つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

名と神

ゆっくりなペースで過ごしています。

スローライフには なかなかならないけれど 自分のふるまい方や 言葉 思いをゆっくりゆっくり 感じそして動いています。

世界は目まぐるしく変化しています。

世界・政治など その歯車に惑わされないで しっかり大地を踏みしめて 今 自分がなにをすべきか中心にかえってほしい。

そう答えが出てきました。

昨日は 家族で釣りにいきました。

この時 私は沖に出て もし叶うなら 東北関東の震災でまだ行方不明になられている方がいらしたら そして相模湾へと漂流していらっしゃる方がいらしたら どうぞ 目の前に。

そう祈りをこめました。

すると ぽっかり大きな紫色の玉が浮かびあがりました。

行方不明の方は 目の前に現れてはくださいませんでしたが 海中の水神や魚たちが願いをきいてくださったのかもしれません。

釣りの釣果は 船長が驚くほどでしたが(素人ばかり8人)各家庭にちょうどいい具合の本数。

我が家は2人なので 当日食べるお刺身のほかは 粕漬けと干物にしました。

神様はいいます。

私たちが食べるのにちょうどいいものをあなたたちに天地は采配しているのだよ・・・と。

本当にすべてがちょうどいい具合に整う。

それが自然の摂理なのでしょう。

たるをしる。

本当は すべてがいいあんばいに動いていたはずなのに それがうまくいかない。

そこには しかけがあります。

さまざまな思いが交錯しているからです。

それをときほぐしていくと 実は天恵が降り注いできます。

昔々 本当に遠い昔 人は石で絵を描きました。

コンコンコン・・・と石で石を削って絵を描きます。

遠い遠い昔ですから 字がないので 絵は当時の方々の文字であったかもしれません。

それは 神への交信でもあるといわれています。

コンと音をたてて 絵・文字が完成する。

その響きが 天地へと振動していく。

今朝 そのことに気づきました。

ゆっくりパンとコーヒーを食べていると 音楽が静かに部屋に流れているのに気づく。

心地よい。(今朝の音楽は 星に願いを)

すると 本当に身体全体が和やかな響きとなる。

身体は振動しています。

メカニズムの詳細は省きますが もしこの音楽が ヘビメタだったら 身体も違う響きへとなるでしょう。

そして 軍歌であれば より一層 アドレナリンが放出し 身体の響きは変化していくでしょう。

このように ふっと気づいた その事象。

実は頭では考えていないけれど 潜在意識は 知っているので 人は自分にあった歌を口ずさみ そして日々の生活へと取り入れているわけです。

その原点が コンコンコンなのかもしれません。

神とのコンタクト。

佳き響は 神へとつながっていきます。

そして佳き言葉・言霊も神へとつながっていきます。

自分のたてる音ももちろん。

さて、親からいただいた名前。

偶然ではないんだな・・・と思いはじめています。 

天地は、「あめつち」と読みます。

あめつちのあは 目に見えない水

めは循環を現します。

目には見えないけれど 天から雨が降り そして河となり 大地を潤し そして大海へと流れ込み また火(太陽)の力を借りて 天へと昇りまた雨となる。

あめつちのあめは水霊であるともいわれています。

そして生命の根源でもあるのでしょう。

私たちの身体もまた この循環の通りになっていると健康です。

水昇火降 水の臓器(膀胱・腎臓など)のエネルギーは火の臓器(心臓)のエネルギーが下に降りていって温められ昇っていくという原理です。

つまり かっかせず 頭が涼しく お腹や手足が温かい状態です。

常にこの循環が 保たれていると 健康であり人間関係も改善していきます。

天地(自然)がすべてを教えてくれているわけです。

このように天地のあという一文字に壮大な意味があります。

そして 存在している 音すべてに意味があります。

名前は 響きです。

天に届きます。

地に届きます。

親からいただいた名前 これを大切にしてください。

一音一音に意味があります。

私のいただいた み という音にしても 五穀豊穣などいくつもの神へとつながった音です。

あなたの名前のひとつひとつに 神とつながる音・意味があります。

もう一度 自分の名前を かみしめて ありがとうと感謝をこめて呼んでみてください。

今までと違った感覚になるかもしれません。

さて、 千と千尋の神隠しでは いのちの名前を求めて 千が旅をします。

何気なく見ていた映画も 言霊から探るとおもしろいかもしれません。 

 

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ゴチ says... "ディズニーの世界"
「星に願いを」はディズニーの世界ですね。夢の中にいるような錯覚にとらわれます。「千と千尋の神隠し」も素晴らしいです。船釣りは楽しかったようですね、揺られながらうたた寝も心地よいものです。大漁でもなく家族で食べる分だけ釣れた事は自然の流れに沿ったものでよかったです。
2011.11.07 23:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1372-20e33a44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。