つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   4 comments   0 trackback

夏越しの祓いと星祭

130707_1434~33

関東の出雲さんです。

夏越しの祓いとともに 7月7日(日)、この日は七夕とも重なり、七夕神事=星祭の日です。

そして、今日から大相撲の夏場所開催!!

出雲大社の草野宮司が名前を付けられた日馬富士の優勝祈願も行われました。

130707_1436~40
130707_1502~03
130707_1509~18

水無月の夏越の祓する人は千年の命延と云うなり

思ふとこ皆つきぬとて麻の葉をきりにきりても祓ひつるかな

宮川の清き流れに禊せば祈れる事の叶はぬはなし


宮司さんと一緒に毎年恒例の三首の和歌を詠みながら 茅の輪を八の字に境内をおおきくまわります。

この日、大祓詞を本殿でみなであげ、そのあと草野宮司からお話がありました。

夏越しの祓は 知らぬ間の半年の罪穢れを禊ぎ、また半年心をひきしめて生きていく。

面白いことに今年は古新神道のお話もしてくださいました。

振霊(ふりたま)です。

右手と左手を合わせて御魂をふります。

この時、出っぱってしまった心、とがってしまった心が丸くなる・・というお話です。

今回は日馬富士さんの優勝祈願も行われましたが、草野宮司は日馬富士さんにも出っぱった心・とがった心をなくしていくことが大切だといつも話されているそうです。

(草野宮司は日馬富士さんの名付け親です。


振霊神事はこのほか振動数をあげるなど古神道にはたくさんの内容がありますが 楽しく聞かせていただきました。

そして、この日は七夕祭り=星祭り

scenicmilkyway3_hepburn.jpg


タナバタの由来》
「タナバタ」の言葉の由来は棚機(たなはた)といわれ、「棚幡」とも書きました。この由来は、棚機津女(たなたつめ)と呼ばれる乙女が着物を織り、それを棚に供えて幡を立て、祖霊に秋の豊作を祈る日本古来の神事にあります。


《星祭と「笹の祓」》
食物の成長を神様に感謝するお祭であり、そしてお盆に祖先の御霊をお迎えする前に棚機津女が御霊の衣服を織って棚に供え、村の穢を祓う行事です。
そこに、中国からの「星祭」と乞巧奠(いっこうでん)の風習が伝わり、笹竹に願い事をしたためた短冊を結びつけて祈る行事へと変化してきました。
七夕の翌日に笹竹を川や海に流す「七夕流し」は心身の穢を流す(祓う)という意味が込められています。

《七夕の祓》
七夕の翌日に笹竹を川や海に流すのを《七夕流し》といい、身心の穢を祓うという意味が込められています。

水の霊力によって罪穢(つみ・けがれ)を祓い除き、願い事の成就を祈ります。


「七夕の日には必ず七度水を浴びて禊をする」とか、

「七夕の日には必ず雨が降る」

など、七夕の日に雨が多い理由も祓いと水の清めからうかがい知れます。


《七夕笹飾り》

笹は真っ直ぐに伸びて、その葉が擦れ合う軽やかでいて爽やか音は「神様を招く」…と考えられていたようです。

七夕笹飾りのひとつひとつにはすべて大事な意味が込められています。

●「紙衣」(かみごろも)は災禍を除く身代わりのため。棚機津女が神に捧げた着物で竹の一番上に吊す、即ち「神衣」(かみごろも)。

●「短冊」は学問や手習、書道・芸道の上達を祈願する

●「吹き流し」は、織姫の糸を象徴

神事の後には「直会(なおらい)の儀」があり、ご神前に供したものをいただきます。

御神威が籠もった神饌をを食することで、恩頼(みたまのふゆ=神様のお力をいただ)くという日本の祭りの特徴です。

水の恵みへの感謝と祈り、そして「祓」。

すべて「祓」があり、そして「祈り」と「感謝」が込められています。


まずは 心を正し、常に感謝の祈りをし 今 生きていることに感謝することが大切なんでしょうね。


今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "keiさんへ"
keiさん、ありがとうございます。
足とも申請ありがとうございます。
感謝です。
訪問うかがえなくてごめんんさい。
宮大工って素敵ですよね。
御苦労もいっぱいおありかと・・・。
神様の神殿をお造りになるお仕事に携われているその奇跡を私もおすそ分けいただき感謝しています。
頑張って足ともとして訪問していきますのでよろしくお願いいたします。
2013.07.13 09:52 | URL | #- [edit]
kei says... "Re:夏越しの祓いと星祭"
足とも 解除して すみませんでした。

応援 ナカナカ 頂けなかったもので つい・・・。

まずは 心を正し、常に感謝の祈りをし 今 生きていることに感謝することが大切なんでしょうね。

とありますが 本当にそうですね。

生きていられる。 という 素晴らしさを 皆に 分かって 

欲しいです。

少年・少女・老若男女  自ら 命を 絶つ 方が 多すぎま

す。 

教育 から 問題があると 思っています。

この方針を 考えた 旧 文部省の 官僚達! お前ら この 

腐った 日本 を みて どう思う!?

与党だったのは 自民党ですけどね。

2013.07.12 20:39 | URL | #kWhSacJA [edit]
森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
古式豊かな神社は 少なくなっています。
出雲大社(神奈川)は、宮司さんの人格もあいまって、古神道の話も織り交ぜて話が進みました。
現在の神道と古神道は違います。
GHQの干渉により、本来の日本の神聖さが失われています。
日本人としての古式豊かな感性が隠されていると思います。
古人(いにしえびと)の方々は万物全てに神を感じていました。
これを隠しては日本人として本当に残念だと思います。
2013.07.10 20:20 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:夏越しの祓いと星祭"
夏越のお祓いと三種の歌詠みは美しい日本の行事として残して欲しいですね。日曜日にお参りした神社はちょっと違う雰囲気でした。
2013.07.09 22:59 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1720-e14a57a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。