つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

生きる

しばらくぶりにご連絡があったかた方と本当に久しぶりにお会いしました。

その方からのご相談は まずは本で頭がいっぱい。

その本を頼りにここ4~5年過ごしていらっしゃったそうでそのお話をたっぷりと1時間は聞きました。

なかなか本題に入らない。

そこには さまざまな心理が隠れています。

本の内容を私に伝えていくことで その内容を実践していることを伝えていくことでご自分の不安や恐怖を打ちけし、安堵したいという恐怖心です。

話を聞き終わったところで、だから何を私と相談したいの?と聞きました。

その方が今かかえている問題を私はすでにわかっていましたが、それは私が提示すべきものではなく、その方が提示すべき事柄だからです。

命に関わる病であることを やっと告げてくださいました。

そこへいくまで、ご家族のことや仕事のこと、自分がいなくなってももうみな大丈夫など、すべて自分を置き去りにして問題をすり替えようとしていました。

で、だからどうしたいの?

生きたいの?

生きたくないの?

シンプルなんです。

とってもシンプルなんです。

やっとその方の頬から滴が落ち始め、生きていたい・・・と答えが返ってきました。

病院や薬を拒否し、その病気に気が付いてから5年の月日がたっていました。

ずっと、自然治癒をめざし食事療法や血流マッサージをしていたとのこと。

そしてその食事は砂をかむように味気なくて生きていくのがめんどくさくなるようなものだと告げてくれました。

生きるというのは 人生を楽しむことです。

人はスピリチュアルとリアルの中庸を生きていかなくてはなりません。

三次元をおろそかにしては 生きていくことは難しいです。

食事療法自体はそれを本当に楽しみ、身体が元気になっていくなら問題はありません。

ところが、食べることで生きる意欲をなくしてしまうなら問題です。

場所は〇タバ。

私が注文した〇ラノサンドBを半分にして、パンで乾杯してその方は5年ぶりに普通食を口にしました。

「美味しい!!」

笑顔がその方からこぼれました。

「この青い空や、美味しい食事を3万回、食べたいと思わない?」

「見たいし、食べたい!!」

「じゃあ、決まったね、そのためには生きることに集中して病院へ行き、薬も飲んでね!!」

「はい!!」

美味しいものをいただく・・・というのには、生きる根源が含まれています。

その生きる意欲を湧かせてくことの重要さ、そして、この世にあるすべてのものが天地からの恵みであるということ。

いいもの、悪いものと決めつけるのは人間の心でしかないこと。

そして、病院や薬にはホワイトエンジェルたちの働きがあることなどを告げるとその方の目が輝きました。

「真逆でしたね。」

と話されたので、そうではなくていろいろ試行錯誤したからここへきてやっと生きていたいと決意できたことに感謝することをお伝えしました。

また、血流マッサージは その病になる前ならいいけど現在はかなり厳しい状態。

逆に流れがよくなり、あちらこちらに飛び火する可能性をお伝えしました。

生きるということにさえ、おびえてしまう私たち。

どうぞ、生きる・生き抜くということの大切さを掴んでより幸せになってください。

たくさんのシェアをあるがとう!!
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1529-83ae5baa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。