つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

逃げる

自分に不利益な時、人は逃げます。

自分に有利な時、人は強気に出ます。

私は今回、そのような事例を目の当たりにしました。

とても残念です。

強気の時、他を排他し、非難します。


弱い立場の時、自分を被害者にして、他を悪者にして病気になります。

どちらも、とても残念です。

人は 誰かを悪者にしないと生きていけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはないと信じています。

自分を高めてください。

自分を貶めないでください。

私には 判断や評価という癖がついています。

その癖を今、撤廃中です。

あなたも一緒に参加しませんか?


誰と比べる必要があるのでしょう。

比べるとしたら、過去の自分と現在の自分。

一番、自分を理解し、そしてそれを見ないように仕向けている自分との戦いです。

それに気づいて、自分を開放してください。


誰かがあなたを傷つけるという錯覚・・・本当は誰かが自分を傷つけているのではなく、自分自身が自分を傷つけているという真実を知ってください。


それに気づくと 天の扉が開きます。

自分を傷つけるということは まさしく天を傷つけるということであったということに気づきます。

自分を貶めて(おとしめて)、自分の体を苛む(さいなむ)ことをやめましょうよ。

シンプルに生きる。

頭で考えてみても わかることではありません。

理解と掴むは違います。

幸せに楽しく生きたいのか、不幸せに苦労して生きたいのか・・・。

自分の心に聞いてごらんなさい。

頭では 幸せに生きたいにきまってるでしょと思っていても、そうはいかないと思う心を持っていませんか?

そこがポイントです。

そうはいかないと思う心を、手放す勇気。

それは天地を信じる心そのもなんです。

ものすごい際にたってみてください。

その時、天地を信じるか信じていないか、天地に恨み言をいう自分がいないか。

そこが、大切です。

神様ごとを唱えていても、最終的に恨みを持つ心があれば、うまくいきません。

私はもう逃げないと決めましたが、それがそうであるかどうかは 際にたったときに わかります。

揺れる心がないとはいいきれない。

でも、やるしかない。

もう逃げない。

それが今世の使命。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
(笑)そういう方、たくさんいますよね。
弱いものには強気に出て、偉い方には 護摩をする(*^_^*)
そうして出世した方いますけど、幸せそうでないのは・・・。
豊かな心で生活していきたいものですね(*^_^*)
2012.12.15 06:23 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "弱い者いじめ"
「弱い者いじめ」は嫌ですね。”増税”を「弱い者をいじめて強い大企業に媚を売る」と表現する方がいますが、これと似ています。「弱きを助けて強きをくじく」世の中になって欲しいです。
2012.12.13 22:53 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1624-4f7be9a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。