つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

限りない挑戦



毎日新聞から抜粋

その瞬間、拍手がわき起こった。

冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さんが23日、史上最高齢となる80歳でのエベレスト登頂に成功した。

日本時間23日午後0時20分ごろ。

事務所に最初に到達の連絡を入れたのは、雄一郎さんに同行している次男の豪太さん(43)。

現地の気温は氷点下15度で視界は良好。風はほとんどなかったという。

三浦さんの妻朋子さん(80)は「夢の多い主人で(自分が)不幸か幸せかわかりません」と冗談を交えながら喜びを表現。

さらに「とにかく後ろを振り返らない。私は(登頂成功を)やると思っていた。今までくじけたことも弱音を吐いたこともない人ですから」と夫への厚い信頼を口にした。

裏方として今回の遠征を支えてきた長女の恵美里さん(52)は

「父は次のことを心に秘めていると思う。生涯自分の可能性に挑み続けている。またきっと90、100歳に新しいチャレンジがあると思います」

と笑顔で話した。
 


三浦雄一郎さん、本当におめでとうございます。

たくさんの勇気と希望と無限の可能性をプレゼントしてくれました。

三浦さんは 76才の時にスキーで 骨盤と大腿骨を骨折して再起できるか心配されましたがリハビリで再起し、また不整脈を手術により克服され、現在に至ります。

それだけでもすごいことなのに、おそらく通常ならそのアクシデントに自己を埋没し、エベレストに登ることはおろか、家に閉じこもりがちになるでしょう。

ところがどっこい、地球のてっぺんに到達してしまいました。

感動でしかありません。

三浦さんの持っている無限の挑戦への心は 私たちにもあります。

そして、三浦さんはまた私たちでもあるんだと挑戦することを決意する勇気をいただきました。

自分で自分を乗り越える。

おそらくは 三浦さんの中でさまざまな自己との対話があると思います。

その対話の中で、彼の潜在意識の中まで浸透しているのが、地球のてっぺんに到達する・・・です。

ほとんどの潜在意識が そのことでいっぱいです。

永遠の青年なんですね。

私たちも いつも心を青年のごとく大志をいだいて生きていきたいものです。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
お疲れのところ感謝です。
私の昨日は車やさんへ。
そろそろ、車が悲鳴をあげてきました。
2013.05.27 04:56 | URL | #- [edit]
森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
本当に三浦さん、素晴らしいですね。
富士山・・・、ゴチさんが10mごとに・・・ですか・・・。私、30㎝ごとに休憩かもしれません。がんばります(*^_^*)
2013.05.27 04:54 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:限りない挑戦"
昨日は東京都の水源、笠取山に登ってきました。疲れて居眠りの為日が変わってしまいました。ごめんなさい。
2013.05.26 00:09 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]
ゴチ says... "Re:限りない挑戦"
三浦さんやりましたね。私は富士山に3回登っていますが、年齢とともに苦しさが強くなってきます。50歳過ぎてからは10m毎に立ち止まりながら登りました。富士山の2.5倍の高さのエヴェレスト登山は想像を絶するものだと思います。そんな山の頂上を極めた三浦さんには尊敬の念を抱かざるを得ません。81歳で挑戦すると言うネパール人の動向が気になりますが、三浦さんには85歳でも挑戦して欲しいです。
2013.05.24 22:11 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1705-f4028b7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。