つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

熱田大神

熱田神宮に行ってきました。

about_idx_mainimage.jpg

about_gosaijin_photo01.jpg(画像は熱田神宮からお借りしています)

初めての熱田神宮でしたが 境内はきりっとひきしまり それでいてあたたかい。

こんな神社は初めてです。

この時期にして この神社に行くのは必須かもしれません。

草薙神剣が靈代でもあるこの神社。

天下を分ける力を秘めています。

願いを本当に 全身全霊で祈り、それを果たすためにはすべてをかけるほどの熱意でなければ まるで分水嶺のように働きます。

大震災、そして人災でもある原子力。

今この時期に願いをかけないで いつかけるのでしょうか。

すでに多くの方が動き始めています。

祈りも本格化していきます。

祈りを真に願った時、身体の中にまるで剣のような紫色の剣が建ちます。

祈りを真に願った時、身体の中にまるで鏡のような光が生まれます。

祈りを真に願った時、身体の中にまるで珠のような錦の珠が生まれます。

下記は熱田神宮のご説明です。

お時間がありましたら、出かけてみてください。

悠久の時が 出迎えてくれます。




熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)・御神体としてよらせられる、天照大神のことです。

天照大神は、言うまでもなく、皇室の御祖神とも至高至貴の神とも仰がれ、人々にいつくしみの徳をあたえられる神です。

相殿神は「五神(ごしん)さま」と呼ばれ、草薙神剣とゆかりの深い神々で、宮簀媛命、建稲種命は尾張氏の遠祖として仰がれる神々です。

御霊代草薙神剣皇位継承のみしるしである三種の神器の一つです。

日本武尊は、神剣の大いなるご加護により東国を平定。尊のなきあと、神剣は宮簀媛命により熱田の地にまつられ今にいたっております。

神剣の名「草薙」は、尊が東国において、この神剣により草を薙いで難をのがれたことからこの名があります。
 

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

親G says... ""
こんにちは。いつもコメント&応援ありがとうございます。
北海道も最近は雨の日が続いています。
もう少し経つと1年で一番過ごしやすい、清々しい夏がやってきます。

今日も応援させていただきました。
2011.06.15 22:36 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1302-cd2ad6e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。