つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   0 comments   0 trackback

嬉しいたより

120401_1328~01

T様から、お便りが届きました。

2月22日、ご長女様が入籍されたとのこと。

そして、緑の多いマンションにご入居された・・・と。

ご長女様のご結婚に際し、ご相談を承りましたが その時 直感で見えていたのは 緑の多い場所、そして真っ白いお部屋。

方位などなどもありましたが、まずはご本人様方の意志を尊重して・・・とお話した覚えがあります。

方位などなど、そこに親御様の意志が入り込むとコントロールが入ります。

ですから、ご本人様方の意志を尊重していきます。

もし、そこで不都合があれば その時 最善の方法をとることの方がいいよ・・・とお話ししたように思います。

人生は いろいろな経験をする。

そこから人は成長していきますから。。。

良いときと良くないとき・・・。

それは実は人が評価するものです。

さまざまな動物たちがいますが、動物たちは生きるために行動を起こします。

この時、人は自分たちに都合がよいものだけをよしとします。

でも、動物たちは ただ生きる だけで行動しています。

良いときも善くないときも人は成長していきます。

ですから、見守る・・・ということをTさまは実行してくださいました。

そして、氣のよい場所へとご長女様ご夫婦が移り住んだことにとても喜びを感じられたと思います。

私もとっても嬉しいです。

心からお喜び申し上げます!!

そして、この日もうひとつ幸せな気持ちになったことが・・・!!

私の母方の家は常に犬たちとともに暮らしてきていました。

そして、たまに猫。

犬や猫に守られて暮らしてきたといってもいいかもしれません。

小さい頃から 犬たちや猫たちと暮らしてきました。

現在は犬4匹、猫3匹とともに暮らしていますが 次第に動物への日本での状況を知り、保健所(動物保護センター)での命の期限についても真に考えるようになりました。

先代犬たちや 猫たちも 保護センターへという話を聞いて、家で一緒に暮らすことにしました。

今年の5月、猫たちは20歳(成人式!!)を迎えます。

命は本当に素晴らしいです。

何度も大変な時期を乗り越えて20歳になります。

その命が保健所で断たれるのは 本当に苦しい。。。

しかしながらひとりの力は たかが知れています。

いつか1匹でもいから、一緒に暮らす仲間が増えればいいと願っていますが その話をある方にしたら、

「僕ね、来年定年なのよね。そしたらさ、保健所から犬をたくさん引き取ってきて一緒に暮らすんだよ。そうなんだ!!今は会社があるからさ、十分に遊んであげれないから我慢しているんだよ。女房も仕事してるしね!!来年来年!!」

すごいです!!

彼はみかんの木がたくさん生えている山を先祖代々から受け継いでいる土地持ちさん。

ですから、犬たちも思いっきり走り回れます。

みな同じ心を持っている・・・!!

とても幸せで いつか保健所で一生を終る子たちがいなくなる日も来る!!

そういう希望を持つことができた日になりました。
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1671-51ff5d18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。