つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

日記から

昔の日記が目の中に飛び込んできた。

本棚の中で 日記が目についた・・・といったほうがいいかもしれない。

こんな時は ハイアーセルフからのメッセージであるのだろう。

パラパラとめくって、心にとまるものがあった。

ヨガのスタッフをしている時のことを書いてあった。

ヨガセンターに通ってきてくださるメンバーからのご相談を受けているページである。

メンバーの中で「嫌い」と思っている人がいて、別のセンターへ移動したいというご相談だった。

「嫌い」というのは感情である。

この感情を見ていかなくてはならない旨を伝えるとともに、感情は新皮質と旧皮質の働きであることを伝えた。

新皮質は判断や計算、旧皮質は恐怖などである。

これをもっとわかりやすく説明すると、自分の身を守るために活発に活動するのである。

その奥にある生命を維持する脳幹にまで到達しないために必死になって活動するのである。

こう考えていくと、違うセンターに異動するのはとても当たり前の思考である。

そこで、それが本当にそうなのかどうかをもっと深く内面に掘り下げていくと、

何が一番大切か

である。

自分はなぜヨガセンターに通ってきているのか。

その目的は?

そこを考えていけば、移動する必要がないことに気付く。

そして、おそらくは違うセンターにいってもまた同じような方に出会う。

相性が合わないと思った方が実は自分の中の一部の質でもあるから。

心と身体を練っていく間には 身体が柔らかくなるだけでではなく心も柔らかくならなくてはならない。

ヨガなどで身体を練っていく間にさまざまな緊張が解け、それは魂にも響き始める。

また、そのような方に出会ったことに感謝して今この時、私は自分の中の心に出会えたんだと受け入れる準備ができたことを喜ぶといい。

マラソンをしたことがあるだろうか。

途中までは苦しい。

しかし、ある境界までくると抜けて楽に走ることができるようになる。

それと同じである。

サウナも同じ。

あるところまでは苦しいが汗が出始めると爽快になる。

魂も同じである。

相手が自分の一部であることを真に受け入れることができる瞬間まで苦しい。

なにせ、自分がいやだなと思っていることを相手が見せてくれていて、そんなもの自分にはないんだと自分の心の奥底をみないように自分を守っているからである。

えっ?!自分の中には相手のようなものはない・・・と思う方もいらっしゃるかもしれない。

私たちの魂の仕組みはとても奥深い。

意識と言いかえてもいい。

今、現れているのは顕在意識。

その下に潜在意識がある。

私はこの意識を考えていると タイタニック号を思い出す。

タイタニックはしっかりと氷山を見つけることができた。

でも、船は沈没した。

海の上に現れた氷山(顕在意識)はほんの一部。

海の下にヒマラヤのように大きな氷山(潜在意識)が、あったからである。

今はレーダーがあり、安全に航海することができているわけだが、私たちの心・意識もこのレーダーをつける必要がある。

嫌という感情が起きた時、相手をせめることをしないで自分の中を溶かしていくといい。

その時、海のすべてが自分となる。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1230-581f7fd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。