つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

豆まき・そして始まる

130203_1015~490001
長野の母の寝室に赤鬼・青鬼がやってきました。

赤鬼が

「目を開けない奴は 誰だ~!!」といいながら、義母の顔を棍棒で柔らかくタッチ!!

なかなか覚醒しない母ですが、2分ほど目を開けることができ、握らせてもらった豆の袋を私の声掛けで手放すことができ(母さん、いまだ!!ぶつけちゃえ!!)、鬼は

「たまらん~!!逃げる~!!」と言って部屋からでていきました。

赤鬼と青鬼は ケアマネさんとヘルパーさん(^o^)丿

御苦労さまでした。

母は このあとすぐに眠りにつき寝息も(-_-)zzz

おかげさまで母のところに春が来ます。

福が来ます。


母との交流は彼女の眠りの中でゆっくりゆったり愛を伝えていきます。

私の心は画期的に変化し始めました。

思えば 昨年の6月から始まった聖なる時間からです。

講師のSさんを悪化したり、何故、私がSさんを苦しめているのかもわかりませんでした。

なぜなら、自分がそのことを理解する場まで到達できていなかったからです。

そしてそれが本当にいらない負の遺産であることを急激に昨日の朝、掴み、事態はものすごく速く変化しています。

数年前に小さな宇宙人アミに出会い、そして今年ピアノラブ(Mark Sato)さんの 静かなナチュラルな自然と共存する音楽に出会い、そして一青窈さんのハナミズキ・・・。

涙しながら本当の真実と向かい合いながら自己(セルフ)を見つめ、やっと自分の中の負の遺産をほどくことができました。

おそらくは まだまだたくさんの自己を見つめなくてはならないでしょう。

そして今日、長野で一冊の本と出会いました。

「グランドファーザーが教えてくれたこと」

です。

この本は2012年12月31日に一刷となっています。

大晦日です。

そして私は旧暦の大晦日である今日、受け取りました。

偶然ではないのでしょう。

そして、私が最も尊敬し信頼するSさんが奇しくも、12月31日から1月1日にかけて体験してきてくれたすべてと同じようなことがこの本に書かれていました。

人はみな、自分の保身のために生きようとします。

また人は依存することで自分の場を確保します。

また人は自分の意見とは違っても自分の利益のために意見をすり替えます。

自己(セルフ)を見つめ、大地に聞きなさいとこの本は伝えてきます。

聖なる運びの講座を受け、すでに掴み、行動している方はもちろんのこと。

さらなる真実が始まります。

また、気づきだけで終了し、掴み切れなった方も是非読んでいただけると理解が深まるかもしれません。

ただ、行動する・・・ということ、それがキーポイントです。

自分だけが幸せになる・・・という観念を捨てきれない方には この本は ただの本にすぎません。

夢の中のお話になるでしょう。

でもあえてご紹介します。

是非、読んでください。

なぜなら、おおいなる存在は あなたをたくさん愛しているから。

たくさんのたくさんの愛をこめて。


51gZlFlSHoL__SL500_AA300_.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
ケアマネさん、すねげまで赤くして大迫力でしたよ!(^^)!
ヘルパーさんは女の子・青いスパッツでがんばってくれました。人っていいですね!(^^)!
本はヒカルランドから出ています。
アパッチ族の酋長の話。
全国で買えます。気が向いたら読んでみてくださいね。
2013.02.04 03:12 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:豆まき・そして始まる"
ケアマネージャーとヘルパーさんの演技は素晴らしいもので有ったようですね。流石、長野は教育の国、良い本を出してくれます。
2013.02.03 21:12 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1659-73592349
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。