つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

バレンタインの夜

ph_season13031406.jpg

バレンタインの朝、葦というケーキ屋さんの焼き菓子をテーブルの上に。

「こんなに食べられないよ。」

と言いながら、顔は笑顔。

バレンタインの夜は楽市楽座というお店へ。

tp_m.jpg

楽市楽座の意味は自由貿易。

良い時間が流れます。

お話の中身は 宇宙について。

ニュートンという雑誌についてが話題になりました。

宇宙は 本当は陰陽のバランスがとれている。

だから、本来は無であり空である。

ところがその無から歪ができていくつかの場(宇宙)ができた。

それが今の宇宙。

この宇宙もいくつかある。

また、その宇宙はつねに運動(エネルギー)をしている。

その運動が私たちであり、さまざまな万物も運動をしている。


そして、また空・無へ戻っていく。


星も運動し、また時がくれば新たな星を産む。



「さまざまな思いや孤独感・・・それは無駄なことなんだろうか。」

そう話すと、

「いやいや、人はみな孤独。

空・無である根本の宇宙から飛び出ている瞬間からね。

だから、般若心経が宇宙の仕組みを説いているよ。

空だけれど色も香りもある。

色も香りもあるけど、本当はなにもない。

そしてそこの実がある。

人生はたくさんの波がある。

その波の真実を見るとき、実は波はなく大きな大きな大海。

波に惑わされていきているけれど、実は大きな大きな大海が生命なんだよ。

人はいろいろな思いや感情に振り回されて惑いながら生きているけれど、それも許していく。

そして、また空へ戻れる喜びをもちなさいというところかな。」


「すごいね。なんでそこまでたどり着いたの?」

「学びと瞑想かな」

「んんん!!!???瞑想してるの?」

「夜、寝る前にね」

バレンタインの夜、お互いにシェアしあいながら、大きな大きな宇宙に心を飛ばした夜。

大きな大きな宇宙に感謝しながら。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
今回のは比較的小さくて見つけることができなかったようですね。
直径50メートル級でないと難しいそうで。。。
これから先は もっと小さいものを発見できるようになるのかもしれません。
マンモスがいなくなったのも、隕石衝突といわれています。
地球の人は もっと違う方向へ科学力を使用しなければなりませんね。
科学は人の命を守るために使う方向に。。。
手塚治虫のアトムを思い出しちゃいました。
2013.02.18 04:26 | URL | #- [edit]
瑞姫 希音(みずき かなで) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
応援感謝です(*^_^*)
2013.02.18 04:22 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:バレンタインの夜"
聖バレンタインの日に直径15m、質量15トンもの隕石がシベリアに落下しました。お祝いにしては大きすぎます。建物には直撃しなかったものの、付近の多くの家屋が壊れけが人が出たようです。宇宙には怖い物も飛んでいるんですね。
2013.02.16 22:16 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]
ゴチ says... "Re:バレンタインの夜"
こんばんは、バレンタインの今夜は宴会で22:00に帰宅しました。応援だけにさせて頂きます。See you tomorrow.
2013.02.15 22:21 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1666-b59fd189
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。