つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

イルカ

enchantedeveii.jpgラッセンから

研修の中日、夢を見ました。

これは どうやら2週間前からこの夢をみることになるということになっていたようです。

ある画廊を尋ねたら、ラッセンの描いた入江のポスターがありました。

このポスターと同じような夢を見たのはもう15年くらい前。

ハワイのこの入江から導師(霊的に導いてくれるマスター)に導かれて一緒に潜水しました。

そして出会ったのが上記の絵でした。

5年ほど前にハワイに初めていったのですが、それも気づかずマウイを選びました。

ラッセンが住んでいる島でした。

どうやら定期的にハワイが私にとってキーワード。

必要なようです。

そして、中日に見た夢が たくさんのイルカたちと会話をしているところです。

実は師匠はイルカやクジラさんたちと泳ぎ、写真も撮られている。

その影響もあったのでしょう。

なにしろすごい数のイルカです。

そして、たくさん話しかけてきてくれました。



image.jpgラッセンから

動物たちが出てくるとき、第2第3チャクラ(ツボ)に関係し、自然と調和しようという意味があるようですが、その中でイルカは人間関係やパートナーシップの上昇を意味してくるようです。

そして吉夢ですよと言われています。

私は今回の夢で、元気なイルカたちが私にもっと愛されていいんだよ。

それが自然だよ。

そう伝えてきてくれたように思います。

自分のルートをもっと広げて愛され愛する人間となろう♡

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ>



スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

ルート

昨日は東京まで研修に行ってきました。

そして気付いたこと。

今までもなにかしらの本やワークで知っていたことですが、今が熟す時だったのでしょう。

与えたものが与えられるです。

yun_4555.jpg


これは、与えよ、されば与えられんという新約聖書の中の言葉が頭に浮かびました。

(ルカによる福音書 6:37-38)
  
(α) 人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。

(β) 人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。

(γ) 赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。
  
(δ) 与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。
  
(ε)押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、ふところに入れてもらえる。
  
(ζ) あなたがたは自分の量る秤で量り返されるからである。

これ、ものすごい内容です。

これなんだな~と。

ホ・オポノポノのありがとうごめんなさいもここにルーツがあるのでしょう。

昨日の研修は古神道です。

すべてが同じなんだな~とあらためて思いました。

ここが詰まっていると、どうにも心も身体も経済もうまくいかない。

このルートを通行OKにすればいいんだということがわかりました。

通行止めにしたルートは実は誰かのせいにしていないでしょうか。

実はすべて自分が通行止めにしています。

だから、自分で通行OKにしていけばいい。

そうすると現実化が早まります。

思った瞬間に目の前に入ります。

例をあげてみましょう。

去年の暮れにおせち料理の話題がありました。

ネット販売ですが、先にお金を頂いたけど商品がこなかったり、間に合わせのものだったり。。。

そして、会社は儲かる予定が逆に散在することになりました。

相手が幸せになるように心をこめて用意していたら・・・と、とても残念に思います。

相手を幸せにしたら自分もとっても豊かになります。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

日枝神社

ieyasu_hiedajinja.jpg

平塚に日枝神社があります。

この場所は中原、御殿という地名が現在も残っていて、徳川家康の中原御殿があったことから由来しています。

徳川家康が鷹狩りなどに訪れた中原御殿の鬼門鎮護のため、今の地に移されたといいます。


ご祭神は大山咋神(おほやまくひのかみ)

相殿に鎮まります神々

国常立神(くにのとこたちのかみ)

伊弉冉神(いざなみのかみ)

足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)とあります。

「古事記」に『大山咋神(おほやまくひのかみ)。

又の名は山末之大主神(やますゑのおほぬしのかみ)。

この神は近淡海国(ちかつあふみのくに)の日枝山に坐す。

また葛野(かづぬ)の松尾(まつのを)に坐す。

鳴鏑(なりかぶら)になりませる神なり』とあるように、近江国(今の滋賀県)の日枝山(比叡山)に鎮まりまし

たのが最初で大年神(おほとしのかみ)の御子神で、別にその御名を山末之大主神とたたえて申し上げます。

と神社の由来に書かれています。

郵便局に立ち寄るついでに またこの神社に出向きました。

すると大きな松ぼっくりがたくさん落ちています。

この松ぼっくりを20個くらい広い集めました。

この神社の神聖をいっぱい含んだ松ぼっくりでお雛様の橘と桃の樹を作ろうというわけです。

お雛様はもちろんパステルですが 両サイドをこの松ぼっくりで守ろうというわけです。

hinamaturi03.gif

(本来は橘と桜ですが、桃はいざなぎ・いざなみでも知られているように穢れを浄化する力を持っています。

そして橘は冬中、葉を落とすことなく青々としている樹。

魔よけとしても知られています。)



日枝神社は東京にもありますが皇居を中心に気を整えようとする力を持っています。

大山咋神は杭をうち要とする力をおもちの神様。

本気でこの神様とつながると 根が定まります。

人生に土台が作られます。

日本の国を要として作られたこの神社の神聖を含んだ松ぼっくりの橘と桃で可愛い子供たちのお雛様を作り子供たちに素晴らしい人生が開かれるように祈願していきます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

天使の祝福

110128_0517_01.jpg

遠隔ヒーリングをさせていただいたAさん親子の出産のお祝いの聖母子像を探しに、昨日は教会に行きました。

東京の四谷か神奈川の鎌倉の教会に行かないと手に入らないといわれていたのですが、この前レインドロップの施術に行った際に、隣町の平塚の教会にあることを聞き、早速行ってみることにしました。

清浄な空間にたくさんの天使や聖母子像が置いてありました。

メダイというマリア様からのペンダントトップもあり、購入することにしました。

これをつけるとマリア様からの恩寵があるといわれている不思議なメダイです。

いくつかあったので、癒しフェアの時にみなさんにプレゼントできればと購入してきました。

また、フランスに牧師さんが出かけたときに手に入れてくださるとのこと。

そして、ルルドの水・・奇跡の水も置いてあり、これも購入することにしました。

教会で心がなんだか楽になりました。

聖母子たちの柔らかなエネルギーをいただいたのでしょう。

そのあと、レイキのアチューメント(伝授)がありました。

エステをしている若いお嬢さんです。

エステにヒーリングのエネルギーをプラスするとともに、ご自分にも光を通したいという願いがあるとのことです。

まずはチャクラのチェックから。

チャクラの調整をしていくのに、七つのチャクラのパワーストーンがついているワンドを使用しました。

あらあらどうしたことでしょう?!

ワンドに羽根がはえ、彼女の胸を浄化してくれます。

これは私も初めての経験です。

教会に行ったせいもあるのかしらと思いながら アチューメントへ。

教会に行ったのは、産まれてきてくれた赤ちゃんへの祝福とともに どうやら彼女へのアチューメントのためでもあったようです。

彼女の過去生に教会が関係していたようです。

そして、伝授していく場所ごとに天使がやってきてくれます。

ひとりどうやら彼女の守護神であるだろうモーゼのような方も姿を現しました。

レベル1なのに天使のパレードといったところです。

天使たちが彼女が気付いてくれるのを待っていたよ・・・とメッセージが入ってきました。

天使たちは無理強いしません。

こちらが気付いた時、こちらが欲したとき祝福にくるんだよと教えてくれました。

最後のイニシエーションで彼女にはマリア様がくるんだろうと思っていると、3人の可愛い天使がやってきてくれました。

天使たちにお任せして終了になりました。

彼女の顔は涙だらけ。

天使の祝福を受け、彼女をこんなにも祝福していてくれることに感動しての涙です。

彼女にメダイをプレゼントすることに。

すると、彼女はシルバーのメダイを過去に持っていて それをつけていたら流星群にであったとのこと。

今回のメダイはブルーのメダイ。

マリア様の衣の色のもの。

彼女にマリア様からの守護が常にあるように心から祈ります。


さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

生命

生命・・・せいめいは生を命ずると書きます。

ウィキペディアでは 

命(めい)は命を賭けて果たすべきことであり、命令(めいれい)は命じること、厳密には命を賭けて果たすべき令のことである

と書いてありました。

命ある限り、命を賭けて生きることを命じられている・・・と、とることができないでしょうか。

それが天から申し渡された最大の宿題なんだな~と思いました。

猫のメイちゃんや犬のシル君の生き様を見て、つくづく彼らのまっすぐの心に頭が下がります。

メイが旅立ってから、仕事が立て続けに入ってきました。

ぐったりしてる暇がないよ!!

メイちゃんからのプレゼントだったのかもしれません。

そして、その中にとても幸せになる依頼がありました。

赤ちゃんの出産です。

ところが、どうにも破水したけれど、生まれない。

時間がどんどん過ぎていきます。

そこで、依頼が入ってきました。

お腹の中の赤ちゃんには どうしても納得のいかない事象があり、それに対して生まれてくるのを躊躇しているようでした。

遠隔ヒーリングをしていくと、その子を応援しているのが桜の花や蘭の花たちです。

どうやら女の子のようです。

依頼を受けた時間は夕方5時。

お昼には産まれてくる予定だったのですが、産まれてくる気配がない。

若いお母さんも疲弊しているのがわかります。

ご家族に

「みんなが あなたを待っているよ。

地球の景色は美しいよ。

青い空、花々・・・、みんなあなたを待っているよ・・・」

そう、赤ちゃんに祈っていただくことをお願いしました。

11という数字が見えました。

「11時くらいかな」

そうお伝えし、また遠隔ヒーリングを継続しました。

そして、10時半を過ぎたところで無事、たまのような女の子が産まれました。

魂は さまざまなこれから起きるであろう苦難困難を知っています。

でも、その苦難困難を実は自ら望んで産まれてきているんですね。

それを乗り越えることができることを知っているから。

野球の三浦選手が

「夢は叶うよ。辛いことがいっぱいあったりするけれど、必ず目標に向かって頑張ると叶うんだよ。」

そのような内容を話していました。

本当に目標に向かって頑張ると叶うんだと思います。

それが叶わないのは 私たちが無理と思う心がどこかにあるからなんでしょう。

そして、もうひとつ。

昨年に依頼を受けた方の脳の腫瘍が格段に小さくなったとのこと。

昨年暮れまでと宣告されていた方でしたが、今は動くことができはじめ逆に周囲の方が気を遣うような状態とのこと。

寿命は寿の命。

私は命を高らかに喜んで慈しんで、生きていくこの魂たちが大好きです。

命は無限です。

今ある生命・命を高らかに喜んで慈しんでいきたい。

さて、少しお話を変えます。

今さかんにキャリア教育というのが叫ばれています。

キャリアは輪だちという意味です。

スーパーという方がライフキャリアレインボーという図を作られました。

cr_01.gif

人の人生をキャリア教育の視点から作ったものです。

人が人らしく生きていくための図がレインボー・虹として作ってあります。

これ、けっこう身にしみました。

人生の中の自分の役割ってものすごくあるんだなと。

京都にとても面白い支援学校があります。

小学部のころは楽しいことを思いっきりやって、中学部のころは自分ができる・自信を持つっということを獲得し、そして高等部では将来への展望を導ける子に育てるという目標を掲げています。

これね、私たちの人生と同じなんです。

子供のころ、思いっきり楽しいことを経験する。

そして、自分ができるんだという自信を持つ。

次に自分の将来を選択する力を持つっていうことなんですね。

今からでも遅くない!!

思いっきり楽しんで、そして自信を持ってそして未来へとまた一歩歩きだす!!

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ


メイちゃんのことでは たくさんの方から励ましのお言葉をいただきました。
メイとともに感謝しています!!ありがとうございました。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   6 comments   0 trackback

一二三

新しいイメージ4

3年前に病気を宣告され、最後は厳しいものになるから、安楽死をする決意ができたらきなさいといわれていた17歳のメイちゃんです。

我が家の猫軍団の一番若い猫です。

1月23日、昨日静かに静かに旅立ちました。

息子にも娘にもそして私にもなにも知らせが来ませんでした。

そう思っていました。

でも実は彼女は静かに伝えていたんです。

おりしも昨日は関東の出雲大社へ行き、お礼を言ってきたところでした。

そして、秦野という町に白山神社というのがあるのもわかり、菊理姫とのつながりを確認してきたところでした。

私の父の先祖は加賀。

白山さんと縁が深いのですが、私の現在住んでいる町の近くにも白山さんがあるのがわかり、縁をしんみり考えていたところでした。

菊理姫は国を再興する神様ととらえていいのではないでしょうか。

イザナギ・イザナミの仲を取り持ち、天照神などを産み出すことになったと書かれています。

菊理姫はくくりひめ。

くくる力があるのでしょう。

そんなことを調べている一日でしたが、この日実は研修がありましたが、次の週へと持ち越されました。

そして、主人は長野の母の介護に行く予定でしたが、次の日になんとなく伸ばしました。

きっとその日、私たちに早く気付いてもらいたかったのでしょう。

すべての予定が彼女のために動いていたように思います。



そして、秦野の出雲大社から戻ってきて猫に会いに行くと、1匹たりません。

よくよく眼をこらすとメイが下で眠るようにして旅立っていました。

奇跡はおこらなかったのでしょうか?

いえいえ、私はおこったのだと思っています。

病院でいわれたような最悪の事態はその日の朝までなく、パクパクご飯を食べていました。

そして、とても穏やかな顔でした。

また、彼女は私に安楽死を選択する苦悩も排除してくれたんです。

命の時間を選択するのは とても苦痛です。

その苦悩をなくしてくれました。

やんちゃで暴れん坊の女の子でした。

そして、彼女が逝った日はなんとひふみと読める日にち。

1月23日という符が気になり、ひふみ神事をぱらりとめくって出てきたのが下記の言葉。

めくった場所が月光の巻というのもつきのひびきと重なり、メイが私にくれたプレゼントなんだろうと思っています。

メイちゃん、そうだよね~。

心だね。

心が世界を作るんだったね。

嬉し嬉しで生きていくよ。

17年間ありがとう。

また会えるのを楽しみに、嬉し嬉しで生きていくよ。


ひふみ神事 月光の巻 六十二帖2

そなたは心をもって居ろうがな。

心があれば心の属する世界のある道理は判るであろうが。

心で描いて、
心で先ずつくり出してから行為することも、
その順序も判るであろうがな。

心のうごきが先で、
肉体がその後でうごくことも判って居ろうがな。

心の世界にないものは物質の世界にない道理も判って居ろうがな。

何故に迷ふのぢゃ。

霊界が主で現界が従であること、
判って下されよ。

逆立してそなた自身で苦しんでゐること、
早う得心して、

うれしうれしで暮らして下されよ。

何事もうれしうれしの心で成してゆく


さあ、今日も元気に笑顔で嬉し嬉しの心で歩いていこう♪




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

曼荼羅からのメッセージ

110122_2200_01.jpg


額装からあがってきた曼荼羅です。

上記の曼荼羅はチャクラをあらわしたものだそうで、この絵を開いたとき(丸まってきました)、エネルギーが体中を駆け巡りました。

古代の方々はすでに見えないけれど、身体の中にそして外にある無数のチャクラ(車輪・肉体および魂を宇宙と行き来する駅のようなもの)を知っていた・・・、見えていたということなのでしょうか。

そして、仏教とりわけ密教では曼荼羅がよく見られます。

金剛界曼荼羅や胎蔵界曼荼羅です。

仏が配置されています。

これは寺院でも、立体として配置されています。

配置されているその寺そのものが宇宙となるわけです。

そして、この神々は小さな星々であるともいわれています。

私たちは、身体の中に神々・星を秘めている・・・ということ。

つまり私たち自身が宇宙そのものなのです。

私は そう理解しました。

そして、その神々・星々をいかに輝かせるかが私たちの生き方なのかもしれません。

奇跡はもともと誰にでも起きる。

実は 奇跡はすでに手中にあり、いかに自分がクリアになるかなのでしょう。

真ん中に坐する仏の頭頂部には何段にも宇宙へとつながるtチャクラが描かれています。

どの人もあるわけです。

ただ自分で遮っているだけ。

不安や心配、エゴ・執着を手放したとき 真に根本の真理が見えてくるのでしょう。

果てしなく続くこのチャクラは まるで私の中にある果てしないエゴを解放しなさい・・・と教えてくれているような感じがします。

一つ手放しては また掴む。

それもまた自分にとって必要なことなのかもしれません。

また、チャクラは非常に規則正しく描かれています。

このほかに幾何学で描かれた曼荼羅もものすごくたくさんあります。

そうなんです。

星は非常に計算された位置に配置されています。

これが少しでもずれたら、星は衝突してしまいます。

ところが私たちの身体の中のチャクラは 配置がずれたり小さくなったり大きくなったりひずんだり、曇っていたりします。

いろいろな想いが配置を変化させてしまうのはいうまでもありません。

規則正しく配置された星をプレゼントされているわけですから、修正しもとに戻していくのが私たちの天への恩返しなのでしょう。

チベットのお坊さんたちが砂曼荼羅を描きます。

それはものすごく長い時間をかけて描いていきます。

そして、描き終わると消してしまいます。

まさしく色即是空・空即是色の世界です。

そこから 私は何を学びとるのか。

真実はあるけれど、行為はあるけれどそこに執着しない。

そしてそこに本質が静かにあるような気がします。



110122_2152_01.jpg

上の曼荼羅はチベットからきた曼荼羅です。

右に小さいですがヒマラヤが見えます。

カメラのライトの反射で2枚とも見えづらいと思いますが、みなさんの魂にもこの曼荼羅たちがメッセージを送ってきてくれるかもしれません。

よい週末をお過ごしください。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

色のマジック

昨日はいただいた曼荼羅6枚を額装しに画材屋さんに出かけました。

6枚の絵の中にチベットのものがあります。

曼荼羅になんとヒマラヤ・チベットが描きこまれています。

この絵の色の特徴は青と白・・・という印象です。

額装が今日仕上がるので、できたらまたアップしようと考えています。

曼荼羅自体が宇宙を意味していたり秩序を意味していたりしていますが、もうひとつ色もエネルギーをプレゼントしてくれていると思います。

私は6枚の絵の中でこの絵が一番好きなようです。

それは、色にひかれるからでしょう。

青は私が子供のころから好きな色です。

大学に入り、ほかの友人たちが赤を画面に塗っているのを間近にし、赤を意識的に取り入れるようになってから私の中に変化が起きてきたように思います。

色は意識に変化を起こさせてくれるのでしょうか?

はい。

深層心理というのがありますが、色の中に自分が投影されているのでしょう。

青は内省的で受容的な傾向があり、安心や信頼を求める傾向があります。

絶えず自己を探求する癖があり、芸術・文学・演劇・経理・銀行業務などに向いています。

ストイックに積み重ねる継続的な作業は研究職にも向いているといいます。

従順で忠誠心が強く、右腕的補佐役としての才能に恵まれているため、独立経営の冒険をしないでナンバー2になることで安心することも多いようです。

それは逆に自分で自分をがんじがらめにしてしまう可能性もあります。

そして、後年取り入れた赤は・・・。

無から有へと現実化する力を持っています。

そして、チャレンジ精神旺盛!!

独立への力を秘めています。

曲がったことが大嫌い。

お金はあってもなくても人生を謳歌して仕事をすすめていきます。

無意識にまるっきり反対の色を取り込むことで、バランスがとれていくんですね。

人は面白いです。


そして呼吸をしましょう。

呼吸は息です。

命です。

呼吸で意識が変わり人生も変わるといいます。

それに色をチョイスしてみましょう。

朝、目覚めたらたった3分でいいです。

自分に必要な色を頭頂部から吸いこみ、そのカラーで全身を満たしましょう。

体中を大好きな色が巡り、足先、手の先、髪の毛の1本1本までその色で満たされるようにしましょう。

ただし、黒や灰色は避けてくださいね。

このとき、香りや音楽があなたを助けてくれるかもしれません。

簡単ですが色の効果をあげておきますので、参考にしてください。

赤:経済力・元気   あなたを地球から吹き出るマグマのように活性化へと導いてくれます。
           イランイランのエッセンスが手助けしてくれます。

青:ストレスの解放  イルカがあなたを導き、生まれたままのあなたに満たされ、心が解き放たれる。
           ペパーミントやティーツリーのエッセンスが手助けしてくれます。

黄:積極的・集中力  今日を切り開く力、英知で満ち溢れます。
           
緑:ゆとり・緊張感をほどく
           優しさに満ち、すべてのものに悠久の時をすごすようにのんびりと出会える
           クラリーセージが手助けしてくれます。

紫:感性にあふれストレスを解放する
           ローズなどの花ののエッセンスが手助けしてくれます。

桃:若々しく     体中が愛で満ち溢れます。
           ローズなどの花のエッセンスが手助けしてくれます。bara.jpg



色を取り入れて

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


           


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

曼荼羅から

曼荼羅についていろいろ話をしている間に仲間が曼荼羅の絵を持ってきてくれました。

数は6枚。

すべてが手彩。

ネパールやチベットからのものです。

開いて見てみるとエネルギーが放出されていてくらくらしてきます。

オーストラリアのアボリジニが描いている絵と同じような感覚です。

ところが、今回はその影響なのでしょう。

またしても夢を見ました。

その夢には家族全員が登場。

嫁いでいった娘夫婦や嫁ぎ先のお母様も出てきました。

みな、現実世界を普通に生きている人々です。

ところが、私があるものを捨てようとしていると それをすくい上げることを息子がおこないました。

彼が引き受けるというのです。

階下に降りてみるとみなが揃っていてにわかに宴をしています。

そして、今日はシャクティーパットの創始日だからお祝いだよと。

シャクティーパットはエネルギーを照射するというもの。

高僧が眼からエネルギーを照射する、もしくは触れるなどです。

えっ?!そうなんだと私は知らなかった~と、その宴に入るために戸棚からケーキを出そうとすると、

嫁ぎ先のお母様が

「もういらないんですよ。あなたの連れ合いの方がこんなに素晴らしい料理を作ってくれたんですよ。」

言われた。

見てみると食卓の上に料理が並んでいる。

連れ合いが

「本当にお金をかけないで作ったものなので、たいしたものが並んで」いません。」

するとお母様が

「あなたが作っているとき、心をこめて本当に苦心して作ったでしょう?それが現れているんですよ。」

とこんな具合の夢でした。

曼荼羅が見せてくれた夢はものすごく私にとって大きな意味がありました。


曼荼羅の国、インドの高僧は弟子にブラフマン(梵天)のことを聞かれたときに

「あなたの眼、鼻、口、耳を通して見えているのだよ。」

と話されたそうです。

それは、すべてのものにブラフマンは宿っている・・・。

日常の中にすべてが満ちているということなのでしょう。

一日一日を大切にそしてすべてのものを愛おしんで生きていきたい。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

ハイアーセルフから

cea673ca8ec7c7323a7b3564d08370f6.jpg

岸田劉生の切通しの道

この絵が夢に現れた。

どうもここのところ、夢を頻繁にみる。

そして、この絵が夢に出てきた。

実は 戸隠に行く前からこの切通しの道が頻繁に出ていた。

戸隠に行く前、私を戸隠に誘ってくれた人がこの坂道を一緒に歩きながら

「行くんでしょ?進むんでしょ?」

と、夢に現れていた。

その時の私の答えは

「まあ。。。行くけど・・・」

いかにも頼りなさげである。

そして、実際に戸隠に行くことになり、自分の天の岩戸を開き始めることとなった。

今回は岸田劉生さんの息子さんが登場?!

岸田さんには息子さんはいらっしゃらないと思うので、おそらくは私のハイアーセルフが姿を変えてこの坂道を案内してくれたのだと思う。

自分の中に今、自分は本当にこの方向で進んでいいのかという思いがあるのかもしれない。

あるがままと思いつつも 本当に正しいのかという思いが潜在意識の中に潜んでいるのだろう。

この夢をみる前日はリィーディングとヒーリングをじている夢で ある会場で仲間一人とスタッフが2名から3名いるような夢であった。

仲間に話すと

「吉夢ですね!!」

と、答えてくれ、ほっとしているのと同時に 仲間がその夢と同じようなことをしようと計画をたてているという話であった。

時間と空間は 本当にあってないようなもの。

ないようであるもの。

不思議である。

そして、この夢の紐解き。

まっすぐの道は正しい。

上り坂はよい道しるべ。

どうやら、うまく行っているらしい。

ハイアーセルフに感謝である。

いかんせん、青色申告がめんどくさくて白色に変更しようかと思っていて、ひとりでなにもかもというのが億劫になってきているところである。

3月までまだあると思っていても。。。というところである。

うまく行ってるというメッセージを受けて、今日は久しぶりにのんびり青空を眺めた。

キラキラたくさんのプラナ(氣)が見える。

ああ、そういえばここのところのんびりプラナを見ていなかったなと。

そして、プラナはどこから来るのだろいうとプラナと対話することに。

降りしきる金色・銀色・・・たまにピンクやブルーの光をおびるプラナがやってくる青空を眺めていると空に幾何学の筋が見え始める。

まあ、眉唾だと思ってたわごとを聞いてほしい。

プラナの根源はわからないけれど、おそらくは宇宙の根本から降りしきり、それは幾何学・曼荼羅・フラワーオブライフ・生命の樹など さまざまに言われている場所を通過して そして個人個人の意識に対応して降りしきるのが見えるのではないだろうか。

この幾何学の金色の筋はプラナを通過させるとともに、私たちやすべてのものとつながっている。

見えないものだけど見える。

見えるけれど見えない。

でも知っている。

宇宙とそしてすべてと私たちはつながっている。

だからね、今日はより一層優しい自分が現れる。

そして、相手の優しさにも触れ合うことができる。

こんな日が毎日だといい。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いて行こう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

曼荼羅宇宙

曼荼羅について、この休日はすこしばかり勉強する機会がありました。

きっかけは 横尾忠則さん。

横尾さんは 美術の大先輩であるとともに精神世界でもところどころで名前があがる大先輩です。

美輪明宏さんや江原啓之さんとまだ丹波さんが こちらの世界にいらしたときに一緒に話をしたりしたことでご存じの方もいらっしゃると思いますが、彼のお母さんは黒住教という神道の方。

おばあさまは珍しく女性の神主さんでもあったそうで、ものすごい怪我をした時も祈りで治したそうです。

またお父様は 天界にいかれるほんのわずかな瞬間に彼がお金がなくて困っているのを察知していろいろ心配りをしていたとか、彼の周りはさまざまな下地が小さいころからあったようです。

そんな彼の絵や文章を読んでいくうちに曼荼羅にぶつかりました。

彼が描いていたわけではないのですが、曼荼羅と入ってきました。

曼荼羅は チベットの僧侶が砂で描いたものなどが有名ですが、この曼荼羅 オーブ(木霊や精霊さん)にも形が似ている。

曼荼羅の本質とはなんだろうかと。

ユングという精神分析学者がいうには 心が病におかされるとき、彼のクライアントさんたちが曼荼羅と呼ぶような図形を描くことを始め、また病を克服して回復へと向かうとき曼荼羅と呼ぶような図形を描くことに気付いたとあります。

曼荼羅は人間の精神の原初パターンなのかもしれません。

曼荼羅はコスモス・宇宙だと言われます。

コスモスの意味は 秩序・調和であり体系的な宇宙であるとG・Lエバソーはいいます。

反意語はカオス

無秩序・不調和・無作為だといいます。

コスモスは宇宙、そして生きられるという意味の世界でもあるといいます。

曼荼羅・・・深いです。

そしてこの曼荼羅は あらゆるところで見られます。

家の床や絨毯、洋服の模様などにもあしらわれていると思います。

知らない間に私たちは曼荼羅に触れ合っているんですね。

そして、教会のステンドグラス。

あの美しい光の窓にも曼荼羅が組み込まれているんですね。

曼荼羅の模様になっている窓から差し込む光を浴びて讃美歌を歌う。

エネルギー満載なわけです。

そして、このことからいくつかのことがわかりかけてきました。

いえいえみなさんはもうすでに知っているかもしれません。

先日行ったレインドロップというアロマの原初はネイティブインディアンが まだ国境のない時代に心と体をいや癒すのに北極圏までオーロラを浴びにいっていたというところからきています。

オーロラは虹色の光です。

そして現代の癒しグッズの中に七色の光を発行する光を浴びて元気になるいというものも生まれてきました。

これ、もっと考えると色・光・形がそろったらかなりの癒し効果があるのでは・・・。

と思いました。

あくまでも想像です。

とりあえずは パステルで曼荼羅を描くことを実践していこうと考えています。

自分だけの曼荼羅パステルを完成したとき、どんなことになるか楽しみです。

早速パステル講座で、初めていこうと考えています。

密教の世界では 曼荼羅は神々がたくさん描かれています。

そして世界には花の形のような曼荼羅もたくさんあります。

まずはロータス曼荼羅(ハス)から初めてみようと思います。

なぜなら蓮(パドマ)は聖なる宇宙のパンテオンである曼荼羅の核とされているとともに浄土のイメージとしての鍵となるシンボリズムとなっているからです。

さてさてどんな曼荼羅が完成するか。

2月1日の文京区でのパステルに向けて構想を練っていきたいと思います。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

本当の自分

元住吉で定例のワークを行いました。

さてさて、元住吉にはじめての女の子が二人います(^^♪

一人はロサンゼルスから、このブログをいつも見ていてくれているIちゃん!!

都合があって、今回初参加してくださいましたが、彼女のハイアーセルフが 必要な時にみてごらんと話しかけてきて、このブログをみると タイムリーな内容で・・・と話してくれました。

Iちゃんとは どうやら大船観音(白衣観音)とのご縁がありそうです。

9日まで横浜から九州まで神様巡りをしてきたというロサンゼルスっ子です(*^_^*)

もう一人はそして・・・(*^_^*)

実はYちゃん。

毎回参加してくれているYちゃんですが、大変身です!!

あきらかに顔がシャープになり、眼もぱっちり。

そして、年齢も10歳以上若く見えます。

スピリットアウェイクと水のエステのおかげさんだと彼女がいいます。

今までの顔は 自分が作り出した偽物の微笑み。

現在は 天地からプレゼントされた本来の微笑み。

ディバイン(女神)にもたらされたお顔のように感じました。

なぜ、はじめて会ったような感じがしたのでしょうか。

それは、オーラの輝きがまるっきり変化しているからです。

会社の方からも 別人みたいといわれているそうです。

あのね、実は顔がシャープになるには わけがあります。

私たちは 肉体を持っているけど その肉体は たくさんの重い想いを背負っています。

それを取り外していくと むくみ がなくなるんですね。

そして、小顔になる。

水のエステはエステといいながら本当に純粋な天からのめぐみの水を顔にひたすらかけているだけ。

実は昨日は平塚で水のエステとレインドロップの個人セッションをしていました。

水のエステをしている間にもう紫や青の光がお邪魔したおうちで乱舞。

レインドロップではゴールデンドロップというオイルを使用してアロマトリートメントをしましたが、天使やマリア様、キリストのような方などが次々と現れていきます。(12本のボトルを使用し、ひとつひとつに祈りを捧げながら行います)

レインドロップのトリートメントが3回目になるAちゃん。

今回は クークー寝息をたてて寝ていました。

人に身体を触られるのは苦手だったAちゃんがほどけた瞬間です

そして、目覚めたAちゃんの顔もまた別人に(^^♪

右目がなかなか二重にならなかったというAちゃん。

パッチリの眼に!!

Aちゃんは心理学のカウンセラーさんですが、お互いに再確認したのは まずは心を真っ白けにすること。

これだね~と。

そして、自分の心に正直に(*^_^*)

自分の癖や行動パターンを認識してそれを真っ白にする。

そして、卑下することもなく本来の自分を呼び戻す。

連続のワークやセッションを通して、今の自分を見つめてみると、まずはお掃除。

昨晩は一晩かけて ひたすらいろんなものを捨てて(捨てるのが苦手なので)、部屋をまっさらに。

嫌なことから始めてみる。

それを実行してみました。

めんどくさいことを後回しにするのを割きまわしにすることにしました。

すると肩が楽に

身体と心(魂)はわかっているんですよね。

何をしたらいいか。

それをエゴがみえなくしているだけなんだなあ~。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

扉を開く

平塚、元住吉とワークが続きました。

平塚は パステルで知り合った仲間たち。

パステルから広がって、エネルギーワークをさせていただく機会をカウンセラーの美波先生からいただきました。

エネルギーワークの中心は 心のワークが中心ですが プレゼンテーションでヒーリングを!!

ん~、天使がたくさん来てくれると私もなんだか自分に酔いしれることができるんだけど、

「絶対、不動明王だよ!!炎燃え盛って熱いし~!!」

ん~、仕方ない。。。

天地にお任せです。

そして、なかなか涙が出てこなかったんです~という綺麗なお嬢さんから、嗚咽とともに涙が・・・。

プレゼンテーションなので、短い時間なのですべてとはいかなかったけれど、彼女から

「これから 自分でできる!!」

と、強い言葉が(*^_^*)

同調している方もいらして、エネルギーは高まり平塚が熱くなりました。

(実はこの日、一緒にお昼ご飯を食べたのですが青空の平塚が食道を出てみると雨!!光明さん(平塚の仲間はいまだに光明さんと呼んでくれています)が降らしたでしょう(*^_^*)浄化だよね~と、ニコニコ会場に向かっていたので天はわかっていたのかもしれませんね。)

そして、フラダンスの先生をしている方も参加してくださり、話は海外に!!

カンボジア・インドネシアなどさまざまな国にいくと、また自分の世界が広がるよ・・・という話に。

このときね、受け入れられないものが個人個人に湧きあがってくる。

そりゃあ、行けばそうかもしれない。

でもね・・・、今は私はね・・・と。

わかっているけどね・・・。

とか、そんな気持ちが起きてくる。

実はここが一番大切なところ!!

自分のウイークポイントなんです。

そこが!!

自分にとってネックになる。

反論したくなる。

ここになぜそうなのかを見つめてあげる。

そして、そのウイークポイントをこなしちゃう!!

私の場合は家族。

家族の中にはわんこやにゃんこがいます。

そこらあたりがウイークポイントで、出かけるに出かけられなくなる。

ところがそれは自分が思いこんでいるだけだということが戸隠に行ってわかりました。

我が家の猫は17歳。

点滴がかかせません。

そして、夜は血圧の薬を飲んでいます。

それを飲ませなければいけません。(我が家のにゃんこ軍団のうち1匹は慢性腎炎でおそらくは人間なら人工透析をしている状態なんですね。今は2キロから3・5キロに体重が増加して安定しています。)

そこで苦労していろいろ算段をしたわけです。

もちろん行かないことも選択肢としてあるわけです。

で、戸隠へと足を運んだ。

猫はもちろん動物病院に預けることに(=^・^=)

ところが行ってみると、先輩たちの中のひとりがなんと戸隠に猫さんを連れてきている。

私の中で旅籠は動物禁止という聞いてもいないのにそういう観念でいっぱいだったわけです。

なんともはや、人の頭の中とはいかに「ねばならない!!」という観念にとりつかれているのでしょう。

そして、その実態(動物を連れていってもいい)を知ってしまえば、今度はそこに行けない理由もなくなるわけです。

そろそろ、わかってきたでしょうか?

はい~、実はあれやこれやいいわけをして 自分の中で自分が行かなくてもいい理由を見つけているんですね。

そして、ひとりでうずくまらないでみんなと相談してみると思わぬところから回答を得ることもできます。

今夜、ハモネプを観ていました。

そして、感激した曲があります。

OBからのギフトの歌です。

「あなたといれば」


独りではなんにもできない

そのくせに競い 先急ぐ

狭き道なんて決めつけ

争って押しのけたり 遠慮したり

心から壁を取り去ったなら

それぞれの道もつながり 広がる

あなたと並んで歩いていこう


いつだってあなたといれば

どんな歩幅も間違ってないと

信じてる 信じられるよ

それが僕らの奏でるハーモニー

きっと
誰かを罵るための声じゃない

頑なにふさぐための耳じゃない

重ね傾けて生み出すもの


いつだってあなたといれば

どんな歩幅も間違ってないと

信じてる 信じられるよ

それが僕らの奏でるハーモニー

きっと



世界中でたったひとりきりって思ってしまう自分がいるかもしれない。

でもね、本当はみんなが仲間。

そんなことに気がつくと、また扉がひとつ開きます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

明日は元住吉での話をお伝えしようと思っています。

神奈川の大磯では昨日雪が降りました。

今日もとても寒くて・・・!!みんな風邪引かないでね!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

鞍馬山

信州の武水別神社に参拝した帰りのこと。

帰りに古本屋に立ち寄りました。

手に入れたのは「火の鳥」のまんが本。

この本は 私を導いてくださったNさん(天に帰幽)が、読んでごらんなさいと勧めれらたもの。

火の鳥は冊数が多く、かなり読んだのですが その本屋にあったのは乱世編の上下がポンと置いてあり、中を見てみると読んでいない!!

これは!と思い、早速購入したわけですがなかなか読む機会がなく やっと昨日開きました。

すると・・・。

鞍馬山のお話です。

僧正坊だと思われる人物が登場してきますが、見事に人の心を描いていました。

いつの時代も人の心は 似ている。

争い事は本当に必要なのだろうかと。

そして、ここ何日か古神道を勉強しているのですが ここにも鞍馬山の話が出てきました。

鞍馬山が呼んでいるような。

靈氣(レイキ)とつながっている鞍馬山ですが ますます勉強しなさいよと声をかけられているようで。

僧正坊は毘沙門天ではないかという話があります。

確かに僧正坊は牛若丸を育て強かった仙人のような方だったようです。

七福神パステルの中にも毘沙門天がいらして みんなで描いたばかり。

靈氣の中にもこの神様がいらっしゃる。

古くは財宝神として、そして密教では北方を守る天部として知られています。

吉祥天のご主人でもあります。

吉祥天はインドのラクシュミでもあるといわれ、古くは七福神にいらしたとか。

福禄寿のかわりにいたとか言われています。

武水別神社、そして七福神パステル。

すべて、出会うことは天の采配なのだな・・・と。

さて、今日はどんな采配とであうでしょう(*^_^*)

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

観音様と七福神

110108_0645_01.jpg

観音パステルが始動です。

文京区の広報に載ることに。

そして、半年間の文京区の講座に入ることも可能になりそうで、これからが楽しみになってきました。

観音パステルインストラクター誕生も楽しみです。

そして、今回の文京パステルでは七福神パステル。

七福神パステルは、みんなに幸せをもたらす想いをこめて年末年始ずっと考案してきたパステルです。

今回は若いカップルも参加され、予想していたものよりもポップなものになり、会場も盛り上がりました。

七福神も驚いたかもしれません。


110107_1711_02.jpg

110107_1711_01.jpg

110107_1711_04.jpg

110107_1711_03.jpg


110107_1718_02.jpg

110107_1718_01.jpg


みなさんのところにも元気な七福神、優しい七福神そして両招き猫の福寿が届いたでしょうか?

今年もみなさんの福寿無量を願いながらクリスタルフィールド(パステル活動を基盤としているグループ)があちらこちらに飛んでいきます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

私がまだ小学生に上がる前、江の島に住んでいたおじいさんが眠りについたとき、その身体が真っ白の糸に幾重にも包まれて身体の真ん中にはまっすぐに綺麗な七色の光の珠が並んでいて、ふ~っとその身体が空中に浮かんでいったのをいまだに覚えています。

当時は怖くて、しばらくの間はひとりでどの部屋にも行くことができませんでした(笑)

大人になって、その光の珠がチャクラであること、そして白い糸はすべてのものとつながっている糸で誰にでも木々にもあることがわかりましたが、当時はチャクラやオーラなどという言葉はありませんし、子供なのでまるっきり聞くこともありませんでした。

戸隠から戻ってきて、自分の中で変化が起き始めています。

いくつかありますが、その中のひとつは虹です。

良い状態の場や人々、動物たちのところにいったり遠隔という作法をしていると虹を感じることが多くなりました。

虹というのは すべての場や人々、木々などにもともとあるのでしょう。

それをキャッチしやすくなったということですが、七つのチャクラ(チャクラは無数にありますが代表的なもの)は、すべてに存在し、そして、心が穏やかで優しいとそのチャクラすべてが輝くということなのでしょう。

昨日は体育の大先輩にお会いしました。

彼女はいいます。

若いころは どんどん自分の思うこと信念を曲げずに突っ走ってきた。

今はね、いろんな人の意見を聞いてそしてその方々の想いを受け止め、そして自分が柔らかくなりみんなの想いを到達していくための時間をもらっているのよ。


そう話していらっしゃる彼女の顔は まるで観音様。

そして、彼女の頭部の右側には紫色や青い光がいっぱい。

ふっと気がつくと虹を感じます。

年齢を重ねてなおさら輝く。

自分というものから他へ向かって心を広げはじめている彼女は 本当に美しく見えました。
 
虹色の心を持って年を重ねていけるといいな・・・と感じた一日でした。

さあ、今日も虹色の心を持って元気に笑顔で歩いていこう♪

101203_0858_01.jpg


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

茅輪神事

大磯町は国道1号線が走っています。

はい!!山の神が走ったあの箱根駅伝のルートです。

今年も熱いエネルギーが国道1号線でいっぱいになりました。

110103_0837_01.jpg

六所神社の旗と大学の応援旗が一緒に風にはばたいて美しい!!

というわけで、再度家族で六所神社へ。

行ってみると、大磯に越してから一度も見たことのない宝物が御開帳に!!

素盞鳴尊(すさのおのみこと)と櫛名田姫(くしなだひめ)です。

お二人はご夫婦です。

110103_0845_01.jpg

110103_0845_02.jpg

六所には六つの相模の六つの神社の総社です。

その中のひとつ、隣町の川匂神社に詣でることにしました。すると、茅の輪が設けられていました。

110103_1532_01.jpg

この神社に詣でるのは2回目。

隣町ですがなかなか行く機会がありませんでしたが、素盞鳴尊の計らいかもしれません。

六所神社にはない茅の輪がありました。

茅輪神事は、輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りる大祓いの行事です。

夏と年越しの時に描く神社に設置されますが、お正月3日にも設置されていました。

この茅輪神事は素盞鳴尊(すさのおのみこと)が旅の途中で、宿を求めたのですが、蘇民将来は貧しい暮らしをしていましたが、素盞鳴尊をお泊めして、厚いもてなしをしました。

その後何年かたって素盞鳴尊は再び蘇民将来の家を訪れて、「もし悪い病気が流行することがあったら、茅で輪を作って、腰につけていれば病気にかからないですむでしょう」 とお教えになりました。

疫病がはやっても蘇民将来のお家はかからずに元気にすごすことができたとのこと。

茅・萱には霊力があると昔から言われています。

伊勢にいくと蘇民将来の文字が門戸に貼られています。

それは「蘇民将来」と書いた紙を門にはっておくと災いを免れるという信仰があるからです。

茅の輪は左足から入り、左右左と八の字にくぐりぬけます。

まだまだ、各神社で茅の輪が設置されていると思いますので、くぐってきてみてくださいね。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

4日から通常通り仕事に入ります。

ホームページもメンテナンス終了です。

月響庵の場所などの詳細はホームページをごらんください。
 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

あけましておめでとうございます。

110101_0655_01.jpg

あけまして おめでとうございます。

今年も よろしくお願いします。

年も切り替わったところで、ブログの名前を変更することにしました。

つきのひびきになりました。

これからも 可愛がってください。

どうぞよろしくお願いします。

ブログの一番最初の写真は 1月1日の茅ヶ崎海岸の初日の出

友人が送ってきてくれました。

私は信州で初日の出を・・・と、ずっと待ち構えていたのですが、信州は雪雲に覆われて・・・

110102_0821_01.jpg

でも、少し足を運ぶと戸隠山が見えてきました。

110101_0858_01.jpg

なんだか、目を凝らすと戸隠に光が降り注いでいるような・・・。

なんとも戸隠は不思議です。

戸隠は「昔、天照大神が、弟の素戔鳴尊の乱暴を怒って天の岩屋へお入りになってしまわれました。世の中は真っ暗闇になり、いろいろの悪い神々が出てきて、恐ろしいことや、悲しいことが次々におこりました。

 大勢の神様たちは、岩屋の前に集まって、天照大神に岩屋から御出でになっていただくにはどうしたらいいだろうかと、相談をしました。その時、戸隠神社の中社にお祀りされている天八意思兼命が「良いことを思いついた。私たちが岩戸の前で踊ったり歌ったりして楽しそうにしていると、きっと天照大神様は、『あの者たちは何をしているのだろう』とおのぞきになるにちがいありません、・・・」と知恵をしぼって考えをだされました。

 天八意思兼命のお考えにもとづいて、神様たちは準備をしました。まず鶏を沢山集めて鳴かせました。火之御子社に祀ってある天鈿女命(あめのうずめのみこと)の命は大変踊りの上手な神様ですが、この神様が伏せた桶の上にのって足拍子も面白く「とんとん、とととん、と」と踊りました。大勢の神様も「やんや、やんや」と手拍子をうってこれに応えました。
天八意思兼命が「コケコッコー」と長鳴鶏の鳴き声をまねると、沢山の鶏は一斉にコケコッコーと鳴きだしました。天鈿女命の踊りがあまりに面白いので、神様たちも「わっははは」「おっほほほ」と笑ったりつられて踊りだしたりしました。

 岩屋のなかの天照大神は何事がおきたのかと、そっと岩戸をあけて外をご覧になりました。
 その時岩戸のかげで待ち構えていた天手力雄命(奥社にお祀りしてある神様)が岩戸に手をかけ一気にガラガラと渾身の力を込めて、岩戸をあけてしまわれ、天照大神を岩屋からお出ししました。

 世の中は再び明るくなり、悪い神々は、にげ去りました。天手力雄命は、また天照大神が岩戸にお入りになってはたいへんと、岩戸を「エイッ」と持ち上げ下界へなげすてて仕舞われました。岩戸は宙を飛んで日本のだいたい真ん中に落ちました・・・・・・。

 この時、天手力雄命が放り投げたのが「戸隠山」であるという
 

とのことですが、天照大神がいらっしゃるから、雪雲に覆われていても天上界から光がくるんかしら?

そして、今回長野で初めて出かけた神社が武水別神社。

ご祭神は

武水別神 たけみずわけのおおかみ(善光寺平の五穀豊穣と、脇を流れる千曲川の氾濫防止を祈る水神様)

誉田別命 ほんだわけのみこ (八幡様・応神天皇)

息長帯比売命 おきながたらしひめのみこと (応神天皇の母君・朝鮮との友好を果たした)

比呼大神 ひめおおかみ (宗像三女神・江ノ島にも奉られている田心姫(たごりひめ) 湍津姫(たぎつひめ 市杵嶋姫(いちきしまひめ)

この神社は諏訪大社を作られた宮大工さんが同じ。

さすが、信州。

そして、この神社は戸隠山から冠着山(かむりき)が見えます。

冠着山は実は。「天の岩戸」で活躍したあの天手力男命が、天の岩戸を背負ってやってきて、この山でひと休みし、ずれた冠着けなおしたところからついた名前だといわれています。

小さな山ですが月が棚田に映り、美しい山です。

私は17年前からこの信州に縁があるのですが、初めて訪れたこの神社。

戸隠と冠着。

やはり、天の岩戸開きが大切なのではないでしょうか。

天照大神は弟の乱暴に嘆いて御隠れになった。

そして、地上は暗闇に。

たくさんの神様方が考え抜いてなんとか天照大神を岩戸からお出しになった。

そして、また地上は輝く世界に

戸隠には鏡池というのがあります。

はい、お気づきですか?

神話にもでてきますよね。

鏡に映ったご自分の姿をみるために岩戸から顔を出されたんですよね。

そして、もうひとつもお気づきですね(*^_^*)

スサノオ(弟)の乱暴に嫌気がさした・・・と神話にありますが、相手は鏡・・・ですよね。

隠れていたのでは、なんも解決になりません。

岩戸を開く必要があるんですね。

新しい年が明け、そして私たちの心の岩戸も開きましょう(*^_^*)

自分の中の岩戸が次々と開いていくと どんどん周りも開いていきます\(^o^)/

さあ、今年も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。