つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

感じる心

なにかに出会った時、人は必ず何かを感じます。

それによって、行動を左右することもしばしば。

その一番最初に感じるものを 大切に過ごしていく。

この場所は なんだか嫌だなって感じるとき 人は場所を移動します。

この時ね、ほかの人はどうなのかちょっと心のざわめきを抑えて観察します。

ほかの人が ニコニコ楽しそうに過ごしているのに 自分はどうも落ち着かない。

これ、自分に何かあるかなって考えてみて それを解(ほぐ)すと、ああ、小さいころ ここであんなことがあったからだ・・・とか、気づくことがあるかもしれません。

場所のせいではなくて 自分の過去の思いによって その場所に嫌な感覚が残っているんだ~って。

その過去を うまく解(ほど)いていくと その場所が心地よい場所に生まれ変わっていきます。

場所だけでなく 物・人・・・などなど、すべてが同じです。

背の高い人が苦手、眼鏡をかけている人が苦手。。。

実は背の高い人、眼鏡をかけている人が自分の大切な人であったりしても トラウマという感情によってさけてしまっている場合もあるんです。

自分の苦手なものが なんであるかを自分に聞いていくと 苦手なものが少なくなっていき 楽に生きていくことができます。

我が家のワンコのお話をします。

ワンコと一緒にするな~っていわないでくださいね。

我が家のワンコ・フレンチブル君には ある一定の方向がトラウマになっています。

頭の前方方向です。

一緒に暮らし始めてから すでに2年半が経過しています。

でも依然としてその方向が駄目。

ですから、点耳薬・点眼薬めがけてかみつこうとする。

この原因は 某ペットショップでの体験があります。

彼は5ヶ月間、ペットショップのガラスケースの中で育った子。

産まれてひと月で九州から神奈川の地にやってきました。

そして、どうやら さんざんその方向から叩かれていたようです。

獣医師の先生や犬の幼稚園(あるんです~(*^_^*))の先生たちとお話しながら その方向にどうしてもトラウマがあるねということがわかりました。

これを取り去るには 飼い主さんの愛情しかない。

彼が自分を守るための必死の防御策なわけで それさえもいとしくせつなく思います。

春になって、氷が次第にとけてゆっくりとせせらぎになるように愛情をこめて育てていく。

私たちが抱えているトラウマも同じです。

何かに脅える・恐怖心がある・・・などなどの心の模様を認めてあげます。

自分を守るために必死になってがんばってきたねって。

よくがんばっていたねって。

そして、その心を抱きしめてあげます。

もういいよ、手放していいよ。

認めて手放してあげる。

1258777292伊勢


そうすると 世界が変化していきます。

さまざまなことに感じる心が大切です。

あまりにも防御が進み始めると 心は何も感じないように麻痺するように包み込んでいきます。

一つの何かを感じたら それを放りっぱなしにしないで 受け止めてあげる。

その繰り返しで美しい結晶ができあがります。

ごちゃまぜの積み重ねでは 美しい幾何学の結晶が生まれません。

美しい結晶を作って人生を開いていきましょう(*^_^*)

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪





(動物愛護団体さんです。みなさまからのご支援で活動しています。ご支援お願いします。
 
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド

近況報告:福島からお家が津波の影響でなくなったご家族から連絡が入りました。
可愛がっているミニチュアダックス君。愛護団体の飼育状態がわからず、躊躇されていたとのこと。アニマルメリーランドさんのホームページおよびスタッフブログを読んで安心したとのこと。ご家族が再度一緒になれるまでダックス君を預けようと思ったというご連絡。避難所は室内犬でも中に入ることが いまだにできません。小さなワンちゃんたちにとっては 外は厳しいものです。ご縁がつきましたことを本当にうれしく思います。すべての命が大切。みんなみんな幸せにな~れ♡)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ゴチ says... ""
眼鏡さんを嫌うのはレンズを通す事により、まなざしが良く判らないと言う事もあると思います。また、背の高い人は見下すような格好になりますね。子供さんと話をする保母さんなどは必ず子供の目線になっています。だからと言って、大人同士の会話で「もっと目線を低くして下さい」とは言えませんね。不自然です。長話の場合は椅子を勧めるなどの対処法があります。
この場合はトラウマでしたね。トラウマなど忘れるくらい誠心誠意尽くす事でしょう。「本気であなたの事を考えていますよ」と言う事を伝える努力が大切であると思います。的外れなコメンですみません。
2011.04.08 16:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1261-eac93ced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。