つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

天岩戸神社

CIMG0170.jpg

天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお隠れになった天岩戸開き、あの天岩戸伝説を伝える神社です。

この社殿の後ろに神域があります。

天照さまが御隠れになったという洞窟・天岩戸があります。

中に入るとものすごいエネルギーがあります。

すべてのチャクラ(つぼ)が開かれる。

すべてのチャクラの岩戸開きがおこなわれれる感覚です。

まさにチャクラクリーニングのセッションが行われている感覚です。

ぜひ、チャンスがあったら行ってみてください。

感じなくても大丈夫!!

すべての人に等しくエネルギーが降り注いでいます。

洞窟本体の神域は 神主さん、村の人々などしか入れないようになっていて神聖さを保っています。

この時も不思議なことに案内していただくときの人数は6名。

このあとからは30名ほどの人数ですから のんびり神域に触れさせていただき感謝に堪えませんでした。

神域を出てからは天安河原神社へ。

天照様をどうやって岩戸からお出ましさせるか考えてた場所に向かいました。

以下は天岩戸伝説です。


【天岩戸伝説】
 我々日本人の遠祖となる天照大神は、太陽神とも呼ばれて包容力と慈愛に満ちた神です。しかしその弟である須佐之男命は様々な騒ぎを引き起こす「荒ぶる神」と恐れられ、高天原でも多くの騒ぎを起こす困った神でした。

それにとうとう我慢がならなくなった天照大神は「天石窟に入りまして、磐戸を閉じて幽り居しぬ(日本書紀)」。

つまり天岩戸に閉じこもって、出てこなくなりました。

太陽神である天照大神が隠れてしまったため、天と地は闇の世界となります。

困り果てた八百万の神々は「天安底辺に会いて、その祷るべき方を計ふ。(日本書紀)」 集まってどうすればよいのかを相談しました。 
 
知恵の神オモイカネがアマテラスを岩屋から引き出す作戦をたてました。
 
「まず、アマテラスに夜が明けたと思わせるために、ニワトリを集めていっせいに鳴かせましょう。

それから、天鈿女命(アメノウズメノミコト)は岩屋の前でおもしろおかしく踊って、ほかの神々はそれをはやし立てるのです。

外の様子をふしぎに思ったアマテラスが、岩屋の戸を少しでも開けたときに、手力男命(タヂカラオノミコト)はアマテラスを外に引っぱり出す のです」

さっそく、ニワトリが集められ、アメノウズメは踊るしたくをととのえました。

力の神さまタヂカラオはこっそりと岩屋の戸のわきに隠れました。

いよいよアマテラスを天の岩屋から呼び戻す作戦が始まりました。
 
まず、女神アメノウズメがしずしずとあらわれ、岩屋の前に置かれた伏せた桶の上で、ニワトリの声に合わせて踊りはじめました。

トントト・・・トントト・・・トトトン・・・! 手拍子、足拍子おもしろく、足を踏み鳴らしながら、腰をフリフリゆらゆら、何かに取り憑かれたように踊ったものだから、着物はずれるわ、お乳は見えるわ、へそも見えるわで、見ていた神さまたちは大笑い。

「ワーッハッハッハ! アメノウズメの姿はどうじゃ!へそが見えるぞ! おっぱいも見えるぞ!ワーッハッハ!」
 
「私が隠れてしまってまっ暗になったはず。みんな心細いはず。なのにあの騒ぎは何じゃ」
 
外の騒ぎを不思議に思ったアマテラスは、岩屋の戸を少しだけ開いて、外の様子をうかがいました。

すかさず、アメノウズメがアマテラスに「あなたさまよりも、もっとりっぱな神さまがここにおられます」と言うと、アメノコヤネとフトダマがアマテラスの前にさっと鏡を差し出しました。

そこには、キラキラと光り輝く美しい神さま(アマテラス)が映っていたものだから、アマテラスはいよいよ不思議に思い、その神さまをもっとよく見ようと身をのりだして鏡をのぞきこんだその時です。
 
「さあ! 今だ!」

岩屋の戸のわきに隠れていたタヂカラオがアマテラスの手を引っ張り、岩屋から連れ出しました。
 
あっという間に、高天原には再び日の光があふれ、山も川も輝き始めました。
 
 参考資料  
 ・神社辞典(東京堂出版) ・宮崎県の歴史散歩(山川出版社) ・ひむか神話街道50の物語集(宮崎県地域振興課)



CIMG0169.jpg

タヂカラオが天の岩戸を持ちあげている像です。

110101_0858_01.jpg

この岩戸が長野の戸隠まで飛んだと言われています。

実家から見える冠山はタヂカラオが膝をついた山といわれています。

なんとも壮大です。

今朝、ニュースをみると2020年代早い時期に20パーセントを自然エネルギーに置き換えると首相が会談したとありました。

もしかしたら、国民の願いに首相の心の岩戸が少し開いたのかもしれません。

心の岩戸が全開になることを本当に願っています。

明日は幣立神宮の旅をお伝えしたいと思います。

さて、この二日間、私に変化が起きています。

九州の大地が迎え入れてくださったことをきっかけに、すでにすべての方・すべてのものすべての自然が迎えいれてくださっているのに 自分がまだまだ拒否しているんだ~と気づきました。

そして、大丈夫ってがんばっている自分に気づきました。

旅の仲間の一人、Hちゃんがこの旅の間に車のラジオで素晴らしいメッセージをもらいました。

それは がんばる

『頑張れ』はかたくなを張る 同じ「がんばれ」なら『顔晴れ』がいい あなたが笑顔になるように顔を前に向け目を輝かせていて欲しい TOKYO FMゆうちょ LETTER for LINKS(レター・フォー・リンクス) より 

そうなのそうなの(*^_^*)

楽しく楽しく生きる!!

顔を晴れやかに(*^_^*)

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

※ブログに現在不具合が起きています。

現在問合わせ中です。

3日分のブログが1日分にバグっています。

応援の動画だけが残ってしまっていますが これも必要なことなんだなあ~と受け入れていますがご迷惑をおかけしていて申し訳ありません。



(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1289-1434793f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。