つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

自分の運命を切り開く



ドリームメーカー/海洋研究所 所長 林正道 さん
<夢の扉:番組案内より抜粋>

『海の生き物たちを通じて、海の楽しさと生命の尊さを伝えたい』

イルカの赤ちゃんがプールを泳ぐ。頭を上下させ、呼吸をし、口を開けてエサをねだる・・。

でも、これは、なんとロボット!発泡スチロールなどの廃材から本物そっくりの“魚ロボット”を作るのは、海洋“楽”研究所の林正道だ。

林がボランティアで全国をめぐるイベントには、シャチやシーラカンス、ウミガメも登場。さらには、カッパや海老フライまでもが泳ぎ出し、集まった子どもたちが歓声を上げる。

大学で海洋学を学び、専門学校で海洋学を教えていた林は、1体調を崩し診察を受けると、自らも「肺がん」と宣告される。

『自分も死ぬ?』 そう覚悟しながら、療養のため向かった沖縄・宮古島。

そこで林が見たのは、砂浜を覆う漂流ゴミだった。

ゴミを拾いイルカなどのオブジェを作ると、子どもたちから「本物みたいだ!動いたらすごい!」との声。

それから、試行錯誤の魚ロボット作りに費やしたのは、4年の年月と1000万円だった・・・。

がんの後遺症と闘いながら、そして、アルバイトで生計を立てながらの生活。

だが、林は夢を追い続ける。『本当の海を知ってもらいたい?』と、病や障害で海に行けない子どもたちのために、“泳ぐ車椅子” を完成させる。

そして今、林は新たな挑戦に挑む。それは、みんなが海で乗ることのできる大きなイルカロボット。コストと重量を抑える開発に没頭する。果たしてイルカロボットは完成するのか? 

『生きているうちは、楽しくなくちゃ』 涙もろくてマッチョな男の夢に迫る。

ナレーター/坂口憲二


「夢の扉」見て ああ 本当にそうだって思いました。

お医者さまは林さんに 余命3か月~6か月っておっしゃったそうです。

そして沖縄で見つけたものは 自分が好きな沖縄の海が ゴミだらけ。

そのゴミを使って みんなが 大好きな海をみんなに知ってもらおうと始めた海洋生物のロボット作り。

そして、彼はすでに50歳。

元気です。

スイッチというのがあるなって、私はつくづく思っています。

生命の暗号という本があります。

遺伝子情報で onとoffにしていく。

伝えていい遺伝子情報をonにし、伝える遺伝子情報をoffにする・・・というわけです。

たばこを吸わなくても肺がんになる方。

たばこをたくさん吸っても肺がんにならない方。

遺伝子のon・offに関係しているようです。

そして、それは 思いによって変わっていくといわれています。

運命は自由選択です。

ある程度コースは決まっているけど、脱線してしまったら そのコースを組みなおしていく。

そこに重要なスイッチがあります。

みんな幸せになっていい。

4月11日から 月響庵(ハーモニー):中央林間で 

「開運カウンセラーコース10回」を開きます。

この講座は カウンセラーを目指す皆様が 正しい直感と透視能力、運命の切り開き方をお伝えしていく講座です。

禊祓いの祝詞や 神社での氣のおさめ方などもくわえながらの講座。

本当に 真剣に 道開きのカウンセラーになるための講座です。

講座の途中 さまざまなことが起きるかもしれません。

カウンセラー自身も道開き・魂の天の岩戸開きをしながらの講座となります。

神社へも出向きます。

途中の神ながら(かむながら)の道では ご自分と縁のある守護神との出会いもあるでしょう。

限定10名の講座です。

お申し込みは メールフォーム・もしくは月響庵ホームページ・このブログのコメント欄(管理者のみにチェックをいれると管理者しかみれません。)からお願いします。

さてさて、三楽舎さんの本に掲載されました。

縁があって、すでに3回目となります。

今回、10名の方にプレゼントします。

上記の方法と同じ要領でお申込みください。

郵送料は 着払いとさせていただきます。

book_120220.jpg



あなたの悩みの意味を教え運気を拓くベスト44人

■タイトル:あなたの悩みの意味を教え運気を拓くベスト44人

■著者名:「心とからだの悩み解決プロジェクト」特別取材班

■発売日:2012年2月20日 ■ページ:218ページ

■判型:四六判 ■価格:1,000円(税込)

三楽舎より

「運気を拓く」とは、現代人誰しもが願い・望んでいることである。

しかしそれと同時に、それぞれが抱えている悩みの解決ができず、まっすぐに運気を拓くことに向かえないのが事実ではないだろうか。

また、多くの人が人生の中で、「悩みがあって当たり前」「良いこともあれば悪いこともある」と考え、「幸せだけを望むのは贅沢だ」と自然と考えてしまってはいないだろうか。


しかし、本当は誰しもがカンタンに幸せに生きることができ、それは何も悪いことではないのである 

誰もが弥栄(いやさか)になっていいんだよ~!!

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


動物愛護団体さんです。ご支援お願いします。

〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷7379 NPO法人アニマルメリーランド

TEL 079-262-0391 携帯090-8932-4127(兼松)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.03.19 20:47 | | # [edit]
トッコ says... ""
林さんは魂にたくさんの宝物を抱えて、故郷へ帰られるでしょうね。(o^∀^o)

人生転ぶのは当たり前。
大切なのは、まんじゅうを掴んで起き上がることだそうです。(-^〇^-)
私は、石ころでもいいですが。(≧∇≦)

そんな魂は、故郷へ帰ったとき「頑張ったね」と大歓迎されます。
怠けちゃった魂は、「あ、帰ってきたの」と冷たい視線で見られるとか。

本当のところは死んでみないと分かりませんが、生き方として真っ当な考え方だと思います。
そういう私は、転けっぱなしで捻挫までしていますが。(┳◇┳)

4月11日からのコースは面白そうですね。o(^-^)o
東北大震災の後、たくさんの霊能者や鑑定士と名乗る方が「お墓が流されたから、ご先祖様が成仏出来ない」とか「ご遺体が上がらないと成仏出来ない」など言って回っているそうです。
怒りを覚えます。
本当の霊能者や鑑定士なら、そんなことがあるはずないのは分かるはず。
第一、大切な人を亡くした方を人を不安にさせるのは人間としても最低です。

本当の霊能者や鑑定士は、見えたり、感じたりするだけでなく、理性で分析した上でアドバイス出来る人。

そんな方達がコースを通してたくさん生まれて下さると期待してます。
2012.03.19 12:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1435-72dc3bec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。