つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

出雲

111020_0959~01

出雲へ日帰りで行ってきました。

出雲空港までは 羽田から1時間。

神奈川から東京へでるより近い距離です。

この日は プライベートではありますが 特別な日。

友人たちとケーキを食べながらのフライト✈

クルーの方々がそれに気づき メッセージカードとプレゼントを持ってきてくれました。

はじめっから なんだかついてる感じです(*^_^*)

まずは須佐神社から。

清涼な風に包まれながら 祈っていきます。

祈っていくと 神主さん おひとりなのですが 本来いたであろうたくさんの巫女さんたちが本殿へとお供物を持ってくる姿が見えます。

そして 祈りが進むにつれ風が にわかに吹き 持っていった天然石のブレスレットの珠が中空へと昇り始め龍の形となり 剣を守っていました。

(もちろん 目にみえるわけではありません。)

面白いことに この須佐神社には八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の歯も牙も全部そのままの巨大な顎の骨があるそうです。

だとしたら 見えたものも それほどずれていないかもしれません。

スサノオは出雲の国で 老翁と老婆と少女に出会います。

ヤマタノオロチに少女をさしださなければならないとのこと。

大蛇に酒を飲ませ、酔って眠ったところを十握剣(とつかのつるぎ)で寸断しました。

この時、尾を切った時に十握剣(とつかのつるぎ)の刃先が少し欠けたそうです。

するとヤマタノオロチの中から剣が出てきたそうです。

これが草薙剣天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)・です。

ヤマタノオロチの周囲はいつも雲の気配がしていてためその名がついたといわれてます。

龍は水神であるり、龍神は常に雲を呼び集めるので、大蛇の尾より出現したこの霊剣は龍神の霊力を秘めた剣であるからムラクモという名称が起こったといわれています。

この剣を天照大神に神剣としてスサノオは渡ました。

そして、時を経てこの剣は日本武尊へと引き継がれるわけです。

またこの神社には七不思議があります。

1・塩井(しおのい)
須佐之男命がこの潮を汲み、この地を清められたといわれている。この塩井は出雲大社の稲佐の浜に続いており、湧出に間渇があるのは潮の干満に関係があるからだとか。内用浴用に使うと元気になるという。

2・神馬(しんめ)
神社に奉献された馬は、どんな毛色の馬でも年を経るに従って白馬に変わるという。吉凶禍福(良いこと悪いこと、災いと幸せ)や国の大事を予知するといわれている。

3・相生の松(あいおいのまつ)
本殿の裏に雄松、雌松が一本になった松があった。今は枯れてなくなった。

4・影無桜(かげなしさくら)
昔、隠岐の国で稲が実らないときがあった。その原因は須佐大宮の境内の大きな桜が隠岐に影をもたらしたからということだった。桜を切ったことにより隠岐に稲が実るようになったが、その切り株から生えた桜は枯れずに今も残っている。

5・落葉の槇(おちばのまき)
須佐之男命の妃神である稲田姫がお産をされたあと、産具を槇(柏)の葉で包み、それを松の葉で綴って川に流した。それが、流れ着いたところに「槇と松」が生えたという。

6・星滑(ほしなめら)
須佐の中山の頂上あたりに、白い斑点がある岩盤がある。それが白く輝いて光が大きい年は豊作、光が小さい年は不作だという。

7・雨壺(あまつぼ)
神社の西を流れる素鵝川をずっと下った田の中に岩がある。その岩の穴をかき回すと須佐大神の怒りで洪水が起きるといわれている。



111020_1326~01 (1)

須佐神社を後にして 出雲大社へと足を運びます。

大国主命のいらっしゃる神社です。

前にもお話したように しめ縄が通常とは逆です。

神主さんに今回も聞いてみると 昔から出雲は この形ですとのこと。

前回の神主さんは ここは黄泉の国との 重要な場所。

しめ縄の回転方向にも意味があるといわれていました。

必要があって回転が逆なのでしょう。

さて、なぜ須佐神社から出雲大社へのルートになったのでしょう。

その必要があったからなのだとわかりました。

出雲大社のご祭神は 大国主命。

スサノオの娘・スセリビメのご主人なんです。

たくさんの試練をスサノオからいいつかった葦原色許男神は その試練をこなし スサノオから大国主命の名前をいただいていたんですね。

ここで お祓いを受けてみると 弓とまたしても剣が見える・・・。

調べてみると スサノオから大国主命は 弓と剣をもらっていました。

同行した友人の中に すでに弓が見えて~と 旅行に行く前から見えていたようです。

弓と剣によって大国主命の命を狙う八十神をおさえこみ 末永くこの地に鎮座しています。

諸々のまがごと罪穢れを祓う意があるのでしょう。

この日 近くのお蕎麦屋さんで 出雲そばを(^O^)

すると おみくじがついていました。

開いてみると大吉☆

大吉をひくと 縁結びのお守りをプレゼントとのこと。

いい縁が結ばれるのかもしれません。

さあ、今日も元気で笑顔で歩いていこう♪

(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)

今朝方 友人の愛猫ふくちゃんが20歳で旅立ちました。

ふくちゃん、ありがとう。

最後は見えなかった目をパッチリ開けて ご家族のお顔をみておだやかに旅立ったそうです。

愛してあげると 本当に答えてくれる動物たち。

動物たちの命もまた私たちの命とつながっています。

どうぞ すべてのものことに心穏やかにそして愛をこめて接していきましょう。

すると 必ず天へと地へとつながっていきます。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
次はゆっくり池をみてきます!(^^)!
八千矛という神酒を購入してきました。
八千矛は大国主命の別名でもあることがわかりました。
出雲は不思議です。
2011.10.26 05:50 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "パワースポット"
社殿の裏にある池が「良い人にめぐり合える」と言うので人気のようです。機内ではおめでたい事があったのでしょうか。プレゼントとは「粋な計らい」ですね。お子様へのプレゼントは聞きますが、誕生日などでしょうか。大吉とは良いご縁がありそうです。
2011.10.25 21:51 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1366-935fc41b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。