つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

武水別神社

武水別神社は 長野県の千曲市にあります。

武水分神社鳥居


ご祭神は 

武水別大神(たけみずわけのおおかみ)

この方はおそらくは千曲川の神様。

水神様です。

千と千尋を思い出します。

それほど優雅で優しい神様ですが 川の氾濫をおさえ、五穀豊穣を願う神様です。

誉田別命(ほんだわけのみこと)

この神様は 応神天皇です。

息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)

この神様は 神功皇后。

比大神(ひめおおかみ)

この神様は 私が小さいころから住んでいる神奈川の湘南にもいらっしゃる3人の女神様。

1月8日武水分神社太陽

ご神木を写すとここでも優しい桃色の光りが入り込みます。

この神社は 主人の本家の氏神様。

主人の本家は力石村という なんとも昔話にでてきそうな村で今も力石という石があります。

武水別神社の石塀に主人の本家の名が刻まれており、縁を感じる神社です。

昔はみな 千と千尋のように武水別大神と仲良しだったかもしれません。

この日、戸倉の温泉に行きました。

温泉といっても公衆浴場です。

公衆浴場が源泉かけ流しなわけです。

300円で入れます。

実家にいくと毎日のように行くのが当たり前で いつも当たり前のように入ります。

が・・・、今回は違いました。

自分の心に変化があったのかもしれません。

あふれ出るお湯に 水に 感謝がほとばしります。

なぜ、これほどまでに湧き出るのだろう。

大地は こんなにも人を癒し慈しんでくださる。

そして、メッセージが。

私たち一人一人は本当に微力。

砂の一粒ほどにもならないかもしれない。

でもその砂の一粒がとても大切。

砂の一粒が 砂の役割を果たさず その場からいなくなればどうなるのだろう。

砂の一粒一粒が みなちらばったら この地球は形がなくなりだれも住もうことなくなる。

ならば 砂の一粒一粒がしっかりした大地とするべき。

揺るがぬ心。

そして、砂の一粒一粒が豊かなエネルギーを持っていなかったらどうなるだろう。

作物は豊かに実らず、すべてが腐り果てる。

ならば、砂の一粒は一粒なれど 豊かな砂になる。

五穀豊穣を願う心は 武水別大神と同じ心となるのかもしれない。

揺るがぬ心、豊かな広い心。

これを育くんでいこう。

長野は人の原点を教えてくださる場であるかもしれません。

そういえば、戸隠は日本のへそともいわれていました。

さあ、今日も元気に歩いていこう♪

 
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1399-1de7b183
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。