つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

古神道ワークショップのお知らせ

120711_1516~01

120711_1517~01

528137_342161859196971_2093109694_n.jpg

古神道ヒーリングWS~古神道神傳療術師養成(神々の祈りを伝えるヒーラー)初伝)~」
7月22日(土)13:00~16:45 文京シビックセンター3F和室

文京区春日1-16-21. 電話 03-3812-7111

mapnew.gif



古神道の癒しの叡智。

古人(いにしえびと)が風や光、山々、植物たちからいただいた叡智。

その叡智が脈々と伝わってきており、そしてそれ は、ご神事として行われてきました。

石上神社をはじめとして、古くからある神社にそっと受け継がれてきた十種神宝修法。

それは、神々に祈り、神々の稜威(ミイズ)を願い賜る祈 祷(スピリチュアルヒーリング)であり、現象化の力をもって治療していく加持(セラピー)というものでした。

古来よりこの日本では、加持祈祷(又は禁厭)の叡智をもって、人々に癒し(ヒーリング)を施してきたのです。

古代の神々もまた、この禁厭(いのり)呪式(ことば)をもって、国造りを成してきたともいえます。。

我が国の古代(神々の系譜)から伝わる叡智(玄理)である神傳療術、加持祈祷、そして禁厭・・・

今回は、十種神宝(とくさのかむたから)修法の自修法(セルフヒーリング)と、他修法(他者ヒーリング)を中心 にお伝えします。

この神傳療術(加持祈祷)を体得していくことにより、神徳を発揮し、 神理を実証し、さらなる修養を積んでいくことによって、神ながらの道を深めていっていただきたいと思います。。



*十種神宝修法とは

物部氏の祖神、ニギハヤヒノミコトが授かったといわれる秘儀中の秘儀。

この「十種の神宝」修法は、死(まか)れし魂も蘇るとさ れるほどの応験あらたかな修法ですが、自分で修する鎮魂 法(自修法)と、ヒーリングやエナジーワークとして修す る他修法の二法を学びます。

<主な内容>

(神傳療術 初伝伝授)
  ・式法と心法
  ・神人感応の原理
  ・呪式実行の心得
  ・呪式の好機
  ・禊ぎ(気吹きの術)
  ・十種神宝とは
     招神 送神の秘儀
     十種神宝の秘印
     自修法 他修法
  ・気吹きの呪式(イザナギノミコト伝)
  ・十種神宝手当療術法

古神道禊ワークショップ

7月23日(月)10:30~16:30 文京区向丘地域活動センター 和室

文京区西片2-19-15 電話・FAX 3813-6668

mukougaoka.gif



古神道とは 現在の神社神道でも、明治以降の権力者によって作られた国家神道でもありません。

古神道とは、大自然、宇宙に秘められている神秘性、法則性への深い洞察と、そこに感じられるものへの畏敬と感謝から生まれた、日本古来の叡智です。

太古より伝わる伝統的な安全な方法で、ある鎮魂行法(霊性開発システム)を本格的に体験し、浄化を深めながら自分と向き合うことを通して、真我と叡智に触れるプロセスを体験していきます。

日本古来のシャーマニックな印や呼吸方や瞑想法の技法を伝授して頂きます。

息も吐き出せば、自然に入ってきます。

その自然のあり方に基づいて、身体を動かすことや祝詞をあげ、声を出すことによって、身体と魂にたまっている汚れを祓い落とし、 大宇宙のエネルギーが自然と入るに任せ、自分自身を清めていきます。

行を積み重ねていくうちに、魂に付着しているいらぬ汚れが落ちていき、 どんどんと浄化され、元々本来備わっている汚れなき魂の自分が現れてきます。

魂は放っておくと浮遊しがちですが、この鎮魂行法は浮遊するのをとどめ、 自分の中心をしっかり取り戻すことで、大いなる存在とつながっていきます。

午前中は、講師の矢加部先生より、古来日本の作法や古神道の奥深い講義があります。

午後は、実際に行として二座行われます。

一回目は練習を兼ね、二回目は本番として。

初心者の方でも全く大丈夫です。

古来日本の自然に則したこの方法をたくさんの方に体験していただきたいと思います。


<当日の主な内容>
・神拝作法 神前での所作
・祝詞奏上の仕方
・古神道的聖水の作り方
・古神道的浄化の方法
。火打ち石の作法
・印の組み方             
          等々
・古神道行法   
    禊祓詞   
    大祓詞   
    言霊行法   
    息吹(呼吸法)   
    振魂、天の鳥船   
    鎮魂行法(瞑想)             

お申し込みはメールフォームもしくは、コメント欄より管理者のみ閲覧にチェックをつけてお知らせください。

神傳ヒーラーは1万5千円(再受講者1万円)・禊ワーク1万5千円(再受講者7千円)です。

動きやすい服装でいらしてください。

禊ワークの方は1日ですので、軽めの昼食をご持参ください。


さて、上の写真2枚は巫女講座の一部。

古代斎王・斎宮の方々が天地の神意を受け取り、1枚の折符の中に無限に広がる宇宙に純粋で無垢な祈りを捧げています。

古代の巫女たちは ただただ折る・・・という作業を数年かけ、そこに神意を受け取り、国家・国民・天地の繁栄弥栄への祈りに導かれているんだ~ということに気づかされる講座でした。

愛とはなんて無償の愛なんでしょう。

紙=神はなんてすばらしいんでしょう。

小さな紙が無限の宇宙へと広がる。

第3回の巫女講座を終え、残すところ巫女修行も8月8日(水)13:00~16:45

「巫女養成講座~巫女まじないと祭礼・祭式作法編~」 や、前回行った自靈拝などになります。

この講座は、巫女講座に参加された方には必須ですが、どなたでもご参加いただけます。

メールフォームなどよりお申込みください。

大野南公民館【所在地】  〒252-0377相模原市南区相模大野5丁目31番1号南区合同庁舎内

【電話】 042-749-2121

【交通案内】 小田急線相模大野駅(北口)から徒歩7分・ バス 「合同庁舎前」下車 ⇒ 徒歩1分

map2_20120716112523.gif


~神と人を結び、聖なる存在だった古代の巫女いつの時も清らかに、神々しいその姿神秘的な光を見る。。。~


この講座では、巫女として必要な、 古代の神法であるまじない法を伝授していただくとともに、 神霊に対して礼を尽くし、、 礼法の根源でもある、神事作法の基礎 を学び、神々の息吹と響きあい感応するための所作を身につけていきます。

気枯れ(穢れは気が枯れているのでおきます)や邪気(自分には必要のないエネルギー)を気づかないうちに身にまとわせているのを簡単にリセットし、天晴れる(本来の自分に戻る)ための浄めの方法(禁厭)などもお伝えいただくとともに 「お祓いグッズ」の作り方も伝授sていただきます。


<主な内容>
・人形の謹製 使い方
  古来、神道では、「紙は神に通ずる」といわれてきました。
  
  平安の頃になると、紙人型で身代祓い(みがわりはらいをするようになり、宮廷神事では大切なものと
  なってきました。。
  
  人形(かたしろ)をお伝えいただき、各自で人形を作っていただきます。。
  
  またその活用の方法も学んでいきます。

     邪気を吸い取る方法
     痛む箇所 病気の箇所などへの用い方
     古物の浄め方
     お葬式帰りの浄め
     重病人お見舞い後のお浄め
     想念の浄め
                         等々
     人形を用いるときの心得

・祓い具の作り方
    紙垂(しで)の切り方
    簡易版祓い串の作り方

・その他、日常で活用できる、禁厭の方法
    魔を祓う方法
    痛みを止める方法
               等

 
  
    神社参拝の作法
    神拝作法の玄義
    敬礼作法
    座法 
    進退作法
           等々


✩こののワークショップでは、 古代の巫女の技を通して、毎日の生活に活かしていける方法を  簡単なお作法や心得、手法を習得して頂けます。


  *持ち物 筆記用具
        はさみ、小刀(又はカッター) 
         (出来れば、安価なものでもいいので、新しいもの。 当日用意が難しければ、既に使っている          ものでも構いません。)

受講料 1万5千円(各回とも)  (*男女とも参加可能・男性は斎王・女性の方は斎宮として古代から受け継いでいます。)

8月9日(木)はいよいよ龍笛講座・神唯ら(かむながら)合気道が開催されます。

3枚目の写真は矢加部先生の龍笛神事のお姿。

龍笛は天と地を繋ぐ響き。

13;00~15:00龍笛15:00~16:45合気道(植芝先生の流れをくんでいます)

巫女まじないと同じ、大野南会館で行われます。

龍笛ご持参できない場合、お知らせいただければ5500円くらいになりますが、注文も承ります。

(練習用です。本物が必要な場合はご相談ください)

合気道は 動きやすい服装でいらしてください。

初回、龍笛・合気道とも7千円(2回目からは5千円です)

さて、10日(金)13:00~16:45は同じく大野南公民庵で先祖供養祭りが行われます。

前回行った先祖供養では 夢におばあちゃまが笑顔で現れたなどなど体験例がたくさん寄せられています。

是非ご参加ください。

先祖供養では、呉竹の黒の筆ペンが必須となります。

手に入らない場合はご相談ください。525円でお譲りできる予定です。

出会いはすべて縁であり、円=〇だと最近つくづく感じます。

よいご縁に出会えますことを祈りつつ。。。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1518-e5d8ca19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。