つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

歩く

いきものがかり

今日は車のバッテリーがあがり、動かなくなりました。

私の車はホンダのインサイト。

行きつけのホンダは火曜日定休。。。

まるで今日は歩きなさいという日です。

なので大地を踏みしめてた~くさん歩きました。

電車は東海道線を経て大雄山線へ。

神奈川百低山(私の造語です)を週末ハイキングしているせいか、楽に歩くことができました。

歩くとね、町の香りがわかる。

木々や花・・・水・・・大気・・・。

そして人々の生活の香り・・・。

ある方と話す機会を得ました。

その方は午後から東京で研修をされるので13:00まで大急ぎの会話・・・でもほっこり温かい(#^.^#)

ある仕事の話です。

彼が行っている現在の仕事にとても充実感を得ていること。。。

会社ではたくさんの人々の笑顔のためにその理念が生かされなかった。

それは利殖を産まなければ会社に貢献できないからです。

ですから、たとえばAの方がはるかに人々の笑顔をもたらす商品であってもBを売らざるを得ない。。。

たとえ、人々から笑顔を奪ってもね。。。

今の仕事はそうではなく、人々の笑顔のために自分の信念が貫ける。。。

そうした仕事をしていらっしゃる。

彼からいわれた言葉・・・。

「AとBの道を提示され迷うことがあったらね、自分の信念を貫いてごらんなさい。

必ず充実感を得るからね。」

爽やかに語る彼と再会を約束して別れた。

彼は障害者関係のプロです。

でも目指すところは地域や日本に留まらず世界へと発信しています。

排他・・・は不要な言葉です。

排他すれば・・・自らに何倍にもなって戻ります。

それは生きている間ではないかもしれない。。。

でも花は確実に咲きます。

念ずれば花開く

この言葉にもうひとつたしたいと思います。

信念を持って動けば花開く・・・です。

彼と別れてからものすごい風が吹きました。

まるで

立ち向かいなさいよと・・・。

ゆっくりのんびり歩いていた羽菜ですが、いよいよ高い山に登ろう。

自らを貶めていた感情を手放して羽を開こう。。。

だから羽菜の名前は羽がついていたのか・・・。

ISO14000でも理解したように 地球の恩恵にあずかるばかりであった私が恩返しし始めます。。。

そう決めました。

2014年の1月1日は過去ブログでもお知らせしたように、新月です。

今年、多くの方が決意を新たにする年です。

羽菜の一番の目標は迷惑をかけない。。。

一番迷惑をかけた地球に恩返し開始です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

神奈川百低山

KIMG0083.jpg

小田急線の鶴巻温泉駅から出発して、吾妻山~弘法山~権現山~浅間山を歩いてきました。


KIMG0082.jpg

弘法山頂上では弘法さんの水が井戸でくみ取れるようになっていて、ハイカーさんたちも水の恩恵を受けます。

この水はかつて白濁色をしていて、乳飲み子のいるお母さんたちはお乳がでるようにこの水をいただきにきていたようです。

弘法大師は各地でさまざまな功徳を施していらしたようです。

KIMG0085.jpg

私たちも弘法さんのお水を汲んでラーメンを作りました。

(我が家のシェフが調理担当です。)

ガスバーナーやごとくの状態もよく快適です。

KIMG0087.jpg

権現山頂上です。

富士山が美しく見えました。

光が展望台を照らし美しい。。。

ヘレンケラーの言葉がなぜかしら石に刻まれていて。。。

メッセージだねって思いました。

お伝えします。

「あなたのランプの光を

もう少し高くかかげてください。

見えない人々の

行く手を照らすために」

ヘレン・ケラー

KIMG0091.jpg

尾根を進むと浅間山へ。。。

浅間山へ行く途中に森と生きる・・・という彫刻にも出会いました。

やれやれメッセージだらけです。

森=自然です。

この低山の尾根をずっと歩いている間、瞑想の時間となります。

その中で思ったこと。。。

人が手を入れない=植林・・・森は自然の循環が保たれていて、雑草なるものがありません。

ところが植林した場所は自然の体系が崩れているので下草刈りが必須となります。

ここに義務と権利と責任が発生します。

大地を購入した時、権利が発生します。

みな購入時、自分の幸せのために購入すると思います。

そこに義務や責任が発生することを理解して掴んで購入しているのでしょうか。。。

理解し、掴んでいる山は生きて存在しています。

ところが、放置されている山も少なくないのが現状です。

色々な言い訳はあるでしょう。

継ぎ手がいないとか・・・、年をとったとか。。。

ですから責任をとれていないわけです。

政治の世界も同じですね。。。

権利を獲得すれば利権が生まれますから、責任や義務を果たさない。。。

それに気づくことです。

私にとって切なさがこみ上げるのは、動物保護センターとは名ばかりの保健所です。

しかしながら、この存在も飼い主がしっかりと最後まで義務と責任を果たすことで解消される・・・ということに気づいてほしいかなと・・。

歩くは 無になるときと そして胸の中に頭の中にあるものが出てくるものですね。

今回は長距離でしたが、登ったり降りたりと尾根を行動したので無になりづらかったようです。


KIMG0092.jpg

富士浅間神社の祠です。

祠の前にたくさんの木の実が供えられていました。

かわいいトトロたちが供えてくれたのでしょうか。。。

帰りは弘法の湯で身体をほぐし、付き合ってくれた身体へ感謝です。



週末後半は好日山荘(山グッズのお店)でKarrimorのリュックを購入しました。

身体にフィットして重さを感じさせません。

神奈川百低山・・・ヒートアップして常念や富士山を目指します。

できることなら、前回体力不足で少ししかできなかった富士山のゴミの回収・・・できる体力を低山でつけていこうと思います。

現在、大山は電波が届きづらいため、どう攻略するか検討中でs。



今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

ピンクのKarrimorの30ℓのリュックの人がいたら私かもしれません。

羽菜ちゃん?と声をかけてみてください(笑)

我が家のシェフは40ℓ・・・紫です。

この色の選定は、万が一の時ヘリからわかりやすい色・・・ということで選びました。

まだ低山なので当分大丈夫だと思いますが(#^.^#)



来週の日曜日は横須賀の山に出没予定です(*^^)v
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

富山から宇宙へ

140124_1701~33

富山に行ってきました。

初めて降りる空港です。

空輸で届いた泳いでいる富山のホタルイカは見たことありますが、自分を富山に空輸するとは思いませんでした(笑)

沖縄にお伺いせせていただいたときと同じで、スムースな運航。

東京も14度、富山も11度と上着を脱ぐほどの温かさで過ごすことができました。

(沖縄の11月は半袖でしたが(*^_^*))

140124_1701~10

降りて驚いたのは山々。

立山連峰がそびえ立つ景色は圧巻です。

お迎えに来てくださった方の車に乗り込むと、山の中腹に大きな丸い緑の珠が見えました。

(写真は撮っていません。)

山が癒しのエネルギーを持っているのがわかりました。

話しの中心は これからに向けて。

お会いした方はさまざまなことを経て、今に至る・・・方です。

詳細は伝えませんが、私が沖縄に行ったことで神様方とお話をすることができるようになったことも知っておられて、それを超えて生きなさいとお話くださいました。

これ難しい話です。

ざっくりしか伝えられません。

個々の役割・・・でしょうか。。。

神様とのお話にうかれていてはあかん・・・ということです。

地球にはさまざまな方々がいらっしゃっています。

ひとりひとり、今世での使命があります。

そして私は・・・。

実は今回の人生で何度も何度も繰り返し出てきた課題でもあります。

不動心・・・とお伝えするしかありません。

人は感情に左右されます。

愛する人々への思慕・・・などなど・・・。

それを超えた宇宙からの使命を受け取る・・・。

それらしい。。。

厳しいです

そしてその方はすでに私がブロックお自らかけていることもお見通し・・・。

犬とかね・・・(笑)

でも、犬連れてOKとのこと(富山ではなく、ある場所です。)

というか、その方はすでに大宇宙からのメッセージで動いていらしゃいます。

ですから、地球や太陽系・・・銀河系を越えたところいいらっしゃます。

日々めまぐるしい程、メッセージに従って動いていらっしゃるので今回お会いできたのも奇跡かもしれません。

それは世界中を廻る旅をしていらっしゃるからです。

彼とともに宇宙・・・そして地球や太陽系が存続するために働く人々と話をするための旅です。

大地を正常に戻し、その大地で正常な作物を作る。

そして歪み・歪(ひずみ)をもとの姿に戻す・・・。

私が沖縄に行ったのもその必要性があったからだったようです。

多くは語れませんが、すでに動き始めました。

私が何故美術大学を卒業したか・・・。

それさえも今回のプロジェクトの為であるかのごとく・・・。


さて、今回富山のお土産というと・・・。

山だけです(笑)

ずっとお話ですごさせていただきました。

ビジネストークではありません。

ビジネスとは程遠い話です。

でもね、とても大切な事。。。


何度も何度もお伝えしているように、相手を呪わば穴二つ!!

相手を祝福すれば、何十倍にも宇宙から返礼が戻っています。

幸福であり、豊かになります。

究極の話です。

相手を蹴落としている間はあかんです。

ライバル社を応援すると自分の会社がライバル社を越えて発展成功します。

これがざっくりですが宇宙の仕組みです。

人生はたかだか100年前後です。

その100年を過ぎたとき・・・、地球に美しい花が咲いている・・・世界中に・・・なおかつ、永遠に・・・。

それを目指したプロジェクトです。

ものすごい1日を体験してきました。

140124_1700~14

帰りの富山空港です。

また近々に来れることを立山連邦に祈って。。。

140124_1701~59

1時間10分のフライトで羽田へ。。。

25日は弘法山に登りに行きます。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

海霧

1月23日朝

1月23日の朝、西湘バイパスを走ると湘南の海から湯気が幾筋も昇っていました。

車から撮ったので湯気が写らないのが残念↓

この日の朝の外気温は-1℃

外気が低く、海が温かいと起こる現象だそうで海霧と呼ばれるそうです。

warasa3-1.jpg

この写真はマリの最新釣り情報さんから画像をお借りしてきました。

海から水蒸気があがっているのがよくわかります。

自然って本当にすごいですね。

1月23日・・・この日は羽田へ。

富山に行きます。

富山で地球環境を真剣に考えていらっしゃる方に会いに行きます。

1月24日に戻りますが、人生の一番の目的を忘れがちな日々。。。

地球がこんなに素敵なプレゼントをしてくれていることに真に感謝して地球に恩返しできることを模索しつつ。。。

一番の貢献は・・・。

日々生かされていることに感謝をし、誰かや物事のせいにせず、先祖のせいにせず、すべてに感謝し洗心(せんしん)することなんだと思います。

先日のご相談の中で、

「私は割り箸を使わずマイお箸を使っています。」

「ビニール袋を使わずマイバッグを使っています。」

と、お話してくださった方がいます。

とても素晴らしいですよね。

ところが、そのあと。。。

「それなのに他の人は・・・・。

それなのにいいこと起きない・・・。

開運お願いします。

コン畜生!」

と。。。

徳分をせっかく積み重ねても、それが何かと引き換えにやっているのでは宇宙はお願いを聞いてくれません。

いいことをしても後半の言葉でプラスマイナスゼロ・・・。

もしかしたら、魂胆があればマイナスになってしまうかもしれません。

ご相談者の方も 自分の中にたくさんのブツブツ(文句)があることに気づかれたようです。

このブツブツは なかなかしぶといものです。

これがなくなると(減少すると)変化します。

また、先祖供養も私は私なりの解釈があります。

先祖が恨んでる~と、ご相談に来る方もいらっしゃいます。

先祖供養させていただくとき、自分が幸せになるためにご供養される方がいらっしゃるのですが反対なんです。

私たちはご先祖がいて今の自分がいる。

いわばご先祖の代表選手です。

ですから、一番のご先祖供養は自分が生き生きと生きることなんです。

エゴをなくしてね。

するとご先祖も昇華していきます。

また、ご先祖に感謝し、ご先祖が高い次元へとお進みいただくようにご供養させていただく。

つまり、ご先祖様が幸せになられるようにご供養させていただくことが大切です。

すると、自然に自分も幸せになっていく・・・ということです。

ある方のご相談で、すべてのご先祖を調べ上げてすべてをご供養する・・・ということをしてきた方がいらっしゃいました。

そして数千万が消えていった。。。

でも変化しない。。。

ちょっと待ってねって。。。

先祖を調べ上げていけば、そのうち地球すべての人類の祖に行きついちゃいますよ。

エンドレスでご供養が続くわけです。

このエンドレスの意味はご供養はもともとエンドレスな訳ですが、その意味ではなく、ご自分の祖先おひとりおひとりのご供養の意味です。

しまいには 水子さんや○○の方々・・・などなど、エンドレスでご供養をしなくてはならなくなってきます。

ですから大切な節目・・・お彼岸などの時に心をこめてご供養されればよいかと思います。

近々で御魂になられた方は個別で、そして先祖代々之霊位をご供養されて感謝と御魂がさらに上に上がられることを伝えることだと思います。 

一番早いのは ご自分の生き方です。

自然の摂理に適った生き方をする。


それが地球への恩返しかな~。。。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

幕山2

幕山4

1月18日、この日の朝は大磯で雪が・・・。

天気予報では晴れていましたが、安全の為 大山への登山は次回へ延期し、湯河原の幕山へまた登ることにしました。

上記の写真は幕山登山途中のものですが相模湾が雲間の太陽が差し込み本当に美しい。

初島のシルエットとも美しく感涙です。

地球に生まれてきてよかったなあと改めて思いました。

幕山に登るために西湘バイパスから真鶴道路を使用して幕山公園まで行きます。

道程の中に岩海岸や片浦漁港を通って行きます。

小さな入り江ですが日本の原風景が見られます。

阪神大震災や東北関東大震災で消えた町や入り江。。。

岩海岸などはどうしても3.11で消えた小さな漁港へ心が馳せます。

できることならこのような原風景をずっと後世に残していきたいものです。

幕山3

幕山の登頂口です。

青空です。

梅林を過ぎてすぐのところから赤い土が見え始めます。

富士山の土です。

富士に登っていないのに富士山を踏みしめている・・・という感じです。

山には山の歴史があります。

幕山は目で見える山です。

そして金色や銀色に姿を変えた木々や木の葉が現れます。

どんぐりの実は殻を破り、大地に根付いている姿を何度となく目にしました。

すべてのものが生きている。

ひとつひとつは小さな現象だけれど、それが壮大な地球の生きているドラマなのだとまた感涙しながら歩いていきます。

今まで見逃してきた植物たちの生活。。。

大きな樹は小さなこの実を次世代へと祈りをこめて大地へと落とす。

そして森を育てる。

また金に銀に色を変えた木の葉たちは、この山の土となり豊かな土壌へと変化する。

幕山の頂上近くになると土が真っ黒になってきます。

木の葉たちや動物たちのおかげで土壌が豊かになるわけです。

登る・・・ということは大地を知る・・・ということかしらと思いました。



幕山5

幕山頂上です。

天気が怪しくなってきました。

写真ではほんの少ししかわかりませんが雪が降りしきり、ハイカーがどんどん下山していきます。


幕山1

私たちも南郷山へ向かう予定でしたが、同じ道を引返すことにしました。

低山であるので初心者の私は大丈夫・・・のような感覚を持ちがちですが、つい先日も丹沢で軽装備であることと道に迷い地図も持たなかったため体温を奪われてしまった方もいました。

・・・で東屋まで戻ります。

幕山2

東屋に着くころには視界が開けてきました。

購入したばかりのコッヘルを使用してラーメンを作ってもらいました。

家から野菜とウインナーも持参していたので満足です(笑)

コッヘルの調子がいいということで次回の登山では飯盒も持参し、ご飯も炊いてみることにします。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

※本日13:00から小田急線相模大野駅下車徒歩7分大野南公民館1F和室でクリスタル講座があります。

講座代金はありません。

お申込み不要ですので、ふらりと遊びに来てください。

待ちしています。

大野南公民館


Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

ウクレレと

ウクレレ

長野に行って戻ってきました。

長野は雪・雪・雪・・・。

長野については後程お話したいと思います。

今日は子供たちにお正月ハワイという企画があり、ウクレレでアロハオエを弾くことになってます。

そして子どもたちに踊ってもらう予定です。

正月のウクレレ・・・ちょいと厳しい・・・。

夜中に練習をしました。。。

が・・・。

モコモコのジャンパーではウクレレに袖がぶつかり、音がこもってしまう。。。

なので、今日はアロハシャツで弾くことにしました。。。

室内なのがありがたい。。。

アロハシャツの下に遠赤を着てふるえないようにしよう。。。

でも、きっと子供たちの笑顔とパワフルなダンスで熱気がいっぱいで寒さも忘れるかも~。。。


Ha`aheo ka ua i nā pali 雨が誇らしげに尾根を横切り
Ke nihi a`ela i ka nahele 森の中を通り抜けていく
E hahai (uhai) ana paha i ka liko 未だ開かぬ蕾を探しているかのように
Pua `āhihi lehua o uka 山あいに咲くレフアの花よ[注釈 2]
〈Hui〉
Aloha `oe, aloha `oe あなたにアロハ あなたにアロハ
E ke onaona noho i ka lipo 木の陰に佇む心優しき人
One fond embrace, a ho`i a`e au 去っていく前に
もう一度あなたを抱きしめよう
Until we meet again また会えるその時まで

`O ka hali`a aloha i hiki mai 懐かしく暖かい思い出が胸をよぎる
Ke hone ae nei i ku `u manawa ついこの間のことのように
`O `oe nō ka`u ipo aloha 愛する人よ 我が愛しき人よ
A loko e hana nei 真心は決して引き裂くことはできない

Maopopo ku`u `ike i ka nani 私はあなたの素晴らしさをよく知っている
Nā pua rose o Maunawili マウナヴィリに静かに咲くバラの花
I laila hia`ia nā manu そこにいる啼かない鳥たち
Miki`ala i ka nani o ka lipo そして木の陰にいる美しい人
〈Hui〉
Aloha `oe, aloha `oe あなたにアロハ あなたにアロハ
E ke onaona noho i ka lipo 木の陰に佇む心優しき人
One fond embrace, a ho`i a`e au 去っていく前に
もう一度あなたを抱きしめよう
Until we meet again また会えるその時まで

さて、三連休、長野に行ってきました。

140112_0831~47

御殿場を通ると箱根の山に太陽が差し込みました。

目に見えたのはもっと幻想的。。。

お空の上は相当寒そうです。

太陽の光も氷の粒に反射して美しい。

140112_0836~02

山梨に入ると富士山がご挨拶。

富士山も真っ白です。

このあと長野道に入ると常念や槍が見えました。

今年はまた富士山と新たに常念に登る予定です。

この日の晩は 本当に眠れなかった。。。

ワンコ(4匹)も落ち着かない。。。

そして私はというと、富士山のたくさんの画像(絵画で虹が入りこんだもの)が降りてきて寝れない。。。

絵を描いて・・・ということなんでしょうか。。。

感謝ですが寝不足です。。。

ちなみに主人の実家の地名は幸神・・・どんな神様でしょう。。。

この地方の神社はみな戸隠を遥拝していらっしゃるので、戸隠神社に感謝かなあ。。。

そういえば、戸隠の玄体は富士山だった。。。


140113_0851~03

一晩あけるとあたりは雪一面に。。。

ワンコと散歩しながら力石村の山を眺めます。

力石村が本家のある場所です。

寒いけれど、昔話のようにあったかい国です。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとございます。

あったかくしておすごしくださいね。


Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

地球へ

地球へ

ISO環境をみなさんすでに知っているかと思います。

14000で聞いて知っているかもしれません。

昔々から私たち人間はこの地球に住みはじめてから、ずっと大地の恵みをいただいて暮らしてきました。

しかしながら、地球に恩返しをしていない。

自分の生きるためにだけ向かい続けることを繰り返してきました。

それをワンウェイといいます。

ワンウェイ (one-way) は、何かが片方にしか流れないこと。

使い捨て

一方通行

片道(ウィキペディアより)

日本人のひとりが暮らすのに地球の面積はサッカーコート3面が必要だそうで、アメリカ人だと6面から9面が必要だそうです。

これを地球に当てはめると地球がすでに5つも6つも必要だそうです。

地球が悲鳴をあげているのも無理がありません。

過去からずっとこのことに関して警鐘はもたらされてきました。

しかしながら中々人の心の中にまでは浸透していきませんでした。

異常気象は地球からの大切なメッセージです。

マクロに地球の活動を眺めていけば、この寒さや暑さがおかしいぞと気づくと思います。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

人類がこの世に誕生してからさまざまなところで生命活動を行ってきました。

そして、開発・・・ということが進められてきました。

その中で絶滅した動植物も多いかと思います。

山さえも消えた。。。

今も絶滅危惧種は少なくありません。

動植物が絶滅すると生態系が変化します。

生態系が変化すれば循環していた自然も変化します。

ひとつふたつなら、地球はぐっとこらえることをしてきました。

しかしながら、その境界を大幅にすでに超えています。

先に述べたように私たち日本人ひとりが暮らすのにサッカーコート3面が必要です。

実はそれで換算してもすでに30%足りなくなっています。

アメリカに関しては・・・・です。

ではどうしたらいいか。。。

そのために環境マネージメントが生まれました。

水や電気などこまめに止める。

日本の家屋は空き家が多くあるそうです。

それらを有効利用する。

(有効利用するために県がのりだしたところもあります。)

ゴミの分別をし、リサイクルへ回す・・・などなど。

私たちひとりひとりの行動はとてもささやかなものです。

しかし全員が行えば富士山のごとく大きなものになります。

富士山は大きいけれどそれを構成しているのは小さな粒子です。

私たちの行動が富士山のように大きな山へとなります。

ある企業では個人個人のデスクに蛍光灯をつけました。

そして、トイレや休憩時間などではひとりひとりが電気を消して企業内の電気は30%減少することができたそうです。

すべてが循環です。

呼吸と同じ・・・。

私はいつもそう思います。

吸ってばかり・・・むさぼってばかり・・・

では新鮮な空気は肺に入りません。

吐き出す・・・手放す・・・

ことにより新たな新鮮な空気が自然に入ります。

地球を後世に存続するために私たちのできること。。。

いつやるか・・・。

今、この瞬間から・・・。


地球に暮らすべての方々へ愛をこめて送ります。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

1月19日@相模大野 13:00~大野南公民館

堀井主月先生のI Love Crystalが開催されます。

会費はお気持ちです。

クリスタルたちと仲良くなってみませんか?

会場でお待ちしています。

直接会場にお越しください。

お申し込みは不要ですが 詳細をお知りになりたい方はこのブログのメールフォームから、もしくはmonnhibiki-123123@ezweb.ne.jpまでご連絡ください。

大野南公民館

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

心の旅

癒し

車を走らせると

パステルカラーの空が広がった

あまりにも美しく静かである

どの色も自己主張せず

世界と溶け合っていた

この純粋な色に自らも溶け込みたいと思った

天の鳥船で降りてきたといわれる私たち

八百万の神々とともにこの地球へと。。。

八百万の神々とは 空気であり 大地であり 山々であり 木々であり 囀る鳥たちであり。。。

ああ そうなのだ

すべてが神々なのだと静かに流れ込んでくる

地球は丸く 

すべての星々も丸い

円相を改めて識る。



坂本繁二郎

画家の坂本繁二郎先生の晩年の作だと思う。

この画家の晩年の作品群を観たときに すでに彼岸を感じた。

馬も月もすべてが平らかで色のすべてが溶け合い、融合している。

個という存在ひとつひとつがハーモニーし、そして次第にそれはひとつになる。

それが人生の旅かもしれない。。。





1月19日@相模大野 13:00~大野南公民館

堀井主月先生のI Love Crystalが開催されます。

会費はお気持ちです。

クリスタルたちと仲良くなってみませんか?

会場でお待ちしています。

直接会場にお越しください。

お申し込みは不要ですが 詳細をお知りになりたい方はこのブログのメールフォームから、もしくはmonnhibiki-123123@ezweb.ne.jpまでご連絡ください。

大野南公民館


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

神奈川も雪が舞い飛びました。

暖かくしてお過ごしください。  羽菜



Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

クリスタル講座のお知らせ

ハート2

主月先生からの講座のお知らせです。

この講座はクリスタルと仲良くなりたい・クリスタルを知りたい方のための講座です。

講座はドメーション形式(お気持ち)で行われていますので、どなたでもお気軽にご参加ください。

今年、主月先生の拠点が変更する予定となっています。

ぜひぜひ、この機会にご参加ください。

クリスタルたちが 主月先生のもとで虹色に変化する。

愛がいっぱいの講座です。

お申し込みは特に必要がありませんが、このブログのメールフォームやmoonhibiki-123123@ezweb.ne.jpにお知らせいただければご不明な点を追ってお知らせいたします。

以下は主月先生からのメッセージです。



LOVE CRYSTAL

第2回目を行わせて頂くことが決定致しました

クリスタルの講座にでたかったという声を多く頂きました為、

また、本年より、拠点を移すことが決まった為に、

ワークショップの開催を決めさせて頂く運びとなりました。


前回と同じ、ドネーションスタイルにて行わせて頂きます。

祝詞、般若心経、真言、清塩、清水にて

浄化を行わせて頂きました、

私が各地で仕入れた石をご覧頂き、

進行させて頂きます。


前回はアファメーションを行い、

石に祈りを入れることが好評頂きました。

ご来場頂きました方の中には、

ご自分の石を見て欲しいという方もおられましたので、

お持ちいただいても構いません。

今回は星座石を中心にお伝えさせて頂きます


自分が達成したい思いに合った、

Xtalに触れることの出来るこの機会に、

1度いらして下さい



【詳細】

〈日程〉    1月19日(日)

〈講師〉    堀井 主月

〈会場〉     神奈川県相模原市 南区相模大野5-31-1
        
         大野南公民館

〈交通〉    小田急線相模大野駅(北口)から徒歩7分
          小田急線相模大野駅からバス、
        「合同庁舎前」下車徒歩1分

〈時間〉    13:00~

大野南公民館



それでは、たくさんのご来場をお待ちしております
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

永遠のゼロ画像はテレビから

永遠のゼロを観てきました。

昨年の夏に箱根元宮の宮司さんに読みなさいよと言われた永遠のゼロ。。。

言われてすぐに購入し、その日の晩に眠ることなく涙ながらに読んでしまった永遠のゼロ。。。

映画館ではあらすじはわかっていたものの、涙が静かに流れていく。。。

主人公の宮部久蔵の今では正しい命への向かい方。。。

当時は許されぬ思い。。。

パンフレットの中にオノヨーコさんからのメッセージがありました。

(「死にたくない」と叫びながら、愛する人の名前を呼びながら、死んでいった若者たち。

いつの時代も自らの命を奪うことなど、決してあってはならないことです。

誰もがこの世界の大事な一員なのです。

世界平和を実現しましょう。)

私たち日本人は すでに戦争を体験し、そしてその悲惨さを知っている民族のはず。

戦争によって得られるものは 勝っても負けても トラウマばかり。。。

いつになったら世界中から戦争がなくなるのでしょう。

力ではなく 愛で世界はつながれないのか。。。

原発の危険さよりも利益のために他国へ売買する。。。

私は原発もひとつの道具だと思います。

道具はうまく使用すれば徳につながります。

でも、その道具の解体法やゼロに戻すことができないのに 使用するのはあかんと思います。

大地を汚すことなく元の通りに戻すことができ、他への被害もなければいいです。

でもそうではない。。。



話を映画に戻します。

映画の主題は 家族です。

愛です。

日本の未来です。

平和への祈りです。


平和な世界は日本だけでなく、すべての国の人々の権利です。

私はそう思います。


サザンの蛍を載せさせていただきます。

「蛍」

愛の歌が途絶えるように

心の灯が消えたの

たった一度の人生を捧げて

さらば友よ 永遠に眠れ

青空は悲しい空

揺れる木漏れ日がせつなくて

夏が来るたびあの日と同じ

風が通り過ぎて行ったよ

涙みせぬように

笑顔でサヨナラを

また逢うと約束をしたね


何のために己を断って

魂だけが帰り来るの?

闇に飛び交う蛍に連れられ

君がいた気がする

生まれ変われたなら

また恋をするでしょう

抱きあい命燃やすように


涙見せぬように

笑顔でサヨナラを

夢溢る世の中であれと

祈り


Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

絵手紙

初春 酒

今年は服喪につき、年始の挨拶ができません。

そこで、お年賀の代わりに絵手紙でご挨拶をさせていただくことにしました。

両方とも親戚へのお礼のお手紙。

初春 米

いただいたお酒とお米へのお礼を言霊で綴りました。

言霊を勉強してから、和歌を作ることに抵抗がなくなりました。

抵抗・・・つまり、うまいかうまくないか・・・ということに執着しなくなりました。

胸の中から湧き出る言葉、そして絵を自由に表現していくことに囲いがなくなりました。

ポケットの中に筆と小さなスケッチブック。

絵だけだはなく、言霊も綴るようになりました。

子どものように自由でおおらかな心を持って 今年を歩いていきたい。

楽しみます。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

初春ハイキングだより

鶴岡八幡宮 六国見山

1日の吾妻山に始り、今年はハイキング・・・登山とはいえないところが・・・寂しい・・・けれど、毎日のように登っています。

3日は2日に来た娘たちとともに北鎌倉に集合して(この日は早朝の有楽町の火災で東海道線が遅延状態でしたが、電車が動くことに感謝して無事たどり着きました。)、円覚寺の裏の六国見山へハイキング。

リスにも会えてなかなか楽しいハイキングとなりました。

登り終わったあとに鶴岡八幡宮により続いて衣張山に行く段取りをつけていましたが、さすが鶴岡八幡宮・・・海のそばまで並ばなければ境内にはいれず、この日は終了。

幕山

5日は湯河原の幕山にハイキング。

六国も高麗山も吾妻山も100~200mの山でしたが今回は625m。

少し高くなりました。

幕山のハイキングは六国見山に続き、源氏由来の山。

源氏開運街道というコースで、なんともめでたい。

源の頼朝が石橋の戦いで逃げ込み、それをこのあたりの土肥一族が助け、その後鎌倉幕府を開くことになったそうです。

幕山 岩登り

写真が小さいのでわかるでしょうか?

ロッククライミングしています。

ジオハイキングとしても有名な幕山は大きな岩や地層がよく見えます。

もうすぐ梅の開花。

今は蠟梅(ろうばい)と水仙の香りが山を包んでいます。

幕山景色

ハイキングも中盤を過ぎ、相模湾が見えてきました。

幕山 薔薇の実

山を下りながら出会った薔薇の実。


幕山 山の神

最後に山の神にお礼を捧げてきました。

家人曰く・・・、

「また、おいで・・・と言ってたよ。」


そうですか・・・。

次回、幕山へはコッヘルを持ってハイキングしよう。

山頂が開けているので楽しめそうです。

でも・・・、次は大山へハイキング・・・登山・・・する予定です。

1000m超えです(笑)

やっぱり、山頂の神社を目標とすると、がんばりが違いそうです(笑)

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

佳き年へ

寒中お見舞い申し上げます

服喪中につき新年のご挨拶を失礼させて戴きます

みなさまにおかれましては佳き年明けとなられたことをお喜びもうしあげます。

忌明けは50日ですので、神社の中でも初詣OKの場所もあり、今日は家族で出雲神社、六所神社にお伺いする予定です。

それに先駆けて、1月1日は二宮にある吾妻山へハイキング。

吾妻山ハイキング

ハイキングしていると木立から優しい太陽の光りが。。。

吾妻山山頂

吾妻山山頂です。

周囲には菜の花がすでに咲いています。

日本武尊が東国に向かうとき、海が荒れ、海神を鎮めるために海に入った弟橘媛(巫女伝説があります。)を思い振り返ると山があり、その山に向かい「吾妻はや」と嘆いたことに由来するといわれています。

弟橘媛の笄(こうがい・髪につける飾り)を山頂に埋めたといい、山の中腹には弟橘媛を祀った吾妻神社があるところです。

湘南には弟橘媛の袖が流れ着いたといわれる浜もあります。

吾妻山浅間神社

曽我十郎五郎に所以し、花月尼が建てた富士浅間神社です。

花月尼がいつも祈っていたコノハナサクヤ姫に大願成就の意をこめて建立しました。

写真ではあまり感じられないかもしれませんが、柔らかいカーブの屋根を持ち、女性らしい神社です。

現在では二宮町上町の守護神社として大切に鎮護されています。


小さなお山ですがよいお山です。

大磯・二宮周辺は小さな町ですがたくさんの名所があります。

自分の町の中の大切なもの。

忘れてしまわず、守っていきたいものです。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

大学の先輩でもある素敵なユーミン姉さんの歌を♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。