つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   1 comments   1 trackback

クリアランス

img30be7469zik3zj.jpg

いよいよ本格的に 自分のクリアランスを始めた。

まだまだクリアでない自分を知っていながら 置き去りにしてきた。

過去に飛んで 地下深くあえいでる自分を発見してゲートウェイ(体外離脱セッション)して、もうそこにいなくていいんだよって天上界に連れていったり、いろいろなことをしてきた。

それでも見たくない部分は山のように残っていることを知っていた。

エンジェリックヒーラー養成講座も いよいよ終盤戦。

残すところ、エンジェルヒプノの実践だけであるが、自分をクリアランスすることにきめた。

みなさんに伝えることだけだはなく 自らがやはりクリアランスしていくことが大事だと思う。

今回のヒプノは ワイス博士の本格編。

エンジェリックヒーラーのみなさんにも すでに書き込みのシートを渡しているので次回はいろいろな変化が起きているかもしれない。

小学生のころ、日光写真なるものが理科の時間にあった。

その頃とっていた学習雑誌の付録を私は学校に持っていった。

授業で手渡された日光写真のキットは あっという間に感光し、みなもっとやりたい気持ちでウズウズ。

そこで 私はクラスのみなに家から持ってきたキットをわけたのだが、それがまずい結果になった。

担任の先生が

「みんなの気をひくために キットを渡すとは何ていう子なの!!回収!!」

そして、にこにこしていたクラスのみなが 私は悪い子なんだっていう目に変わったのを今も覚えている。

そして、そして、私はみなの気をひこうとするやなやつなんだと長い間、自分にレッテルをはり、それはヨガやさまざまな自己啓発によって自分が 天や地、万物に愛されていい存在なんだと 塗り替えて今がある。

しかしながら、まだその思いが完全になくなっているわけではない。

このクリアランスを決行することにした。

横須賀の信頼しているカウンセラーのEさんとクリアランスを始めた。

なんてことはない。

「子供なんて 自分に注意をひこうとさまざまなことをしでかすよ!!

子供らしくていいじゃんね!!

当たり前のことだよ。」

その言葉に あっという間にほどけた。

面白いなって思う。

このカウンセリングは顕在意識にアクセスしているが 潜在意識にも浸み込んでいく。

自分が教師だったことを思い出す。

毎日恐怖感があった。

それは 朝 私が黒板の整備をしていると 物音もさせずに背中を思い切り空手で殴る(この言葉は空手の語句ではないだろうが まさしく殴るという感覚を受けていた)女の子がいた。

その突きは 本当にしっかりとツボをつき 毎朝 私は息ができなくなり大変であったが 彼女は 私に気づいてほしい、自分に集中してほしいという発信でもあったのだ。

私と彼女が真にコンタクトを取ることができるまで それは毎朝続いたが しっかりと受け止めることができたとき、そして彼女を心から可愛いと思った時から 朝の挨拶はなくなった。

もう、気づいてほしいというアピールがいらなくなったからである。

わかっていたはずなのに 自分のケアの方はできていなかった。

塗り替えるだけだはなく、手放して そして とっても子供らしい行動だったんだよと自分を包み込んであげる。

このような見て見ないふりをしているかけらの一粒一粒を手放して癒す行動をしていく。

抱えていなくていいんだよって、もう軽くなろうよって自分と対話する。

繰り返していく間に 真っ青な海のような心(魂)に戻っていくのを感じる。



話は変わりますが 子供を育てていくとき 感情で育てていないでしょうか?

ヒプノケアをした後、町を車で走っていると 3人の男の子と若いお母さん。

お兄ちゃんらしき男の子が すぐ下の弟君の顔をぴしゃり!!

あとから乳母車をひいてきたお母さんは 平手でお兄ちゃんの頭をバシッ!!

確かにかなりの勢いであたったように見えたが もう1度 平手でバシッ!!

かなり強い!!

お兄ちゃんは おそらくは3歳くらい。

大人からの打撃は かなり厳しいと思う。

お母さんは 感情で 息子をたたいていると見受けられる。

そのあとすぐ下の男の子もたたかれた。

感情で 子育てをするものではない。

もし感情ではなく しっかりと受け止めていたなら 両方の言い分を聞いて もしたたく必要があるなら お母さんは おそらくはしゃがんで 彼のお尻をたたいていたことだろう。

大人といえど 感情の生き物である。

クリアランスの帰り道 それは まるで私への浄化のためのごとく起こった。

親であっても 教師であっても 友人であっても 感情は湯水のごとくあふれ出る。

その感情を他に出すものか そうでないなら どう処理していくか。

上司に叱られたとき それが適切な叱咤だったのか 感情からきているもんか冷静に見ていくと 案外 スムーズにその場を処理していけるかもしれない。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪

※今日は巫女講座が月響庵で13:00~15:30まであります。
※今日は古神道風水が月響庵で15:30~18:00まであります。

お待ちしていま~す!!


NPO法人の動物愛護団体さんです。ご支援よろしくお願いします。

〒679ー 2121 兵庫県姫路市豊富町神谷1379 NPO法人アニマルメリーランド

TEL 079-262-0391 携帯090-8932-4127(兼松)

みなさまありがとうございます。
口座のお問い合わせがありましので、下記にお知らせいたします。


郵便振替   記号 00900-1 番号 87975 NPO法人アニマルメリーランド
郵便局口座 記号 14300 - 61947021 兼松廣子(カネマツヒロコ)
楽天銀行 オペラ支店(205)  3925440 兼松廣子(カネマツヒロコ)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

ゴチ says... "白黒でない色も"
人間は良い、悪いを固定化しがちですね。白黒を付けずに緑もピンクも認めてあげる勇気が必要ということが言えるかもしれません。
2012.06.15 23:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1496-7052832a
まとめtyaiました【クリアランス】
いよいよ本格的に 自分のクリアランスを始めた。まだまだクリアでない自分を知っていながら 置き去りにしてきた。過去に飛んで 地下深くあえいでる自分を発見してゲートウェイ(体外離脱セッション)して、もうそこにいなくていいんだよって天上界に連れていったり、い...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。