つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

動物たちと私

私が生まれる前から 犬や猫が私の家にいました。

そして、私自身が育てた犬や猫、鳥たちも少なくありません。

草むらから3匹まとめて出てきたり、動物病院で新たな飼い主を待っている子たちを連れて帰ってきていました。

子供が保育園に通っている頃、雨が降ってる中でインコが私の車の前で濡れていて、それを息子が大事に胸に抱えて連れて帰ってきたりと、めぐり合う動物たちはみな縁のある子ばかり。

ゴールデンレトリバーのザビル君がいました。

6か月で来た彼は 近所のおばあさんがもう飼えない(大きくなってしまって)といって、我が家に連れてきた子です。

おとなしい彼でしたが、2回の胃念転で私の母が逝く10日前に天に還りました。

まるで母を先導するかのようでした。

この日も息子が夜中に突然みんなを起こし、「ザビルが逝った!!今、守護霊が教えてくれた!!」と叫んだのが忘れられません。

ザビルは食いしん坊で食べ方がへたくそ!!

パフパフしながら、あわてて食べ、口の周りはよだれだらけ。

この子に似ているのがフレンチブルドッグのバロンです。

食べ方やしぐさ、目がそっくりです。

動物たちの意識体は 雨粒がす~っと流れていくように優しいエネルギー。

いくつもの雨粒がまた地上に静かに落ちて吸収していくように バロンにもしみ込んでいるかもしれません。

でも、やんちゃで小さな戦車のようなバロンとはちょっと違う。

バロンはバロンでまた別の個性として産まれてきているからでしょう。

ザビルは いつもありがとう、僕を飼ってくれてありがとう・・・と遠慮しがちにいた感があります。

力が強いのに、先住犬のシルベスターの前に行くことがありませんでした。

シルベスターの体の倍はあるのに いつも兄貴分として尊重していました。

バロンは・・・というと、先住犬のマイルス君より「僕~!!」と、目いっぱいやんちゃをしています。

私はそれが嬉しく思います。

のびのびと 自分を出して 人生を(犬生?)謳歌してほしい。

マイルスとバロンは 私が遠隔ヒーリングをしていると突然あらぬ方向を見て吠えだします。

私を守ってくれているんだろうと思いますが、初めのころはそれをやめなさい、私の仕事だからと止めていましたが、それが彼らの使命なんだとメッセージをもらったことがあります。

私たち家族と一緒に過ごし、守っていくことでまた彼らも覚醒していくようです。

ですから、彼らのことは彼らの意識体に任せることにしました。

一緒に体脱して空を飛ぶマイルス君、龍になって助けにきてくれるバロン君。

彼らとの約束は どうやら出雲のころから繋がっているようです。

他のわんこ達もニャンコ達もまたソウルメイトとして繰り返し出会う仲間たち。

11月は神帰月(かみきづき)ともいわれています。

神が月へ帰る月、なんともロマンチックです。

神々が出雲から戻ってきた11月。

しっかりと歩いていきたい。

そう願う月でもあります。

さあ、今日も元気に歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1137-753dbd68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。