つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

星の行方

scenicmilkyway3_hepburn_20150925044831ea6.jpg

自分が自分である。

自分が自分であることが なかなか難しい。

観念や常識など さまざまなものに育てられている私たち。

常識がなければ 世の中を渡りきれない。

しかしながら 常識はその時代や場所によっても変化している。

また、個人によっても持っている常識は違う。

それをうまく乗り越えながら自分を確立する。

自分が何を考え、自分がどこへ向かおうとしているのか。

赤ちゃんは お腹がすいたら 泣く。

赤ちゃんは おむつが濡れたら 泣く。

赤ちゃんは お母さんが見えなくなると 泣く。

なんとシンプルなことか。

そのシンプルさを 大人になると理性で抑える。

もう一度 自分の中のシンプルな声を聴く力を取り戻すことが大切。

自分の中のシンプルな声を聴いて(聴くは身を入れて真摯に聴く・・の意です。)、ああ そうなんだねと抱きしめてあげると、生きる力が湧いてくる。

聴かないで、周囲との対人関係に悩んでいると 迷子になってしまう自分が取り残されてしまう。

天空には たくさんの星々がある。

私は星々といい、星のひとつひとつの名前を知らない。

けれど、星のひとつひとつには響きがあり、星のひとつひとつに役割がある。

星の持つ運行が突然、違った方向へと向かったなら すべての星の運行がずれこみ衝突することにもなりかねない。

星は曼荼羅にも描かれている。

知っていらっしゃるように星は曼荼羅図の中で神々として古くから名前がついている。

私たちひとりひとりが、自分の道を知り、違えず(たがえず)生きていきたい。

人をののしるとき、それは相手の星の運行をそらせてしまう。

人をおとしめるとき、それは相手の星の運行をそらせてしまう。

人を恐怖におとしいれ、自分の思うとおりに動かそうとすれば、それは相手の星の運行をそらせてしまう。

また逆の場合は、自分の星の運行をそらせてしまうことになる。

相手がなぜ、そのような言動・行動に走るのか、自分がなぜ、そのような言動・行動に走るのか、少し間をあけてみるといい。

モニタリングである。

すると、その方(もしくは自分)が なにがしかに不安や恐怖、寂しさなどを持っているから、力で押し通そうとしているのがわかる。

パワーか、フォースか という本が2004年の初版されているが、まさにどちらで生きるか。

本の中にもやはり、エゴの自分は本当の自分ではなくエゴを超えるマインドのパラドックスを解釈することによってIs(存在そのもの)本当の自分が現れる。

国々もまたよくその性格を見てみると、エゴで生きている国が多い。

どのように生きていくか。

今日 、今・・・この時間は いつまでもあるわけではない。

明日、この時間がなくても文句はいえない。

だからこそ、自分を現し、大切に生きていくことを選択してほしい。

それは自分にも課している課題。

さまざまな事象に一喜一憂していることを越え、その中の普遍な事象を掴むことが開かれた道が見え始める。

それこそが開運である。

あなたがあなたらしく生きることを心から願って・・・♡

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサーサイト
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

平和へ

古墳の空 (640x360)

久しぶりの投稿となりました。

何をやっていたかというと、相変わらず自分を見つめるという作業です。

体外離脱という体験を20年ほど前に経験してから、現在という場に対して考えることは多くなりました。

現在・・・というめくるめく一瞬が瞬時に移行していく。

あるけどない

ないけどある

そんな時空を体験しているんだな・・・と。

けっこう疲れていることが多くあります。

目を瞑っているのに見えちゃうとか、先日はものすごい勢いで耳の中を音が通過していくとか。。。

善い場に行くと花の香りがし、今回記事にした古墳群ではお香の香りがするとか。。。

ついつい同行してくれている家人に伝えると、怪訝そうな顔をするとともに心配もしてくれます。

心配は かつて私がエゴ満載でいろいろなことを知りたいがために肉体のない方の(親戚でしたが)チャネルで長野まで飛ぶはめになったりしたからです。

今はどうやら高次の存在の方からメッセージをいただいていますが、家人にとってみたら私がボーっとしていると心配のようです。

ありがたいことだなあと感謝しています。

世の中は大きく変化しています。

安保です。

日本の方々の意識も変化しています。

私見です。

地球の波動はかなり前から上昇しています。

地球には地球の意識があり、その意識に人の意識がついていってないといわれてきました。

安保により、政治は今まで政治家がやればよいという意識が人の中になかったでしょうか。

今、若者をはじめ、戦争を体験された年代の方々までたちあがりました。

世界中の国が手をつなぐことができれば最上ですが、まだまだ胸のチャクラ(普遍の愛)まで意識の上昇が達していない国も多くあり、難しい。

日本の国は 現在のツールではスイスのように自国で軍隊を持ち自立するかブータンのように軍隊も持たず争いをしないか、他国と連携をして国を護るか・・・なのでしょうか。

日本の技術力や海域など〇国としては、乗っ取りたいと思っているでしょう。

これに対して和を持つには外交力ですが なかなか功を奏していません。

武器や兵器を持たず平和への祈りを発することのできる国へと他国から認められる国へと上昇していってもらいたいと願います


二宮古墳公園 (640x341)

神奈川県二宮にある古墳公園です。

緑ヶ丘という住宅街にあります。

二宮倉上横穴墓群 (640x360)

二宮の倉上横穴墓群です。

運動公園の下にありますが、道路や公園設備でかなり数を減らしています。

本当に数を減らしていいのでしょうか?

代替え地もありません。。。

箱根神代杉 (640x360)

場所をかえ、平塚市博物館へ行きました。

少しばかりですが勉強です。

すると、氣の良い場がありました。

箱根の神代杉です。

神山から芦ノ湖へと崩落したものです。

箱根神社のけけら木(心木)の親戚です。

ちょいと元気をもらって次の古墳へ向かいます。

(美術館にも行ったけど(*^_^*))

平塚塚越古墳 (640x306)

平塚金目にある塚越古墳です。

きれいな前方後円墳です。

でもね、ここは四十四塚といわれていたところ。。。

住宅街となり、ほとんど塚が見当たりません。

人の心

切なさがよぎります

沖縄久高島は 土地の所有者がいません。

分け隔てなく皆で住んでいます。

神様の土地だからです。

本土も同じだと思うのだけれど。。。

出雲や沖縄の神様から言われたこと。

争いごとをなくしなさい。

それがあなたの使命

争いごとが無くなったとき、神々の世界も争いごとが無くなり古事記も書き換えが行われる。

そういわれました。

私たちすべての人は 神様からの分け御魂。

それを行うために地球にやってきたはず。

春日大社の祝詞集の中に

天の鳥船神事があります。

八百万の神々とともにこの地球を弥栄に~

と、鳥船を運転して天からやってきた私たち。



まずは、自分の中の争いごとを外していくことが大切かと。。。



長文読んでくださり、ありがとうございます。

今日、23日には書かなくてはなりませんよと言われて書かせていただきました。

平塚市博物館では 古富士の砂も拝見してきました。

富士も姿を変えた過去があります。

形は(現象)は あくまで形です。

形にとらわれることなく、真(心)を掴むことだと思います。

形は消えますが、心は精神は引き継がれていきます。

なににもとらわれることのない心を持っていきましょう。

ありがとうございます。


※一番上の写真は古墳の上空です。

天から笛の音が響いてきました。



お知らせ:ホームページがリニューアルしました。

      http://www.moonhibii.com
      
      よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。