つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

朝に

朝、家の外にでると

「ビービー」と鳥の声。

庭につがいのジョウビタキの姿が。

1じょうびたき

シルバーブラックの頭を白髪に見立て、翁を意味する尉(じょう)という文字。

鶲のヒタキは火打ち石をたたくような声から火焚き(ヒタキ)。

大磯に越してから初めて出会った訪問者でもある彼らにまた出会えたのが嬉しい。

そして、今回はつがいである。

鷺

彼らの姿を追っていると、頭の上を見慣れない大きな鳥が!!

鷺である。

シャッターを切るのが遅く、姿は小さくなってしまったが、足を綺麗に伸ばし家の上を越えて西の空へ向かっていった。

川でよく見かけるが家の上空を飛ぶ姿は初めて。。。

鷺の優雅に飛ぶ姿に感激した。

(鶴じゃあないよね・・・なんて思ってしまうほど美しかったです。)

そして富士

そして今朝は富士山にもお会いできました。

よいことが起きそうなやさしさに自然に包まれた朝。


先日、ちょいと呟いた富士山。

富士大橋を渡ったとき富士大橋のプレートが朝日に反射していて、思わず富士を探してみたけれど、その日の富士は雲隠れ。

それでも富士山はあの方向にある・・・ということを知っている。

それは実際にあることを知っているからだ。

でも、富士山を見たことがない・あちらの方向に富士があるのを知らない方ならどうだろう。

おそらくは眉唾もの・・・と思うだろう。

その時、伝える側は確固たる軸を持っているから知らない方へ揺るぎなく伝えることができる。

真実を掴む・・・ということはそういうことだ。

愛を見た方は誰もいない。

でも愛はあることを知っている。

私は小さい頃、目を覚ますと母親のオーバーの中にいた。

東海道線の藤沢駅、プラットホームのベンチ。

そこで母親は私が寒くないように、そして目が覚めないようにそこにいてくれた。

オーバーを着ているから、おそらくは相当寒い冬のこと。

家に早く帰りたいと思う心を越えて子を思う心には感謝しかない。

まだ幼稚園にも行っていなかったかもしれない。

今もオーバーのぬくもりと母親の子への愛を感じている。

誰しもが 持っている温かい愛情を感じる心。

その温もりをいつ表現するのか。

今、この瞬間 私にもあなたにもできる私心を越えた愛。

世界中から戦争と銃器がなくなりますように。

そして科学が有効に使用されますように。

誰かを傷つけるために発展するのではなく、誰しもが幸せになるように発展しますように。。。

たくさんの愛をこめて。。。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

エンジェルカード講座のお知らせ

320x320_rect_3261376_2013103005222964d.jpg

エンジェルカード講座のお知らせ

エンジェルカードマスター養成講座第5期生養成講座を開催します。

正式名称は エンジェリック・ヒーラー養成講座です。

この講座はアンジェラ・ハートフィールドさん(ドリーンバチューさんの片腕)からの流れで、天使からのヒーリングや天使のヒプノセラピーも入っています。

講座終了後は認定証も発行いたします。

エンジェルカードマスターとしてすでに活躍されている方や日々の生活でエンジェルたちと交流を楽しみ活用されていらしゃる方などこの講座はおすすめです。

天使たちは 私たちからのアクセスを待っているのを感じる講座です。

天使からのメッセージは優しくまたポジティブにあなたを導きます。

講座は3回ですが 内容が多いので4日間になることがあります。

ひと月に1回のペースで行う予定です。

ベーシック3万円(11月4日)

アドバンス4万円(12月初旬)

マスター5万円(1月)

後半は 神様カードや神託カードなどを使用し 天使の枠を超えてオリジナルのカードセッションやペンデュラム・水晶などを使用して講座を展開していきます。

アドバンスで使用する水晶はプレゼントさせていただきます。

※コースを修了するためには レポートの提出も必要になります。

天使って、本当にいるの?

そういう疑問も解けるかもしれません。

天使からのポジティブアンサーは きっとあなたを幸せな道へと導いてくれるでしょう(*^_^*)

初回はArchangel Oracle Cardを中心にカードのベーシックを学んでいきます。

お持ちになっている方は 持参してください。

ない方は ご連絡いただければ 少し用意があります。

※1期性・2期生・3期生・4期生の方のご参加をお待ちしています(*^_^*)参加費は3千円です。
3期生の方々と一緒にカードセッションをしてスキルをあげていきましょう。
次第にカードに触れなくても状態が天使さんから届きはじめます(*^_^*)


お申込みはブログのメールフォームから・moohibiki-123123@ezweb.ne.jp もしくはコメント欄にチェックをいれて管理者のみ閲覧にしていただけると幸いです。

場所  :上鶴間公民館

時間  :10:00~15:00

アクセス:小田急線相模大野駅下車徒歩15分

住所  :相模原市南区上鶴間本町7-7-1




今後のエンジェルカードの運びについて(*^_^*)

無料体験講座を開催していく予定です。

講座を修了したマスターたちと一緒にエンジェルさんたちを感じていただく講座を行います。

楽しみにおまちくださいね。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


ここのところ、鳥たちのさえずりがふっと耳に入ります。

そんなとき、心がやさしく包まれます。

そしてこの歌が・・・♪

みなさまも優しさに包まれますことを祈って♡

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

ハート

971615_42384730_20131029053958e9d.jpg

内なる声と話をする。

内なる我=真我でもある。

私:世界中のすべてが平和とハーモニーを保ち共存して暮らすことはできるのだろうか。

内なる声:すべての存在がそれを望み平和とハーモニーの世界が実現しない理由は何か?


内なる声の言葉に打ち震える。

自らの資源の小ささにもしくは現世で自分に被害を与えそうな部分に偽りの行動をとっていなかったか。

あまりにも大きな目標に押しつぶされてしまうのではないか。

また、いくつかの冷笑的な外からの声と内からの声。

「それやると、失敗するよ。現実的になれ。あなたにその力はない。」

内なる声に関しては 真の内なる声を見誤らないようにしてく必要がある。

人には内なる声と偽りの内なる声を区別する能力がある。

みなそれを理解しているが偽りの声を選択する場合も多い。

冷笑的な声・・・靈症的な声です。

エゴめちゃかぶっています。

真我が望むものは 家族、隣人、社会全体として人類にとって貢献すること。

内在する魂は偉大であり尊い。

内在する魂を認めたか。

内在する魂にそっぽをむいたか。



内在する魂はすべての方の胸の中にある。

しかしながらみな思考を優先し、目先を優先し、内在する魂に対して無視する。

胸で感じる。

腹で感じる。

すると身体全体が宇宙とひとつになり愛そのものになる。

愛とはそのようなもの。

愛に触れると生きとし生けるものすべてが愛しく祝福に満ち溢れる。

地球を宇宙をハートで包む心で生きていきたい。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

あなたにたくさんの愛と祝福が注ぎますことを祈りにかえて。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

本当の自分を生きる

9521273-abstract-background-or-texture.jpg

晴天の神奈川

主月先生はじめ、たくさんのみなさまの祈り感謝します。

神奈川での講演が3回を迎え、みなさまが愛に包まれてこの3回目の講座を受講されたことに感謝します。

そしてあらたに、今回 台風は北上したものの地震が起きました。

この時、主月先生のワンド(天と地を繋ぐツール)がポキっと折れたそうです(ーー;)

一言でいえば、愛がたりなかった~!!

そして主月先生はお見通し。。。

祈りに対して ひとりひとりが全心で向かっていないこと。。。

祈りは この日 なかなかグリッドが組めなかったり、祈り方がわからないかたは主月先生に愛を贈る・・・という方法で取り組みました。

なのにワンドが折れた・・・ということは。。。

古神道でもレイキでも気功でもなんでもそうですが、さまざまなエネルギーの形をエクササイズします。

この時、恨み辛み怒りのエネルギーより、愛のエネルギーの方が数段強い・・・ということを体験します。

つまり、自分の心の中に

「まあ、これくらいでいいか」

っていう気持ちがなかったかどうか。。。

あるんだなあ・・・これが。。。

主月先生は 全身全霊でエネルギーフィールドを広げて祈っていらっしゃるとき、一緒に祈っているものがこれでは あかんです。

ごめんなさい。

自分がめちゃくちゃ甘いのは わかっていましたが 実に情けない限りです。

地球や宇宙と繋がっているのは 昨日のブログの絵を見ていただければわかるかと思います。

ヨガを富士山麓で行っているとき、ものすごい雨でした。

地方からもいらっしゃっている方もいて、富士が見たいのに残念…と思いながらヨガをしていました。

そこへ 雷と嵐の名前を持つ先生がいらっしゃいました。

スマートでかっこいい先生です。

その先生が空へ氣を飛ばしました。

すると雨雲は消え、富士山が現れました。

みな感動です。

しかしながら、天候を左右するのはいかんせん自然の摂理に反しますから すぐに氣を戻されました。

すると、また富士山は雨雲の中へ。。。

私たちは 本当に自然とともにあります。

美しい自然を真に愛していたら、穏やかに気象状況も変化していくでしょう。

自分だけが幸せならいいや・・・って思って生活していても すべては循環しています。


さて、山形から連絡がありました。

会社の社長さんです。

繁栄符や先祖供養など、その時々に合わせてご連絡いtだき、龍生九子などのブレスレットもお送りしています。

いつもそのタイミングは会社やご家族の状況と合致して、改めて天地の采配に感謝します。

今回は龍生九子のブレスレットができた瞬間に連絡が入り、ちょっと会社の状態が振るわず四苦八苦していたところ、大口の仕事がポンと舞い込んだ・・・というお知らせでした。

この会社の社長さんには 実は和合符も持っていただいています。

大切なのは さまざまなすべての方々が弥栄であること。

相手を蹴落として自分だけ・・・では、まわって来ないんですね。

徳分が積まれた分、そこに弥栄が降りてくるんです。


このことは 主月先生の今回の講演でも(毎回かなあ・・・)、伝えらています。

自分だけ幸せになる・・・ではなく、それを広げなさいって・・・。


写真は ヨガで天上界から降り注ぐ光を見たときに似ているものです。

実際は七色でした。

目を開けていて見えたものです。(修練は外国で行いました。)

天地は常に愛を贈ってくれています。

それに答えず、見向きも感謝もなく生きている自分にはっと気づきます。


見た・体感した・・・それでもなおなおエゴチック(+o+)

はっと気づかせてくださった主月先生、そして一緒に参加したみなさま、そして今回来られずとも実際に行動をされていらっしゃるみなさま、そしていつも読んでくださっているみなさまにたくさんの感謝と愛をこめてありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

今を生きるために

先日のブログでもお伝えしましたように、主月先生と祈りを行いました。

今回は講座に参加されたみなさまも一緒に祈りを行いました。

主月先生はグリッドを組み、祈りを行われました。

おそらくは 多くの方が台風が無事通過するように祈られたと思います。

台風はおかげさまで、無事北上しました。

祈りは通じると私は信じています。

気功やヨガ、瞑想やレイキ、メディカルインテュイティブ等の修練の中で雲消しをすることがあります。

雲が消えることは自然へ失礼にあたりますから、奢ることなく最小限の修練をします。

今回は台風の発生を消すのではなく、海上を北上するように祈りを組みました。

主月先生は 自然とも会話されるのですでに27号は問題ないよと話されていましたが今回の祈りでは27号28号の台風への恐怖をお持ちの方もいらっしゃり、逆に引き寄せてしまうことにもなりかねず、恐怖の波動値を大きく超えた愛を贈る祈りとなりました。

グリッドは結界です。

theologue_20131026191533383.jpg>


写真のシステムを掴めばわかるかもしれません。

私はこの日、ちょうどアイヌの紋様を調べていました。

アイヌの紋様は、魔除けの意味があります。

そして出会ったのはパワーの紋様。

この紋様はレイキにも非常に酷似している。

モレウ(渦巻)というものです。

モレウ>モレウ2

自然の息吹を内蔵しているこの文様は風や川の流れ、木々のツルから生まれたといいます。

モはゆっくり 

レウまがる

渦文には「力」「パワー」という意味があるそうです。

力がそなわるようにという思いがこめられています。

IMG_1574.jpg


オーストラリアの原住民であるアボリジニも似たような絵画を持っています。

広大な大陸の旅路とその生活をつなぎ合わせた地図のようなものであり、その文様のひとつひとつに意味があります。

たとえば、蛇行した線は川や砂漠、同心円はキャンプや泉、波状文は蛇や道、矢印やEは動物の足跡、くの字はブーメラン、男。Uの字は座っている人などです。

これらの記号がつなぎ合わされ、壮麗な点描によって一枚の絵画が描かれます。

アボリジナルアートは一見すると抽象絵画のようですが、内実は重要な意味を含むもので、創世神話や自然崇拝、精霊のメッセージを伝えています。


エネルギーはすべての民族を越えて等しく流れているのだと改めて感動していました。

エネルギーにブロックをかけるのは 人の心でしかないなあと。。。

ブロック手放していきたいものですね。

さて、今回は主月先生からのメッセージ。

主月先生は祈りに先駆けて、月読神社、子之神社、琴平神社へご参拝されました。

そして豊受大神で世界中を満たすようにと話されました。

止由気宮儀式帳より。。

雄略天皇の22年、天照大神が天皇の夢枕にたった。

『私は高天原にいた時に、求めていた宮処に鎮まることができた。

しかし一所に居るのはまことに苦しい。

大御食を安らかに召し上がることができない。

丹波国比治の真奈井原から止由気大神(=豊受大神)を迎えて欲しい』

天皇はたたぢに、山田原の地に立派な社殿を営み、豊受大神宮をお迎えして祭祀した。

古事記より。。。

伊邪那美神がみまかった時に産まれた和久産巣日神の娘。

天孫降臨の際には、この神が邇邇芸命に付き従って、地上に降りられた。

丹後国風土記より。。。

比治山の頂上に真奈井という井戸があり、ここに天女が8人やってきて、水浴びをしていた。

その時、和奈佐老夫、和奈佐老婦という老夫婦が、ひとりの天女の衣を隠してしまった。

このため、天女は天に帰ることができなくなり、やむを得ずこの夫婦の娘になった。

この娘は酒を造るのが上手で、その酒は高く売れ、老夫婦は金持ちになった。

すると老夫婦は娘がもう邪魔になってしまい、追い出してしまった。

娘は悲しんでその村を去り、やがて奈具の村に至り、そこで暮らすようになった。

この娘が豊宇賀能売命である、

羽衣伝説にも繋がる話です。

天女が作る酒は延命長寿の氣もあったとあります。

しかしながら、老夫婦の話は今もあてはまるかもしれません。

伝承は大切に教えとして受け取っていきたいものです。

また、豊受大神は伊勢神宮では外宮にいらっしゃいますが、天照大御神と対面して食事をされていると言われています。

五穀豊穣の神であられるとともに、心の豊饒さも譲り受けたい神様ですね。


※本日、おかげさまで無事講座を迎えることができました。

13:00より東林公民館です。

お気をつけていらしてください。

お待ちしています。

tourin_map_2013101805283521f.jpg



月読神社:月讀尊は天照大御神の弟神・

月讀尊:『日本書紀』(元正天皇養老四年<720>奏進)上巻に、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)2柱の御親(みおや)神が、天照大御神をお生みになられ、次に月讀尊をお生みになられ夜之食国(よるのおすくに)をお治めになるようにと、ご委任になられた。

皇大神宮の第一の別宮である荒祭宮(皇大神宮神域にご鎮座)に天照大御神の荒御魂がまつられ、豊受大神宮の別宮多賀宮に豊受大御神の荒御魂がまつられておりますように、月讀宮にならんで、月讀尊荒御魂がまつられている。

荒御魂とは、神様の御魂のおだやかな御姿を「和魂(にぎみたま)」と申し上げるのに対して、時にのぞんで格別に顕著なご神威をあらわされる御魂のお働きを「荒御魂(あらみたま)」とたたえます。

伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮におまつり申し上げる伊弉諾尊、伊弉冉尊2柱の神は、大八洲国(おおやしまのくに)=日本の国土及び山川草木をお生みになられたのち、天(あま)の下(した)の主(きみ)たる天照大御神をお生みになり、つづいて月讀尊をお生みになられた2柱の御親神である。

子之神社:大国主命は181人の子供を持っているとされる。大和の国が弥栄であることを願うことは子孫を残すことでもある。

琴平神社:大神神社の祭神、倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)。『出雲国造神賀詞』では大物主櫛甕玉という。大穴持(大国主神)の和魂(にきみたま)であるとする。別名 三輪明神

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

白髭神社
白髭神社の夜明けから

生まれる

明日生まれる

今日生まれる

昨日生まれる

何を選ぶ???

今日生まれることを選ぶ・・・でしょう。

何を戸惑う?

何を感じてる??

何に怯えてる???

そうなんだ・・・。

可哀そうだったね。

わかったよ。。。

誰かに裏切られること・・・。

誰かに叱られること・・・。

誰かに悪口いわれること・・・。

今まで本当に大変だったね。

もう幸せになろう。

なににも怯えないで生きていいんだよ。

私は私。

あなたはあなた。

それが素晴らしいことなんだ。

誰かの評価を気にしているとき、自分は小さくなるよ。

大きく羽ばたいていいんだよ。

胸をはっていいんだよ。

ごらんよ。

鳥は胸をはって大空を駆け回るよ。

胸をしぼませた鳥はいないよ。

大空は君のものだ。

大空は私のものだ。

自由に羽ばたいていいんだよ。

足かせ手かせをはずして、肩からリュックを降ろして・・・。

なんて自由で愉快な世界なんだろう。

生まれた時の環境に縛られるな。

育った時の環境に縛られるな。

人生は自分でデザインできるんだ。

自分の人生を自分で描いていこう。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

本当の自分を生きる

131018_1027~33

本当の自分を生きる

講座の再掲です。

10月27日(日)東林公民館(小田急線東林間駅)で午後1時から講座が開催されます。

tourin_map_2013101805283521f.jpg

台風に関しては現在、主月先生とこの日を迎えることができるように祈っています。

そしてできることなら各地の被害も軽減できるように祈っています。

藤原の効果も起き、ふたつの台風により経路はいかようにもなりますが、愛をこめて穏やかに台風が過ぎていくおとを心願いたします。

10月27日にご参加される場合は 森野羽菜までご連絡ください。

(メールフォーム及び、moonhibiki-12323@ezwebne.jpまでご連絡ください。追って詳細をお知らせいたします。)

今回の講座に向けて、主月先生が大神宮ご参拝をして祈願をしにいらっしゃいました。

面白い話が聞けそうです(*^_^*)

東京大神宮

御祭神

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
伊勢神宮の内宮の御祭神。国民全ての祖神

豊受大神(とようけのおおかみ)
伊勢神宮の外宮の御祭神。農業、諸産業、衣食住の守護神

【造化の三神】

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

神産巣日神(かみむすびのかみ)

倭比賣命(やまとひめのみこと)
天照皇大神に仕え、その御心を人々に伝えた天照皇大神の御杖代



この講座の主題は 本当の自分を見つけることです。

本当の自分・・・って。。。

本当の自分はすごいやつです。

ブロックしているもの

それを手放します。

ブロックの中には 絶対手放したくないものがあります。

だって人や環境のせいにしていれば楽だから。

でもね、主月先生はいいます。

それ手放した方が もっとずっと楽で楽しい。

手放すことに葛藤している間は辛い、だって今までと違う目覚めた人生だから寝ている自分を起こすわけだからベッドで寝ていたいよね。

でも、起きたほうが青空や虹に出会えるよ(*^_^*)

一緒にベッドから飛び起きて、青空や虹を見に行きましょう(*^_^*)

130619_1842~51
(写真は雲の隙間から現れた縦の虹)

さて、ご報告。

一番上の写真は出来上がったシルクスクリーンTシャツを着てくださっている高校生です。

おかげさまで文化祭に間に合いました。

本来なら、黒字に金であるところ白でプリントになりました。

150メッシュ(シルクの布の粗さ)を通す金色のインクを手に入れることができなかったからです。

また、黄色や赤なども布地に染み込み、発色が悪い。

まだまだ研究の余地はあるようです。

白を黄色や赤に混ぜ込むと(インクは混色できる)、少し浮き出ます。

黒地の布・・・というところがネックになり苦労しました。

次回は白地のTシャツでチャレンジする予定です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

存在

img013.jpg

あなたがいることが嬉しい。

あなたに会えたことが嬉しい。

わたしがいることが嬉しい。

あなたに会えた私が嬉しい。



私は人々の暮らしを見るのが好きです。

公園で親子が遊んでいる姿。

工事をしてる人々。

八百屋さん、魚屋さん、お菓子屋さん・・・。

今ではなかなか見ることが少なくなったけど、ほうじ茶をいっているお茶やさん・・・。

買い物をする人々、洗濯をしているお母さん・・・。

人々の暮らしを見るのが何故すきなんだろう。。。

生活する姿が何故好きなんだろう。。。

それは   たぶん   人々が生活を営む美しい姿に惚れているのだろう。

今日もまた命をいただき、そして日々の暮らしを営む。

美しいと思う。

この美しい営みが永遠に続きますように。




写真は友人から送られた2枚目の写真。

台風の過ぎ去った朝の写真です。

神奈川県の秦野の奥のみくるべという町。

あなたにも幸運が訪れますように・・というメッセージと一緒に送られてきました。

くっきりとした虹(幸運)

雨上がりの虹(運勢上昇)

虹色に輝く(好転)

二重の虹(大吉兆)

ハワイでは二重の虹は、幸運の虹と言われているそうです。

頻繁に見られるものではなく、ラッキーなことと言われています。

二重の虹を見た人は、幸せになる!願いが叶う!などと言い伝えがあるそうです。


台風の当たり年ですが みなさまの幸運を祈りつつ・・・。

たくさんの愛をこめて。。。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

信頼

wallpaper-rainbows-photo-07.jpg

朝、目が覚めて車の運転を開始。

箱根の山を眺めながら自分を見つめる。

長い間ヨガをやってきてヨガは身体だけではなく心がヨガであることをしばしば思う。

心がヨガとは 心がヨガの身体のように頭がヨガの身体のように柔らかく柔軟である・・・という意味である。

身体が柔らかくても心や頭が固くてはヨガの本質はつかめないかもしれない。

そんなことを考えながら、運転している間に真我(しんが)を思い出した。

ヨガで知りえた本当の自分である。

私たちの意識は常にあちらこちらへと意識が離散している。

なにかをしていても別のことに意識が向けられていることさえ気づかないかもしれない。

また、本当の自分は宇宙と繋がるものであるが、顕在意識の自分はそれこそエゴチックな現象に振り回されている。

一喜一憂の中にあるエゴチックな自分に常に寄り添い見守る本当の自分・・・それが真我である。

どの方も持つ真我であるが、なかなかその存在に気づかず外に求め真我を無視し続ける。

その真我と会話するチャンスをその日の朝、いただいた。

自分を信頼する。

なにより、他人に求るのではなく自分。

自分を信頼して行動するとき、他も信頼できるでしょう。

あなたが年齢や国籍や学力や体力に固執するとき、あなたはあなたを信頼していない。

あなたがあなたを見くびっている。

あなたがあなたを信頼するとき道は開けるよ。


そうなんだ。

忘れていた。

自分だ。

自分の可能性を限定するのは自分でしかない。



そして、昨日のことあるプロジェクトを動かすために市役所や某所を訪れた。

動いた。

いとも簡単にすべてがシフトする。

予算もつく。

来年一気に動かしだす。

眠ってはいられない。

自分への制限を解き放ったとき、虹が架け橋となる。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。 
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

「本当の自分を生きる」講座

o0500037512577908720.jpg

「本当の自分を生きる」講座

期日:10月27日(日)

時間:午後1時~

場所:東林公民館2F茶室(小田急線 東林間駅下車7分)
   相模原市南区相南1-10-10

講座費:2万円

tourin_map_2013101805283521f.jpg



この講座は講師の方をお呼びして行っています。

講師の方は 主月(しゅげつ)先生です。

主月先生とお話していると、時折 甘い花の香りがします。

花もお香も見当たらないのに。。。

この香りは 出雲大社や白山神社でも体験したことのある香りです。

主月先生は 愛 でいっぱいです。

愛にはいろいろあります。

先生の説く愛は地球との共同創造、そして宇宙へと広がっています。

私たちが生きていくとき、バランスを保ちながら存続し繁栄していくこと。

私たちが共通に持つ認識や価値観、科学、そして現実世界へそれらの力が現れる。

私たちの内的世界・・・は外界に現れる。

内的世界は 心です。

外的世界は目の前に現れる世界です。

さて、今回は

「タケミカズチと弘法大師の声」

を主題に講座が展開されます。

初めてのご参加の方でもどうぞご連絡ください。

このブログのメールフォームもしくはmoonhibiki-123123@ezweb.ne.jp 森野羽菜までご連絡ください。

コメント欄からも受付いたします。


1374050_347967118672245_1489070522_n.jpg

996936_347967188672238_2108195117_n.jpg

16日の朝の写真です。

一枚は私の大好きな椎の木が朝日に輝き、ピンク色に輝いています。

もう一枚は友人と一緒に見た虹。

友人が幸運が訪れますように・・・と、送ってくれました。

皆さまにも幸運が訪れますように♡

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

魔笛から

DieZauberfloteHD2.jpg

茅ヶ崎、行ってきました。

オーケストラピットのすぐ目の前の席。

プラハ国立歌劇場管弦楽団がチューニングが始まり、すでに胸が熱くなってきました。

その中にチェレスタもあります。

パパゲーノの音を出します。

ピアノに似た楽器、初めてみました。

ピアノ・オルガンに似ているけど中は鉄琴らしく、チャイコフスキーのくりみわり人形の中の金平糖の踊りでも使用されています。

なにしろ可愛い音です。

オーケストラピットは場所に制限がるので最少のオーケストラですが、感動の音を響かせてくれました。

魔笛が始まる前から、琥珀色の光りの中のオーケストラに夢中になりました。

そして、初めに三人の少年たちが魔笛と鈴をテーブルに置いて舞台が始まりました。

私は「三種の神器」?に見えてしまいました。

あらすじはザラストロから娘をさらわれた夜の女王が王子に救出を頼む・・・のですが、実はザラストロの方が賢者であったというもの。

王子(タミーノ)は、心をきれいにすることができなければ、王女(パミーノ)を救い出せない・・・といういくつかの試練を潜り抜けていくという設定です。

当時のフリーメイソン的な思考もかなり出ていましたが、みなが心をきれいにし強い意志があれば平和がやってくるのだ・・・ということを何回も歌により響かせていました。

その心を護ってくれるのが魔笛であり、鈴。。。

やっぱり三種の神器のような感覚です。

このオペラ鑑賞は家人からの誕生日プレゼントだったのですが、心をきれいにし強い意志があれば平和がやってくるのだ・・・って、それを音と一緒にプレゼントしてくれたようで。。。

色々、家ではやりとりしていますが、魂は包括しているんですね。

あるがままを受け取って愛を渡そう。

魔笛を鑑賞して魔笛の魔法のおかげでおだやかな心になりました(*^_^*)

復讐の炎は地獄のように我が心に燃え・・・と夜の女王(ソプラノ)によって歌われるアリアではコロラトゥーラが素晴らしく、ブラボーの声とスタンディングベーションも起き、夜の女王を演じたヤナ・シベラさん、涙ぐんでいるのがわかってしまいました。

夜の女王の心は 誰でもが持ちやすい心。

復讐を娘がザラストロにしなければ、縁さえ切るぞ・・・と迫る迫力でした。

本物の愛ではないものは、真実の愛に勝らない。

すべての方に見ていただきたい。

私も含めて実行してほしい。

モーツワルトの最晩年に作られたこのオペラ。

今も必要な題材ですね。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます、
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

音の世界

2013-0425-1406_0.jpg



モーツァルトが全人類にあてた最後のメッセージが、伝統の力によってよみがえる!

モーツァルトのオペラは、過剰な情感にひたることもなく、人類にとってまさにコスモポリタン的な内容をもっています。
 
今回のプラハ国立歌劇場による演出は、一切の手を加えることなく、当時の演出もかくありなん、ありのままの『魔笛』。


指揮:リハルド・ハイン/ズビネク・ミューレル
演出:ラディスラフ・シュトロス
出演:プラハ国立歌劇場管弦楽団・合唱団・バレエ団

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~あらすじ~
 
昔むかしの架空の国。道に迷い大蛇に追われた王子タミーノは、3人の神秘的な侍女に助けられる。

そこに登場した夜の女王から、さらわれた娘のパミーナを助け出して欲しいと頼まれたタミーノは、陽気な鳥刺しパパゲーノや三人の童子と共に、冒険の旅に出る。
 
パミーナをさらったというザラストロの神殿に着いたタミーノは、さまざまな不思議な体験をし、経験を重ね、試練を積むうちに、じつはザラストロこそが徳の高い人物だということが分かる。

真実を暴露されてしまった夜の女王は逆襲に出るが…。(茅ヶ崎市民文化会館より抜粋)



ということで、これから茅ヶ崎市民文化会館に行ってきます。

プラハの魔笛を湘南で。。。

音の世界で癒されます。

この講演は夏前から楽しみにしていたものです。

音楽は心地いいかそうでないかしかわかりませんが、パパパ・・・であらわされる音階に家の中が小鳥だらけになったような感覚が好きです。

楽しんできま~す!!



Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

第13回全国障害者スポーツ大会

PK2013101202100110_size0.jpg>東京新聞からお借りしました。

全国障害者スポーツ大会第13回が昨日から14日まで開催されています。

場所は東京都調布市にある味の素スタジアム。

(都内のさまざまな場所で競技は行われています。)


自閉症の障害を持つ陸上選手の北村亮太さんは四百メートルは51秒89。

国内最速です。

命が弾ける。

今を生きる。

この瞬間を生きる。

彼らの素晴らしい瞬間を応援してください。

感動に胸が打ち震えます。

彼らの中からパラリンピックへの出場者も出てくると思います。

世界に羽ばたいていきます。

障害が障害でなくなる。

美しい瞬間に出会う時。

この時、自分の持つ心の障害がくだらない、つまらないことを再び思い起こすきっかけとなるかもしれません。

生きていること。

走れること。

泳げること。

息ができること。

そんな素晴らしい自分を表現せず、しぼむ必要があるのだろうか。

命を謳歌し生きていきたいですね。

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

レインボウ

KIMG0064.jpg

ほんの一瞬の出来事です。

虹が現れ、すぐさま消えました。

それでも希望は失われていない・・・という感覚を覚えました。

実は昨晩は 私は家人と真摯に話す・・・という状態にありました。

私の中の真実は家人にとっては まったくもって迷惑極まりない。

それでも食い下がりました。

ひきません・・・私(笑)

だって、見つけてしまったものに嘘をつけませんから。。。

家人は 普通に暮らすことが一番。。。

もちろん、私とて普通に暮らしているつもりです。。。

ただ、真実と向き合っているだけのこと。

戦争は自分のプライドや権力や支配欲、お金によって動いているだけのこと。

そして、それは私たち人もまた隣人へ行っているつまらないもの。

それは手放すべきこと。

家人もまた若き日にはこのような志(こころざし)でいたのに、今はつまらない感情に生きることに対してつっかかりました。

命は天地から与えられたもの・・・。

その命が 年を経るに従いさまざまな経験を余儀なくされる。

当たり前のことです。

私には二人の母がいます。

一人は私のお母さん。

もう一人は家人の母です。

その二人の生き方は まるっきり正反対。

その二人の母の生き方は 私にたくさんの教えをいただきました。

竹を切ったようなような生き方。

そして、最後まで執着して生きることを望む生き方。

そのどちらも素晴らしいとしかいえないと、今思っています。

介護されようとも介護されずともどのような生き方でも生を全うする生き方。

それが大切であると家人に伝えました。

家人は反論します。

自分の命は自分で見限る。

違うでしょう。

今生きる・・・そこにすべてをかけるべきでしょう。

歩けなくなったとき、歩けなくなる視点で生活をしたらまた視野が広がる。。。

今日から障害者スポーツ大会が始まりました。

私のかつての教え子も参加します。

東京の味の素スタジアムです。

命を弾(はじ)けさせます。

到底、私ではたちうちできない命を弾けさせます。

常に弾けること。

年をとろうが、歩けなくなろうが、目がみえなかろうが、耳が聞こえなかろうが、内部障害があろうが・・・。

命がそこにあります。

自らの命を たとえ、なにがしかの大会に出ようが出まいが関係ありません。

今、自分が自らの命を弾けさせているかどうか。。。

それが大切だと思います。

温暖化の進む中、今世紀に生きる方の生き方が地球の未来を担います。

今世紀半ばには82㎝水位が上昇し、千年たつと7メートル水位が上昇すると新聞にありました。

千年後も万年後もこの美しい地球を残していきたい。

今朝、犬と散歩していると紫色の花が咲いていました。

植生を考えてしまいました。

10月を過ぎても真夏日を迎えている日本。

この花はずっと日本に咲いていてくれるのだろうか。

そして、美しい山々の緑。

このような天候の変化についていけるのだろかと。。。

ひとりひとりの意識が大切。

今まで私たちを支えてきてくれた地球。

恩返しするときが すでにきています。





この瞬間に心を変化させる。

変化することは 容易(たやす)いです。

変えればいいだけだから。。。

それを戸惑うのはエゴ。

エゴと仲良くするか さよならするか。

地球を母として生まれた私たち。

地球を大事にしたい。

隣人に祝福を伝えていきたい。

まずは家人からか。。。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

生きる

生きる   
                            
谷川俊太郎




生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そしてかくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ



人は愛するということ


あなたの手のぬくみ

いのちということ



Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

思い

scenicmilkyway3_hepburn_20131009053741aeb.jpg

思い

自らの感情を放出する思い。

それが相手に対していかに作用するか考えずに発する思い。

思いが重いに変化してしまう。

思いがヴィジョンと違うことに気づく。

思いが相手を無視することに気づく。

それが大切。

自分の思いが どう作用していくのか 全体を見ていく必要がある。

星たちは あるがまま 空に輝く。

それを人は 感情で許すことができない。

自らが輝き 運航を保つとき 隣の星もまた美しく瞬く。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

※講座のお知らせ

10月13日(日)午後1時から相模大野でエンジェルカード・プロティクショナー養成講座
10月27日(日)午後1時から東林間で本当の自分を生きる講座

講座の参加に関しましては このブログのメールフォームからご連絡をください。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

エンジェルカード講座第4期開催のお知らせ

            320x320_rect_3261376_20131007194136105.jpg

エンジェルカードマスター養成講座第4期を開催します。

期日:10月13日(日)13:00~17:00

場所:大野南公民館茶室(神奈川県:小田急線相模大野駅下車 徒歩7分)

レベル1 

天使に出会う(大天使オラクルカード他使用)10月13日 3万円(当講座をすでに受けていらっしゃる方は3千円)

レベル2 

天使を呼ぶ(水晶のポイント(プレゼント)を使用、ペンデュラムを使用・・・さて、なにが起きるかな(*^_^*))

(大天使ミカエルカード他使用)11月を予定4万円(当講座をすでに受けていらっしゃる方は3千円)

レベル3 

自分の天使からのメッセージを自由に受け取る(宿題が出ます。提出後、認定証を発行します。)

(神様カード他使用)12月を予定5万円(当講座をすでに受けていらっしゃる方は3千円)


講座の体系で行うこの講座、ドリーンバチューさんの片腕とされているアンジェラ・ハートフィールドさんからの流れでお伝えしていきます。

(カードのない方は事前にお知らせください。

多少の用意があります。)

一番大切なのは 自分の心。

天使は おせっかいではありません。

呼ばれると羽音をさせてやってきてくれます。

そして、大天使ミカエルは 危機のときに・・・

天使のカードは神託。

神託は占いとは違います。

天使からのメッセージです。

天使からのポジティブメッセージを一緒に受け取りませんか?

10月13日は レベル1

この講座では天使からのメッセージを受け取るための基礎をお伝えします。

可愛い・・・と購入したエンジェルカード、あなたのお部屋で眠っていないでしょうか。

トントンとノックしてエンジェルたちと交流しましょう。

エンジェルたちと仲良しになると、次第に・・・実はカードがなくてもメッセージを受け取ることが可能になってきます。


※小さい頃から国立西洋美術館に出かけていました。

そこには バラ色の空が描かれていた。

必ずそこに天使がいるって思っていました。


大人になってからも天使と縁遠い仏教系の家でしたが、天使が好き♡

天使の置物や絵などを見てまわるのが大好き。

でも、お気に入りの天使になかなか出会わない。。。


今は天にいる師匠であるNさんにお話をすると、

「それはね、あなたは天使を知っているからよ(*^_^*)」

とお話してくださいました。

懐かしいお話です。

エンジェルカードと出会ってからは 瞬く間に天使たちからの恩恵を受けるようになりました。

我が家のワンコの手術のときには 大天使アリエルがピンク色の衣を纏って、美しい透き通るような真っ白な手でワンコに癒しのエネルギーを!!

潮位の上昇の時にもアリエルがきてくださいました。

アリエルは気象や動物たちを護る大天使。

ミカエルの女性版だともいわれています。

優しく高潔で聖なる時をプレゼントしてくれる天使たちと仲良くなりましょう(*^_^*)

講座は今週末ですので、このブログのメールフォームから。

もしくはコメント欄に管理者のみにチェックを入れて。

もしくはmoonhibiki-123123@ezweb.ne.jp

までお申し込みください。

追って詳細をお知らせいたします。

講座代金に関しましては ご相談に応じますのでご連絡ください。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

生きる

theologue.jpg

朝、目が覚めたその瞬間、直感が入ってきた。

上記の写真の絵のさらなる意味が入ってきた。

上記の写真は セークレッド・ミラーズ(聖なる鏡)ニューヨーク美術館でも展示された作品のひとつである。

(この絵については 2008年5月6日にもブログに載せてありますのでご興味がありましたらご一読ください。)

すべての人とすべてのものが繋がっている。

そしてそれは宇宙空間にも繋がっている。

私たちの思いと行動が星を育て進化させていく。

これが私へのハイアーセルフ=守護霊からのメッセージ。

それが本当のことなのかそうでないかは 宇宙全体を司るものにしかわからない。

なので、さらっと流そうが 心に留めようがお任せします。


私たちの生命は すべてのものと繋がっています。

それはまるで草木や蚕から一本の糸を織りなすように壮大なスケールで織物が織られていくように。。。

さまざまな草木からさまざまな色で染め上げていくように壮大なスケールで果てしなく織り込まれていく宇宙のドラマ。

宇宙時間からすれば、私たち人間の一生は瞬きほどの時間。

しかしながら、その瞬きの瞬間さえも宇宙の織物は織られている。

この時に灰色の言葉や行動、思いがあれば灰色に、黒ければ黒に、白なら白に。。。

私くらいという思いの中で起こす行動は十分に宇宙の織物に影響する。

美しい地球であってほしい。

美しい星空であってほしい。

そう思いながら、極めて反対の行動をしていく自らの存在。

それを変更し、向かう方向を修正する必要がある。


愛に則って行動しているか。

発信しているか。

愛は偏っていないか。

普遍の愛を知っているか。

掴んでいるか。

実行しているか。

己の徳にばかり目がいっていないか。


自らが奇跡を起こす存在のひとりであることを受け止めているか。


原子力発電所も戦争も銃器も公害もすべて自らと繋がっている。

誰かのせいにしていないか。

自分はどこがあかんのかしっかり見つめて受け止める準備をしているか。

そして、今ここに存在しているという素晴らしい奇跡に感謝して自らの存在を許し愛し生きることを選択しているか。。。



今朝のご相談の中でお話したこと。

私たちの命は万物の命から成り立っています。

万物とは動物もいるし、植物もそうです。

なにもない中で存在するのは 特定の方だけですが(プラナ=氣)、プラナさえも天地からいただいた大切なエネルギーです。

その大切な命をいただいて存在していく私たちの命はすべてを担います。

そのことに気が付けば、今ここに存在する意味や父母、ご先祖様への感謝と愛と祝福や万物に対する感謝と愛と祝福で満ち溢れるでしょう。

そんなお話をさせていただきました。

img009.jpg

さて、お話をかえます。

ものづくりに集中しています。

Tシャツのシルクスクリーンを頼まれました。

シルクスクリーンの原版を作ります。

上記はご依頼の指定に従ってOHPシートに印刷したもの。

これから感光材を塗布して感光させていきます。

今日は曇り空なので晴れた日に40秒くらい日光にあてて感光させます。

ものづくりは楽しいけれど、あっという間に時間がたちます。


よい週末をお過ごしください。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

あなたも地球を宇宙を紡いでいるひとりだから・・・。

たくさんの愛をこめて・・・HANA♡



Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

自立

a0243882_2215163.jpg

自立を支援する。

自立は自分で立つこと。

自分で大地にしっかり足をつけて踏みしめること。

自立を支援するとき、何かをやってあげることじゃあない。

その方が自分でできるように、環境や見通しがたつように支援していくこと。


私がまだ小さいわが子が靴を履くとき、たくさんの指示を出した。

ほらほら・・・とか、

だからだめだよ・・・とか、

お母さんの言うとおりにしないから・・・とか、

いい加減に覚えてよ・・・とか。。。


彼が 彼女が 一生懸命靴を履いているとき、自分の時間と違う彼らが思い通りにならず、ついつい手を出して履かせてしまう。

それが実は彼らの自立を妨げていることを知らずに・・・考えずに・・・それは、自分の感情である。

自分の時間や都合に合わせて、彼らをコントロールし、自分が、ただただ都合よく動けるようにしていただけである。

彼らの幼い手足は まだ統合するのにいささか時間がかかる。

しかしながら、待ってあげることで彼らの成功体験が得られる素晴らしい時間であることに気づかない。

また、たくさんの言葉がけの中に いらない情報がたくさん含まれていることに気づかない。

靴・・・と、声をかけることで靴を履くんだなって子どもは理解する。

しかしながら、そこにたくさんの形容詞を容赦なく振り撒く。

「早くしてね、ほらそうじゃないっていってるでしょう!!

もう、おそくなるじゃないの・・・・。」

なんていう風に。

そしてしまいには

「もう、本当に愚図なんだから、この子は!!誰に似たのかしら!!もういいわよ、履かせるから手をどけて!!」

なんてことになる。

はい、それ過去の私です。


特別支援学校の教員になり、多くのことを学びました。

自立

自立のための手立て。

それは まさしく自分の行動や言動を改める場でもありました。

特別支援学校の子供たちは 発達がゆるやかです。

ですから、ある子は着替えを10年かけて覚えていきます。

大人になるころには、みなと同じように着替えの部屋にいき、しっかりと着替え、私よりもきれいに衣服をたたんで教室に戻ってきます。

特別支援の先生たちは 彼らが一人で衣服が着れるように10年かけて見守ります。

パンツがはけるようになった。

裏返しがわかるようになった。

裏返しを戻せるようになった。

自分の衣服とそうでないものと区別ができた。

どこにしまえばいいかわかった。

などなど、ひとりひとりの成長の段階に合わせて支援していきます。

これにはノックアウトです(笑)

自分の子供を見る目も変化していきました。


これを真に理解することができれば、おおよそコントロールする・・・ということが減少するでしょう。

その子の本質を見ながら、その子のあるがままの素晴らしい内在の力を見ることができてくるわけです。

健常であろうがなかろうが、内在をしっかり見つめるという作業は同じです。


どうしても自分の都合で私たちは動いてしまう。

幼稚園の子に足し算や引き算、掛け算ができない・・・と、私たちは判断します。

そこに相手を低く評価する・・・という誤った考えが起きます。

その子は、大人になればしっかりと掛け算も割り算もできるわけです。

そして、自分より優秀かもしれない力を内在しているかもしれません。 


また、できないからやってあげる。

できないから手伝ってあげる。


ここにも落とし穴があります。

どこまでお手伝いする必要があるか見ていく必要があります。


例えばミシン。

ミシンの糸のかけ方がを知らない子に 内在の力があるから・・・といって何も教えずに見守る・・・ではありません。

必要な情報を的確に伝えていきます。

何度か間違えても感情で怒るのではなく、まず自分の教え方が自分の方法(マイルール)で伝えたにすぎず、相手には理解できなかったかもしれません。

その方法をかえる、もしくは相手が理解するまで丁寧に伝えていきます。

そして、理解できて安全にミシンを使用できるようになったらお任せします。

例えジグザグになろうと・・・。


この方法を習得すると さまざまな場面でも使うことができてきます。

子どもの考えをしっかり聞く。

子どもの声を聴く耳ができます。

そして、自分で考え行動する人へと成長していきます。

朝日が昇るように子どもたちばかりでなく、私たちも目覚めていきたい。


自立を妨げる大人でなく、自立を促す大人になりたい・・・と願っています。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。