つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

ひとすじの涙

くrマザー

レイキレベル2は 観音様のシンボルなどを伝授させていただきます。

13日のこの日。

N様の伝授(アチューメント)は 最初から最後まで マザーがご一緒でした。

N様が 信愛していらっしゃる話を知らなかったのですが 中盤 すべてのチャクラ(ツボ)を通過させるときには

Jesus Christ(キリスト)と胸の中でJesus Christを呼びながらの伝授となりました。

そして、最後の薬手では マザーが降りていらっしゃいました。

目をつむって伝授を受けてくださっているN様の頬には ひとすじの美しい涙。

この日は曇っていましたが、一瞬 晴れ間ものぞいて 天地の祝福をいただきました。

伝授が終了し 感動のうちにN様とお話をすると 

「えっ!! ずっとマザーって思っていました。そして小さいころからマザーがすきだったの。いつも導く声が聞こえていたの。マザーきてくださったんですね。伝授の時は はじめは真っ暗だったけど 中盤から金色と白と紫の光りに包まれていたの。感謝です。。」

と。

天と地は 本当にすべてに祝福してくださっている。

13日という日もご縁。

キリストは12使徒が有名ですが ご自身をいれて13とか 13番目の使徒も入れるとか70使徒とか・・・。

キリスト教には なかなか疎いですが キリストもまた 聖書の中で アイオーンという48音の中にスという神様がいらして・・・とまさしく古神道の言霊と同じことをお伝えになっている。

地球を愛する師の方々は みな同じ叡智を放っているのでしょう。

よい日となりました。

N様に感謝・マザーに感謝・天地に感謝・みなさまに感謝・万物に感謝。。


さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪
私が ほんの少し聖書と仲良かったのは 高校生の頃の英語のせんせいのおかげ。
先生はクリスチャンで、私に1冊の英語の聖書をくださいました。
これを読んでいきなさいって。
そのおかげで いくらか聖書を知ることができました。
今もえんじ色の小さな聖書が私の書棚にあります。
ご縁とは 本当に不思議なものです。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1595-053cc949
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。