つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

許しのエネルギー

本当にあった話

ある朝のこと。

学校に向かうK君。

道路の端を歩き、気持ちよく歩いているところに一台の車が突っ込んできた。

K君は頭を強く打ち、意識不明の状態に。

ご家族は大至急 病院へ向かいました。

すると運転していた方も警察の方とともにいらした。

廊下にふせて謝罪をこう運転手の方。

ちょっとした気の緩みでよそ見をしての事故だといわれ、涙を流しながら本当に申しわけないと謝罪の言葉を述べられた。

見てみるとまだ20代前半の男性。

ご家族、とりわけK君のお母様は

「大丈夫ですよ。うちの子は絶対に助かる。あなたもどうぞ、心を取り戻してください。あなたの心の方が心配ですよ。」

と、すべてを許しました。

一週間をすぎても相変わらず、集中治療室で過ごし意識の戻らないK君が ご家族の目の前にいましたが、何度も謝罪に来る運転手の方に

「大丈夫!!安心して仕事をしてください。」

と許し続けました。

すると、次の日K君は意識を取り戻し、今ではなんの後遺症もなく元気に大学に通う青年に。

そして、運転手の方とは 今では一緒に飲みに行くほどの仲に。



このような体験は数多くあります。

これは どんな意味があるのでしょうか。

被害者にならない

という意識がK君のご家族の心の根底にしっかり根付いていたんですね。

被害者にならなければ、加害者も生まれない。

すると天が 地が動き始めます。

誰かのせいにしない。

に通じるものでもあると思います。


昨日、遠隔の依頼を頼まれました。

お子さん同士で仲良く遊んでいる時に不慮の事故が起きました。

お子さんがぶつかって骨を折るというものでした。

遠隔をしている間に、どうも骨を折られたお子さんのお母さんの状態が引き寄せていると感じました。

お母さんがお相手を責めているように感じました。

そして、そのお子さんにもそのエネルギーが流れ、手術に関して治りたくない・被害者でいたい・・・そういうメッセージが届きました。

しばらく遠隔をしている間に緑色のエネルギー(治癒のエネルギーの色)が見えたので終了することができました。

依頼してくださった方に 状況を説明すると、

親御さん同士、仲良く話していたのに事故が起きた瞬間から責める言葉がシャワーのように降りはじめたそうです。

起こした側にももちろん、考えて反省する・・・それはとても重要なことです。

すべてを受け止め、そして許し天と地を信頼したとき、天と地が動き始めます。

被害者にならず、加害者をつくらない。

これがお腹の底にポンと入った時、奇跡が奇跡でなくなります。

当たり前になっていきます。


さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "Re: タイトルなし"
あ・うんさん、ありがとうございます。
はい~♡
私も同じです。
今、気がつくことで変化している(^^♪
今、気がつくことって素晴らしいことですよね。
わからなかったことが またひとつお腹の下に落ちた・・・。
ころころ転がって、お腹に落ちた時 満ち足りた時間が(^^♪
また会えるの楽しみにしています。
2010.08.13 05:10 | URL | #- [edit]
あ・うん says... ""
久しぶりに更新されてほっと安心。

いま、その言葉、わかるなぁ。被害者にも加害者にもならない。
あるがままを受け入れて。

ちょっと被害者よりになってたとこだった。

気をつけます。

いつもありがとう。
2010.08.12 17:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1063-2ccc5302
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。