つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

光りと闇

imagesCAY18QFZ.jpg


光りと闇の区別は ないんだよ。

そう和泉さんから教わります。

でもわからんかった。。。

あなたは 光だけが正しいと思っているでしょう?

だから その場にいて進展しないんだよ。



よくわかりません。

というか よくわかりませんでした。

でも、今朝 掴んだ!!

光りを賞賛し 闇を排他する心こそが なんて汚いんだろうかということを!!

そして、すべてをあるがまま受け取る。

感謝!!

このブログで何度も

太陽は 分け隔てなく 万物に光を与える。

・・と書いているのに、和泉さんの心を見透かす本当の目には 降参です(笑)

頭で理解しているだけで 掴んでいなかった。

ところが 今朝 ポーンと掴んだ。

闇には闇の大切さがある。

これを 言葉にするのは難しいことなんだけれど いい人だけがいいわけではない。

そうでもない人も 素晴らしい。


例には ならないかもしれないけれど 昨日のBSTVで、アラスカをやっていた。

本当に美しいところだが 産業も少なく おそらくは 日本では もう廃棄処分にするようなものを大切に保管している。

いつ使用するかわからないから・・・とのこと。

断舎利が進んでいるが 実際 宇宙は 断舎利をする方々、断舎利をしない方々を区分けしない。

ただただ そこにあるだけ。

人々の営みを 受け入れている。

何でもOK!!

そこに 定義はない。

定義は 人が決める。

その定義が間違おうが 正しかろうか 受け入れている。

相手(人とは限らず、心とかね。。)を闇と決めつける自分の心の醜さに気づいた。

人を裁くなんて不必要。

嫉妬したり、恨んだり 妬んだり 怒ったり 。。。いろいろな心を持つ方々がいらっしゃる。

それが どれも自分の写し鏡。

なんだ 自分が変化し進展するればいいんだ。

裁いている間は なんも 進展しない。

逆に 見せてくれてありがとうと感謝する必要があることに気づいた。

自分の波動をあげる。

シフトアップするしかない。



さて、今日は実は小雨の中 伊豆に行ってきました。

そこでなにをしてきたか 延命地蔵経をあげました。

この世に生まれてくることがなかった魂たちに 感謝をこめてあげることになりました。

何故そうしたのか。。。

見ないようにしている自分が見つかりました。

闇の部分を見ないでおく。

でもそんなことは必要ない。

すべてに感謝でした。

そして、このお経は おそらくは日本うまれ(インドうまれだはない)では ともいわれていますが 読んでいる間に 身体から放たれていくものを 感じました。

また、時間がたつにつれ、胃が温かい。

胃はこんなに温かいんだ・・・と、感じました。

海に向けて 祈りを捧げました。

東北関東の旅立った小さな魂たちに届いたかな~。

胃が温かくなるといいね~。

たくさんの愛と感謝をこめて。。。

さあ、今日も元気に笑顔で歩いていこう♪



関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
もう20年前になるでしょうか。
盲目のピアニストが学校に演奏に来てくださいました。
もう名前を残念ながら覚えていません。
彼は 甲冑を着た武士が 夜な夜な歩くといわれているマンションに住みました。(神奈川の津久井です)
そのマンションで 彼は本当に楽しくピアノを弾き その甲冑の武士は昇天されました。
魂に響く音楽は 地上に思いを残したままの方々さえも癒していくのでしょうね。
2012.11.24 19:45 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "辻井伸行さん"
盲目のピアニスト辻井伸行さんは光の無い世界で素晴らしい演奏を聞かせてくれます。光は良い面も悪い面も持ち合わせているようです。一方の暗闇は睡眠に必要であり、両者は人間にとって必要不可欠なものだと思います。
2012.11.23 20:57 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1605-d4b26c53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。