つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

円覚寺

弁財天

ここのところ毎週末訪れている北鎌倉。

年を重ねてきた分もあるのでしょうか。

北鎌倉の静けさが好きです。

小京都とも言われている町ですが 京都よりも人も少なく 落ちついて町歩きができます。

写真も円覚寺の中の弁財天。

古神道ワークで作った弁財天符と同じものがあり感動しつつ写真をとると紫のオーラに包まれて見えなくなってしまいました。

ここの弁財天は700年前に江の島の弁財天を勧請したとのこと。

宇宙には時間も空間もないし、神様の世界には そんな囲われた世界はないでしょうから オーラが満ちていても当たり前のことなんでしょうが なんとも感動します。

また、この弁財天宮の前には洪鐘があり、物部国光という方が作ったとあります。

物部氏といえば、ニギハヤヒ・・・を祖先とする氏。

恐らくは鎌倉の頃に刀鍛冶として名腕を振るわれていたのでしょうが、古神道の世界では物部氏はとても大切なものを残してくださった氏です。

鎌倉は家から近く、また 高校生の頃、ちょっと古都散策と銘打って週末に友人と出かけていましたが、深く意味を持ちませんでした。

今 この年になって 鎌倉もまた天孫降臨のエネルギーを持ちつつ そして古来から人々は繁栄発展、幸せを恒久的なものにするように努力してきたのだなと。

北鎌倉は静かな町。

この町のいたるところに 昔ながらの癒しと そして祈りが感じられます。


さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し?ヒーリングへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
本当にそうですね。業をいかに減らしていくかが 人としての宿題かもしれません。
2012.11.08 05:29 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "人間の業"
武家の都に雅は無く質実剛健あるのみですね。円覚寺の弁財天も木目が痩せて心配です。いつも思う事は平家も源氏も身内の結束が薄れて敗れ去った事です。人間の業の複雑さを感じます。
2012.11.07 22:07 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1586-7839d69f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。