つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

5月10日金環日食への祈り

金環日食

5月10日(金)にオーストラリア方面で金環日食が見られます。

これに合わせてケアンズに向かわれた方もいらっしゃると思います。

そしてこの日は新月です。(Time9:28)

調べてみるとなんと、巳の年・巳の月・巳の日・巳の刻と巳(蛇)が並び新月の時間とも重なる日。

平成25年は巳の年、そして5月は巳の月、10日は巳の日と3つ並び、この日の新月の時刻は巳の刻となります。

しかも金環日食の日。。。

ここで お願い があります。

5月10日 空に向かって 宇宙に向かって 

宇宙に愛が溢れますように

って祈ってくださ~い!!


みんなでシフト起こしちゃいましょう!!

巳は胎児を現した象形文字です。

冬に眠っていた蛇が いよいよ地上に出て活動し始めるのを形に現したといいます。

古来は 巳 は起こる・始まる・・・っていうことを現していたそうです。

昨日のお祭り事も 祭祀 って書きますが 祀るの中に巳の字があります。

巳って天候を司ったり、豊穣を司る自然神として古来から崇められていたそうですよ(*^_^*)

そして巳は 脱皮しますよね。

これは復活と再生を現しています。

そこに宇宙から降り注ぐ新月の美しい浄化のエネルギーが巳の刻としてさらに加わります。

これだけでも うわーっていう感じなんですが、そこに金環日食がさらに復活と再生のエネルギーをプラスしている日なんですね。

日食と言えば・・・古代日本ではスサノオの乱暴を嘆いたアマテラスが天の岩戸に潜む「天の岩戸伝説」が有名です。

陰陽師として有名な安倍晴明も、天文博士の一人でした。

平安時代は、日食や月食、新星の出現をウォッチする天文博士という役職もあり。陰陽師として有名な安倍晴明も天文博士の一人です。

それは、奈良時代から平安時代にかけては日食、月食が国家の凶兆に関わる一大事と考えられるようになっていたからです。

太陽神が姿を隠したため、世界が闇に閉ざされる。

この時、古代はさまざまな神が天照さまを岩戸からお出になるように 宴を開いた。

明日は 私たちが全員で 世界中を 地球全体を 天の岩戸開きしちゃいましょう!!

新しいスタートとなる5月10日に向けてたくさんの愛を贈ります。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

あなたとともに祈れることを感謝します。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
すご~く嬉しいです(*^_^*)
一緒に祈れたことに感謝です!!
2013.05.11 05:28 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:5月10日金環日食への祈り"
5月10日の新月は日本時間の21:28と言う事でしょうか。外に出て空に向かって「宇宙に愛が溢れますように」と祈りたいと思います。
2013.05.09 22:30 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1697-0c319282
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。