つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

我理朗

Baitou_Mountain_Tianchi.jpg

我理朗(私を探す楽しみ)


アリラン アリラン アラリヨ

アリラン コゲル ノモガンタ

ナル ポリゴ ガンヌン 二ムン

シプリド モガソ バルビョンナンダ


私を探す楽しみ 

私を分かっていく楽しみ

私の魂が悟る楽しみ

その楽しみがあるから 限界を乗り越えるのが怖くないんです。


私の限界の向こうにまた新しい自分がいます。

私の観念と限界の向こうに もっと明るくて美しい私の魂があります。

今苦しがって痛がっている自分は本当の自分ではないと思います。

今の自分が全てだとは決して思わないでください。

私の魂が成長して完成するまで 本当の自分を捨てないで最後まで一緒にいきましょう。



アリランは韓国の歌です。

今、香港にいる韓国の友人は いつもこの歌をうたっていました。

そして この歌を私に残してくれました。

「私の魂が成長して完成するまで 本当の自分を捨てないで最後まで一緒にいきましょう。」

は、私が私を捨てない・・・ということです。


自分で自分の限界を計らない・・・私たちは無限の可能性があるのに なぜ自分で自分を貶めるのか・・・ということです。


写真は白頭山ですが この峠を越える前にあなたは 諦めるのですか?

峠を越える前に あなたは足を痛めてしまうのですか?


ということだそうです。


レイキのマスターコースの教えの中にもあります。

足や腰が痛いとき、それは前に進むのを心があきらめているから・・・。

この言葉は かなりきつい言葉かもしれません。

この時、私の中でも 年齢が・・・とか、だって仕事で痛いから・・・とか生まれつき股関節弱いからっていろいろ障害を作ります。

はい(*^_^*)心が 痛みを作ります。

yuichiro.jpg


今、三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト(8848メートル)登頂を目指しています。

16日、ネパールのエベレスト中腹にあるベースキャンプ(5300メートル)を出発、頂上に向けアタックを開始しました。

素晴らしいですよね。

でも 他人事です。

自分の可能性は捨てているわけです。

誰しもがこの力を持っているんです。

すでに言い訳起きていませんか?

三浦さんは 冒険家だし、普段から鍛えているし私とは違うって・・・。

そこチェンジどころです。

普段から鍛えていなかったら鍛え始めればいいだけ(*^_^*)

すべてのことに 今までずっと同じように自分を捨ててきていないでしょうか。

DVにしても ネグレクトにしても ニートにしても 実に多くの自分の可能性を捨ててきてるように思います。

今までの環境に慣れてしまい よくないと思っていても手放せない自分がいます。

楽だからね。

そこを乗り越えるの大変だからね。

でも乗り越えていきましょう。

私のもう一人の友人は全国脊髄損傷の会の理事さん。

彼女は30歳の頃、ロッククライミングで滑落しました。

だから、首から下がマヒしていますが 自活しています。

また、車を運転して日本全国どこにでも講演会をしにいきます。

残存した腕上皮部分の感覚をリハビリで取り戻し自分で運転します。

そして、スイスやスペインなど1年に一度だけ一人で旅に出ます。

すでに還暦ですが パワフルな心を持ち私より強靭で強く柔らかい心の持ち主です。

自分で自分の限界を決めない。

まさしく

「私の魂が成長して完成するまで 本当の自分を捨てないで最後まで一緒にいきましょう。」

です。


自分が本当の自分を生きる・・・これが本当の人生の楽しみだと私は思っています。


6月9日(日)エンジェルカードプロテクショナー養成講座PM13:00~1700(相模大野)
6月30日(日)「本当の自分を生きる 講座」PM13:00~1700(相模大野)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
国同士が良い関係を早く取り戻せるといいですね。
韓国で食べた干し柿は小さくて甘くて宝石のようでした。
お互いがお互いを思えば、きっと小さな干し柿のような甘くて宝石のような関係になるのでしょうにね。
2013.05.19 05:42 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:我理朗"
アリランは昭和7年に淡谷のりこさんがレコード化した韓国の曲で一世を風靡しましたが、この頃は韓国も日本の満州進出に協力的でした。私が知っていると言う事は戦後もよく歌われた証拠です。日韓関係は皇室の行き来もあって良好だったと思います。今とは隔世に感があります。(有ったと思われます。)
三浦さん80歳での最高齢登頂頑張って欲しいです。
2013.05.18 21:24 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1702-e1ce231a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。