つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

下賀茂神社そして・・・

110927_1541~01

御手洗社です。

出会いました。

瀬織津比神です。

瀬織津比神は 浄化の神様として知られています。

イザナギの禊祓いでも お力をかした神様らしいです。

瀬織津比神 伊弉那尊ノ所化ノ神。名二八十枉日神一是也(ヤソマウツヒノカミト)。

天照大神ノ荒魂(アラミサキヲ)號二荒祭ノ宮ト一。除二悪事ヲ一神也。随荒天子ハ焔魔法王所化也。

『大祓詞註釈大成 上』「中臣祓訓解」

瀬織津比神は天照大神でもあるかもしれないとあります。

謎の多い神様です。

水の神様で この社の名前も水の湧き出る様から名づけられたとあります。

神事には この川に入って行うこともあるそうです。

みたらし団子のお店が近くにありました。

この川のせせらぎのさまから産まれたお団子だそうです。(タクシーの運転手さんから)

110927_1547~01

下賀茂神社は下鴨神社ともいいますが 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)が正式名称です。
 
ご祭神は賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)です。

ここで祈りをささげていると 星々が見え まるで七夕のように光り輝き 稚児たちもいます。

みな みずら髪です。

そして女性の姿をした神様が笹を持ってその滴を頭にかけてくださいました。

禊祓いそのものです。

これも実際にあったものではなく 祈っていたら見えたものです。

身体が軽くなり 浄化されていきます。

竜宮の音姫だともいわれていますが真偽のほどはわかりませんが この方も水や音に関係されている方のようです。

私は 福島 岩手 北海道 長野 山梨 石川 福井 岐阜とルーツをたどると縁が深いですが 生まれ育ったのは横浜 江ノ島です。

江の島の弁天様に見守られて 育ちました。

弁天様からの縁が実は深いのかもしれません。

江ノ島も龍伝説のあるところ。

龍と弁天様に見守られての人生なのかもしれません。

京都の旅は 浄化の旅 新しく新生するための旅だったのでしょう。

ひとつひとつ確かめていく間に 現代祝詞に出会いました。

ご紹介します。






現代祝詞

放射性物質の神等を遷 ( うつ ) し却 ( や ) る詞 ( ことば )  四十五

及川 俊哉



謹み敬って放射性物質の神等 ( かむだち ) に申して白さく
そもそも汝 ( いまし ) 神等は海原距てし遠つ国オーストラリアの
根の国底の国ウラニウム鉱山より採掘され
日高見国にくだりたまふ
此くくだりたまひて設 ( ま ) け備えし原子力発電所圧力容器にさしこもりましき
此くさしこもりて畏くも御身 ( みみ ) を引きかきて核分裂したまふ
此く核分裂したまひては種々 ( くさぐさ ) の放射性物質の神成りましたまふ
成りませる神の名は
ヨウ素の神、セシウムの神、ストロンチウムの神、プルトニウムの神
汝神等は水素爆発により大気中に拡散し
狭蠅如 ( さばえな ) す国中 ( くぬち ) に満ち放射線を放ち
萬の物の妖 ( わざはひ ) を悉 ( ことごと ) に發 ( おこ ) しき
此く種々 ( くさぐさ ) の神出でば
天津蛇木 ( ははき ) を本打ち切り末打ち断ちて 
千座の置座に置足はして 
天津菅麻を本刈り断ち末刈り切りて 
八針に取裂きて 天津祝詞の太祝詞事を宣れ
此く宣らば我姫 ( あづま ) の峰に神留 ( かむづま ) ります
赤 ( あか ) 加賀 ( かが ) 智 ( ち ) 大蛇霊 ( おおかがち ) 荒覇吐 ( あらはばき ) の神の命は
天の磐戸を押披 ( ひら ) きて 天の八重雲を伊頭 ( いづ ) の千別 ( ちわき ) に千別て聞食 ( きこしめ ) さむ 
高山の末低山の末に登り坐 ( まし ) て 高山の伊褒理低山の伊褒理を掻き別けて聞食さむ 
此く聞食してば
荒ぶる放射性物質の神等を神攘 ( かむはら ) ひ攘ひたまひ 神和し和したまひて
この日高見の国中よりは根の国底の国に遷り出でまして、吾が地 ( ところ ) と領 ( うすは ) きませと
科戸 ( しなと ) の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く 
朝 ( あした ) の御霧 ( みぎり ) 夕 ( ゆうべ ) の御霧を朝風夕風の吹き掃ふ事の如く 
大津辺に居る大船を舳 ( へ ) 解き放ち艪 ( とも ) 解き放ちて大海原に押し放つ事の如く 
鱗 ( いろこ ) 打ち匍匐 ( は ) ひ委蛇 ( もこよ ) ひ胎衣 ( えな ) を毛抜く事の如く 
放射性物質神等を遷し却らんことを
高山の末低山の末より佐久那太理に落ち多岐つ 
早川の瀬に坐す瀬織津姫と言ふ神 大海原に持出でなむ 
此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百曾 ( やおあい ) に坐す
速開都姫と言ふ神 持ち蛇 ( かか ) 呑みてむ 此く蛇 ( かか ) 呑みてば 
息吹戸に坐す息吹戸主と言ふ神 根の国底の国に息吹放ちてむ 
此く息吹放ちてば 根の国底の国に坐す速佐須良姫と言ふ神 
美智の皮の畳八重を敷き絹畳八重をその上に敷き
その上に坐 ( ま ) せて百取 ( ももとり ) の机代 ( つくえしろ ) の物を具へ御饗 ( みあへ ) せむ
放射性物質の神等は神ながらもしろしめして
御心もあきらかに平らけく聞食して
祟り給ひ健 ( たけ ) び給ふことなくして
汝神等が妣 ( はは ) の国根の堅州国に遷り出でまして神ながら鎮まりませと
たたへごとをおえまつらくと申す


これから地元の神々に詣でる旅を再開です。

すべての神社 そして神棚は 伊勢や出雲へと水脈を通じて 繋がっています。

祈りは どんな情報機器より早く届くといいます。

エゴがあれば 横道にそれます。

まが事(いろいろ不都合なこと)を 祓ってくださる神様方ですが 自分の思いをクリアにしていくと 発願もすっと叶うでしょう。

それでもでね、寄り道したくなる人間心。

それでもいい。

そう私は思います。

必ず 繋がるから。

神様方は 裁きません。

自分の心が裁いている真実に気づくと まが事も減るかもしれません。

脳波をさげて 過ごしていくと 真実が見え始めます。

かっかしていると 真実は濁ります。

思い通りにいかないと 人はかっかとします。

なぜ 思い通りにいかないか・・・。

そこを見ていくと 事態は変化していきます。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

笑う門には福来る  ですよ!! 


(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ゴチ says... "「おちょうず」とも"
御手洗は「みたらい、おちょうず」とも読むそうですが。団子は有名ですね。7月には御手洗川に足をつけて無病息災を祈る行事もあるそうです。
プルトニュームの検出は怖いです。量は定かではありませんが、青酸と同じような殺傷力があるそうです。この際、ほじくり帰すのではなく、地下深く地球の深部に溶け込んで欲しいです。このままでは除染などは無理で到底人間が住む環境には戻せないと思います。祈るしかないようです。
2011.10.03 15:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1360-da38397a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。