つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   1 trackback

みんなひとつ

2011040101001212_-_-_CI0002.jpgサンスポから

奇跡が起きました。

1日午後4時ごろ、宮城県気仙沼市本吉町の沖合約1・8キロの海上で、漂流していた屋根の上に犬がいるのを、第3管区海上保安本部(横浜)所属の特殊救難隊が見つけ、約1時間後に救出されました。

このワンちゃんが 助かった奇跡を無駄にしたくない。

このワンちゃんが無事、会場保安本部さんのおかげで助かったなら まだまだ奇跡は起こる。

そう思います。

そして、このワンちゃんをはじめ、すべての人・動物・植物が天寿を全うしてもらいたい。

そう願って、今回の記事を書かせていただこうと思いました。

このワンちゃんは 救助後愛護センターに保護されました。

救助隊に向かって警戒心さえ抱かず、素直に抱かれていたワンちゃんです。

行先は愛護センターです。

愛護センターは保健所なんです。

下記に東京都の保健所の業務内容をコピーさせていただきました。

保護期間は7日間です。

奇跡のワンちゃんだから 延びるでしょうか。

それともお約束はお約束なんでしょうか。

愛護センターは犬の引き取り手があるまでは 治療などを施してくれますが、その先は厳しい現実があります。

子犬でも老犬でも同じです。

子犬も老犬もみな生きていたいと思っているに違いないと思います。

我が家では おととし 16歳9カ月で旅立ったわんこがいました。

年齢とともに心臓の筋肉が伸び、また足もよろつきはじめ、庭のコーナーで転倒することもあり、うまく走ることができなくなっていました。

でもね、病院に行ったら

「シル君は 今も少年だと思っているんだよね。心は少年なんだよね。」

と言われました。

最後まで少年だったシル君。

どの子もどの子も みな奇跡の子たち。

私もあなたも、そして動物も植物も水も空気も。。。

下記を読んでください。

愛護センターにいらっしゃる方の中には獣医師さんもいらっしゃいます。

決して命を軽んじているわけではなく、日々飼い主さん、もしくは新しい飼い主さんを待っています。

愛犬を飼うためのしつけ教室や心構えも教えてくださる場所ですが、ここに来る子たちには短い日数。

みなさんのご支援をいただいているアニマルメリーランドさんは 先日も愛護センターから3匹のわんこを救出。

来週は浜松に救出に行きます。

それでも間に合わないことがあります。

どうぞ、愛護センター・保健所に連れていく前に その子の命の灯火を感じてあげてください。

そして、もしどうしてもだめなら愛護団体を尋ねてください。

各地域に愛護団体があると思います。

アニマルメリーランドさんは兵庫のNPO法人です。

日本全国どこでも救出にいきますが、それでも常時百匹を飼育しています。

そして、ターミナルまでケアをしています。

人は 奇跡が起きた時、感動し感情が動きます。

でも動物たちは 日々淡々と信頼を手放すことなく生きています。

みんなひとつ。

私たちの愛が命を救います。

最後まで 可愛がってあげてください。

そして、もし迷子の子がいたら、愛護センター(保健所)に行く前にほかに手だてがないか探してください。

愛は無限です。

代償なしに天地から得られます。

ありがとうございます。


動物の保護と管理 「動物の保護と管理」に掲げた項目は、八王子市内については八王子市保健所が担当しております。


(1) 動物の収容
動物による人への危害防止と動物保護の両面から、飼い主のわからない犬や飼い主のわからない負傷動物( 犬、猫、いえうさぎ、にわとり、あひる )について収容、治療を行なっています。


(2) 犬・猫の引取り
事情等をお聞きしたうえで、やむを得ず継続して飼うことができないと判断される飼い主の方から犬・猫の引取りを行なっています。引取りは、電話相談を受けて判断し、日時と場所を指定して有料で行なっています。必ず事前に電話で相談して下さい。
また、飼い主のわからない犬・子猫( 生後間もない離乳前の子猫に限ります )を拾得された方からの引取りを行なっています。


(3) 動物の管理
捕獲・収容した動物( 飼い主から引き取った動物を除く )の収容期間は7日間です。負傷(しょう)動物は、治療等を行いながら飼養管理を行なっています。
また、こう傷(しょう)事故を起こした飼い主のわからない犬の場合には、狂犬病の検診を行なっています。


(4) 動物の返還
収容期間中に飼い主のわかった犬・猫等は、飼い方(かた)について指導したうえで返還しています( 犬の場合は、登録を確認してからの返還になります )。


(5) 犬・猫等の譲渡
愛情と責任をもって終生飼養し、他の飼い主の模範となり適正に飼うことができる希望者を対象に、講習会を実施したうえで犬・猫等の譲渡をしています。また、東京都の譲渡対象団体にも譲渡を行っています。
譲渡対象動物は、収容期間を過ぎても元の飼い主が見つからなかった犬・猫等や、飼い主から引き取った犬・猫です。


(6) 殺処分
以下の場合は殺処分としています。


収容期間を過ぎても飼い主が見つからなかった犬・猫等( 譲渡できなかった場合 )
飼い主から引き取った犬・猫( 譲渡できなかった場合 )•飼養管理が困難な生後間もない子犬や子猫治療が困難な負傷動物



(動物愛護団体への継続支援を引き続きお願いします。

〒679ー 2121

兵庫県姫路市豊富町神谷7379

アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1258-7c6ff90d
なぜあなたの愛犬は言う事をきいてくれないのか?
なぜあなたの愛犬は吠える、噛む、散歩の時に引っ張るなどの問題行動をするのか?どうすれば自分の愛犬がお利口になるのか?たった3つのことを実践すれば、あなたの愛犬の問題行動をなくすことができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。