つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

ハート

「ダーウィンがきた」を見ました。

ケープタウン(南アフリカ)に住むペンギンたちのお話です。

ペンギンダーウィンが来たより転載

ロベン島のペンギンたちが ナミビアの重油流出事故で棲むことができなくなり、ケープタウンの町に住むようになったとのこと。

重油にまみれたペンギンたちの救出活動が必死に行われた結果、生き残ったペンギンたちがこの町に移り住んだそうです。

かつて日本でも起き、友人が仕事場(組合)から選ばれて出かけて行ったことがあります。

福井で重油のバケツリレーをしてきたとのこと。

1ヵ月の派遣でした。

漁業を営む人たちにとっても深刻な問題ですが、一番の被害者は海の住人たちです。

町に住んで、車などの危険にさらされて住むペンギンたち。

帰巣本能があるのに ケープタウンを棲みかに選ばなくてはならなくなったペンギン。

人として、他の生物になるべく迷惑をかけないように共存していきたい。

そう思いました。

昨日、森から帰ってきましたが、美しい森の中でも、ゴミがあちらこちらに。

ビニールや缶は肥料になりません。

7月に森の中でミニ癒しフェアを行いますが、参加してくださる皆さんに、森の中を散策してもらう予定です。

その時にお渡しするのがゴミ袋と軍手。

森の中の落とし物を拾ってもらえれば・・・と思っています。

森の中の落とし物・・・ゴミですが、これを管理事務所に渡すとお金で引き取ってくれます。

ゴミの処理にはお金がかかるのは当たり前のことになりました。

自分が出したゴミにひとりひとりが責任を持って持ち帰って欲しいと。

そして、美しい森にみんな会いにくるのだから、その森をせめて汚さないようなハートを持って欲しいと。

人はいろんなものを運んできます。

宮崎の牛さんたちのことも 重なります。

もしかしたら、人に付着してきたのかもしれません。

今はハートの時代

胸のチャクラ(ハートセンター)が開く時代です。

このハートセンターを自分だけでなく、他へと広がるものにしたいものです。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

昨日のメッセージ

ぐずぐず考えていないで、まずは自分から行動しなさい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

ランキングに参加中!!応援クリックよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1003-3f7e61fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。