つきのひびき

風のように光のように自由にきらきらと輝いた人生を一緒に歩きましょう!
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 森野 羽菜(もりの はな)   2 comments   0 trackback

先祖供養

110914_1315~01

8月も4日になりました。

もうすぐお盆ですね。

先祖供養符のご依頼が来ました。

暑い夏ですが 夏の時の流れを感じます。

今朝は久しぶりに16歳9か月で旅立ったシル君が遊びにきてくれました。

雨の滴を口で噛みます。

可愛い目も口元もそのままで 本当に今もそばにいるんだね・・・と感じました。

普段は 3匹のフレンチブルドッグと1匹のパグ君で大賑わいでシルも安心していることと思います。

また、4月に帰幽した義母や10年をすぎた父母の冥福も心をこめてご供養をしてまいります。

皆さまの中で先祖供養のご希望がありましたらどうぞご依頼ください。

先祖供養符を祝詞をあげながら天にあげていきたいと思います。

ご依頼ご希望の方は 大変申し訳ありませんが、8月10日までに俗名(現世でのお名前)、帰幽された日(天に昇られた日)をお知らせください。

心をこめてご供養させていただきます。

わからない場合は その旨をお伝えください。

また、万靈供養の符(すべての生きとし生けるもの)も、同様に8月10日までにお申し込みください。

和合符・繁栄符・弥栄符・良縁成就などの護符も随時、謹製させていただきます。

(上記の護符は御盆が過ぎてから作らせていただきます。)


313557_351487094931114_1567143865_n_2013080406024227f.jpg(昨年の供養祭の様子です。)



すべての護符は5000円で謹製させていただきます。

お申し込みは moonhibiki-123123@ezweb.ne.jpもしくは、このブログのメールフォーム、もしくはコメント欄に管理者のみにチェックをしてお申し込みください。

必ず、ご連絡先をお書き添えください。

(基本はパソコンからご連絡をいたします。拒否されていらっしゃる方はその旨をお知らせください。携帯からご連絡させていただきます。)

よろしくお願いします。



グリーン きせき

明日 今日より も好きになれる
溢れる想いがとまらない
今もこんなに好もきでいるのに 言葉にできない

君のくれた 日々が積み重なり
過ぎ去った日々 2人步いたキセキ
僕等の出会いがもし偶然ならば運命ならば
君に巡り逢えた それってキセキ

2人寄りそって步いて 永久の愛の形にして
いつまでも 君の橫で笑っていたくて
『ありがとう』や Ah 『愛してる』じゃ まだ
足りないけど せめて言わせて『幸せです』と

いつも君の右の手のひらを ただ僕の左の手のひらが
そっと包んでく それだけで ただ愛を感じていた

日々の中で 小さな幸せ
見つけ重ね ゆっく り步いたキセキ
僕らの出会いは 大きな世界で
小さな出来事 巡りあえたそれってキセキ

上手く行かない日だって 2人でいれば晴れだって
強がりや寂しさを 忘れられるから
僕は君で なら 僕でいれる から
だからいつも傍にいてよ 愛しい君へ

2人ふぎけあって 帰り道
それも大切な 僕らの日々
思いよ屆けと 伝えたときに
初めて見せた 表情の君
少し間があいて 君がうなすいて
僕らの心 満たせれてく愛で
僕らまだ 旅の途中で
またこれから先も 何十年 続いてけるような 未来へ



今日も最後まで読んでくださりありがとうざいます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

森野 羽菜(もりの はな) says... "ゴチさんへ"
ゴチさん、ありがとうございます。
薬師寺の高田好胤さんの言葉に


子供は親のする事を

真似て学ぶものです。


親が身をもって

親にお仕えする親孝行、

亡くなられたご先祖に対しては

まつりごとをする


そんな親の後ろ姿を子供はじっと見ていて、

いつとはなしに縦の人倫の道を学んで

身につけていくのです。


という言葉があります。

私の叔父は法事もなにもすべてに孫を連れて参ります。

孫たちは お爺さんの後姿をみて すごすことが多いようですが それに私の従妹たちも真摯に向き合っています。

大切なことは なんだろう。。。

今生きていることが一番の先祖孝行であるとともに 感謝の念を忘れないことかもしれませんね。

先祖がいるから 今 私はここにいる。。。

そういうことでしょうか。。。
2013.08.06 17:25 | URL | #- [edit]
ゴチ says... "Re:先祖供養"
先祖供養は日本人にとって大切な行事ですが、最近は規模も縮小されつつあるような気がします。都会の民家の庭先に提灯や走馬灯を灯す風景は見なくなりました。古き良き時代が懐かしいです。
2013.08.05 22:53 | URL | #2SrXe8Q6 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hikarinamikaze.blog102.fc2.com/tb.php/1731-17b20734
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。