つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

安寧

a6fbb5f30339918e235a-LL.jpg

心はねえ、波が立つこともあるよね。

でも、それをなくしてほしい。

目の前のことに一喜一憂する心に気づいている?

目の前のことに意気消沈しないでほしい。

もっと奥の奥を見てほしい。

目の前のことに目を吊り上げたり、悲しんだりするのは そこにエゴがあるんだよ。

奥を覗いてごらん。

ふっと愛を感じるよ。

今 この瞬間 私は生きている

今 この瞬間 あなたは生きている

どうしようもないくらい 素晴らしいできごと。

地震が起きたとき あなたはどのような心をもったでしょうか?

地震がきたとき、私は 。。。

命とは そうしたもの。

今を生きずして いつ生きるか。

人がどのように生き抜いていくかは その方に任せればいい。

まずは自分が凛として なにがあっても動じない心を持つことを旨とする。

この時 さまざまなしがらみが消えていく。

それは 春の息吹のように 氷も溶けて 安寧な世界となる。

動じる前に 何をすべきか。

人のせいにするとき、それは自分に自信がないから。

自分のせいにするとき、それは自分い自信がないから。

おやめなさいよ。

もうそんなこと。

大切なことは 今をしっかり生きるか生きないか。

今日は本を読みました。

生まれつきの脳性マヒで 気管切開もしている方の本。

あ~とか、う~とかしか発声できなかったけれど、気管切開によりあ~も出しづらくなった。

ところがね、彼女は字を書くことができた。

13年間、内に秘めたものが詩によって放たれた。

大越桂さん

自由なわたし

わたしにできることは寝ること
何もできない
いいことも いやなことも
いつだって受身で待つだけ
うれしいことも 苦しみも
伝えられない
何のために生きているのか
誰も教えてくれない
声でいっしょうけんめい
伝えようとしたけれど
心の美しい人にしか通じない
一日のほとんどは
苦しい時間で疲れはてる

息が楽になるのは本当にすてき
にこにこ笑える
みんなのやさしさも
受け止める余裕になる
気持が明るくなると
今日をがんばれる
そうすると
明日もいい日になりそうな感じがする
希望が出てくる

肉体が不自由でも
精神的自由は私だけのもの
自由な私は何でもできる
生きているってすばらしいこと
ひとつひとつ失っても
いのちはいつも美しい
どんな姿になっても
愛で包まれていることに気づけるのは
今の私だから
みんなの愛に
気がつくことができた私は
今の私で
十分だと思います

いのちの意味は
ひとりひとり違う
私はどんな姿でも
生きていたい
生きていることは
本当にすてき


命があるということ。

本当に素晴らしい奇跡。

今、この瞬間を大切に生きていきたい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
ゴチさん、素敵ですよ~(*^_^*)
美しい心を持っていらっしゃる。
そして山のように凛としていらっしゃいます(*^_^*)
2012.12.10 04:22 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "感動の詩"
金子みすずさんの詩に感動しましたが、大越さんの詩も良いですね重みが有ります。「今日をがんばれる、そうすると明日もいい日になりそうな感じがする」
心の美しいとは言い難い私にも伝わりました。
2012.12.07 22:05 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1617-9c1c4eed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。