つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

いずれ明年まで


130505_0932~22

神揃山です。

神様が坐する石が 古来からこの場所にあります。

六所の神々・・・相模の国の一ノ宮から六所にいたる神社の神様方が1300年も前くらいなのでしょうか。。。

この地を祭祀場としておりてきたと伝承され、こうのまち(国府祭)が神事として今もなお古式豊かに執り行われています。

130505_1017~07

寒川神社の神職の方々です。

これから神揃山に登ってくる神輿について相談していらっしゃるのでしょうか。

130505_1021~45

寒川神社の宮司様もご相談をしていらっしゃるご様子。。。

130505_1022~04

寒川神社の神輿(御魂)が駆け上ってきました。

このあと、神揃山でねりにねります。

甚句もにぎやか。

そのあとに二ノ宮である川勾神社、三ノ宮の比々多神社、四ノ宮の前鳥神社、そして平塚八幡宮と神輿が駆け上ってくる。

ねり=振り霊(ふりたま)で、古神道の修法にもあるのだけれど、振動を与えていらないものを振り落し、本来の御魂になるというもの。

お祭りは 神様にとって本来の力を取り戻す重要な儀式なんでしょうね。

130505_1204~14

虎は神の座を現すものです。

相模の国の上座を占めようと寒川神社と川勾神社が1300年も前から この虎を上座へと導きます。

130505_1204~43


そこに比々多神社が 

「いずれ明年まで」

という言葉で、仲裁し神事を終えます。

これを1300年間続けています。

勝負はないのだよという粋な神様の計らいかもしれませんね。

また、この日は比々多神社の方々が小餅の詰まった俵を頭上に掲げて地中に落とすことを繰り返し、破れた俵の中から小餅を投げます。

我が家は主人に2度ほどもぶつかり、今朝のごはんの中に入れてありがたくいただくことができました。

このほかにも各神社がご用意してくださったチマキもあり、これを食べると病気をしない・・・といわれ、みな感謝して持ち帰ります。

130505_1331~58

大矢場(神揃山の下・現在の馬場公園)に、降りてきてから 鷺舞や獅子舞、龍の舞などを行い、五穀豊穣を願うご神事、そして端午の節句で子供たちの健康を祈る神事がゆっくりとおわり、いずれ明年まで という言葉は ずっと国はありますよ という神様の祈りの言葉なんだろうなと 神様への感謝、そしてこの神事を守り続けてきてくださった皆さまへの感謝の一日となりました。

今日も 最後までお付き合いくださりありがとうございました。



 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
富士山も関係あるのでしょうね。
箱根神社や江の島神社・・・、我が家は子供が小さいとき津久井に住んでいましたが子供のお祝いのときには相模の国の一の宮・寒川神社にお参りに行っていました。
役行者は江の島から箱根まで空をひとっ跳びして・・・などなど、箱根縁起に書かれていたり・・・。
鎌倉時代に源氏がいたことや北条氏などなど、先人の方々の信仰心などさまざまな背景があると思います。
江の島神社の岩屋の奥を辿っていくと、富士に繋がるとか 私が子供は藤沢に住んでいましたのでさまざまな言い伝えを聞いています。江の島神社にはカップルで行くと弁天様に嫉妬されるから行ってはいかんよ・・・などなど若いころは行かなかったり(笑)今ではちゃんとご主人である龍がいることを知り、片参りしないようにしていますが、湘南をディープに探るといろいろ面白いですね。六所神社は出雲大社を勧請したもの。なかなか昔は出雲や伊勢にお参りに行くことが命がけだったからなんでしょうね。東海大学大磯病院の下には恋地蔵があります。伊勢にお参りに行ったご主人が川で逝ってしまいいつまでも待ち続けた女房とご主人を現したものだそうですが、開発で段々、恋地蔵もコンクリの上に安置されるようになっています。。。
2013.05.08 05:06 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:いずれ明年まで"
1300年前からの神事を執り行っていると言う神揃山は素晴らしい場所ですね。いつかは行ってみたいです。神奈川県西部に古くからの神社が多いのにも驚きます。富士山も関係するのでしょうか。
2013.05.07 23:18 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1695-0b5b21c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。