つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

平塚八幡宮

110727_1657~01

平塚八幡宮へ行ってきました。

茅の輪神事があり、くぐって厄を祓ってからから参拝。


110727_1656~01

横に鎮座されている仁徳天皇はじめ 竹内宿禰 あまてらす様です。

竹内宿禰は300歳近くまで生きていたと言われる匠です。

110727_1700~01

七福神の中のおひとり。

弁財天への鳥居です。


鳥居をくぐると すでに神域で身体中に響きを感じます。

神社の森の中では 青や紫の光が見え 写るかしらと思って写真を撮ると 目では見えない大きな光が写りこんでいました。

110727_1700~02

110727_1701~02

小さくて可愛い弁財天様です。




平塚八幡宮(ひらつかはちまんぐう)は 私の住んでいる隣町にあります。

私の町の氏神様は六所神社。

六ヶ所の神社の総社です。

平塚八幡宮もその六か所の中のひとつ。

実は今まで前を通りすぎることはあったのですが 中々参拝することができませんでした。

昨日は ふっと思い立ってお伺いすることに。

そして、この神社の創建が地震に由来していることがわかりました。

仁徳天皇の68年、平穏な日々が続いていた相武(相模)の国に大地震があり里人の苦しみの様を聞かれた天皇が国土安穏を祈願して應神天皇の御神霊をお祀りされたのが平塚八幡宮の始まりだそうです。

平和な日々が続いたのち、推古天皇の御代にも大地震があり人々を案じられた天皇が 「鎮地大神」の御宸筆を賜り宝剣「天晴彦(あめのはるひこ)」を御奉納になったとのこと。

この八幡宮は関東大震災にもあい、また戦火も見てきました。

平塚には兵器庫もあり ものすごい砲火を浴びたそうです。

熱田に行き、草薙の剣を御神体とする熱田大神のご縁でしょうか。

天晴彦という宝剣が奉納されているこの八幡宮。

天が本当に晴れて 全ての方々が本当に平安に暮らせる国になることを心から祈ります。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
はい~!!竹内宿禰さんすごいですよね。
300歳近いということですが 古事記の中でそうなっているようです。
ただいろいろ計算すると97歳くらいでは という説もあります。
昔、お金にも印刷されていた方のようですよ。
2011.07.29 05:30 | URL | #- [edit]
瑞姫 希音(みずき かなで) says... "もんぴっぴさんへ"
もんぴっぴさん、ありがとうございます。
平塚八幡宮、本当に行ってみたら神秘的でした。
プリンは昨日、病院へ便の検査に行ってきました。
なんと、コクシジュウムという菌がすべていなくなっていました\(^o^)/
明日、姫路まで送ることになっていて メンタルがトーンダウンしていましたが そんな中嬉しくなってきました。
彼といっしょに届けるご飯を買うのも涙目でしたが その中で彼がひとつでも健康が改善され ほっとしています。
幸せになってほしいです。
2011.07.29 05:27 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "神功皇后のお供"
竹内宿禰と言う武将は神功皇后のお供をして朝鮮出兵でも活躍されたそうですが
300年も生きたとは凄いです。
2011.07.28 21:07 | URL | #- [edit]
ももぴっぴっ says... ""
おはようございます。
神秘的な神社ですね。
私は、神道なので、つながりを感じます。
プリンちゃん元気ですか?
暑い折、かなでさんも、
どうぞ、ご自愛くださいませね(*^_^*)
2011.07.28 08:05 | URL | #WF731HWA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1327-0ce1f325
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。