つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

金沢文庫へ

images (188x268)

金沢文庫まで日向薬師の秘仏に会いに行きました。

日向薬師(神奈川県伊勢原市)は仕事帰りによく参拝したお寺さんです。

そして、本当に若い頃ですが秘仏にお詣りさせていただくと、薬師如来様から瑠璃色の光が放出され、これは薬師如来経をいただかなくてはと、ご住職にお話ししました。

すると、ご住職が

「あなたも瑠璃色を見られたんですね。

薬師如来さまは瑠璃色の浄土にいらっしゃるんですよ。

たまにそのような方がいらっしゃる。

経本は売ってはいなのですが、差し上げますよ。」

と、話され私にお経本を手渡してくださいました。

今もそのお経本は、遠隔ヒーリングの際にも必ず祈らせてから初めています。

なので、秘仏に会いに行きました。

金沢文庫は とても静かで館内で、ゆっくりソファに座って対峙することができました。

薬師様からメッセージ。

薬師様の腕の中には赤子が抱かれ、周囲は花と青空、青空には鳥たちが飛んでいました。

「私は 赤子が安心してすくすくと育つ世界を建立することを常に願っているのですよ。」

胸が熱くなり、こみあがるものがあります。

薬師如来さまの左右には日光・月光菩薩像があります。

日光・月光菩薩様もまた薬師如来さまの願いの実現を果たすために今もお力を出していらっしゃいます。

日向薬師は平成の大修理を経てまたさらに未来へ平和が続きますことを祈り続けていくのでしょう。

私たち人もまた、その祈りの加護を受けつつ、さらに自分自身も真の平和への祈りを持する必要があるのでしょう。

無題 (259x194)

称名寺の弥勒菩薩像の復元です。

こうなると、本尊に会いに行きたくなります。

称名寺へ行きます。

150426_1258~01 (355x640)

桜の頃なら さぞかし美しいことでしょう。

昔は 山門の中がにぎわっていたようなエネルギーを感じます。

150426_1258~02 (640x360)
北条氏のミツウロコです。

何故かしら、称名寺の家紋が気になり、シャッターを押しました。

すると紫色の光に包まれて、くっきりとミツウロコがとれません。

ミツウロコの由来を調べてみました。

北条時政(源頼朝の妻の北条政子の父)が北条家の繁栄を江ノ島弁財天37日間祈り続けていました。

そして祈りの終わりの日の夜明。

赤袴の女性(弁財天)が現れて、

「あなたの前世の徳で、あなたの子孫は日本の国主となります」と、お告げをすると二十丈(60㍍)もある竜神に変身して海の中に去りました。

その後に残った三つの鱗を時政は持ち帰って北条家の家紋としました。

源氏の正統は滅び、鎌倉御家人の多くを滅ぼし、承久の乱の勝利で完全に国内政権を確立し、鎌倉を統一した北条家は有史以来の最大の国難である蒙古襲来を向かえます。

その後、衰退はしたものの、熱田神宮とのご縁などもあり、今も子孫はこのミツウロコ紋を繋いでいるとのことです。

(某ガス会社ブログより一部転載)

私自身、小さい頃から始終江の島弁財天様のお世話になっていました。

母もまた江の島弁財天様に縁があり、和尚さんが戒名に江という文字を入れてくださいました。

今回、ミツウロコを調べていて、ああ、弁財天様なんだと頷いてしまいました。

5月2日には カウンセラー講座で江の島弁財天を柱に行う予定ですが、縁の深さに感謝しています。

参加される方もまた、弁財天様の縁がある方がいらっしゃいます。

弁財天様が導いてくださっているかのようです。

150426_1303~01 (640x452)

称名寺境内です。

極楽浄土を現しているのでしょうか。

150426_1307~02 (321x569)

池には鯉や亀がいます。

眠くなるほど緩やかな空間です。

御本尊にお祈りをします。

そして、メッセージをいただきました。

畏れ多いメッセージをいただき、しかしながら、しっかりとそれを受け取ることとしました。

残念ながらここに写真を載せられませんが、海より現れた赤子を抱いた観音様が境内の小高い丘にあります。

まるで、導かれたかのようですが、薬師如来様の祈りの具現化のように思いました。

子どもたちが 安心して暮らせる地球の建立。

それが私たちの使命なのでしょう。

日々の暮らしの中で 私たちはさまざまな情報に惑わされがちです。

しかしながら、私たちの魂は知っています。

荒波は本来の海でしょうか。

本来の海を魂は知っています。

私たちは 常に 本来の海を 知っている必要があります。


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

すべての国がすべての人が光明で照らされますことをお祈り申し上げます。


スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

鎌倉近代美術館まで

150418_1325~01 (640x332)

北鎌倉から鎌倉近代美術館を目指します。

近美は来年4月に閉館になります。

なので、三期に分けて収蔵品を見に行きます。

美術館までの道のりで、長寿寺が気になり、参拝することにしました。

臨済宗建長寺派のお寺さんです。

ここは足利尊氏の家の跡。

とても静かでもみじの見える居室で風の声を受けとめます。

血しぶきの雨が風や木々や大地に染み込むことが よかれと思うことなかれ。


歴史の真実を常に掴みなさい。

みな、その時の栄華に酔いしれるが、総ては一瞬だ。

そのことを あなた方はまだ掴めない。

血しぶきの雨は 真の幸せを掴むことはできない。

真の幸せは 光の如く清き雨の如くただただ透明で光り輝いたものだ。

既にたくさんの歴史が あなた方に渡されている。

誰が誰を滅ぼしたかを超えて掴む大切なことに気づきなさい。

風に載せて、このようなメッセージが届きました。

150418_1341~01 (360x640)

150418_1354~03 (360x640)

第六天神社の正門横の石碑です。

建長寺の四方の鎮守には、中央五大尊と八幡(東)熊野(北)・子神(西)・第六天(南)があり、第六天は上町に鎮座しています。

第六天は仏教では他化(たけ)自在と称し、魔王の如き力を持つといわれ、神道では第六天神です。

厄病除けの神や方位神として信仰されています。

現在、建長寺の四方鎮守の中で、その位置と沿革が明らかなのは第六天だけです。

第六天は、上町の氏神でもあり、例祭は毎年七月十五日から二十二日にかけて行われます。

上記は鎌倉市教育委員会から抜粋しました。

ここには安倍清明の碑もあり、今もなお、建長寺を守護しているのがうかがえます。

祈りが満ちていて、石碑は紫色の光を帯びています。

陰と陽・・・

伊勢神宮にご参拝をさせていただいた時も思いました。

必ず、守護する場があります。

ですから、本体は常に清浄であるんだなあと。

150418_1518~01 (640x362)

鎌倉近代美術館は鶴岡八幡宮の境内にあります。

鎌倉館を設計したのは、坂倉準三という建築家です。

現代建築の巨匠ル・コルビュジエに学んだ彼が建築したこの美術館は 私の好きな美術館のひとつです。

美術館の横の池には蓮の華が毎年咲き、高校生のころから蓮の華の蕾が開くときに ぽんという音がするのを聞きにいくのを楽しみにしていました。

来年4月で閉館となりますが、建造物はとりあえずこのままだそうですが、美術館の大きなグレーの扉を開けることができなくなるのは寂しいものです。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

軽井沢セレモニー

150415_1013~01 (452x535)
未来へのマヤ歴を伝える秋山さんの主催された軽井沢セレモニーに行ってきました。

マヤ文明の末裔であるマヤ族最高の秘密を保持するアレハンドロ長老による、世界平和への祈りです。

グアテマラのマヤ民族長老評議会( マヤの伝統的文化を正しく継承する275 人の男性長老と175 人の女性長老から構成される) の代表であり、キチェ・マヤ族の13 代目の高位神官でもいらしゃるそうです。


150415_1025~03 (562x289)

風や火、水、光・・・などなどへ捧げるCircleには 方位によって蝋燭の色が違うそうです。

天の聖靈、大地の聖靈へ祈りを届けるCircleです。

曼荼羅は宇宙を現しています。

このCircleも同じように私には思いました。

スペイン語とキチェ語なので、詳細はわかりません。

なので、魂で聞くことを選択しました。

11162199_1577407795848329_2785687797125421309_n (640x425)

Circleに火が点灯され、セレモニーが始まりました。

これより先は 携帯や音をたてないように電源をきります。

長老が祈りの言葉を唱えながらCircleの周囲をまわります。

火は長老を追いかけます。

この現象は面白い。

この日は 龍の日。

龍はとても速く天へ私たちの祈りを届けてくれるそうです。

長老が祈りを捧げるとき、私たちも祈りを捧げます。

魂で長老の言葉を聞いていると、魂が呼応し、果てしなくこの地球・宇宙に存在しているすべてのものに家族を感じます。

すべてのものが家族なんだと、涙が溢れます。

私たちの手にも蝋燭があります。

その蝋燭をみながCircleに祈りをこめて投げ込みます。

長老が私たちが真の賢さを持つように、慈悲、慈愛を持つようにさらに祈りを捧げていきます。

セレモニーの最後には 私たちすべてのものが手を繋ぎ、二重のCircleを作り終了す。

私たちは 一人ではなく常に家族であることを忘れないように。


人を傷つける家族が一刻もはやく目覚めるように

人を中傷する家族が一刻もはやく目覚めるように

人を貶める家族が一刻もはやく目覚めるように

人は何のためにこの地上に生まれるのでしょう。

傷つけるためですか?

中傷するためですか?

人を貶め、自分が偉くなるためですか?

いえいえ、そうではないでしょう。

自分の感情というものを しっかりみつめ、エゴかどうかをしっかりみつめ、それが天から、宇宙からいただいた感情かどうかを見極め、ただただあるがままの自分をこの世界に現したなら、この地上はそのまま極楽となるでしょう。

極楽とは どんなところでしょう。

自然界は 循環のサークルにすべてが整い、動植物も人も大地も調和・・・和・・・Circleとなるでしょう。

そのような場を作り出すのは 誰か  ではなく、自分自身なのだと

家族ひとりひとりが思い出してほしい。



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

たくさんの愛と感謝をこめて。。。

Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   3 comments   0 trackback

大磯の神社




高来神社(たかくじんじゃ)は、高麗神社とも呼ばれています。

神武天皇の時代の創建といわれていますが、戦乱により定かではありません。

徳川家康の神影も祭られていて葵の御紋もあります。

近くには平塚市御殿という町があり、徳川家康の御殿(鷹狩などで知られています)があります。

かつては高麗山の山頂に上宮があって高麗権現社といい、右の峰に白山権現を、左の峰に毘沙門天を勧請して「高麗三社権現」がありました。

今も山に登ると、立札があり、当時をしのぶことができます。

この神社のご神体は後ろの山だと思います。

山からよいエネルギーをまとった風が吹き下ろしてきます。

この山には高句麗の王族若光が静かに眠っています。

永久の時を彼は静かに過ごしているのを山に登り、かつてあっただろう場所にたたずむと感じます。

高句麗の王子若光もまた、当時の大磯のの郡を平安にと力を注いでおり、今の情勢を悲しんでいるかもしれません。

ご祭神

神皇産霊尊

天津彦穂邇々伎尊

応神天皇

神功皇后



豊受姫大神です。

今回の参拝では この社殿が小さいのですが印象深くいつまでも胸に残ります。

高来神社では

希望の人生を信じ求め行く人々に

勇気を授け

あらゆる苦難に心閉ざされた扉を開き

導きくださる神様です


とあります。

神名のウケは食物のことで、多くのは食物・穀物を司る女神として祭られていますが、羽衣を隠された天女であるとか

豊受大神は天之御中主神・国常立神と同神であって、この世に最初に現れた始源神であるともいわれている神様です。

天の眞名井もこの神様所以です。

天照大神の御杖代としての話もあり、それは高来神社にある心の扉を開くに 繋がってきます。

小さな小さな社殿ですが、私の心には 大きな大きなお力を感じた社殿です。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

大磯街歩き

150322_1055~01 (640x360)

大磯の町は 古くから日々とが暮らしていたことがうかがえる史跡が残っています。

秦野には桜土手遺跡公園があり、そのようなものが大磯にあったらいいなと思います。


150322_1054~01 (337x640)

古墳を巡っていたら、何度写しても紫色がかる写真がとれる古墳があります。

後々の方が この古墳後に祭祀を催したようです。

祈りの場がまだ静かにエネルギーを携えています。

150322_1054~02 (640x323)

如来を彫ったこの古墳にはどのような思いがこめられていたのでしょうか。

大磯には おそらくは大和朝廷の頃の歴史が刻まれたひとつの場であったことがうかがえます。

やまとたける伝説もおそらくは、東方への進出のなかの出来事であったかもしれません。

大磯は日本の中でも数えられるほどのたくさんの古墳があります。

その多くがあまり知られずに静かに時の中で眠っています、


4月4日は我家の法事の日でした。

和尚さんから 色即是空のお話をお聞きしました。

それは お会いするたびに聞くお話ですが なかなか日々のなかでは忘れがちのことです。

色は目に見える現象の世界

やがては空となる

しかしながら空は空ではない

空から色が生まれる

色に惑うこともなく

空に惑うこともなく

今ある自分に感謝する

草木に感謝する

生を受けたことに感謝する

生を受けたならば

生を受けたことに感謝して

日々を生きる

人を憎むことは砂漠です

人を嫉妬することは砂漠です

人から生を奪うことは砂漠です

オアシスを作ることが私たちの使命です


私は今 とても静かな心で

生きるを選択しています


それは 昨年末から2月にかけてさまざまなことがあり

おかげさまで その現象が天からのプレゼントであることを掴みました


人にはさまざまな事情があります

その事情をすべて感謝して受け入れる

の意味を掴みました


すると静かに生きる楽しさを掴むことができました


風のごとく光のごとく雨のごとく生きるとはどのようなことか


決して何かを誹謗中傷することではない

今日もすべてのことに感謝して

ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。