つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

長野から

130202_1901~01

長野の上田駅前です。

上田は まるでクリスマスのようなイルミネーション。

雪もほとんど消え、昨日の長野はあったかでした。

田舎の母のところへ どうやら週末ごとに主人と交互に出向くことになりそうです。

田舎の母は 平成17年に癌のラストステージと言われ、1年持てばと言われましたが、信州のスーパードクターのお蔭さまもあり、5年間の抗がん剤投与も無事終了し なんのお薬も飲まずに8年目を迎えます。

今年の3月に米寿となりますが、ゆっくりと寿命を全うする日を迎えつつあります。

母は お金やプライドで人生を歩んできた方だと私は感じています。

それを 何度か足を運ぶことで 彼女が人生は愛で構成されているのだということを掴んで旅立っていただければと思っています。

旅立つとき、旅に持っていけるものは 心しかありません。

まっさらな赤子のような心を再び持って旅立ってもらいたい。

姑と嫁の間には 多くの壁がありました。

私の中で この半年の間にその壁がやっと消えました。

それは この半年の間に出会った方が多くの奇跡をプレゼントしてくれたからです。

本来なら 当たり前のことですが 心の奥底の宝物を真に磨きあげる・・・すると、今まで防御していたさまざまなこだわりが まるっきりいらない観念であることに気づきました。

そして、行動していく。

この行動を展開していくのに 本当に時間がかかりました。

行動することに恐怖が付きまとうからです。

行動を実際していくのに またしても観念が付きまとうわけです。

こんなことをしたら、こんなことを伝えたら 嫌われるんじゃあないか・・・って。

でも見事にそれは逆でした。

逆に自分のことをさらけだし、相手に伝えたら(主人)、それは平和と安全を作り出すことになりました。

ただ、今度は主人自信のカルマ(業)・今までの観念を取り外すことが必要で それは私の行動により振動し変化していきます。

私自信が時間がかかりました。

ですから、振動数を減少することなく行動していきます。

(振動数:赤ちゃんが何人かいます。ひとりの赤ちゃんが泣いたとき、それは振動し、他の赤ちゃんも泣き始めます。まるでベルのようです。また、やかんの中の水が沸騰するとき、隣の鍋の中の水も火をつけていなくても次第に温まります。人の心も同じように振動していきます。・・・頑固だけれどね(笑))

今回の母への訪問で 母はほとんど覚醒しません。

寝ている時間がかなり多くなっています。

ターミナル期だと、寝ている時間が多くなります。

母が目を覚まして話してくれた言葉。。。

「子供たちは いつ来るの?」

孫のことです。

1月1日に孫たちが来る予定でしたが それが延期になっていました。

それを彼女は心待ちにしていました。

来週の週末は 孫を連れて彼女に会いに行きます。

彼女の本当の心は 恵まれた環境や豊かな物質ではなく 人々の心であることを知っています。

「会いたい、そばにいてほしい・・・」

それを上手に表現できません。

その表現を こだわりなく なんのてらいもなく 表現できるように 掴んでほしい。

ただそこも 彼女の魂に委ねます。

88年という人生の中で 彼女が必死に身に着けた防御。

これにより 彼女は必死に生きてきた。

お金やプライドで自分を防御すること・・・。

それが彼女にとって必要であり、生きていく知恵でもあった。

それを否定することはしません。

それがなければ、おそらく自分を見失ってしまったでしょうから。

ただ、この半年間で教わった 相手を見下さない・・・という教えから 彼女の残された大切な時間に向かい、私は全心で 愛で向かいます。

おしつけでなく 肩に力の入っていない愛。

依存しない愛。

あるがままの愛。

彼女の残された大切な時間に間に合ってよかった。

やっと、彼女と正面から向き合えます。

今日も母に会いに愛に行きます。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1658-1238cf4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。