つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

善人なほもて・・・

 善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを、世のひとつねに いはく、悪人なを往生す、いかにいはんや善人をやと

親鸞上人の言葉です。

ISで日本人二人の方の悲しい出来事がありました。

この出来事の情報の中で、私もまたマスコミの情報化に染められそうな状態にいました。

エネルギーの渦はさまざまなところにあります。

食べ物や身に着けるもの、身体に触れるもの、そして思考などなど。。。

食べ物の摂取においては 環境やDNAも影響しているでしょう。

本来の自分が真に欲するものとは ずいぶんと違うかもしれません。

話をもとに戻すと、ISにより悲しい出来事によりお二人の方が犠牲になられました。

しかしながら、報道では、片方の方が随分と、取り上げられることが多かったかと思います。

私の中でも 新聞などを目にする中、人道支援をされていた方と、そうでない方・・・。

そのような線引きをする思考が駆け巡りました。

そして、やっと親鸞の言葉にたどり着きました。

命の重さに かけひきはなく皆等しい。

命の重さにかけひきをするあなたの心こそ、貧しいのですよ。

そう、言われたような感覚になり、ガーン!!自分小さい!!もっと大海のように大きな心と視野を持ちたい!!

そう思いました。

ありがとうございます。


下記は親鸞聖人の言葉について調べている間に出会った、「続馬耳東風」より一部引用させていただきました。

親鸞上人の教えを説いた『歎異抄たんにしょう 』に出てくる有名な言葉に

『善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを、世のひとつねに いはく、悪人なを往生す、いかにいはんや善人をやと』というのがあります。
 
これは、善人だって悟りをひらくことができるのだから、まして悪人が悟りをひらき、彼岸に到達できないわけがない、ということで、 一見非常に矛盾しているようにも思えますが、御承知の如く、ここでいう悪人とは、自分ほど罪深い者はいない、自分のような者が悟りの 世界に入る等ということは到底できない相談であって、彼岸に到達するためには仏様におすがりする以外に道はない、と思いこんでいる人 のことです。

 反対に善人とは、自分程善い人間はいない、自分はこんなにも善根を積んでいるのだから、必ず成仏できると信じている人、言い換える と自力で仏になれると思っている人のことを親鸞上人は善人と言ったのです。

 しかしこの考えを馬術の世界にあてはめてみると、話は少々違ってきます。

 何故なら、馬術上の善人を親鸞上人流に解釈すると、自分ほど修練を積み、自分ほどの馬術の達人はいないのだから、自分の調教につい てこれないのは馬に欠陥があると思いこんで何ら反省の気持をもたない人ということになります。

 これでは馬と一緒に極楽往生する以外にけっして成仏できない馬術の世界では、乗り手に合わせようと努力してくれる馬にめぐり合わ ない限り往生することは不可能であり、いかな仏様でもこのような善人を極楽往生させることはできません。

 反対に、どんなに馬の気持になって馬に接してみても、どうしても自分の思い通りに馬が動いてくれない、いかにしたら馬に逆らわず、 馬を苦しめずに自然の姿で生き生きと馬本来の動きを引き出すことができるかと常に試行錯誤を繰り返している悪人だけが、たとえその 道程は遠くともいつの日にか人馬一体の境地を味わい極楽往生できる可能性があることになります。

 要するに親鸞上人は、自力の心を捨てて他力を信じ、ひたすら念仏を唱えることによって阿弥陀仏の極楽浄土に往生し成仏できると説 いたのです。

 しかし、はたして浄土真宗では他力にすがり念仏を唱える信者だけが往生できればそれで良しとしたのでしょうか、その信者をとりまく 人達の幸福はどうなのか、私はやはり妻や娘達を幸福にさせない限り自分だけの極楽往生などはあり得ないと思いたいのです。

 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の主人公かん陀他[かんだた]がそのことを雄弁に物語っています。

 馬術が馬と一緒の極楽往生しかあり得ないと同じように、この世に残してきた家族の幸福を考えずに自分だけが良い子になって極楽に 遊ぶことは許されない気がします。

 更に親鸞上人の説いた極楽がどの程度のものなのか、私はこの世での行ないによって極楽にもいろいろな段階というか階級がついていな ければ不公平だと思います。

 いずれにしても、人に乗られるべく運命づけられている馬は、輪廻転生によったものか造化の神様の匙加減さじかげん によって、馬に生まれてきた だけのことです。

 もしも今、自分と馬との立場が逆転していたとしたら、しかも馬の姿になった自分が、なおかつ人間の心を持ち続けていたとしたら。

 人の姿をした馬に乗られ、馬術という名のもとに、又はたんなるリクリエーションのためだけに、拍車で蹴られ、鞭で打たれ、何故、 今自分が騎手のサイン通りに動いているのに懲戒されなければならないか、その理由を質す術を持たぬまま、地獄の責め苦をじっと堪える 羽目になったとしたら!
 
考えただけでも身の毛がよだちます。

 
ただただ人間に生まれてきたことへの感謝の気持で馬に接すべきだと思います。

 会社における上司と部下の関係も、まさにこれと同じことで、神様の匙加減一つで、一人は命令する上司となり、もう一人は報われる ことの少ない部下として地獄の責め苦を味わうことになるのです。
 
所詮、馬術といわず、会社といわず、とかくこの世は人間のエゴイズムの上になり立っている哀しい世界なのかも知れません。
 
それなら、なおのこと『歎異抄』でいうところの真の悪人になって、相手の立場になって物事を考え、物事を語る側でなく聞く側に 立って考え、家族をはじめ自分を取りまく人達と手をとりあって皆で幸福になるように努力したいものです。
 
世間一般の常識では、悪人が救われるのであれば、善人が救われるのが当然ということになりますが、仏教では、仏様は善人でさえ救 おうとされるのだから、悪人が救われるのは当たり前だと言うのです。
 
何故ならば、悪人は仏様によってしか往生できないからだと説くのです。

 なんだか大変にもってまわった言い方をしましたが、これは親鸞上人の生きた時代が戦乱の絶え間がなく、一般大衆が常に飢餓や不安 に恐れ戦おのの いていたため、それらの不幸な人達の心を少しでも救いたいという気持と、浄土真宗の布教のために考えた逆説に外ならないと 思いたいのです。
 


スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

森戸神社

150207_1419~02 (355x640)

150207_1418~01 (640x379)

150207_1410~01 (454x640)


mini_150207_1435 (640x372)

mini_150207_14340001 (366x640)

150207_1434~01 (262x640)

土曜日、葉山の美術館に行ってきました。

金山康喜という方の作品です。

館内で彼の魂と向き合う時間をいただきました。

彼は、大変賢い方で、計算された画面を構造化していきますが、それをこえて彼の魂の希求するものが館内に溢れていると感じました。

さてさて、私事ですが触れてはいけないものに触れた・・・そういう感を持って数日間過ごしていました。

私たちヒーラーは 縁をいただいた方に徳を分けていくことであるといわれています。

徳を積むのは偽善ではつめないものです(笑)

んんん~!!

徳がたらんのやな~と思いつつ、さて この違和感をづしたらいいかなと思っていました。

しかしながら 日々淡々と過ごす。

家宝は寝て待て

というメッセージ

焦ってもなんもならん。

いつでもゼロからのスタート

そのような気持ちでいましたが、どうにも不具合を感じます。

バランスが違う。

ずれている。

・・・と過ごしていました。

そして、土曜日を迎え葉山に行く機会をいただきました。

一色海岸より堀之内まで歩き、森戸神社へと導かれました。

そして、沖縄の波之上宮に似ている・・・!!と感じました。

プライベートビーチやお宮の立ち位置。

これはなにかある・・・と感じました。

ご祭神

大山祗命(おおやまつみのみこと)

事代主命(ことしろぬしのみこと)

森戸神社は葉山の守り神ですが、災厄が生じると加持祈祷が行われ、七瀬祓の霊所としても重要な地であったと記され、源氏はもとより鎌倉要人からも篤い信仰があり、特に三浦一族の祈願所でもありました。

七瀬祓は平安中期以降,宮中で毎月または臨時に行われた祓。

天皇の災厄を移した人形(ひとがた)を七人の勅使が七か所の水辺(大七瀬・霊所七瀬・加茂七瀬などの組み合わせがある)に流すもの。

一般貴族もこれに倣(なら)い,また鎌倉幕府も鎌倉に七瀬を選定した。

七瀬の禊(みそぎ)。

ナナセノハライ(七瀬祓)

古昔、朝廷に於て行はれた祓の一種。

七箇所の河海に臨んで行った。

七瀬には三種ある。

(1)難波・農太・河俣・大島・佐久那・谷・辛崎で、これは単に七瀬とする。

(2)河合・耳敏川・松崎・石影・東瀧・西瀧・大井川で、これを霊所七瀬と呼ぶ。

(3)川合・一條・土御門・近衛・中御門・大炊御門・二條の末で、これを加茂川七瀬といつた。

後には鎌倉幕府でもこれに倣つて由比ヶ濱・金洗澤池・固瀬川・六浦・柚川・杜戸・江の島龍穴を以て七瀬とした。

神道大辞典(臨川書店)


森戸神社に導かれたのは 自分自身のハイアーセルフ(守護霊)のおかげさん。

みそぎ橋を渡り、潮風に吹かれ、まがごとがふきとばされていくのを感じます。

森戸神社はおもしろいことに大山祗命もご祭神となっていらっしゃます。

海と山に護られているこの湘南は 本当にあたたかく優しい国です。


森戸神社は 逗子駅からバスが出ています。

天気の良い日は 歩いてもいいかもしれません。

温暖です。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

立春満月


>今日は2月4日(水)獅子座満月

2月4日は立春で節入

今日から新年となります。



そんなスタートの日が

獅子座の満月と重なります

昨年に冬至は新月が重なりました。

12月22日「朔旦冬至(さくたんとうじ)」、という「新月と冬至が重なる」19年に一度の特別な日でした。

人生という旅の中で さまざまな時空を通り過ぎていきます。

波に乗ってのっているように感じられる時もあれば

凪のように静かな時

嵐の時

すべてに良し悪しは ありません。

それに呼応するのは自分の心だけ。。。

宇宙は陰と陽を

拡大と収縮を

拡散と集中を繰り返えしています。

私たちも宇宙の一部う

気持ちが膨らんだり萎んだり

宇宙と一緒に

星々ともに

生きています。

壮大な 星のスペクトラル

私たちも

宇宙のリズムを

聞くことができます。

今まで水面下で起こっていたこと

2月4日満月の日を迎え

いよいよ結実していきます。

さあ、よき年を 迎えましょう。

明日は 関東は雪の予想

でも今日は 晴れです。

満月に出会えます。

お月様のパワーを受け取ってくdさいね(*^_^*)



祈り

ISにより、お亡くなりになられた方にい深く祈りを捧げます。

後藤様におかれましては ツイッタ―でも流れていますが たくさんの言葉が流れています。

また、後藤様は ご本も出されています。

地球の中で同じ人間同士が殺戮するのは おかしい

そう思います。

どうぞ、一刻もはやく 悪夢から目覚め真の心を取戻してもらいたいと願うばかりです。

今日も最後まで読んでくださり ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。