つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

すべてが命

昨日は久しぶりの月響き庵でレイキセッションがありました。

レイキという名前にとらわれがちですが、いわゆる天地のエネルギーを どう活用するか・・・ということ。

天地のエネルギーには 判断がありません。

話を進めて行く間に 食についてという話題になりました。

「牛・豚・鳥なら どれがよくないですか?」

という質問がでました。

私は

「判断しない。」

ということをお話ししました。

地球上にあるすべてのものに命があります。

ですから、出されたものすべてを感謝していただく。

それがいいんじゃあないかと。

今、私たちは日本に生まれ生活させていただいています。

食物が溢れています。

でも、水を1滴得るのに何時間もかけて手に入れている人々もいます。

おそらくは 過去世ではそのような地で暮らしたこともあると思います。

数年前に断食を経験したことがあります。

(ヨガでのひとつのトレーニングなので自分ひとりでは危険です。)

21日間のトレーニングを終了したその日、メッセージが届きました。

「馬も牛も小麦もすべてが天地からの贈り物。感謝しなさい。今、日本で生まれているがそうでない場合もあるのだよ。今はそれを体験しなさい。」

上記のようなメッセージでした。

涙があふれて止まりませんでした。

すべてが天地からの贈り物なんだということが雨が大地にしみ込むように身体中に浸みわたっていきました。

そして・・・馬・・・という言葉が何故出てきたのか?

私の連れ合いの実家は長野です。

長野では馬や蜂の子・鯉がごちそうです。

私の苦手なものばかりですが、その苦手はどこから来ているのか。

判断している・排他している・・・という心の現れをなくしなさいということなのでしょう。

すべてが等しく素晴らしい命。

そのことに気がつきなさい・・・というハイアーセルフ(高次元の自己)からのメッセージなんでしょうね。

植物にも命があります。

そして、洋服もそれらの命を紡いでできています。

今、この地上でプラナ(氣)だけで生活をしている人も何人かいらっしゃるようです。

その方のひとりとお話をしたことがあります。

息にも天地の恵みが。

洋服にも天地の恵みが。

食べないでいることが素晴らしいことではなく、さまざまなプレゼントをいただいていることに気付き、そして感謝して大切にいただく。

それが大切なのだよ・・・と話されていました。

さまざまな情報や常識・観念によって私たちの真我(しんが。本物の自分)の思いが奥の方に隠れてしまいがちです。

例えば 日本ではお茶碗を持って食べなさいと小さいころから言われ続けています。

でも・・・。

他の多くの国では器を持つことは マナー違反になります。

私たちの価値観とは そうしたものなんですね。

太陽の光り・美しい月夜・・・すべてが美しく尊い。



さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1064-37a5fe77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。