つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

鞍馬山

信州の武水別神社に参拝した帰りのこと。

帰りに古本屋に立ち寄りました。

手に入れたのは「火の鳥」のまんが本。

この本は 私を導いてくださったNさん(天に帰幽)が、読んでごらんなさいと勧めれらたもの。

火の鳥は冊数が多く、かなり読んだのですが その本屋にあったのは乱世編の上下がポンと置いてあり、中を見てみると読んでいない!!

これは!と思い、早速購入したわけですがなかなか読む機会がなく やっと昨日開きました。

すると・・・。

鞍馬山のお話です。

僧正坊だと思われる人物が登場してきますが、見事に人の心を描いていました。

いつの時代も人の心は 似ている。

争い事は本当に必要なのだろうかと。

そして、ここ何日か古神道を勉強しているのですが ここにも鞍馬山の話が出てきました。

鞍馬山が呼んでいるような。

靈氣(レイキ)とつながっている鞍馬山ですが ますます勉強しなさいよと声をかけられているようで。

僧正坊は毘沙門天ではないかという話があります。

確かに僧正坊は牛若丸を育て強かった仙人のような方だったようです。

七福神パステルの中にも毘沙門天がいらして みんなで描いたばかり。

靈氣の中にもこの神様がいらっしゃる。

古くは財宝神として、そして密教では北方を守る天部として知られています。

吉祥天のご主人でもあります。

吉祥天はインドのラクシュミでもあるといわれ、古くは七福神にいらしたとか。

福禄寿のかわりにいたとか言われています。

武水別神社、そして七福神パステル。

すべて、出会うことは天の采配なのだな・・・と。

さて、今日はどんな采配とであうでしょう(*^_^*)

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "たまねぎさんへ"
たまねぎさん、ありがとうございます。
鞍馬山行ってみてください(*^_^*)
とてもいいところですよ(*^_^*)
2011.01.20 06:00 | URL | #- [edit]
たまねぎ says... ""
私も鞍馬山に行ったことがありますが

鞍馬山とレイキが強いつながりがあることを

知ったのはつい最近です!
2011.01.16 23:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1193-7b202aec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。