メッセージを活用する」でもお話ししたように、ハイアーセルフ(高次の意志)はいつでも私たちのそばにいます。

今回はハイアーセルフとより仲良しになるための瞑想を紹介します。

瞑想の基本姿勢をとりましょう。

瞑想の基本姿勢は「瞑想時の基本的な姿勢のとり方」でブログ内検索してみてください。

詳細がわかります。

自分の安全な場所を探します。

お気に入りのCDやお香をたいてもいいでしょう。

楽な姿勢をとり、背骨をまっすぐにし(天地のエネルギーが流れるように)、顎をひいて、力を抜き、グランディングコード(地球と繋がるコード)をつけて、ゆっくり呼吸をします。

呼吸をする度に自分のオーラが修正されていくとイメージしていきます。

(プラナにより満ちていきます。)

自分のオーラが自分の周囲90センチくらいに膨らんで自分が卵形の中にすっぽり包まれたのをイメージします。

①ハイアーセルフに自分の最高の状態を教えて欲しいと頼みます。

②どのような形で象徴されてもすべてをうけいれます。

③象徴された形の前にいきましょう。

④象徴された形の中に入ります。

⑤ハイアーセルフから象徴された形にエネルギーが流れこみ、あなたもそのエネルギーを受け取ることができたとイメージしてください。

⑥象徴された形とあなたは今、一体です。

⑦象徴された形の周りに金色のエネルギーが降りてきて、ハイアーセルフのエネルギーが保持されました。(イメージです。)

⑧今、あなたはハイアーセルフのエネルギーを受け取っています。

ゆっくりと呼吸をして自分のペースで指先を動かして、目をあけます。

あなたのエネルギーが戻っているのに気づくかもしれません。

もし、象徴した形がでてこない場合は自分が象徴になってみてください。

今のあなたが象徴そのものです。

明日もハイアーセルフのところへ遊びにいきましょう。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

地震と磁力

今回の中国の地震は本当に大きく、まだ救出されていない方々の一刻も早い救出と復興を心から祈ります。

中国はインドプレートとアジアプレートが接しているところです。

今回地震があった四川省は一生の間に一度、地震があるかないかの場所だそうです。

インドプレートとアジアプレートが動いて磁力のベクトル(方向)が通常と違う向きになったため起きたものです。

今回の地震が起きる一週間ほど前に何万匹とというヒキガエルが移動したと新聞に載っていました。

地震が起きる時には電磁波が生じるので、生物はこれを先に感知するのでしょう。

私の家の近くの90過ぎのおばあさんは関東大震災を経験したそうです。

震災が起きる前に太陽が異常に真っ赤だったことを覚えているそうです。

「家にいては駄目だ!外にいろ!」

と、お父さんに言われて外にいて一難を逃れたそうです。

(当時の大磯の家は今の家とは違う作りだったそうで、崩れてしまう住宅が多かったそうです。)

地震が起きる前兆には雲も変化します。

地震の前は磁力の変化により、空にまで影響を及ぼすのでしょう。

これから先の文章は私の憶測ですので読み飛ばしていただいて結構です。

地震は地球の溜まった負のエネルギーを放出するものではないかと考えています。

映画に「ゴーストバスターズ」というのがあります。

ニューヨークの町の人々の負のエネルギーが地下を流れる下水道に溜まり、それを利用して負の勢力を強めるというストーリーです。

それを浄化するのはニューヨーク市民すべての人の愛でした。

自由の女神がその象徴として登場しました。

今回は成都というラサに通じるところが地震発生の流れにありました。

チベットです。

すべての国がすべての人が手を取り合い、すべての人を尊重する心があれば地震は最小限にとどめられたのではないかと思います。

「クリスタルチルドレン」の歌が頭をよぎります。

「世界がひとつになるまで」の歌が頭をよぎります。

私たちの心の中にある負のエネルギーに地球が耐え切れなくなったんかなと思うと残念でなりません。

愛と調和・・・。

私はすべてのものに感謝していきたいと改めて思っています。

そして、ミャンマーや中国の被災地の方々が一刻も早く、平和で通常の生活を取り戻していくことをお祈りします。

さあ、今日も不平、不満、嫉妬なんて手放して

生きてることに感謝して、

今、ここにいることの奇跡に感謝して

元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

お知らせ(☆浜松に行きます。☆遠隔を依頼されている方へ)

お知らせをします。

「生きてるだけで丸儲け」の夢人さんから、浜松で講演の依頼をうけました。

6月15日に行われる「代24回浜松筋ジストロフィー会総会」です。

私には大役ですが、ひとりひとりの魂の美しさを話してほしいとのことで、夢人さんを通し天が采配してくれたと思いますのでこの機会を大事にして心をこめてお話ししていきたいと考えています。

場所や詳しい時程が決まりましたら、また、お伝えしたいと思います。

時間がおありでしたら、是非、いらしてください。

素敵な仲間に出会えると思います。

筋ジストロフィーは宇宙のことに関してはぴか一の「ホーキング博士」でご存知かもしれません。

筋力が衰えて体が自由に動かせなくなるものです。

型がいくつもあり、その型によって進行の程度も差があります。

私が勤めていた自分にも何人か生徒の中にいました。

とても前向きだし、何しろ頭脳明晰!!

高校生を担任していた時分、数Ⅲを教えなくてはならなくて私はお手上げ!

(私は数ⅡBまでしか習っていないし、それさえ定かではない)

他の学年の先生にお願いして授業をしてもらいました。

その生徒さんも遠く宇宙に心をはせて、自由に宇宙を駆け巡っていました。

あ~!私よりも脳みそが自由だ~!と思いました。

まだ、なにを話すか皆目検討もつきませんが、行ってきます。



次に遠隔を依頼してくださってる方にお知らせします。

私は夜中に遠隔をしていますが(さまざまな思念の飛んでない時間)、遠隔を感じたいというお話が何人かからありました。

遠隔する時間をお伝えしていくことで、その時間に一緒に瞑想してくれたり、安静にしてくださったり、レイキを持っている方の中には自己ヒーリングを一緒にしてくださる方もいらっしゃって、光が見えたり、エネルギーを感じてくださる方がほとんどでした。

そこで今回の件を実施することにしました。

遠隔によってよりエネルギーを身近に感じてくださればと思っています。

不定期ではありますが、遠隔を昼間に少し取り入れていきます。

メールで時間をお知らせしていきますので、ご希望がありましたら、メールフォームから携帯アドレスをお知らせください。

また、遠隔の金額の問い合わせがありましたのでお知らせします。

1回3000円(これは1度という意味ではなくて大体1週間くらいだと思います。そのときの状態により変わります)

1ヶ月10000円(毎日送ります)



さあ、今日も一日の始まり!

元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   3 trackback

地球の磁力

私はいつも宇宙から見たら、上も下もなく、東も西もないと考えています。

しかしながら、私で立って生活できるのは重力のおかげ。

地球の重力や磁力のおかげでこうやって生活できています。

地球で生活しているとどうしてもこの力を無視して生きていくことが難しくなります。

昨日は埼玉のあるお宅で仏壇の位置や箪笥の位置を変えてきました。

仏壇の位置は仏壇が東を向くか、南を向くことで安定します。

また、玄関は方位が良くない位置にありました。

よくない気が家の中に入ります。

鏡を使ってその気が反射して入ってこないように設置します。

鏡は手鏡を使用しました。

仏壇を動かす前にご先祖にお線香をあげて動かすことを許可してもらいましたら、手が動き始めました。

このお宅の霊道を塞ぐ位置に仏壇を置くようにとメッセージがきました。

ご先祖自らが霊道を塞いでくれるというのです。

そして位置を調べると確かに今まで北を向いていた仏壇が手のさす方向へ置くと南を向き、霊道を塞いでくれるのです。

塩も配置しおわり、ホッとしているとご主人が

「なんだか、家が暖かいな。家にいやすいな。」

とお話しされました。

他には観葉植物を増やすことと、家の小物の色のトーンをパステルカラーのグリーンにすることをお願いして帰路につきました。

話の中で私たちは潮の満ち干きで生まれたり、この世での生を終えたりする。

私たちは地球と一緒に暮らしているんですね。

という話をしてしばし思いを壮大な自然の摂理によせました。

その摂理にうまくのることで、快適な生活ができる。

宇宙から見たら・・なんていう考えは横に置いて、肩はらなくてもいいか・・と思ってしまったり。

ゆるやかな時間をすごしました。

さあ、今日も地球からのエネルギーに感謝して元気に笑顔で歩いていこう♪



いつもコメントありがとうございます。

とても嬉しく思っています。

昨日はそんなわけで力仕事をして肉体疲労で夜はノックダウン!

今日の午後にはコメントお返しできると思います。

みなさんにたくさんの祝福がありますように!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

石化した花

昨日までカーネーションを届けに長野の実家に行っていました。

長野は寒くてやはり温度差を感じてしまいます。

夜も暖房をつけて寝るようでした。

長野の桜はもう散ってしまい、町の人に聞くと今年はパッと咲いてパッと散ってしまったと・・。

桜が咲いてすぐに天候が崩れたとのこと。

山は緑色になっていました。

今日はヒーリングでのお話をしたいと思います。

疲れがひどく全身に疲労感があるという方。

胸に手を当てて、ヒーリングを開始しました。

胸の中に赤い綺麗な花が少しだけ見えました。

でも、茎や葉は石化しています。

さまざまな疲れやストレスによって、心が固く閉じようとしていたんですね。

ゆっくり溶かしていきます。

少しずつ、変化していきます。

花の周りに緑色の植物が手伝いにきてくれました。

水分をたくさん含んだ初々しい緑の植物たち。

花の茎や葉も緑色になっていきました。

すべての人が美しい花を胸に持っています。

でも、それが環境やストレスによってうまく育てることができなくなってしまいます。

うまく育っていないとますますイライラが増して生活がしにくくなります。

イライラしはじめたら、これは注意信号!

心が発信しているんです。

心が詰ってしまっているか、今回のように何も感じないようにしよとしているかを教えてくれています。

心が詰ると(さまざまなことで我慢していて溜まってしまう)、気が下腹(丹田)に降りてきていなくて頭にエネルギーが昇ってしまいます。

疾病の原因にもなりかねません。

また、心が今回のように石化してしまっても壁ができてしまうので体の中をエネルギーが循環しし辛くなって、調子が上がってこなくなります。

手足が冷たくなりやすくなることが多いです。

昔、「東京砂漠」という歌がありました。

仕事や人間関係で、ストレスが溜まりやすいです。

自分を癒す時間をとってくださいね。

心のやさしいみなさんは、得てして家族のためや人のために頑張りやすい。

自分を忘れがちです。

仕事の合間に空を見たり、ビルの谷間の花に心を寄せる時間をとってあげてください。

あなたの胸に咲いている花を大事に育ててあげてくださいね。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

自分のエネルギーを保持する(2)

人混みの中を歩くと疲れてしまったり、酔ってしまったりする場合、多くはそこに存在する集合意識に自分のエネルギー場が占領されていることがあります。

集団意識とは人類が持っている意識です。

例えば必ず○○が起きるとか、この病気にかかったら??などです。人類が根底に持っている不安や疑心暗鬼など、自分は考えてもいないものなどが知らないうちに入りこんできているんですね。

また、誰かと話をしていて疲れてしまう場合がありませんか?

これは、相手の波動に合わせているからなんです。

このとき、相手に嫌われたくないとか、よく見られたいとか、相手を傷つけないようにしている自分がいます。

これがわかれば結構楽になります。

チャンネルを切り替えていくんですね。

場に応じた自分を許すことで楽になっていきます。

また、病院などにお見舞いにいくと疲れることもあります。

元気なエネルギーを病人の方が無意識で吸いっとっているんですね。

上記のような経験をお持ちの方は気に敏感な方です。

また、自分の弱さに悩んだり、だまされやすい方でもあります。

自分を信頼してください。

愛してください。

自分は必要なものだけを受けとると宣言してください。

天地から無限のエネルギーが常に供給されているのでエネルギーは常に充満していると宣言してください。

潜在意識に刻みこまれるまで毎回宣言しましょう!

気に敏感で感じやすい方はヒーラーになる可能性が高いと思います。
気を敏感に感じてしまい影響をうけやすい方は他の方にエネルギーを供給していますから。
出掛ける時に自分をすっぽりクリスタルのなかに入れていくのもひとつの手です。

イメージがしにくい場合は紫や金などの光が常に自分に降り注いでいると宣言するのもいいでしょう。


それでも疲れた時は塩風呂にはいってください。

心も体も浄化されて肩のこりがなくなっていますよ。

また、自分の聖域をつくりましょう。

音楽やアロマなどで自分が癒される空間を作ります。

緑の植物などもそばに置くと手伝ってくれます。

さあ、今日は母の日!

よい一日をお過ごしください。

今日も元気で笑顔で歩いていこう♪

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

自分のエネルギーを保持する

私は若い頃、人ごみにでると必ずといっていいほど偏頭痛と吐き気に襲われていました。

東京の銀座で友人と楽しく観劇したあとに銀座で歩く人の波に呑まれてしまい、一歩たりとも前に進むことができなくなってしまいました。

常に薬を持って歩き、それがないと動きがとれなくなってしまうのです。

どうしてそのようなことが起きてくるのでしょうか。

20台の頃の私はまだ何も分かっていなかったので、オーラが見えていたにも関わらず、目の錯覚だと素直に信じていました。

目に見えていたのは私のエネルギーの場に(オーラと考えてください)、さまざまな人のエネルギーが重なり合って見えるのです。

そして、そのエネルギーの中には槍のような形で差し込んでくるものやストローのような形でエネルギーを吸い取っているように感じました。

何しろ、当時の私はすべてが幻でそれは錯覚だと思っていたので誰にも言えず、自分はおかしいんかと思ったり、おかしいから偏頭痛が起きるんかと困り果てていました。

勤務さきでも同じで、薬と磁力シール(肩や首に貼ってコリを緩和するもの)を常備していました。

現在は?というとここ20年来、薬の厄介にならなくてすむようになりました。

自分のエネルギーフィールドを保持することにより、他からの影響を受けなくてすむようになったからです。

30台の頃、神奈川にある宮が瀬ダムというところを通って、通勤していました。

そこを通っている時に、肩にドンとなにか重たいものがのってきました。

瞬時に「私のところにいてもなんも役にたたないよ。それより光の世界に、あなたの行くべきところへ戻りなさい。」とぐっと下腹(丹田)に力を入れて念じました。

すると、スッと肩が軽くなりました。

この場合はもう肉体を持っていない人でしたが、私ははらうことはしません。

祓うことをします。

ここにひとつのポイントがあります。

はらうと祓うでは違うんです。

はらっても、すぐ同じ波動を持つところへ引き寄せられてしまいます。

はらうと、一旦は離れますがまた来てしまうのです。

祓うは、天に昇ってくださいと、行くべきところにお戻りくださいという意味があります。

愛の念で祓います。

愛の力は強力です。

すべてを受け入れ(今、私の保持しているエネルギー地場がやってくるエネルギーと同じなんだと理解すると肩の力が抜けてきます。私のどこかしらに同じ種があるんだと思うと力が抜けてやれやれ、同じかい・・・なんて考え自分の種を捨てるしかないと妙に納得します。)、手放します。

手放すときは、まだなにを手放したらいいかなんてまったくわかりませんが、手放すと先に宣言します。

これは結構効きます。

手放すぞ!と宣言すると想いが現実を作っていきますから、次から次へと手放すべきものがお題として出てきます。

それが重なっていくうちにいつしか、偏頭痛がなくなりました。

今、偏頭痛で苦しんでいる方ははキラキラ綺麗な光を放っていて(エネルギーの美しさ)、それに惹かれてやってくるエネルギー体も多いです。

その光が恋しい。

それはそのエネルギー体がかつて持っていた光であることを忘れてしまったが魂の奥底でしっているからです。

愛の力で解き放ってあげてください。

明日は肉体を持っている人からのエネルギーの影響についてのお話をしていきたいと思います。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   7 comments   0 trackback

メッセージを活用する

メッセージ・・?

誰からの?

さて誰からでしょう?

メッセージの送り先はひとりひとり送り主が違います。

天使だったり、ハイアーセルフだったり、ご先祖だったりと。

時には自然界からもメッセージが届きます。

「私にはこない・・。」

なんて思わないでくださいね。

ちゃんと届いていますから。

自然と触れていたら、言葉は無いんだけれど、一瞬のうちに何かを理解できた・・なんてことないですか?

朝から、いくつも同じ数字に巡り合うとか、同じシーンや絵に出合うとか。

ね!あったでしょう?

気づかないだけなんです。

たくさんの存在(目に見ない)が、私たちを応援してくれています。

私はある方が不慮の事故で意識不明になったことを知った帰り道、道行く車にフェニックス(不死鳥)
の絵に何回も出会いました。

「必ず蘇ってくださる」

そう思い、メッセージを送ってくださった存在に感謝しました。

その通り、数日後、意識を回復されました。

このようにメッセージはいたるところにちりばめられています。

ただ、気をつけて欲しいことがあります。

メッセージを受け取るとき、自分と同じ波動かそれ以上の波動を持つ存在さんからしか受け取りませんと宣言してください。

私も過去そうでしたが、メッセージが欲しくてこないかなあと熱望した時、そのエゴに飛びついてくる存在もいます。

そうなると、人類が○亡するとか、○波がくるとか結構すごいのがきてしまいます。

私は受け取ったとき、本当に家族中で海抜300メートルの高地に引っ越そうかと考えたくらいです(笑)。

想いが現実を作るという話を何回かしてきました。

私の細胞のどこかに何かが起こるという種があったのでしょう。

意識のベクトルを変えました。

想いが現実を作るのですから、ゆるやかな未来を選ぶことにしました。

すると、メッセージの送り主も変わってきます。

私たちひとりひとりの意識がどちらの方向へ向くか・・・。

これが重要です。

地球の未来も意識によって変化していきます。

メッセージをうまく活用して楽しい現実つくりに役立ててくださいね。

今日は金曜日!

もうひとふんばり頑張りましょう!

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   8 comments   0 trackback

秘密の花園

子供の時分、バーネットの「秘密の花園」が好きだった。

本を読んでいる間に自分も主人公と一緒に花園探検に出かけているような気持ちになっていた。

閉ざされた花園がまだ生きていることを主人公のメアリーは感じ取っていた。

メアリーのこの感覚は、花園のオーラを感じとっていたのだろう。

オーラというのは生命の輝きである。

花は繊細であるが、確かにオーラを放っているのだ。

オーラが見えない方もいらっしゃると思う。

しかし、メアリーのように感じているはずである。

ここはいい感じがするとか、あの人のそばに行きたいな・・とか。

人にはさまざまな感覚があり、ある人は見え、ある人は聞こえ、ある人は感じ、ある人は夢で察知する。

それを大事にしていけばいい。

自分の感覚を大切にしていくことにより、鋭くなっていく。

15年以上も前のこと。

精神世界を覗き込んでいた私は、高次元の植物と聞いて蘭をたくさん購入した。

幸い連れ合いが好きだったので、蘭の手入れは連れ合いがしてくれた。

蘭だけでなく観葉植物も部屋一杯になった。

夜、Nさんと電話をしていたときのこと。

(Nさんは私に宇宙の秘密を教えてくださった方で、去年、天に還られた。)

部屋中、光の粒だらけになっていた。

(部屋は薄暗かったので、余計見えやすかったのでしょう。)

Nさんの波動に引っ張られて花もオーラを発し始めたのです。

(波動の法則は引き寄せの法則と同じで高い次元に引っ張られます。)

蘭や観葉植物はさまざまな色の小さな光の粒が幾何学模様のように綺麗に並び、その粒が溢れて部屋を飛び回ります。

蘭や観葉植物は動かないけれど、こんなに自由に動けるんだと感動した。


良寛さんの詩を紹介します。


花は無心に蝶を招き

蝶は無心に花を尋ぬ

花開く時 蝶来たり

蝶くる時 花開く


不思議ですが、目には見えないけれどお互いが呼び合っているのでしょうか。

花の手入れをすると花は喜んで花芽をつけます。

自然界では人が手を加えなくてもうまく動いているのでしょう。

自然の中にたくさんの学びがあります。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   5 comments   0 trackback

DNAの秘密(5)

080507_0147~01
上の写真はセークレッド・ミラーズから転載させていただきました。

体の両脇の光はフラッシュが写りこんでしまいました。

(見づらくてごめんなさい)

上の写真から私たちの体から無数の線が出ているのがわかると思います。

この光の線はすべてのものと繋がっています。

星や地球、山々、木々、人々、動物・・・そして光の大元へと。

この光の線によって祈りや遠隔作法も叶っていくわけが理解できると思います。

この光の線が活性化していないことがあります。

活性化しない原因は、カルマであったり、ネガティブな思いだったりします。

ネガティブな思いはオーラフィールドを曇らせたり、壁を作ってしまいます。

村上和雄さんというという筑波大教授が、人間の意識が遺伝子に作用してオフになっていた遺伝子がオンになる可能性があることをかなり前に話されていました。

その中で興味深いものがありました。

ひとつは環境因子によって突然、オフになっていた遺伝子がオンになりという話。

日本ではうまくいかなかったことが外国で花開く・・!

うまくいくと遺伝子がオンになりどんどん活性化していく。

また、勉強していて今まで不得意としていたものがある日解けたら、好きになってしまう。

すでに書き込んであったオフになっていた遺伝子がある精神作用によってオンになる。

座禅や滝に打たれることにより、目覚める意識がある。

お釈迦様が座禅を木の下で悟りを開いたこと。

大きな感動や悲しみなどによる精神作用が身体にも影響している。

などです。

遺伝子を読み解いていくと、遺伝子に書き込まれた莫大な情報量に圧倒されるともおっしゃっています。

読み解いていく科学の力もすごいが、それを超えて誰がその情報を遺伝子に書き込んだのだろうかというところにいってしまうそうです。

「大いなる何か」を考えずにはいられないとも話されています。

私は、「ラムサ ホワイトブック」という本を大切にしています。

この本を読んでいくと、私たちが「ハッ」と気づくたびにカルマが外れていくと私は読み取りました。

「ハッ」と気づいたとき、ステージがあがるわけです。

(ステージとは、今いる自分の意識の場所)

何かを知ることでステージがあがっていくわけです。

今まで知らなかったことが理解できた時、DNA(遺伝子)はオンになっていきます。

心を開放してすべてのDNAがオンになるように生きていきましょう。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

さあ、今日はどのDNAがオンになるかな?

今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

DNAの秘密(4)

080506_0514~02

上の写真はセークレッド・ミラーズから転載させていただきました。

下半身の光はフラッシュが写ってしまいました。

ごめんなさい。

私がこのように見えたのは小学校に上がる前、祖父が亡くなった時のことでした。

祖父の体がこのように発光して見え、中には七色(チャクラ)の光があり、その体が上へ上へと昇っていくのが見えました。

当時は本当に怖くてその部屋のふすまを開けることができませんでした。

DNAの秘密を探していくのに必要なことだったんだなあと思います。

DNAの秘密は今の私にとって重要な課題です。

昨日も書きましたが、年齢とともに今まで培ってきたものを越えてDNAが色濃く支配し始めるからです。

いい悪いは無いと考えていますが、私は占いを超え、DNAを超えるものが必ずあると信じています。

それこそが陰陽のバランスがとれた中庸だと考えています。

DNAの開放をしていくことにより歳をとることもなくなるかもしれません。

「ダヴィンチの夢」というテレビ番組がありました。

(普段はあまりテレビを見ないのですが、必要な時に必ずと言っていいほど、引き寄せられます。)

「長寿遺伝子をオンにする」と話していました。

①食事の食べすぎに注意する。

②不摂生をしない。

③適度な運動をする。

④生きがいを持つ

上記の4つが長寿遺伝子をオンにする鍵だそうです。

リンク先のマクロビオティック応用研究所のキュービットさん記事の中でも食の大切さが書かれています。

食ひとつを改善するだけでも運が変わっていきます。

実は普段何気なく食べている食物からもエネルギーが放出されているのですが、最近の食物からのエネルギーは弱いものが多い。

有機のものと、そうでないものでは明らかに波動数値が変わっています。

有機のものは中々手に入らない。

高価だしね。

食べる時に感謝してください。

よい波動に変わってきます。

明日も続きを書きます。

長々とDNA秘密を読んでくださってありがようございます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

DNAの秘密(3)

DNAについての記事を書き出していたら、テレビで再生細胞というものが、細胞を活性化するというものを放送していました。

歯茎の粘膜から取り出すことにより、再生細胞が早く、しかもたくさん作られるというものでした。

幹細胞が分化し、転換していくらしい。

やけどをしても、自分の再生細胞を取り出して(歯茎の粘膜をほんの少し取り出すことではがき100枚分の再生細胞が培養できる。これは一人分の皮膚に相当する。)、美しくみずみずしい肌を取り戻すことができるというものだ。

この再生細胞は将来、内臓にも応用できるとのこと。

この研究をしている博士たちは、「細胞も気が変る」と話していらっしゃいました。

「再生細胞」

「細胞も気が変る」

ここに着目です。

私たちは信念体系に「老化」が組み込まれてないでしょうか?

そして遺伝子の中にも「老化」が組み込まれてないでしょうか?

歳を重ねてくるに従い、DNAがまさってくるといわれています。

知らない間に親と似てきます。

若い頃は親とは違うと新しい風を吹き込んでいましたが、だんだん親と似た考えを持ち行動もしぐさも似てきます。

疾病の傾向も似てきます。

DNAが関係しているんですね。

これを解き放していくことによって私たちは光の大元と同じ光を取り戻していくことができます。

「細胞も気が変る」

私たちも「気を変える」ことによって解き放せます。

解き放すことによってらせんがほどけて天地と繋がっていきます。

解き放すことによって12本のらせんが復活して次の扉が開きます。

では「気を変える」とはどうすればいいのでしょうか。

①私は自分の体と心が最善な状態で生きていきます。

②さまざまな事柄、さまざまな人間関係においてネガティブなものは解き放します。

 私にとって必要な光の存在のサポートだけを受け取ります。

③私は幸せを選択します。

④地球・宇宙の源・自分の魂とつながります。

以上のことを実践し、言葉にしていくことです。

自分の心を開放してすべてを受け入れてそして手放していきます。

その時、らせんはねじれを一瞬はずして、多くのDNAを取り戻します。

何故、そうなるのでしょうか。

明日また続きを書きます。

DNAシリーズ、読んでいただき感謝しています。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

DNAの秘密(2)

DNAは本来、物理面で12本、見えない身体に12本あると昨日書きました。

この12本はDNAが次の扉を開く入り口です。

私たちの大元、光そのものに到達するには36000というDNAがあるといわれています。

(もしかしたら、もっとあるかもしれません。宇宙は無限ですから。)

私たちは、その中の2本だけを選択して生まれてきました。

他のDNAは無数の星の生命体の遺伝子です。

天使や菩薩は7500のDNAを持っていて、私たちをサポートしてくれています。

イルカやクジラも高次元の存在だといわれていますが、DNAは現代の我々より多く持っているので私たちをサポートしてくれます。

先日、入り江に迷い込んだクジラをどこからともなく一頭のイルカが現れて、人間が海に返せなくて困っていたところ、そのイルカがクジラを導いたというのも理解できます。

また、ここ10年の間に生まれてきている子供たち。

先日の「クリスタルチルドレン」という歌からもわかるように、私たち大人をサポートするために高次元の魂(存在)が地球に降りてきています。

戦わなくていいんだよ。

仕返しなんていらないよ。

地球を愛と光でみたせばいいんだよ。

たくさんのメッセージを大人に発信してくれています。

子供たちの中には3本の物理次元のDNAを持っている子が数多くいると思います。

子供たちのそばにいってみてください。

そばにいるだけで、心が温かくなります。

抱きしめた時、癒されます。

しかしながら、彼らの多くが生きにくいのも確かです。

私たち大人がまだまだ未熟だから。

明日はDNAの開放の鍵を書いていこうと思います。

無限の可能性を秘めている私たち。

その可能性はDNAの秘密に繋がるかもしれません。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

DNAの秘密

DNAは生命の設計図といわれています。

DNAに刻まれている遺伝子情報。

細胞ひとつひとつに情報が組み込まれています。

DNAはデオキシリボース、リン酸、塩基によってなりたっていますがそれを補助するテロメースの働きが鈍くなることにより老化するといわれています。

現代の科学ではDNAは二本のらせんによってできているといわれていますが、最近3本のらせんを持つ人もいると報告されています。

目に見えるらせんの数は2~3本ですが、本当にそうなのでしょうか?

3本あるならもっとあってもいいはず・・。

私たちには12本のらせんがあるともいわれています。

物理次元でのらせんです。

では目に見えないらせんは?

これも12本です。

私は目に見えないほうのらせんはたまに見えることがあります。

自分を信じるなら、らせんの数は12本なのでしょう。

では何故、らせんは2本になってしまったのでしょう。

地球に降りて来る時に2本もしくは3本を選択してきたといいます。

それでは他の10本のらせんにはどんな力が組み込まれていたんでしょう。

明日、また続きを書きます。

さあ、連休の始まり!

楽しい時間を過ごしてくださいね。

楽しく笑顔いっぱいで過ごすことが、らせんの開放の秘密にせまれるかもしれませんよ!

今日も生き生きと笑顔一杯で元気に歩いていこう♪


Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

子年の観音様巡り

4月1日から、5月6日まで横浜の33のお寺で12年に一度の子年の観音様がご開帳ということで出かけてきました。

横浜に住んでいる友人からのお誘いです。

友人の車に乗って総勢5人での観音めぐりになりました。

普段、拝顔できない秘仏の観音様たちの指には五色の糸が巻かれていてその糸が境内にまで伸びて途中から太い五色の紐に繋がり、私たちもその紐を握ることにより、観音様と握手したことになります。

観音さまと魂が繋がるというほうがあっているかもしれません。

まずは山門をくぐる。

山門は鳥居と一緒の役割があって、お寺での結界です。

山門を通ると空気がかわります。

清浄感が感じられます。

手と口を洗ってから五色の紐と握手です。

心を鎮めて手からくる振動(波動)を感じます。

観音様のエネルギーが伝わってきます。

頭に意識を持っていくと頭頂部(第7チャクラ)からもエネルギーが入ってくるのがわかります。

紐をたどって、観音様に出会います。

どの観音様も清浄で美しく、慈愛に満ちていました。

話は変りますが、私はまだお遍路の旅に行ったことがありません。

今回は、お遍路になった気分になりました。

何故かというと、各寺院でお茶や香の物、お菓子での接待をしてくださっていました。

昨日は8寺院をまわりましたが、本当に笑顔での接待をしてくれました。

新緑に囲まれて、ここが本当に横浜かしらと錯覚をおこすくらいです。

(私の懺悔。ある寺院でイナゴの佃煮を出してくださいました。私が遠慮すると、是非、食べろと勧めてくださいましたが、来世に持ち越しますと答えてと逃げ足くんの私。来世の課題が見つかりました。トホホ・・。)

観音様のエネルギーとご住職さんたちの笑顔。そして笑顔で奉仕してくださる地域の方々の笑顔に触れることのできたよい日でした。

もちろん、5人の仲間たちにも感謝です。

次の12年後にまたくる事を約束して家路につきました。
080501_1201~01写真は徳恩寺の境内にあったお地蔵さん。観音様は写真をとってはいけないのでかわいいお地蔵さんを写真に撮りました。

さあ、今日も優しさに触れる旅のはじまり。

今日も元気で笑顔で歩いていこう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。