つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

シンプル

u10158578.jpg

コントロールという言葉を 何度か聞いたことがあると思う。

このブログでも 何度か伝えてきたコントロール。

いらないよね。

すべての方のDNAに仕込まれてしまったコントロール。

自分の都合のために 仕組んでいるコントロール。

これは すでに無意識の中に入り込んでいるの。

これは えらく厄介で 自分の中に仕込んでいることさえ気づかない。

誰かの幸せのために こうした方がいいよ。

そう考えた中に コントロールが入っていることがある。

私の中にもまだまだたくさんあるだろうコントロール。

数年前にこのブログでシェアしたことがあるが それもコントロールの中のひとつである。

もう一度、考えていこうと思います。

それは 娘に関すること。

アレルギーを持っている娘が 部活の帰りに外食してまんまとアレルギーが再発した。

そこで私は まんまと娘に自信ありげに

「ほら、お母さんのご飯を食べないからだよ。おそらくは あなたが食べた鳥の空揚げを揚げた油はエビのフライを揚げたに違いない。外で食べてくるのは禁止!!」

この言葉は 私の言葉です。

この言葉は ある部分、母親としての余計な
心配と愛の言葉ですが、エゴイスティックな心配と愛の言葉です。

この言葉を エゴイスティックと言えるようになるまで大きな難関がありました。

なにしろ、自分は気づいていないのですから。。。

よーく、繰り返し読んでみてください。

日常ありがちな場面です。

しかしながら、そこには母親が娘を自立させたくない、いつまでも自分の言うとおりにさせることで 自己を満たすという非常にエゴイスティックな心が潜んでいます。

これに気づかせてもらったのは ヨガでした。

そして、ヨガのヒーリングの中で 娘や息子を手放せ、心配するな・・というかなりハードなヒーリング(頭結構叩かれました(笑))の中で、なんで娘や息子を心配したらあかんのかわかりませんでした。

しかしながら、もうこのヒーリング勘弁!!というところで、わかりました。

私が コントロールして娘や息子を病気にさせているんだっていうことを(+_+)

そして、ぽいって捨てちゃいました。

すると・・・・・・(笑)

誰もアレルギーにも喘息にもならん!!!!!

私がアレルギーや喘息の正体であったわけで・・・(トホホ・・・)

念波・靈波・神波などさまざまな波動の波がありますが、簡単にいえば どこに波長をあわせますか?っていうことかな。

念波・・・は思いの力。

生きている方の思い。

心配は自分の心を相手にのせてしまう可能性がおおいにあります。

そして、相手を信頼していない・・ということ。

親だからね。

心配はつきもの。

そして、交通事故にあわんかな。

友達にいじめられんかな。。。などなどのせてしまう。

これ、いらないことなんです。

とてもシンプルに単純に 幼き芽は 太陽の光りを浴び、朝露に濡れ、時には風に吹かれ、時には強い雨に打たれ、虫が遊びに来たり、小鳥がやってきたり、地中ではたくさんの生物に出会ったり・・・。

そして大きな大きな大木となっていくんです。

このシンプルさを ついつい見逃しがち。

そして、マイナスの肥料をプレゼントしちゃう。。。

ご相談者の方の中で、高校生の娘さんが 何しろ学校に行けない。

お母さまも 娘さんが心配で 仕事に行くのもやめて大好きな○○さんのコンサートも行かないで娘さんと一緒に家にいる。。。

まずは お母様に月響庵に出てきてくれることをお願いし、そしてそこからお母さまと数か月セッション。

お母さまは まずは ○○さんのコンサートへ行くことができるようになり、笑顔が増えてきた。

そして、仕事も再開!(^^)!

すると、はじめは お嬢様も なんでそばにいてくれないの??

・・・から、学校へ。

そして、大学、就職・・・と歩き出すことができるようになりました。

3年くらいかかったけど、まずはお母さまの・・・そして周囲(家族)からの念波=マイナスのコントロールを手放し、お嬢様だけの魂の課題だけにすることにより、善い方向へと向かうことができました。

また、ここには ご家族が 心配や不安を手放し 相手をコントロールせず まずはご自分が生き生きと生きる・・・ということを選択してくださったおかげさまで その波動が家全体に満ち溢れたからなんですね。

とってもシンプルなことです。

ところが これ親から そして先祖代々引き継がれている負の遺産でもあります。

さて、どちらを選択しましょうか?

複雑にしてしまうか・・・

シンプルにしていくか・・・

私は 小さな芽の人生の道のりを信じる方を選択します。

※間違わないでほしいのは 放任ではないですよ。

しっかり愛を持って その小さな芽とともに 自らも成長していくことです。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
はい、私もその一人でした。
それを手放したら子供の喘息やアレルギーがなくなった。。。
自分の手の中においておきたい・・・。
そういうことなんですね。
負の遺産です。
2013.06.27 20:40 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:シンプル"
世の母親達の言葉にはコントロールが満ち満ちていますね。完全なフリーも良くないと思いますが、コントロールが過干渉にならないように注意したいものです。
2013.06.13 22:01 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1711-a3ad39ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。