つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

受け入れる

設備があるからもっと寛大になれると思うのは幻想です。

いわゆる文明から遠く離れたところの人を訪ねると、昔からの道具を使い、つつましく生活しています。

そこで人々が求めているのは物ではなく人間なのです。

自分たちの持っている全てを使って来客をもてなし、とどめておこうとするでしょう。

それは美しいことです。

設備が整い、先端技術の道具に囲まれた中に住んでいる状態とは対照的です。

そこでは人々はお互いに耐えられないでいるのです。

小さな個室に住み、となりはセメントの壁で区切られ、お互いの音が聞こえないようにして、相手の存在に背を向けます。



インディオの魂は、

大災害でこなごなになったとしても、

塵となって風に吹かれながら

旅をつづけていくだろう。


文明人は何かを達成しようと生きている。

自分の銅像を建てようとしているのだ。

けれど、本当にそんな必要があるのだろうか。

生きているだけで、充分すばらしいじゃないか。

生きるという以外に、本当は何もする必要なんてないんだ。



アマゾンの先住民アユトン・クレナックの言葉です。

この言葉の数々にたくさんの智慧が隠されていると思います。

仏教の中に「他力」という教えがあります。

自力と比較されやすい言葉ですが、実は自力の中に他力のエッセンスがちりばめられています。

思い通りにならないことがあっても、じたばたしないで受け入れなさい。

この時、阿弥陀如来の本願(すべての人を救う願い)が発現するよ。

すべてを委ねなさいよ。

というものです。

うまくいかないとじたばたするのが人の心。

でもうまくいかないことを受け入れて天を信じると動き始めるものがある。

阿弥陀如来は高次の自己であるかもしれません。

この時、邪魔をするのがエゴです。

先日、東京のど真ん中で友人が転倒しました。

ところが誰も手を差し伸べる人がいなかったそうです。

理由はさまざまでしょう。

仕事に遅刻するとか、手を差し伸べるのが恥ずかしいとか、誰かが助けるだろうとか。。。

理由をいくつもくっつけるのが人の心・エゴです。

目の前に起きたその事象を素直に受け入れたとき、自分の心が素直に動いた時、高次の自己が発現します。

インディオの先住民の言葉の中にそれがくみ取れます。

かつて神戸で災害があった時、力強く神戸の方々は立ち上がりました。

私も「ガッツや 神戸!!」のTシャツを今も着ています。

私たち日本人もアユトン・クレナックの智慧を持っています。

それをいかに発現するか。

自分の心に素直に生きる。

自力の中の他力。

高次の自己をいつも発現させていきましょう。

この時、不可能が可能になっていきます。

さて、友人のことが気にかかると思います。

実は骨折をしていました。

無事家路に辿り着きましたが、そのあとも浜松など私の出先へとその足で手伝いに来てくださいました。

骨折後3日です。

でも動きます。

それは心が骨折していないからです。

心が骨折してしまえば、たとえ五体満足でも自由に動くことはできません。

数年前にブログで紹介した全国脊髄損傷の会の理事も車いすで移動するのですが、世界中を飛び回っています。

五体満足の私よりも心に羽根がついています。

心に羽根をつけましょう

もっと幸せになれるよ!!

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
アボリジニ(オーストラリアの原住民は遠く離れた人とテレパシーでお話ができるそうです。
私たちにも虫の知らせというのがありますが、今では携帯電話がないと落ち着かない(私もその一人です)。
本来ある力がさえぎられているかもしれませんね。
2011.02.27 04:44 | URL | #- [edit]
ゴチ says... ""
現代には不要な便利が氾濫しています。それらの中には十分に誰でもが手作り出来るようなものもあります。
それらはかえって人間に悪影響を及ぼす便利であるとも言えるのではないでしょうか。
考える能力が無くなり、人間の能力に格差を生じさせるような気がします。
2011.02.24 13:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1226-0a277bfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。