つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

鞍馬山へ

110927_1228~01


秋晴れの京都へ行ってきました。

出かけるときは 神奈川は雨。

あらら、鞍馬山の登山は厳しいかしらと思ったら 晴天☀

美しい秋空でした。


110927_1121~01

鞍馬山の山門の空の雲が龍に見えました。110927_1319~01

鞍馬山の山門です。

ここから 神域です。

鞍馬山はレイキ発祥の地ともいわれています。

ご無沙汰の鞍馬山。

日ごろのおかげさまを この日 感謝をこめて参拝してきました。

数年前に行った鞍馬山よりも 鞍馬山のパワーを感じました。

山自体が浄域です。

山に入った瞬間からエネルギーを感じました。

kurama5kyo.jpg

翔雲台です。
本尊が降臨したといわれる盤台です。

鞍馬山のご本尊は尊天です。

尊天は「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」であるといわれています。

尊天は毘沙門天・千手観音・護法魔王尊です。

毘沙門天を「光」の象徴にして「太陽の精霊」

千手観世音を「愛」の象徴にして「月輪の精霊」

魔王尊を「力」の象徴にして「大地(地球)の霊王」

とされています。

鞍馬寺は、どこにでも存在する「尊天」のパワーが特に多い場所であるとされています。

「尊天」のひとり、「護法魔王尊」とは、650万年前、金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま、年をとることのない永遠の存在であるといわれています。

牛若丸が天狗と修行した山ですが この天狗の始まりといわれているのが 護法魔王尊らしいです。

牛若丸・義経・遮那王は さまざまな伝説が残っていますが 平泉(岩手)からこの地に戻り その後またこの護法魔王尊の弟子としてすごしたという話もこの地には残っています。

私に力をかしてくださっているのは 母の田舎であるこの平泉の龍さんであることがわかっているので 縁があるなあと思っています。

また 義経を庇護した藤原家。

藤の名前のついたところは藤原家と縁があるとのこと。

我が家の娘は 藤のついたおうちに嫁ぎました。

面白いものです。

話を戻すことにします。

護法魔王尊は地球の平和を守るためにやってきたと鞍馬山では 書かれていてまるでウルトラマンのような存在ですが 天狗のように鼻は高くありません。

でも どうも背中に羽があるようです。

異形では あるようです。

この尊天が 鞍馬山で断食修行されたというレイキの開祖 臼井先生がいただいたシンボル(梵字のようなもの)とマントラ(言霊)です。

レイキには レベル3までありますが そのレベル2にあたるものです。

今回の旅では 本殿で 祈念していただきました。

ご住職のご祈念は まるで風のように光のようにやわらかくやさしく包み込んで広がるようなエネルギー。

レイキにはアチューメント(伝授)というのがありますが まるで もう一度本家から アチューメントされたように全身に光が走ります。

そして、魔王尊のいらっしゃる拝殿では 大地のエネルギーを存分に伝授してくださいました。

宇宙空間まで見えます。


110927_1323~01

義経堂です。

手前にはお水場があり おの鞍馬山をくぐり抜けたお水は甘く甘露。

また魔王殿では しばしエネルギーを感じていると巫女さんが神饌を持ってきて手渡してくれました。

もちろん 瞑想中のことの出来事で 実際のことではありません。 



110927_1352~01

この山自体がものすごい浄域です。

セドナやオーストラリアのエアーズロックのようにボルテックスエネルギーで 木が螺旋になっています。

この山を後にして貴船神社 上賀茂神社 下賀茂神社へと向かいます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪ 


追伸:さすが牛若丸が修行をした鞍馬山。

  現在、足が筋肉痛です(笑)






(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
神社って本当にすごいですね。
クオークというのも それにさえ肉体が乗ることができれば 光より早く まるでタイムマシーンに乗ったように過去が見えるらしいです。
科学が発展すると 見えないものが見えるようになるかもしれません(笑)
2011.09.30 06:19 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "相対性理論が覆る?"
ニュートリノのスピードが問題となっていますが、光より早い事が照明されれば、アインシュタインの相対性理論が崩壊します。そして光速を超えるとタイムマシーンが現実になる可能性もあります。「言霊」もニュウトリノで照明されるかも知れません。
2011.09.29 22:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1358-38ffb3f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。