つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   0 trackback

金沢そして浜松へ

白山神社

金沢へ行ってきました。

当日、小松空港は雪そして横風。

飛行機は戻ってくる可能性も大とのこと。

そして、私自身は予定の飛行機に乗れず 白山比神社に参拝することはできませんでしたが 上記の写真は当日 友人が参拝してくださりお札をいただいてきてくださった雪の中の白山比神社です。

飛行機に乗れるまでの間 羽田空港で過ごすことに。

言祝ぐ時間をいただいたことに感謝です。

この日 雪の中で待っていてくださった金沢の皆様。

本当にありがたい。

おひとりおひとりが観音さまなわけです。

みなさんの中にその姿が浮かび上がる。

そして次の日は浜松の夢人さん宅へ。

この日も新幹線の中で合掌して言祝ぎを。

夢人(浜松)さんはじめ 待っていてくれた仲間の皆さんも観音様の姿が浮かび上がる。

言祝ぎは こんなにもみなさんのお姿がありがたく真実の姿がみえるものなのか。


空港で そして飛行機の中で新幹線の中で合掌しながら言祝いでいきます。

言祝ぎは 無心になり 天からの言の葉をいただくこと。

この二日間、歌に出てくるのは 観音様のお姿を行を示す歌ばかり。

万物に観音様が生きていらっしゃる。

事象すべてに観音様のお手配がある。

いかにつらかろうとも いかにしあわせであろうとも そこにはなんの計らいもなくただただそこに観音様がいらっしゃるのだよと 歌が降り注ぐ。

吸う息にも観音様が吐く息にも観音様が。

合掌する手が無限の宇宙へと広がり

身体そのものが紫色そして宇宙とひとつとなる。

天から見たら一粒の砂ほどにも見えないこの小さき身体なれど 無限の広がり可能性を持っているのだよと言祝ぐ言葉が続く。

ありがたい旅となりました。

合掌する手。

右手は水を。

左手は火を。

それは陰陽。

合わせたときに調和・ハーモニーとなる。

このバランスが崩れたらどうなるだろう。

宇宙とはこうしたもの。

私は常にだれか偉い人がいるわけだはない・・・と思っている。

神さえも それは私たちの一部分。

神さえも私たちと融合し反発しないもの。

ただ いかにエゴを有していないかどうかだけ。

薬師如来がまだ菩薩だったころ 発願したように いかに神々のお心のように私たちが エゴをなくし すべての方が 万物が弥栄(いやさか)であるように願えるか。

私心なく生きていくことができるか。

それを実行している方を尊敬しているわけで まだまだそれができていない私はそれを見習う。

先生・師は 自然であることも少なくない。

水と火。

鍋に湯を沸かすとき 火が強ければ 水はいつかなくなり ちょうどよい湯がいただけない。

鍋に湯を沸かすとき 水が多ければこぼれて 火は消えて ちょうどよい湯がいただけない。


調和すること。

バランスよいこと。

それが宇宙のダイナミックな法則。

いたってシンプルだけど これが難しい。

私が私がという心が どれだけ先行しているのか。

右手が大きくても不都合。

左手が大きくても不都合。

心が不都合を引き起こしていることに気づくこと。

天地の氣そして人の氣は繋がっています。

自分が自分だけがという思いをなくし調和の氣となれば おのずと天地の氣も安定してきます。

気功には小周天と大周天があります。

まさしく人のエネルギーと宇宙のエネルギーは連動しているのです。

息は命と氣。

そして水であり火。

体内は水が巡り温められて上昇する水昇火降の法則があります。

身体も調和が大切です。

すべてがうまく循環することで身体の状態は均衡を保ちます。

どこかでひっかかりがあるとブロックができます。

浜松でFさんとミニワークを。

大好きという言葉で身体を押してもらうと 動かない。

大嫌いという言葉で身体を押してもらうと 動いてしまう。

言葉を祝して よい言葉で人生を創る。

それが弥栄への道に繋がる。

さあ 今日も元気に歩いていこう♪


(動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。
〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 アニマルメリーランド)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ゴチ says... "言祝ぎ"
小松空港の便が遅れたようですが、雪など天象には勝てませんね。「言祝ぎ」なる言葉が読めません。かなを振っていただけるとありがたいです。
2011.12.30 22:39 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1395-5e6b0bf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。