つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

呼吸

九州に降り立った時、緑色の大地が心地よく迎え入れてくれ、ゆっくり深呼吸することができました。

緑の色がただ一色ではなく本当にたくさんの緑色があることを思い出させてくれました。

細胞のひとつひとつが潤い、内臓も広がっていく感覚です。

やがて胸が温かくなり、胸のチャクラがほどけていきます。

町の中で過ごし、日々仕事や人間関係などで胸の叫びも聞いてあげられないのが常ではないでしょうか。

そして、自分の呼吸さえ気づいてあげることができない。

氣というのがあります。

気は〆という形があるので、氣という字をあえて使います。

米には命が含まれています。

氣は命の源でもあるわけです。

本来、氣は私たちの体の中を縦横無尽に満ちています。

ところが ブロックがあるとそこで立ち往生してしまいます。

さまざまな経験や知識によって 必要のない判断や評価などでブロックができてしまうこともあります。

その結果、氣は本来 水昇火降といって頭が涼しく手足が温かいという状態をとれるように運動しますが 水のエネルギーが昇らず、火のエネルギーが下がらなくなり 体はバランスを崩していきます。

ではどうするか。

今回は町の中でも家の中でも電車の中でもおこなえる方法をお伝えします。

肺で呼吸してみてください。

ただそれだけです。

でもこれが意外とできないんですね。

胃に息が入ったり、お腹に息が入ったりします。

そこで手を胸と胃にあててみてください。

胃が膨らんだら、違う呼吸なんだと気づいてください。

そして、胸だけで呼吸ができるようになったら両肺いっぱいに息が入るようにしてみてください。

肺の細胞すべてに新鮮な息がはいるように数回行ってみてください。

もしかしたら これだけで我慢して頑張っていたものが出始め涙が出てくるかもしれません。

そうしたら、自分を抱きしめて頑張っていたんだね。

と、受け止め 安心して過ごしていいんだよと伝えてあげてください。

すると頑張るが顔晴る(がんばる)に変化していきます(*^_^*)

さあ、今日も元氣に笑顔で歩いていこう♪


(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1292-f472aaf4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。