つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

未来へ

過去にとらわれることなく、生きていくのがいい。

今 この瞬間の自分を 生きるのがいい。

未来は 限定されたものではなく 今を生き抜くことで 未来は無限の可能性を秘める。


生きていれば 人は さまざまな経験をしていきます。

よいときもあり、そうでないときもあるでしょう。

八正道・・・常に自分を見つめる作業は必要です。

反省したら そこで留まることなく 上昇のループに乗りましょう。

未来は限定されたものではありません。

今を生ききることにより、未来は無限の可能性を秘めて私たちを迎え入れてくれます。

そして、その鍵を握っているのは まさしく自分自身です。

6月29日(土)大阪 桜ノ宮のリバーサイドホテル3階で午後1時から本当に僅かの時間ですが 講演を行います。

お時間があればいらしてみてください。

この日、私は住吉大社をまわる予定です。

住吉大社は 祓戸大神(はらえどのおおかみ)が鎮座されています。

祓戸大神にお会いしてから、みなさまにお会いします。

6月30日(日)神奈川の相模大野では 午後1時から「本当の自分を生きる」講座Vol,2が行われます。

地球の未来を担うのは 私たちひとりひとり。

600x600xNewImage215_png_pagespeed_ic_Mfe5OWY4Be.jpg


宇宙の運航を担うのは 私たちひとりひとり。

スーパームーンの美しさも

ike_120831bluemoon01.jpg

ブルームーンの愛しさも 

みな正常に星々が運航しているから。。。

私たちの心を 常に まっすぐに 持ち続けていけることを祈りにかえて。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

夏至から先

かくりよの おおかみ
あわれみたまい めぐみたまえ
さきみたま くしみたま
まもりたまい さきはえたまえ

大国主様への祈願祝詞です。

霊障除けにもなります。

夏至をすぎ、関東の出雲さんへ車のお祓いをしていただきました。

本殿で祝詞奏上のとき、すでにたくさんの巫女さん(実際ではなく私が感応しただけ)たちが、車の祓いをしてくださっているのがわかりました。

神主さんは若いけれど 祝詞はしっかりと天と地と人と車へと降り注ぎ・・・。

130623_1321~05

神主さんと車

130623_1320~43

運転席も祓いの儀を。

6月30日は夏越の祓いがあります。

己の罪穢れを祓って またつつがなく生活をする。

天地への感謝。

存在するものすべての命の輝きに祝福と感謝の念で生きることは 古来からの伝え。

人は ひとりで生きてるのではなく、壮大な宇宙の仕組みの中で 自らもまた大切な役割を担って生きている。

ひとつの歯車がかけても 宇宙は成り立たない。

ひとつの歯車が錆びてもかけても地球の宇宙の軸はずれる。

私だけぐらいなら なんていう心を持ったら すぐに修正していく。

それが人としての使命。

あなたには氏名があるでしょう?

それと同じように使命があります。

すべての方に 等しく・・・。 

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

ツインレインボウ

130619_1842~51

おはようございます。

蒸し暑くてへばっています。

でもね、この梅雨の空から贈り物が

虹です。

しかもツインレインボウ!!

ツインレインボウは 陰陽ともいわれ、浄化の意味もあります。

私をこの世界の本当の意味を教えてくださったNさんは 縦の虹は宇宙からのメッセージよ♡と教えてくださったのを すでに10年以上も前になりますが 今も心に響き鮮やかに蘇えります。

1枚目の写真は 山々もオーラを放ち まるで虹の出現を喜んでいるかのように感じます。

特に左側の山は副虹が出現していますが 大いに喜んでいます。

130619_1838~16

ツインレインボウの先には まるで白い羽のような大きな雲。

130619_1843~49

ツインレインボウは宇宙へと向かう。

130619_1839~11

ツインレインボウは地球へと向かう。

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

スパイラル

images_20130619054215.jpg

誰かの悪口を言うのを もうやめようよ。

誰かを排他するのを もうやめようよ。

その方も たくさんの天使に愛されて生まれてきた方。

蔑まれたり、憎まれたり、馬鹿にされるために産まれてきたわけではないことを私たちは知っている。

その方が 道を誤っていたなら 正しい道へと案内していこうよ。

その方が 天国への方向へと向かうように 一緒に向かおうよ。

この時、あなたの心にも私の心にもその方の心にも天使が宿るよ。

スパイラルは螺旋。

上昇のスパイラルに乗っかるのが 私たちの真の使命。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

シンプル

u10158578.jpg

コントロールという言葉を 何度か聞いたことがあると思う。

このブログでも 何度か伝えてきたコントロール。

いらないよね。

すべての方のDNAに仕込まれてしまったコントロール。

自分の都合のために 仕組んでいるコントロール。

これは すでに無意識の中に入り込んでいるの。

これは えらく厄介で 自分の中に仕込んでいることさえ気づかない。

誰かの幸せのために こうした方がいいよ。

そう考えた中に コントロールが入っていることがある。

私の中にもまだまだたくさんあるだろうコントロール。

数年前にこのブログでシェアしたことがあるが それもコントロールの中のひとつである。

もう一度、考えていこうと思います。

それは 娘に関すること。

アレルギーを持っている娘が 部活の帰りに外食してまんまとアレルギーが再発した。

そこで私は まんまと娘に自信ありげに

「ほら、お母さんのご飯を食べないからだよ。おそらくは あなたが食べた鳥の空揚げを揚げた油はエビのフライを揚げたに違いない。外で食べてくるのは禁止!!」

この言葉は 私の言葉です。

この言葉は ある部分、母親としての余計な
心配と愛の言葉ですが、エゴイスティックな心配と愛の言葉です。

この言葉を エゴイスティックと言えるようになるまで大きな難関がありました。

なにしろ、自分は気づいていないのですから。。。

よーく、繰り返し読んでみてください。

日常ありがちな場面です。

しかしながら、そこには母親が娘を自立させたくない、いつまでも自分の言うとおりにさせることで 自己を満たすという非常にエゴイスティックな心が潜んでいます。

これに気づかせてもらったのは ヨガでした。

そして、ヨガのヒーリングの中で 娘や息子を手放せ、心配するな・・というかなりハードなヒーリング(頭結構叩かれました(笑))の中で、なんで娘や息子を心配したらあかんのかわかりませんでした。

しかしながら、もうこのヒーリング勘弁!!というところで、わかりました。

私が コントロールして娘や息子を病気にさせているんだっていうことを(+_+)

そして、ぽいって捨てちゃいました。

すると・・・・・・(笑)

誰もアレルギーにも喘息にもならん!!!!!

私がアレルギーや喘息の正体であったわけで・・・(トホホ・・・)

念波・靈波・神波などさまざまな波動の波がありますが、簡単にいえば どこに波長をあわせますか?っていうことかな。

念波・・・は思いの力。

生きている方の思い。

心配は自分の心を相手にのせてしまう可能性がおおいにあります。

そして、相手を信頼していない・・ということ。

親だからね。

心配はつきもの。

そして、交通事故にあわんかな。

友達にいじめられんかな。。。などなどのせてしまう。

これ、いらないことなんです。

とてもシンプルに単純に 幼き芽は 太陽の光りを浴び、朝露に濡れ、時には風に吹かれ、時には強い雨に打たれ、虫が遊びに来たり、小鳥がやってきたり、地中ではたくさんの生物に出会ったり・・・。

そして大きな大きな大木となっていくんです。

このシンプルさを ついつい見逃しがち。

そして、マイナスの肥料をプレゼントしちゃう。。。

ご相談者の方の中で、高校生の娘さんが 何しろ学校に行けない。

お母さまも 娘さんが心配で 仕事に行くのもやめて大好きな○○さんのコンサートも行かないで娘さんと一緒に家にいる。。。

まずは お母様に月響庵に出てきてくれることをお願いし、そしてそこからお母さまと数か月セッション。

お母さまは まずは ○○さんのコンサートへ行くことができるようになり、笑顔が増えてきた。

そして、仕事も再開!(^^)!

すると、はじめは お嬢様も なんでそばにいてくれないの??

・・・から、学校へ。

そして、大学、就職・・・と歩き出すことができるようになりました。

3年くらいかかったけど、まずはお母さまの・・・そして周囲(家族)からの念波=マイナスのコントロールを手放し、お嬢様だけの魂の課題だけにすることにより、善い方向へと向かうことができました。

また、ここには ご家族が 心配や不安を手放し 相手をコントロールせず まずはご自分が生き生きと生きる・・・ということを選択してくださったおかげさまで その波動が家全体に満ち溢れたからなんですね。

とってもシンプルなことです。

ところが これ親から そして先祖代々引き継がれている負の遺産でもあります。

さて、どちらを選択しましょうか?

複雑にしてしまうか・・・

シンプルにしていくか・・・

私は 小さな芽の人生の道のりを信じる方を選択します。

※間違わないでほしいのは 放任ではないですよ。

しっかり愛を持って その小さな芽とともに 自らも成長していくことです。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

Being

無題

神奈川の出雲大社へ行く道です。

たくさんの玉響(たまゆら)が出雲大社への道にお供します。

私たちの命は 有限ではありません。

私たちの命は 無限です。

Beingは 存在。

すべてのものが Beingです。

義母の49日も無事終了し、日々の暮らしの中でいくつかの気づきがありました。

大地や大気に戻っていく義母の姿の中に真実が見え隠れします。

循環です。
 
私たちもまた宇宙の壮大な循環のシステムの中にあります。

信州の義母の眠る大地は りんごやあんずなどが美しい花を咲かせ実りの時を待ちます。

その花の中に その大地に その大気に 義母が溢れています。

すべての中に満ち溢れ、そしてまた義母も新しいBeingとして生まれてくるのでしょう。

何かを排他したり、評価したり、争ったり、競ったりすることの愚かさを この数日を通してますます体感する機会をいただいたことに感謝です。

花は どの花も美しい。

花は 精一杯 自分を輝かせることに集中します。

薔薇には薔薇の美しさ、百合には百合の美しさ、蒲公英には蒲公英の美しさ。

相手を僻むこともなく、相手に嫉妬することもなく、自分を蔑む必要すらないことを思い出す。

スマップの歌を思い出すといいかもしれません。

癌細胞は 増殖していくと 最後は自らも果てることになります。

それは 上昇のループから 逸脱しています。

自らが どのループを選択するか。

地球が見る夢はなんでしょう。

私たちも地球や宇宙の一部の担い手。

私たちの奥なる内在の力を最大限に発揮する時期です。

出雲に詣でる玉響もまた、地球や宇宙への担い手として真実を知るためにお供してくださっているのか。

この世に不必要なBeing=存在はありません。

不必要なものは ネガティブなマインド=感情=エゴです。

不必要なものを手放し、自分を一層輝かすことに集中していきましょう。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

自然力

free-like-a-bird_2623938.jpg
宇宙(大自然)にチューニングをあわせて生きてみませんか?

私は ここのところ鳥のさえずりとともにあります。

もしかしたら、トム・ブラウン・ジュニアのグランドファザーの生き方をほんの少しばかりかじったからかもしれません(*^_^*)

緑の森や循環する大地、風、光、清流・・・ずべてが自分とともにあります。

(すべての方がそうなんです。)

その中で今は鳥のさえずりがきわだっています。

天地人ををつなげていくとき、自然との直接的なコミュニケーションが生まれます。

天候の変化、動物の動き、雲の形といった環境は宇宙からのサイン=メッセージ。

サインは時と場所によって刻々と変化します。

鳥は新しいチャンスのシンボルともいわれています。

繁栄、新しいチャンス、豊かさ。

これだけ聞いても、なんだかわくわくしてくる。

はい、このワクワク感が繁栄、新しいチャンス、豊かさを引き寄せる原動力になります。

そして、鳥は私たちの旅を護ってくれる役割もあるんです。

旅行もちろん、人生の旅も護ってくれているように感じます。

三本足のカラス=八咫烏(やたがらす)は、高皇産霊尊によって神武天皇の元に遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされているし、サッカーの日本代表も八咫烏のマーク。。。

鳥は不思議ですよね。

もし、お家に鳥が巣を作ったら、収入が増え、家族が繁栄すると中国ではいわれています。

今はツバメが巣をつくる時期!(^^)!

あなたのお家にも巣を作っているでしょうか?

大切にしてくださいね。

我が家の庭には なんとやまぼうしの木に小さくて可愛いジョウビタキの巣があります。

鳥からのメッセージの読み取り方の一例をお伝えします。

ペアの鳥は、あなたの人生に「愛」が訪れる(かもさんに出会えるといいね)

鳥の家族は家族の増加、、家族の結束、そして幸福をもたらす(ツバメさんは まさしく・・ですね!!)

鳥が快活にピヨピヨと鳴いていたら、人間関係が活性化する兆し。

鳥の鳴き声を聞いたら、仕事が忙しくなる幸運のサイン。


青い鳥は仕事での昇進

白い鳥は癒し、回復する兆し。

赤い柄の鳥は、名誉を受ける。

黄色い鳥は思いもしなかった幸運な出来事を。

カササギは新しい友達があらわれる。

タカ、ワシ、フクロウなどは富や幸運。

すずめのような小鳥は良いニュースを伝えてくれる。

おしどりはソウルメイトとの出会い(みんなソウルメイトだけどね。)

カラスは、予知夢や神からの啓示を受けるなど天からのメッセージが来る。

フクロウは人生に大きな影響を与える師匠との出会い。

こんな風にちょっと知っていると、仕事で疲れて耳に入ってこなかった鳥の声や、気づかなかった小鳥の姿が目に入るようになってくるでしょう?

そうしたら、めっけもんです(笑)

それだけで すでに鳥さんたちに癒されちゃっています。

鳥の飛んでる姿を見ているとね~、まるで飛行機です。

間違った!!

飛行機が鳥の姿を真似しているんですね。

自然の姿は科学をリードしています。

さまざまな形は自然を模して作られているんだ・・・と改めて自然を感じていきます。

お皿も 葉っぱから生まれたのかしらと。。。

家も洞穴から?

潜水艦は鯨?

蜘蛛の巣を見ていて網を作った?

なんていう風に自然と親しむと楽しいことがいっぱい!!

寄せては返す波を見ていると、まるで般若心経。

都会もまた自然の一部。

都会の中にあってもまた自然と融合し、魂の純化をはかってくださいね~!!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

あなたが今日も豊かで幸せな一日を過ごせますように!!




 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

明神から信州へ

130601_0719~01

6月1日は義母の49日。

信州に向かう山梨での富士山の写真。

ふと見ると、大きな翼のように雲がたなびき、まるで空が義母を迎え入れてくれているかのごとく。。。

四十九日まで
 秦広王 しんこうおう  不動明王  初七日(七日)
 初江王 しょこうおう  釈迦如来  二七日(十四日)
 宋帝王 そうていおう  文殊菩薩  三七日(二十一日)
 五官王 ごかんおう   普賢菩薩  四七日(二十八日)
 閻魔王 えんまおう   地蔵菩薩  五七日(三十五日)
 変成王 へんじょうおう 弥勒菩薩  六七日(四十二日)
 泰山王 たいざんおう  薬師如来  七七日(四十九日)

七日ごとのご供養は魂の故郷へ戻る義母を現世にいる私たちが応援するもの。

薬師如来に導かれて無事、魂の故郷へ。

和尚さんのご説法の中で、どんなに家族がたくさんいても どんなにお金があっても どんなに名誉があっても この旅はひとりで向かうもの。

それを応援しましょう。

そして、その応援の中には 現世にいるものが正しく生きることも大切なんですよ・・・と。

またこの期間、さまざまな神様方に巡り合うそうですが、善人といわれている人もそうでない人もみな、善いことそうでないことをして生活してきた。

それを神様方とお話して魂の故郷へと旅立つと話してくれました。

6月1日から義母は仏となり、また空の上で修業を積んでいくのでしょう。

このご法要の時に面白い現象がありました。

義母が

「ごめんなさい。ごめんなさい。....」

と何度も話しかけてきます。

いえいえ、義母さんが空の上で修業をまた積んで魂の向上をしてくださることが現世での私たちの幸せ。

現世にいる私たちが魂の向上をしていくことが空の上の住人の方々の幸せ。

本当に表裏一体ですね。

現世はうつしよ。幽世と裏返しです。

お互いに精進していくことがよいのでしょうね。

130531_0517~52

さて、5月29日から31日まで足柄の明神が岳へ行ってきました。

あいにくの梅雨いりでしたが、雨が降ったりやんだりの中、登ってきました。

足元のツワブキには地上にの星。

雨のお蔭で美しい。



130531_0444~26

足柄の木々が迎えてくれます。


130531_0519~27

登頂の朝4時過ぎ、鳥たちがものすごくたくさんおしゃべりを。。。

雨がしとしと降っているにもかかわらず。。。

そして、周囲にはたちこめるような花の香り。。。

ところが花がない。。。

この香り、知っています。。。

神奈川の出雲大社で やはり花がないのに香っていた。。。

聖なる香り・・・ていうやつかな??

真偽のほどは わかりませんが幸せになってしまいました。(単純なので・・)

130531_0516~58

最乗寺を抜けて明神が岳ではすでに雨と山道(雨降りだけど蒸し暑い)でくたくたになりながらも登頂を満喫。

芦ノ湖は見えなかったけど心は快晴(*^_^*)

下山して迎えてくれたキャンドルのような花のつぼみ。

どくだみの花のつぼみですが、美しいと感じました。

自然は本当に素晴らしい創造物。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。