つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

新しい旅の始まりに

自分の外側と内側。

内側の自分の声に従って生き始めると 外側でさざ波が起こり始めます。

それは 周囲がその声(内側の声に従って生き始めること)に対して 不安にかられるから。

周囲の人々が まだ体験した事のない事柄であり、自分たちのしていることを正当化したかったり自分に対してどのような状況になるのか不安にかられるから。

自分が内なる声に導かれ 新しい生き方をしはじめると 周囲の人はそこにいろいろなパワーをしかけてきます。

信じられらない・・・、どうして?

などなど、さまざまなパワーでつつき始めます。

反対に すでに内側の声に導かれ歩き始めている方々の応援もあります。

さて、自分自身は・・・というと、まだ生まれたての赤ちゃんです。

生まれたての赤ちゃんは まだ抵抗力が弱い。

ずっと、観念や価値観に縛りつけられていました。

だから、しばし 反対の意見の方々から しばらくの間、身を守った方がいいかもしれません。

そして、成長し、熟してからその守りを解きましょう。

自分の中の小さなろうそくの灯が大きな炎となり、揺らがなくなって相手をも暖かく包み込めるようになるまで。

地球にやってくるずっと前から約束していたこと。

それが やっと結実する。

ところが さまざまなパワー(不安・恐れ・・・etc.)により、書きかえられてしまう。

自分の力、自分の真実を信頼することが大切です。

昨日、クローズアップ現代というテレビを見ました。

「GAMAN」という展覧会の模様をクローズアップしていました。

アメリカで拘留生活をしていた日系人の方々の作品です。

なにもないところ、プライバシーさえ保つことのできない拘留生活。

その中で日本人の方々は 石や木の根っこ、土深くに埋まっている貝殻から空を見上げて今にも飛んでいきそうな鳥や、美しいブローチなどを作りました。

それは 未来を信じて毎日を生きていたからだといいます。

拘留生活は いつ終わるのかわからない。

そんな中で 現状にうちひしがれるのではなく 未来へと日々をつなげていったのです。

アメリカの方々も 日本の人の心の強さに感動していました。

今の私たちにもそのDNAは受け継がれていると 信じています。

自然のエネルギーの流れを止めることなく あるがままの自分を解放する。

この時、すべての奇跡が奇跡でなくなります。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1148-6790b788
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。